ツイートフェイスブックシェアLINEで送る

全国のラーメン23選!ここだけは食べておきたい!

ラーメン

ラーメンは日本人が大好きな食べ物ですよね。国民食と言ってしまってもいいかもしれません。寒い季節だからこそ恋しくなるものですが、どのラーメン店がおいしいかなんて気にかけたことはあるでしょうか。

全国には、その土地ならではの美味しいお店がたくさんあります。自分だけの秘密にしておきたいお店があるという人もいることでしょう。今回は、旅行や出張の際には一度は食べてみたいというところを厳選して23選ご紹介します。

絞り込むのが大変難しかったのですが、どれも逸品ですよ!全国にあるお店の中でもあまり知られていない珠玉の店舗を見つけて、お気に入りにできるようなお店を見てみましょう。




1.彩未:北海道札幌市

彩未
出所:https://tabelog.com/

北海道No.1の味噌ラーメンと呼ばれています。札幌には美味しい味噌ラーメンの店が沢山ありますが、彩未は北海道No1だと言う人も多いです。動物系のどっしりスープに、香ばしい味噌ダレ。濃厚ですが、凄く食べやすいバランス。生姜を溶かし合わせていくと、これがまた美味い!札幌で王道の店ですが毎回来たい店ですね。

ご店主は札幌でも屈指の名店「すみれ」で経験を積み重ねた方で、「すみれ」で数少ない暖簾分けを許された、最初のお店だそうです。テレビ番組や雑誌などメディアでも度々取り上げられており、連日長蛇の列を作る超人気店です。

■ 基本情報
・名称:彩未 (さいみ)
・住所:北海道札幌市豊平区美園10条5-3-12
・アクセス:札幌市営地下鉄東豊線「美園駅」より徒歩2分。
・営業時間:11:00~15:15、17:00~19:30
・定休日:月曜日・他月2回不定休あり
・電話番号:011-820-6511
・参考サイトURL: http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010303/1000018/

2.伊達屋:福島県福島市

伊達屋
出所:https://tabelog.com/

福島県トップクラスの実力店です。福島県の銘柄鶏「伊達鶏」の鶏ガラに、豚ゲン骨・野菜・魚介を使用した無化調スープ。この中華そばは見た目あっさりに見えますが、一口飲めばその深みのある味わいにびっくりです。モチモチの自家製麺との相性もよく、大きなチャーシューも食べ応えも有ります。

県下はおろか、国内最大級のグルメサイト 「食べログ」による全国の2010年ラーメンランキングで第3位に輝いた国内屈指の名店なんです。他県から訪れる方も少なくないそうで、開店時間前に足を運んでもかなり並ぶんです。

■ 基本情報
・名称:伊達屋 (だてや)
・住所:福島県福島市南沢又字下番匠田22
・アクセス:福島交通飯坂線「上松川駅」より徒歩3分。
・営業時間:11:00~14:45、17:00~19:45
・定休日:水曜日・第4木曜日
・公式サイトURL: http://tabelog.com/fukushima/A0701/A070101/7001032/

3.麺組:宮城県岩沼市

麺組
出所:https://tabelog.com/

王道の醤油ラーメンをまず食べてください。煮干しの良い香りが食欲をそそり、その煮干が凄くきいてるスープに細麺がマッチしています。大量の煮干しを味に感じるのですがエグミもない美味いスープに驚きます。さらに凄いのがチャーシューの味付け、メンマのコリコリ感、半熟煮卵がまた美味いです。

宮城県下で圧倒的な支持を集める随一の超有名店です。こちらもまた開店時間前から長蛇の列をつくり、連日多くの人が訪れます。ちなみに、コンビニで商品化もされているそうで、ご店主お墨付きのハイクオリティなものだそうです。

■ 基本情報
・名称:麺組 (めんぐみ)
・住所:宮城県岩沼市中央4-12-15
・アクセス:JR東北本線および常磐線「岩沼駅」から徒歩18分
・営業時間:11:30~19:00(スープ切れで終了)
・定休日:火曜日(祝日と重なった場合翌日)、第1・第3水曜日
・電話番号:0223-23-6268
・公式サイトURL: http://tabelog.com/miyagi/A0402/A040204/4000302/




4.いち井:新潟県長岡市

いち井
出所:https://tabelog.com/

日本トップクラスとの評価がある新潟長岡の名店です。上品な内装で、器も味わいがあるので、どこかの高級料亭でラーメンを食べている不思議な錯覚を起こします。初めて食べたときはあまりにも美味しい醤油ラーメンだったのついつい調べていましたが、HPにその秘密が記載されていました。

スープのことを読んで抜粋していくと「焼きアジや鰹、うるめから採った魚介スープ」と「豚骨を長時間炊いた(白湯)」を合わせることで、エグミを感じることもなく、カドが取れたまろやかなスープが出来上がるそうです。

そしてこのスープをまとめるのが醤油の力。醤油の使い方は「日本醤油協会」「全国醤油工業協同組合連合会」から醤油名匠に選ばれているだけあって職人技!

また、こちらのお店は塩ラーメンも人気なんです。スープのダシには新潟佐渡の焼きアゴと豚骨の白湯を使用されており、ダシの旨みをしっかりと感じることが出来ます。塩の風味も効いていますが、あっさりまろやかな味わいです。

■ 基本情報
・名称:いち井 (いちい)
・住所:新潟県長岡市曙1-1-5
・アクセス:JR「宮内駅」より徒歩12分
・営業時間:11:30~14:30 (土・祝は、11:00から営業)
・定休日:日曜・第1月曜
・電話番号:0258-37-6521
・公式サイトURL: http://ichi-i.com/

5.煮干中華ソバ イチカワ:茨城県つくば市

煮干中華ソバ イチカワ
出所:https://tabelog.com/

茨城つくば市の名店はまず、タレを3つ(黒・白・塩)から選ぶ!

券売機で煮干ソバを購入し、注文時に「黒:濃口醤油」・「白:白醤油」・「S:塩」のどれか好みを一つ注文します。好みといっても、初めての場合はよくわからないので、私は真ん中の「白」を選びました。

「白」の一口目は、ふんわりっと煮干しの風味が口の中全体に拡がっていく感じで上品で食べやすい。スープがよく絡む麺はやや固め、厚めのチャーシューは食べ応えがありました。

茨城のラーメンの代表といっても過言ではない名店です。午後2時頃から配布される夜営業の限定メニュー を求めて開店時間前から並ぶという熱狂的なファンも少なくないそうですよ。利用される際はおはやめに。

■ 基本情報
・名称:イチカワ
・住所:茨城県つくば市天久保2-9-2 A101
・アクセス:つくば駅からバス「筑波大学循環(左回り)」に乗車し「天久保二丁目」下車 後、徒歩3分
・営業時間:11:30~14:00(毎日80食前後、大体13:30頃売り切れ)
・定休日:日曜日、水曜日、臨時休業あり(ツイッター及びブログにて告知あり)
・参考サイトURL: http://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080201/8014295/

6.中華そば 四つ葉:埼玉県比企郡

中華そば 四つ葉
出所:https://tabelog.com/

埼玉で今、最もアツいラーメン屋です。初めて食べる方には、店の名前がつけられている「四つ葉そば」がおすすめ。日本三大地鶏の一つである比内地鶏を贅沢に使用したスープは、コクのある旨味に醤油ダレがよく合います。王道の味わいなので、迷うならこれが間違いです。

アクセスが悪いのに、都内から来られる方も多いので行列も珍しくありませんが、意外と提供の効率がいいので回転もいいです。ちなみにこのお店の隣は、両親がしている寿司屋さんがあるんですが、そちらも人気の一つになっているそうですよ♪

圏央道川島ICから車で5分、これといった最寄り駅もなく、電車やバスを普段から利用する方にとっては多少不便なアクセスになるかもしれません。ですが、それでも埼玉県内で名だたる名店を抑えて5本の指に入るほど実力派の超人気店です。色鮮やかで見た目にも美しいチャーシューもポイントです。

■ 基本情報
・名称: 中華そば 四つ葉
・住所: 埼玉県比企郡川島町伊草298-20
・アクセス:圏央道「川島IC」より車で5分
・営業時間:【水~日】11:00~15:00、17:00~21:00【月】11:00~15:00
・定休日: 月曜の夜の部、火曜日
・電話番号: 049-297-5192
・参考サイトURL: http://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080201/8014295/

7.煮干鰮らーめん 圓:東京都八王子市

煮干鰮らーめん 圓
出所:https://tabelog.com/

昭和映画に出てきそうな雰囲気の店内で、美味い煮干しらーめんです。東京にはたくさんのラーメン店がありますが、あえて1選ということで、このお店をおすすめ!昔ながらという感じのお店で、昭和の映画に出てきそうな雰囲気。今はお洒落なラーメン店が増えているので、逆に新鮮でいいかと思います。店内に漂うふわっとした煮干し香りが好きな方には堪りません!

煮干しのスープが難しいのは下処理と炊き方なのですがエグミ(臭み)を出さないギリギリで封じ込める職人技が見せ所。コクがでないと薄味でパンチが無くなるのでホントにバランスが難しい。本物の煮干しラーメンを食べたいならまずはこの店で味わうのが基本だと思います。

口コミグルメサイト「食べログ」によるラーメンランキングでは八王子市で1位、東京都内で2位、全国で5位 となったこともある、国内屈指の人気と実力を誇る名店中の名店です。スープだけでなく麺にも拘られており自家製麺を使用されています。ツルツルモチモチの食感が最高ですよ。

■ 基本情報
・名称: 煮干鰮らーめん 圓 (エン)
・住所: 東京都八王子市横山町21-21
・アクセス: JR「八王子駅」より徒歩5分ほど
・営業時間: 11:00~15:00、17:00~23:30(スープ切れ次第終了)
・参考サイトURL: http://tabelog.com/tokyo/A1329/A132904/13091258/

8.自然派ラーメン 神楽:石川県金沢市

自然派ラーメン 神楽
出所:https://tabelog.com/

北陸新幹線で話題の金沢人気No.1の店です!金沢に来たらとにかく最初に行くべきお店です。この店の売りは新鮮な鶏ガラ、豚骨スープに上質の煮干し数種、煮干し貝柱、鰹節、するめなど15種ほどを合わせた「自然なスープ」。

現代人が馴れてしまっている化学調味料・保存料などの添加物を使用していないポイントも◎。ふわっと香るスープを一口飲むと優しい味が口の中で拡がります。さらに麺も自家製手打ちでもっちり弾力の食感がいい具合です!

また、調味料だけでなく食材にも安全性や味に徹底して拘られており、全て地元を中心とした国産のものを使用されています。おすすめは15種の自然スープに天然醸造醤油を使用した「醤油ラーメン」です。ダシの旨みがダイレクトに伝わってくる味わいです。

■ 基本情報
・名称: 自然派ラーメン 神楽
・住所: 石川県金沢市寺町1-20-10
・アクセス:北鉄バス 20番台の系統乗車、「寺町一丁目」停留所から徒歩約3~5分
・営業時間: 11:30~14:30、17:30~20:00
・定休日: 月曜
・電話番号: 076-280-5010
・公式サイトURL: http://www.kanazawakagura.com/

9.鉢ノ葦葉:三重県四日市市

自然派ラーメン 神楽
出所:https://tabelog.com/

三重に来たら“絶対に外せない”一杯。無化調なのにしっかり濃い魚介の出汁は自家製麺(全粒粉入)の食感と同様に楽しめるスープ。最初に煮干しの風味が強めにきますが、優しく風味豊かな醤油と鶏の旨味がぐっ〜ときてもう堪りません!

こちらも三重で随一の人気を誇る名店です。新しい技法や食材を積極的に取り入れ、常に進化し続けています。オススメの醤油ラーメンはダシと醤油の風味がしっかりと感じられる味わいで、歯応えのあるチャーシューとの相性がバツグンです。

■ 基本情報
・名称: 鉢ノ葦葉 (はちのあしは)
・住所: 三重県四日市市城北町1-12 ル・グラン 1F
・アクセス: 近鉄「四日市駅」より徒歩10分
・営業時間: 【平日】11:00~15:00【土・日・祝】11:00~15:00、18:00~21:00 ※昼夜ともにスープ切れの場合、閉店時間が早まることがあります。
・定休日: 月曜日(月曜日が祝日の場合、翌日がお休み)
・電話番号: 059-351-5227
・公式サイトURL: http://hachinoashiha.com/

10.俺のラーメン あっぱれ屋:京都府城陽市

俺のラーメン あっぱれ屋
出所:https://tabelog.com/

京都と云えば、このお店。全国各地から食べに来る人気店!

おすすめはこくまろ塩チャーシュー!自慢のレアチャーシューに目がついついいってしまいますが、魚介豚骨に塩ダレを合わせるどっしり濃厚スープは旨味たっぷり。しっかりスープを絡める自家製平打ち麺のもちもち食感も最高です。最近は外国の方も観光ついで寄られるそうです!

京都といえば古都・歴史の街といったイメージが強いですが、実はラーメンの聖地とも言われているんですよ。そんな京都で数ある名店を抑えて口コミグルメサイト「食べログ」によるランキングで第1位に輝いたことのある名店中の名店です。

■ 基本情報
・名称: 俺のラーメン あっぱれ屋
・住所: 京都府城陽市奈島下小路11
・アクセス: 近鉄新田辺・JR京田辺から京阪宇治バス「明星ヶ原」バス停下車後徒歩すぐ
・営業時間: 11:30~14:30
・定休日: 日曜・祝日・第4土曜日、不定休あり
・公式サイトURL: http://tabelog.com/kyoto/A2607/A260704/26011617/

11.あす流:大阪府高槻市

あす流
出所:https://tabelog.com/

大阪の名店です。「塩らーめん」一度食べてください!

TVの情報番組『す・またんSP』でラーメン店主100人が選ぶラーメン部門で関西No1になったお店。食べるべき一杯は「塩ラーメン」。ここのスープは鶏の旨味と貝柱の風味がよく上品なのですが、食後の余韻がある奥深い味。麺も真空麺でパツパツで美味いです。

とにかく個人的に塩が好きで色んなお店に行きましたがここは病みつきになりました。

■ 基本情報
・名称: あす流 (あすりゅう)
・住所: 大阪府高槻市紺屋町8-30 2F
・アクセス: JR高槻駅から徒歩2分
・営業時間:11:30~14:30頃、18:00~22:30頃 ※売切れ次第終了
・定休日: 月曜日、第2火曜日
・電話番号: 090-3650-0514
・参考サイトURL: http://tabelog.com/osaka/A2706/A270604/27007898/

12.清乃:和歌山県有田市

清乃
出所:https://tabelog.com/

おすすめは「角長しょうゆ「匠」」です。和歌山ラーメンといえばこってりな豚骨醤油のイメージが有名ですが、このお店のすぐ近くには醤油発祥の地と言われている湯浅があるということもあり、醤油にこだわったラーメンを作っています。

商品名にある角長とは地元の醤油メーカーさんの名をもらっていることからもこの醤油の旨さを味わうためのスープであり、ラーメンなのだと思います。甘さも辛さも程よいスープはもっちりした自家製麺とのバランスもよく、恐ろしく美味い醤油ラーメンです。

2015年5月1日更新の食べログ「 全国にあるラーメン(拉麺)のお店38,035件」の中で1位というお店です。東京や都市部近郊であれば判りますが、和歌山県有田市という交通のアクセスが決していいといえない田舎で営業されているのに、全国1位となったその評価は半端ではないです。

■ 基本情報
・名称: 清乃 (セイノ)
・住所: 和歌山県有田市野696
・アクセス:JR紀勢本線「箕島駅」から徒歩約16分
・営業時間:11:00~14:00
・定休日: 日曜日&月曜日 ※臨休等の詳細はHP
・電話番号: 0737-83-4447
・公式サイトURL: http://www.konomise.com/chuki/seino/

13.大砲ラーメン 本店:福岡県久留米市

大砲ラーメン 本店
出所:https://tabelog.com/

ミシュランにも選ばれた、納得のラーメンです。福岡県内でも有数の、人気ラーメン店の本店。スープを注ぎ足す「呼び戻し」と呼ばれる手法でスープを作り、伝統を守りぬいた味を楽しむことができます。メニューには、こってり系の「昔ラーメン」とまろやか系の「ラーメン」があり、両方が食べられる「食べ比べセット」も。

2014年には「福岡・佐賀版のミシュランビブグルマン」にも選出されています。

■ 基本情報
・名称: 大砲ラーメン 本店
・住所: 福岡県久留米市通外町11-8
・アクセス: 西鉄「久留米駅」から徒歩10分
・営業時間:11:00~21:00
・定休日: 年中無休
・電話番号: 0942-33-6695
・公式サイトURL: http://www.taiho.net/

14.百戦麺磨 鬼武者:北海道札幌市

百戦麺磨 鬼武者
出所:https://tabelog.com/

器とスープともに、表面には背油が入っているのが特徴的。スープを一口飲むだけでコクのある深みを口の中全体で感じることができます。麺は中太ちぢれ麺でもちっとした感触で、チャーシューはあぶっているので香ばしい。味玉は半熟です。

外装から雰囲気が漂います。黒と白を基調としたラーメン店ならではのお店のたたずまいになっており、隠れ家のようになっています。営業時間は夜7時からなので時間に注意して来店しましょう。

■ 基本情報
・名称: 百戦麺磨 鬼武者
・住所: 北海道札幌市中央区南五条西4-4 サンヨービル弐号館 1F
・アクセス: 地下鉄南北線4番出口から徒歩3分
・営業時間: 19:00~翌7:00
・定休日:年中無休(お盆、正月を除く)
・電話番号: 011-521-0264
・公式サイトURL: http://www.onimusya.jp/

15.ラーメン五丈原:北海道札幌市

ラーメン五丈原
出所:https://tabelog.com/

とんこつ100パーセントのラーメンなのに、脂分が少なくてあっさりしたスープのラーメンを味わうことができます。なので、とんこつが苦手な方にもおすすめできます。あっさりだからといってコクがあるのが特徴的なところです。

自家製チャーシューを一つの売りにしていて、大きいし口の中でとろけるのでご飯と一緒に食事される方も多いようです。そこでおすすめなのが「おにぎり」で、ラーメンに負けないくらいの人気を誇っています。

■ 基本情報
・名称: ラーメン五丈原
・住所: 北海道札幌市中央区南七条西8-1024-24
・アクセス: 市電「東本願寺前」下車後、徒歩3分
・営業時間:11:00~翌3:00
・定休日: 無休
・電話番号: 011-561-3656
・参考サイトURL: http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1000281/

16.有楽町「麺屋ひょっとこ」:東京都千代田区

有楽町「麺屋ひょっとこ」
出所:https://tabelog.com/

一番のおすすめポイントは簡単に崩れてしまうチャーシューにあります。とても柔らかくて口の中に入れるとすぐにとろけてなくなってしまうのが楽しみの一つです。さらにラーメンが出てくる時間も短くて、満員の時でもすぐに食べることができて人気です。

スープが非常に濃厚なので、お吸い物の感覚で楽しめるという声も上がっています。一杯だけでも思う存分堪能しておきたいラーメンですね。

■ 基本情報
・名称: 有楽町 麵屋ひょっとこ
・住所: 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館 B1F
・アクセス:JR「有楽町駅」から徒歩3分
・営業時間:【月~金】11:00~14:30、15:30~20:00【土曜】11:00~14:30、15:30~19:00
・定休日: 日曜、祝日
・電話番号: 03-3211-6002
・参考サイトURL: http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13046637/

17.メルシー

メルシー:東京都新宿区
出所:https://tabelog.com/

ワンコインでおつりがくるという大学生には非常にうれしいラーメンを販売しているお店です。値段だけではなく、ボリュームも大学生並みに考えられており、早稲田大学生にとっては切っても切り離せない関係性なのではないでしょうか。

店舗設計でコストカット。カウンター席がないのでコストカットを哀惜で補っています。しかし店内はモダンな感じで落ち着きのある空間なので、一般の方でも気軽に入れるようになっています。さらにラーメン店ではあまり見ないドライカレーとオムライスも人気メニューです。

■ 基本情報
・名称: メルシー
・住所: 東京都新宿区馬場下町63
・アクセス: 地下鉄東西線「早稲田駅」から徒歩2分
・営業時間: 11:00~19:00
・定休日: 日曜・祝日
・電話番号: 03-3202-4980
・参考サイトURL: http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13000048/

18.新福菜館本店:京都府京都市

新福菜館本店
出所:https://tabelog.com/

屋台から始まったこのお店は、お客さんのチョイスによって麺のかたさやスープの味の濃さなどがカスタマイズできるようになっています。戦後からと長い歴史を持っているので、濃厚なしょうゆ味のスープは飲みやすくてあっさりしていると評判です。

時間帯も非常にうれしい!朝7時30分から夜22時まで通しで営業しているのでどの時間帯でも来店でき、特にサラリーマン世代の方には人気がありそうですね。ラーメンもほとんどスープが濃いものが多くて、マニアの方なら深みのあるスープをチョイスされる方も少なくないようです。

■ 基本情報
・名称: 新福菜館 本店
・住所: 京都府京都市下京区東塩小路向畑町569
・アクセス: JR「京都駅」中央口から、徒歩約5分
・営業時間: 7:30~22:00
・定休日: 水曜日
・電話番号: 075-371-7648
・公式サイトURL: http://www.shinpuku.net/

19.本家第一旭たかばし本店:京都府京都市

本家第一旭たかばし本店
出所:https://tabelog.com/

50年前から続いている独自の作り方でのラーメンは、ラーメン専門店として味を変えることなく続けています。麺のかたさなどはお客様に決めていただいており、しょうゆ味がすっきりしていて店の一番人気メニューにもなっています。

ボリュームも満点です。チャーシューが5枚も入っているため、見た目的にも内容的にもとてもボリュームのある作りになっています。そのため男性のお客さんが多い傾向にあり、一人の方でも気軽に入れるようになっています。

■ 基本情報
・名称: 本家 第一旭 たかばし本店
・住所: 京都府京都市下京区東塩小路向畑町845
・アクセス: JR京都駅から、徒歩約5分
・営業時間:5:00~翌2:00
・定休日: 木曜日
・電話番号:【お問い合わせ専用番号】075-351-6321【予約専用番号】050-5570-0973
・公式サイトURL: http://www.honke-daiichiasahi.com/

20.ラーメン コタン:広島県広島市

ラーメン コタン
出所:https://tabelog.com/

店が狭いだけに人が多いというのがこのお店の最大の特徴であり、熟練のスタッフが心地よい手さばきでラーメンを作っていきます。そのスピードは他店を圧倒するほどでしょう。だからと言って汚いというわけではなく、上品な仕上がりになっているところも評価できるポイントです。

それぞれの具材にも気を使っていていることから多くの要素が絡み合い、とても満足ラーメンに仕上がっています。

■ 基本情報
・名称: ラーメン コタン
・住所: 広島県広島市中区舟入町12−3
・アクセス: 丹入町駅から徒歩すぐ
・営業時間: 午前11:00~午後11:00(祭日は午後10:00)
・定休日: 日曜日
・電話番号: 082-233-1422
・参考サイトURL: http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34007132/

21.まるとくラーメン:広島県竹原市

まるとくラーメン
出所:https://tabelog.com/

醤油の味わいで素朴で深みのある独特な香りとその味は、常連客の舌を毎日うならせているほど人気のあるメニューです。もやしが大量に入っているので、ラーメンながらもシャキシャキっとした感触があって面白いです。さらに熱すぎるラーメンではなく、野菜で熱を中和してくれます。

初めての方でも飲みやすいスープに仕上がっているのも特徴的で、塩分を少しとがらせているのが演出的であります。病みつきになったら何度でも行きたくなるでしょう。

■ 基本情報
・名称: まるとくラーメン
・住所: 広島県竹原市中央4-5-11
・アクセス:JR呉線「竹原駅」から徒歩5分。
・電話番号:0846-22-3014
・参考サイトURL: http://tabelog.com/hiroshima/A3404/A340402/34004470/

22.博多らーめん ShinShin 天神本店:福岡県福岡市

博多らーめん ShinShin 天神本店
出所:https://tabelog.com/

人気の理由は行列の長さによって実感させられるでしょう。お昼時になると多くのサラリーマンや観光客の方で行列ができます。博多のとんこつラーメンの味をしっかり再現し、コストパフォーマンスも良いお財布に優しいラーメンなのです。

ラーメン自体はチャーシュー2枚とねぎといういたってシンプルな構成になっていますが、そのシンプルさを追求することで人気になっています。スープはあっさりしていて白濁しています。

■ 基本情報
・名称: 博多らーめん ShinShin 天神本店
・住所: 福岡県福岡市中央区天神3-2-19
・アクセス:西鉄天神大牟田線「西鉄福岡」駅から徒歩10分
・営業時間:11:00~翌3:00
・定休日: 日曜
・電話番号: 092-732-4006
・公式サイトURL: http://www.hakata-shinshin.com/tenpo_tenjin

23.博多だるま:福岡県福岡市

博多だるま
出所:https://tabelog.com/

スタンダードにおいしいラーメン店として、近辺の方で知らない方はいないという名店です。あっさりスープとこってりスープの種類があって、どちらを選んでも初心者の方におすすめできます。博多に来ておいしいラーメンが食べたい方にはぴったりです。

店構えもしっかりしていて、入りやすい雰囲気を出しているところが興味をそそられます。ラーメンの値段が少し高いようにも感じますが、その分満足感は得られるのでグッドでしょう。

■ 基本情報
・名称: 博多だるま
・住所: 福岡県福岡市中央区渡辺通1-8-26
・アクセス:地下鉄七隈線「天神南駅」から徒歩10分
・営業時間: 11:30~24:30
・定休日: 元旦
・電話番号: 092-761-1958
・参考サイトURL: http://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40000113/



ラーメンが美味しいお店を厳選してご紹介しましたが、いかがでしたか?その土地ならではの特色が出ているところも多かったですね。カジュアルな食べ物なのですが、その作り方によっては高級料理のようになることもあります。

和風のだしがきいたスープというのも定着してきています。つくる人、つくる場所によって味が違ってくる、思ったよりもずっと奥が深いものです。

人気のラーメンはお客さんの集客率がまず違いますね。そこをポイントに抑えれば人気店をいち早く分析しておいしくいただけることと思います。食べた人のレビューを参考に、行ってみたいなという気持ちになってくれたらいいですね。

ここで紹介した厳選23選、もちろん全て行ってみて欲しいところばかりですが、自分だけのお気に入りを開発するのも楽しいものですね。





公式Facebook
その他のオススメ記事