南禅寺

南禅寺
photo by @mayopppe_
臨済宗南禅寺派大本山の寺院で禅宗寺の中で一番高い格式を持つお寺。敷地内にある疏水水路閣は琵琶湖から京都へ水を引いた設備で今はその外観の美しさから京都の観光施設のアイコンとして親しまれています。

南禅寺
photo by @happy.sayuri

南禅寺
photo by @m.maho1105

周辺の類似スポットを地図で見る

南禅寺の基本情報


【 住所 】京都府京都市左京区南禅寺福地町86
【アクセス】蹴上駅下車、徒歩10分
【営業時間】[12月1日~2月28日]午前8時40分~午後4時30分、[3月1日~11月30日]3月1日~11月30日午前8時40分~午後5時 定休日は公式HPをご確認ください。
【 料金 】[方丈庭園]一般500円、高校生400円、小中学生300円 [三門]一般500円、高校生400円、小中学生300円 [南禅院]一般300円、高校生250円、小中学生150円

南禅寺
が含まれる観光マップ



公式ページ

南禅寺までのアクセスとおすすめスポット

南禅寺といえば、臨済宗南禅寺派の総本山といった格式のあるお寺です。

総本山ということもあって、その広さはかなりのものとなっています。

南禅寺へのアクセス

そんな南禅寺までの行き方ですが、いくつか方法があります。

おすすめは、バスで行く方法で、これは、コンビニや京都駅でバスの1日乗り放題カードが売っています。

それを購入すれば、かなり安く色々な所を回ることができますし、バスが来る頻度も高いので、そんなに待つことなく観光できるのでお勧めです。

南禅寺までは、市バスで東天王町、もしくは、南禅寺・永観堂というバス停で下車するようにしましょう。

ただ、そこから10分ほど歩くことになりますので、方向音痴だから自信がないなんて思うかもしれませんが、まずは人の波に乗って歩いていくか、この辺は住宅地になっているので、家の前にいる人に南禅寺までの行き方を訪ねながら行けば間違いありません。

もう1つのアクセス方法として、地下鉄も使えます。

当税戦の蹴上駅からこちらも徒歩10分ほどで、「ねじりまんぼ」という、ヨーロッパの水道橋のようになったトンネルような道をくぐることで、早く南禅寺までたどり着くことができます。

もちろん、車でも行けますが、その際には2時間で1000円ほどの駐車料金がかかるので、公共交通機関を利用したほうがスムーズ、且つお得に拝観することができます。

ちなみに南禅寺の拝観料ですが、南禅寺の大きな敷地事態に入るのにはお金はかかりませんし、「あ、ここからお寺の敷地なんだ」という感じで、そこが敷地だということに気づかないくらいです。

ですが、いくつかの主要スポットを配管する際に各スポットで拝観料が発生します。

その料金は、大体大人で300~500円となっています。

さて、住宅地やのどかな風景を横目に南禅寺にたどり着くことになるのですが、そんな南禅寺は、冒頭でもふれたように、かなり敷地が広いので、いくつかのスポットがあります。

南禅寺の三大門

まずは何といっても欠かせないのが、南禅寺のメインスポットともいえる、三大門でしょう。

他にもスポットはありますが、ここをメインとして訪れる方が多いので、ここには常に観光客がいます。

こちらは重要文化財に登録されている建造物で、大阪夏の陣で戦死した家臣を弔うために建てられたものとされており、まずはその三大門の大きさと威厳のようなものに圧巻されます。

しかも、この周りに大木がそびえたっているので、それがまた、三大門の威厳さをより高めています。

そんな威厳に満ち溢れた三大門の上に拝観料を払って上ることができるのです。

ここに私自身も登ってみたのですが、上に行くと、時代が気で見るような、今でいうところのべランダのようなものがあります。

今の建物でいえば大体3~4階くらいの高さにあるその「ベランダ」に足を踏み入れるのは自由になっています。

そこから自分たちが歩いてきた場所を見下ろすことができるのですが、それが砂利石と石畳を敷いた、日本ならではの道です。

ですから、なんだか癒されるという気分にもなりますし、ものすごく歴史を感じることができる場所です。

サイドにそびえたつ大木と同じくらいの高さになるのも、なんだか木の気分になったようで、ただ上にあがっただけなのに、全く違う南禅寺を見ることができるのです。

そこでは人が少なければ寝転がったりして、リラックスすることができるので、私もやってみましたが、真夏に行ったにもかかわらず、すごく風通しがよく、涼しかったので、京都は盆地で夏はものすごく厚くなるということを、昔の人もきちんと計算した上でこの建物も設計されているのだなと、昔の人の知恵を感じることができる場所でもあります。

そんなメインスポットである三大門を離れてちょっと歩いてみましょう。

南禅寺
instagram @akn.mzn

南禅寺の国宝、方丈

すると、方丈と呼ばれる国宝に指定された建造物がたたずんでいます。

ここは、長屋のような、江戸時代の学校のような長い建物です。

北条は大方丈と小方丈の2つのパートから成り立っています。

注目は、小方丈にある、加納探幽の作品とされている、「水呑みの虎図」というのが、有名です。

狩野派といえば、江戸時代に活躍した芸術家ですが、そんな人が描いた作品を直接見られるというのは、美術が大好きな方にはたまりませんし、そこがどれだけ格式が高い場所だったかということがわかります。

さらに、方丈には、どのお寺にもあるように庭園があるのですが、これもまた、すっきりとして、無駄なものが一切おいてありません。

それを見るだけでも心が洗われるような気持ちになれるので、ちょっと最近気持ちが落ち着かないとか、疲れがたまっているなんて方は、ここをじっと眺めていると、いやなことも忘れることができます。

それをしに行くだけでも、方丈に入る価値はありますよ。

私もここに入った際に、連日仕事で毎日12時間以上パソコンの前にいてイライラしていたのですが、ここにいったことによって、「なんでそんなことでイライラしていたのだろう」と、思えたくらい、ある意味パワースポットとなる場所でした。

南禅寺の天授庵

同じような意味で、庭園を見るためにおすすめのスポットが、天授庵です。

ここは、別名南禅寺塔頭と呼ばれている場所です。

当時の天皇である光厳天皇の勅許によって建立されたものです。

そこにある襖絵は、聞いたことがある方も多いかと思いますが、長谷川等伯によってかかれたものです。

この襖絵はとても有名で、見るだけでその鮮やかな色合い、そしてダイナミックさとでもいうのでしょうか、素人の目から見ても「すごい!」という言葉が漏れてしまうような素晴らしい作品となっているので、ここに行った際には絶対に見てください。

そして、この場所は、庭園についても力が入っている場所です。

京都にある龍安寺もそうですが、天授庵の庭園にも枯山水が使われている庭と、逆に水を用いた池泉をメインにした庭園と2つあるので、どちらもみましょう。

南禅寺の枯山水の庭園

枯山水の庭園は、白砂と緑のコケを用いています。

ここに行く時期としておすすめなのが、やはり京都の秋といえば有名ですが、紅葉になる秋です。

普段は、枯山水の庭園は白と緑だけなのですが、秋になると、ここに葉っぱの色が紅色になるので、それがまた枯山水庭園に色を指してくれ、また違った顔を見ることができるのでおすすめです。

もちろん、それ以外の時期であっても、緑と白という、心が洗われるような色をした庭園に癒されることとなるでしょう。

南禅寺の池泉回遊式庭園

もう1つの池泉回遊式庭園ですが、こちらも、心を癒してくれるような庭園となっています。

そもそも、それを目的としているのでしょう。

というのも、この池は、池の中に置かれた出島によって2つのパートに分けられています。

それが、「心」の文字となっているからなのです。

こちらも、特に紅葉の時期、時に、紅葉が終わりかけて、落葉の時期になった時に行くのがベストだといえるでしょう。

池の中に紅くなった葉が何千枚も落ちていて、それが、まるで池の上では船のように見え、自然の絵画のように見せてくれますし、その時期だけしか見ることのできない光景だからです。

ほかにも新緑の時期に行くと、新たに実った葉っぱとともに、自分も頑張ろうという活力がわいてくるのでおすすめです。

このように南禅寺は見るべきスポットがたくさんあります。

散歩にも歴史を見るのにもおすすめで、心癒されるスポットとなっています。

[wdi_feed id=”677″]


南禅寺のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

南禅寺 滝もねじれていた。 注意!音が出ます。 pic.twitter.com/6EKCociTTw

ツイッターメディア

南禅寺 ねじれてるなーと思う。 どっしりしていて澄んでいる。 ねじれねじれて、ねじれきったところに禅があるのかもなんて。 頭の中で禅寺を育てたいなあ。 twitter.com/beadsmui/statu… pic.twitter.com/WAFZCvS1e4

ツイッターメディア

京都通 京都観光案内。今回はサスペンスドラマなどでもお馴染みの観光名所「南禅寺の水路閣」の魅力をご紹介します kyoto-2.jp/kanko/nanzenji… #京都 #京都観光

"☆京都の紅葉ライトアップ 哲学の道 白沙村荘 銀閣寺 真如堂 金戒光明寺 法然院 安楽寺 霊鑑寺 光雲寺 永観堂 南禅寺 平安神宮 無鄰菴 長楽寺 円山公園 正伝永源院 高台寺 "

"☆京都の紅葉ライトアップ 哲学の道 白沙村荘 銀閣寺 真如堂 金戒光明寺 法然院 安楽寺 霊鑑寺 光雲寺 永観堂 南禅寺 平安神宮 無鄰菴 長楽寺 円山公園 正伝永源院 高台寺 "

京都 南禅寺と水路閣Kyoto Nanzenji and waterways Pavilion 2018年 10月18日 youtu.be/fF6pNgf-f2w @YouTubeより

今日のビーズ 南禅寺好きです。 景色を写生している人がいたり、ザッザッとホウキで掃除している音が聞こえてきたり、静かな世界。 水路閣のレンガ、ふわふわと苔むしていてきれい。白と黒のはカビ?美しいです。 アーチをくぐって異世界に行っ… twitter.com/i/web/status/1…

行くとこ決定! 将軍塚青龍殿 京セラ美術館 無鄰菴 琵琶湖疎水記念館 南禅寺 水路閣 蹴上インクライン ガーデンミュージアム比叡 智積院 GOOD NATURE STATION 鴨川デルタ 旧三井家下鴨別邸 糺の森 下鴨神社… twitter.com/i/web/status/1…

"☆京都の紅葉ライトアップ 哲学の道 白沙村荘 銀閣寺 真如堂 金戒光明寺 法然院 安楽寺 霊鑑寺 光雲寺 永観堂 南禅寺 平安神宮 無鄰菴 長楽寺 円山公園 正伝永源院 高台寺 "

"☆京都の紅葉ライトアップ 哲学の道 白沙村荘 銀閣寺 真如堂 金戒光明寺 法然院 安楽寺 霊鑑寺 光雲寺 永観堂 南禅寺 平安神宮 無鄰菴 長楽寺 円山公園 正伝永源院 高台寺 " #女子力

南禅寺をはじめ京都の寺社仏閣は「無許可でのモデル撮影禁止」の所が多いので、こうやって正式に許可取っといてくれると安心ですね。 twitter.com/shirokurokansa…

@B2DstpUKZpKdtj2 蹴上駅〜南禅寺エリアにあるアレですね!😆

京都でしか経験がないのだけれど、、大きい茶会に行くと必ず下足預かりがあって、、 十数年前七人で行って草履預けて番号札貰わなかったけれど、知恩院を出る時にはきちんと人数分タタキに揃えてあった不思議🤭 宴席を取り仕切る職業もあると聞い… twitter.com/i/web/status/1…

卒業してから気付く南禅寺と永観堂の良さ

永保寺(えいほうじ)は、岐阜県多治見市にある臨済宗南禅寺派の寺院。山号は虎渓山(こけいざん)。 雲水の修行道場(僧堂)である虎渓山専門道場を併設している。 美濃七福神の一つ(寿老人)。

@dew6erry ハートの影💕いいね。 時間帯によってもかなり変わるよね。 お昼前だったからなぁ〜 真上だお日様。 影見たら南禅寺思い出した😊

京都さじゅ、行かせたいところのリストとしては 清水周辺、哲学の道からの南禅寺、京博、伏見(酒倉と十石船)、川床、嵯峨野、醍醐周辺、大原、鴨川デルタ、糺の森、御苑、河原町界隈(主に新京極、錦市場、先斗町) 引くところの 他ジャ… twitter.com/i/web/status/1…

そういえば本日、お寺用として使用していた南禅寺様の御朱印帳が埋まりました🎉 お坊さんが書いてくれる御朱印・納経は真似が出来ないほど美しい達筆で一から見返すと言葉が出ないほどの感動がありました🥰 pic.twitter.com/YcI5KVrkv2

ツイッターメディア

南禅寺の順正でも同じように思ったからたぶん私は一丁以上豆腐を食べる才能がないんだろう。

@oguri_sakura あ、前、チラッとお話していたのは、南禅寺・山門の欄干のところですね。 この現場で、某Dの心が折れカチンコを落とし方針状態になられました((((;゚Д゚))))))) 昔は、マジ、怖い監督多かったんです(/ _ ; )

個人的には南禅寺の紅葉がどちゃくそ映えるのでおすすめ

【五山・十刹の制】 ①鎌倉五山(建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺) ②京都五山(天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺) =>頂点に南禅寺 ・管轄は僧録が行う =>初代=春屋妙葩(シュンオクミョウハ) ・五山文… twitter.com/i/web/status/1…

おでかけ>. ☆泉屋(せんおく)博古館の「瑞獣(ずいじゅう)伝来」展と白沙村荘(はくさそんそう)橋本関雪記念館の秋季展と南禅寺参道菊水の ... リンク:travel.everychoice.info/?p=10220 タ グ:#旅行 #ニュース #沖縄

@searakansu_h_ 南禅寺行った後に行くつもりだったんですけど疲れはててカットしてしまいました😢


京都のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事





写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。