建仁寺

建仁寺
photo by @masatomo0519
国宝である「風神雷神図」があることで有名なお寺。その他にも多数の文化財を有していたり、白砂敷き詰めた枯山水庭園が美しかったりと見どころの多いスポットです!

周辺の類似スポットを地図で見る

建仁寺の基本情報


【 住所 】京都府京都市 東山区小松町598
【アクセス】京阪電車「祇園四条駅」より 徒歩7分、阪急電車「河原町駅」より 徒歩10分
【営業時間】午前10時~午後5時
【 料金 】一般500円、中高生300円、小学生200円※小学生未満のお子様は無料

建仁寺
が含まれる観光マップ



公式ページ

外国からのお客様をおもてなしするのにおすすめ コンパクトに歴史を楽しむ 京都 建仁寺

建仁寺とは

建仁寺は京都鴨川の東、八坂神社の近くにある禅寺です。

建仁2年 当時の将軍源頼家が寄進して、有名な栄西禅師を開山として宋国の寺をモデルに建立されました。

創建時は天台・密教・禅の三宗兼学の道場として、鎌倉期の仏教情勢に合わせた学問体系になっていました。

その後、火災等で境内は荒廃するも、東福寺開山円爾弁円が当山に入寺し境内を復興、禅も盛んとなりました。

室町時代にはいると、有名な宋の禅僧、蘭渓道隆がやってきました。

禅の作法、規矩(禅院の規則)が厳格に行われ純粋な禅寺となりました。

やがて室町幕府により中国の制度にならった京都五山として指定され、厚い保護を受け栄えたのですが、応仁の乱や戦国時代などの戦乱により再び荒廃してしまいました。

織田信長や豊臣秀吉が活躍した時代にようやく、安国寺恵瓊が方丈や仏殿を移築しその復興が始まりました。

やがて徳川の庇護のもと、堂塔が再建修築され制度や学問が整備されます。

明治に入り政府の宗教政策等により臨済宗建仁寺派としての分派独立、建仁寺はその大本山となります。

また廃仏毀釈、神仏分離の法難により塔頭の統廃合が行われ、余った土地を政府に上納、境内が半分近く縮小され現在にいたります。

この長い歴史から、建仁寺は様々な要素を包含した、日本の伝統文化の縮図となっているのです。

建仁寺の見どころ「建物」

まず、建仁寺の見どころの一つは建物です。

基本的には、禅式の建物ばかりですが中には一風変わった建物が視られます。

というのも、当時、寺のような大きな建物を建築するにあたって、古い建物からパーツをとりよせることが流行っていました。

思わぬ建物の一部が建仁寺には利用されているのです。

例えば、寺の南側にある勅使門は、重要文化財にも指定されている由緒正しき寺門です。

なんと、平家物語でおなじみの平氏の居館から移築したものなのだそうです。

さらに、メインの建物である方丈は、安芸が故郷である安国寺恵瓊が広島の安国寺から移築したものです。

こちらは室町時代の様式をよく遺しており重要文化財として登録されています。

さらに、室町時代後期に流行った茶室もこの方丈近辺に備えられています。

平安時代末期から室町後期まで様々な様式の建物が一つの寺に詰め込まれているのです。

さらに、歴史上有名な人物にかかわる建物もあります。

塔頭の一つ、正伝院は、有楽町の起源である織田有楽斎が江戸時代に復興した建物ですし、永源院は、細川護熙元首相のご先祖様たちが菩提寺とした塔頭です。

建仁寺の見どころ「庭園」

次に建仁寺で有名なのは枯山水を代表とした日本式の庭園です。

建仁寺はその長い歴史から、枯山水に苔と小さな木でできた日本式の庭など様々な様式の庭を見ることができます。

まず、方丈の枯山水の前庭「大雄苑」に関してです。

この庭はかなり広く、方丈のどこに座るかで見え方に変化が出てきます。

西側から見ると、小ぶりの岩を中心に砂の波紋が広がり、庭全体の静けさが強調されます。

一方この庭を、方丈の東側から見ると、先ほどの小ぶりの岩は遠くに見える小島のようです。

海岸のように見える建物に、寄せる砂の波が反射して波紋が広がる様子には趣深いものがあります。

外国から来た観光客にも、この庭の緊張感は伝わるらしく、ただ砂が敷き詰められているだけの庭なのに、みな縁側にすずなりで写真を撮っている様子が見られます。

続いて、コケと小木と石で構成されている「潮音庭」に関してです。

中央のコケが盛り上がった庭には、4つの岩が静立し、四方に高さの低い平な岩が散らばっています。

さらにこの中央部を紅葉が囲むようにできており、季節によってさまざまな姿の庭を楽しむことができるようになっています。

茶室までの道のりには、伝統的な茶庭が広がっています。

石のつらなる道のりには、おもしろい形をした石や季節によって変化を見せる小さな木が連なっています。

その庭が自然と茶室のにじり口につながっている様子を見ることができます。

建仁寺の見どころ「絵画」

建仁寺最大の見どころは、俵屋宗達が描いた国宝 風神雷神図に代表される絵画の数々でしょう。

ながい歴史のある建仁寺には、すばらしい濃絵や水墨画がたくさんあります。

前述した、広島から移築されてきた方丈の壁面には、ところせましと禅の教えや四季の移ろいを反映した水墨画がならんでいます。

梅の枝が地面近くを這う様子や、龍の大きな体が部屋を取り囲むなど壮大かつ繊細なモチーフが水墨画で表現されています。

昔の僧は、こんな贅沢なものに囲まれて修行に励んでいいたのかと思うと羨ましくなります。

有名な風神雷神図は、屏風の形で拝観することができます。

ただし、こちら原本は京都国立博物館に寄託されており、複製品が展示されているとのことです。

しかし、この事実を踏まえても、外国人を案内するたびに、みなその豪壮な様子に感動してくれます。

加えて、法堂の天井画「双竜図」も圧巻です。二頭の龍が絡み合い、双方の口が「阿吽」になっている様子は少しユーモアさえ感じさせます。

ちなみに、この「双竜図」、実は2002年に日本画家の小泉淳作画伯が作製した水墨画で、現在の美術品ということになります。

いろいろな時代の絵画が同じ寺の中で見れるなんて、なかなか面白いと思いませんか。

体験型のイベント

そんな、建仁寺では、体験型のイベントも行われています。

禅寺での修行体験です。坐禅と法話の会、「千光会」が毎月第二日曜日午前8時から行っているそうです。

宗教・宗派の制限なく、志のある方であればどなたでも参加することができるのだそうです。

参加費は無料で、特に予約は必要ありません。

だいたいの流れは、まず午前8時より坐禅を2回行い、その後、お経を唱和した後に茶礼を行い、最後に法話を拝聴できるのだそうです。

加えて、写経を体験することもできるのだそうです。

売店で随時受付をしており、般若心経写経用紙、写経用具は建仁寺大書院にて用意していただけるのだそうです。

さらに、建仁寺でお茶を楽しめるレアなイベントもあります。

毎年4月20日の栄西誕生を祝って行われる茶会、建仁寺四頭茶礼です。

正直とても人気のイベントで、拝服券は当日で売り切れます。

もとより、禅宗は喫茶の習慣があり、栄西は日本にお茶をもたらしたとされる僧です。

ただ、こちらはある程度、茶道の心得が要求されるイベントですので、気をつけてください。

拝観料と拝観時間

そんな建仁寺の拝観料は、一般が500円、中高生は300円です。

拝観時間は季節によって差がありますが、午前10時から午後4時です。

建仁寺へのアクセス

京阪電車の最寄り駅は、祇園四条駅になります。

北口から出て、鴨川を背に山が見える方に向けて歩きます。

祇園南座を過ぎてすぐの交差点を右手にまがり、1つ角をすぎたところに玄関を見つけることができると思います。

阪急電鉄を利用する場合は河原町駅が最寄り駅となります。

河原町駅の八坂方面出口を出て、鴨川をわたり、上述と同様に南座を見て右折してしばらく行くと、建仁寺の正門が見えるはずです。

JR京都駅からは市バス206系統、100系統を利用して、南座前で降りるとすぐです。

車を利用する場合は、30分200円の駐車場があるそうです。

おすすめの季節と周辺情報

建仁寺に、強いておすすめする季節があるとすれば、それは秋です。

庭の各所に配された紅葉が赤く燃える中、しずかにたたずむ枯山水は見ものです。

もちろん、それ以外の季節でも、境内には美しい桜の木がありますし、緑が盛んな様子を方丈の暗い建物の中から静かにながめるのも、相当趣き深いです。

建仁寺の近所には、八坂神社があり八坂神社から3年坂などを経ると、清水寺となります。

建仁寺の周囲には様々な有名スポットがあるのです。

ちなみに、四条通沿いには、有名な都路里がありおいしいパフェも楽しめます。

おすすめポイントまとめ

 建仁寺には、鎌倉、室町、江戸と長い時代の間に培ってきた、様々な文化財があります。

これらが非常にコンパクトにまとまっているので、「日本の伝統文化にふれたい」という外国からのお客様を案内すると喜んでもらえること請け合いです。

建仁寺を誰かに紹介する際は、予習をお忘れなく!

[wdi_feed id=”686″]


建仁寺のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

今年はまだ京都駅前のKG+会場と、建仁寺さん、アンテルームさんとレインホテルさんしか行けていないから、来月も会期終わるまでちょこちょこ周りたいな〜📷💕💕 毎年すごく楽しい!!ずっと続いてアルルみたいになってほしいです🙏 pic.twitter.com/iDWExdylbC

ツイッターメディア

@d4c_valent1ne ありがとうございます。こちらこそ、宜しくお願いします。 建仁寺の写真、撮影エピソードも含めて素敵ですね!食レポも美味しそうです。 コロナ終息したら、自分も京都や奈良方面、巡ってみたいです。

栄西は2度南宋を訪れ、臨済宗を伝え、茶を日本にもたらした。京都の建仁寺は彼が開いた寺である

江戸時代に至りて妙心の一流最も栄え、臨済の門派は多く関山の兒孫なりと称せらるるに至れり。明治以後各派分立の機運を生じ、同9年天龍寺派、相国寺派、建仁寺派、南禅寺派、妙心寺派、建長寺派、東福寺派、大徳寺派、円覚寺派の9派独立し、

『京都の寺院』(184) 『禅居庵』 東山区 信濃守護小笠原貞宗が自身が帰依している南禅寺住持の清拙正澄(大鑑禅師)のために建仁寺の塔頭として元弘年間に創建。本尊は聖観音菩薩であるが他にも清拙正澄が鎌倉時代末期に来日する際に元で自… twitter.com/i/web/status/1…

建仁寺三門から法堂 静かに秋を迎えています。 コロナウイルス対策して頂ければ幸いです。 pic.twitter.com/GdkwRl42dd

ツイッターメディア

実の母は、四条縄手下った所の、建仁寺町の近所に住んでいたそうです。

中巌円月は中巌派の祖にして、元弘2年来朝し、上野吉祥寺を剏め、後鎌倉万寿、京都万寿、建仁寺等に歴住し、

@maiko____707 まいこちゃん!おはよー!! お久しぶり〜!! 素敵だね!素敵だねー🥰🥰いいなー!! 清水!!建仁寺ー!! 画像見せてくれて有り難うー!! 龍が!格好いい!

山号を「東山(とうざん)」という/慈照寺(臨済宗)いわゆる銀閣寺。山号「東山」は鎌倉五山三位の建仁寺も当てはまるので注意。

夜のドライブ。 奈良、京都、奈良、神戸、京都 そして今日も京都🚗 今日は寺社の山門鳥居巡りと言いますか。。 伏見稲荷ー智積院ー三十三間堂ー知恩院ー八坂神社ー建仁寺ー平安神宮の山門や鳥居だけ撮る。 ひと気のない花見小路と先斗町を歩き… twitter.com/i/web/status/1…

山号を「東山(とうざん)」という/建仁寺(臨済宗)京都五山三位。山号「東山」は銀閣で有名な慈照寺も当てはまるので注意。

【京都五山】 五山の制のうち京都の寺/足利義満が五山から今日と五山を分割/禅宗/高位から、天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺/南禅寺は別格/ #文系

栄西は(略)尋いで建仁2年将軍頼家の外護に依り、京都に建仁寺を創建して円密禅三宗兼学の道場となし、又『興禅護国論』等を著して禅法の弘通に努む。其の法系は千光派と称せられ、付法に仏樹明全、釈円栄朝、退耕行勇等あり。

また大学時代みたいに京都をのんびりできる日々が戻ってきて欲しいよ。 建仁寺が一番お気に入り☺️ pic.twitter.com/CZ1w71Lqj7

ツイッターメディア

建仁寺の御朱印帳が1番惹かれる🥺 風神雷神も雲龍もすごい好き 神社と寺院に分けたいから2冊は欲しい 〇〇八幡宮みたいな宮って どっちなんだろ← pic.twitter.com/gqYiz40712

ツイッターメディア

一休宗純(1394-1481)ゆかりの京都東山区建仁寺 images.app.goo.gl/nUqAn3PZ5b2hFQ…

やくしまるえつこの活動> [フォイル特別企画展]「今やらんで、いつやるねん。」(2012年5月6日まで 京都 建仁寺・禅居庵)参加作家:荒井良二、大井戸猩猩、鈴木まさこ、できやよい、奈良美智、ピーター・マクドナルド、やくしまるえつこ foiltokyo.com/event/zenkyoan…

KYOTOGRAPHIE写真展で次に行ったのは建仁寺塔頭の両足院です。ここでは生命力をテーマにヴェルサイユ宮殿で栽培されている古代種の野菜、雲仙市の種取り農家の写真が展示されてきました。会場の書院から茶室の水月亭と臨池亭までの道が… twitter.com/i/web/status/1…

朝から建仁寺行って写経してみたので邪な心が清められて明日から仕事の嫌なこと聞いても左から右へ聞き流せるといいな。

@ririgoy1 現物を一度見たかったからね、嬉しかったよ~😊 建仁寺には枯山水もあってね、久々にイイ時間を過ごしたよ~✨ pic.twitter.com/MlB4wXjG4Z

ツイッターメディア

職場の女の子が浴衣デートつきあってくれたよ☺️ 紗織→安井金比羅宮→建仁寺→天竜寺🚶🚶💨💨 帯ほどけたまま気づかず歩いてたら見知らぬおばあちゃんが「アラアラアラアラ」って言って直してくれた😳 pic.twitter.com/SvAC4IHCeh

ツイッターメディア

京都で仕事を終えて帰路に。 建仁寺近くに紅葉進んでる樹が。通るたびに定点観察しよう。 封印してたラーメンも食べちゃいまして、さらに抹茶ラテで糖質に追い討ちかける一日🤣 たまには良いか笑 pic.twitter.com/5uQXP1OBLu

ツイッターメディア

京都,建仁寺,両足院の写真展 トマ・デレーム&八木夕菜 ベルサイユ宮殿の畑で栽培される野菜の写真と 長崎県雲仙市の「種取り農家」さんの活動写真 有料展示になりますが 毎年1度、この美しい両足院を訪れる機会が もらえてうれしいです… twitter.com/i/web/status/1…

@naobonbon1016 購入半年で建仁寺の砂利にブチ落とした😂オワタ…

建仁寺の雲龍ブレスレット、雲龍ストラップ、東福寺の厄除御守。 pic.twitter.com/NVzlgu2IP6

ツイッターメディア

建仁寺の売店、龍好きな俺には色々あり過ぎて困る^^; pic.twitter.com/Lc4ovmQheR

ツイッターメディア

御朱印帳は、建仁寺で買うぞーって思ってまして、当初縦置きの雷神風神図のものを!と思ってたんですけど、横置きの双龍に魅かれて購入…醍醐寺でお坊さんに御朱印帳は縦がよろしいとの助言がありました。(作った業者に何もわかってないとご立腹し… twitter.com/i/web/status/1…

テキトーに歩いとったら建仁寺着いた😺

旦那が、交通安全のお守りを買いに醍醐寺に行きたいと急に言い出しました。それなら、建仁寺に風神雷神図屏風を見たい!ということで、そちらも行ってきました。建仁寺法堂の双龍図は圧巻でした。朝一番に入ったので人もいなくてゆっくり観覧と参拝… twitter.com/i/web/status/1…

建仁寺の売店の紙袋が龍でめちゃくちゃかっこいい。保存して置いておこう(笑)売店で売ってた風神雷神紙袋も中々(*^^*) pic.twitter.com/aXIt2yK8wX

ツイッターメディア

山号を「東山(とうざん)」という/慈照寺(臨済宗)いわゆる銀閣寺。山号「東山」は鎌倉五山三位の建仁寺も当てはまるので注意。

国内外の気鋭写真家が京都に集結,今年は「ECHO」がテーマ lmaga.jp/news/2021/09/3… 『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2021』 テーマ:「ECHO」 期間:9月18日から10月17日まで 12会場:「両足院(建仁寺山内)」など

仕事前に建仁寺両足院で坐禅体験。ご機嫌が悪くなりがちな世の中、嫌なことを忘れゆっくりと自然に無の世界へ浸っていく最高のひと時を過ごせました。今日も仕事頑張ります。 pic.twitter.com/rzPC7WYIZf

ツイッターメディア

建仁寺を支持したのは(鎌倉幕府) 2011文学部

⛩️建仁寺さん(京都) 風神雷神の屏風、手前から撮れたら格好良いのになと見ていたら。 「姉ちゃん、ずっとおるな」とおじ様にお声を掛けられたので、人が途切れるのを待ってますとお伝え。 「何や、そんなん止めてきたるわ」と颯爽と向… twitter.com/i/web/status/1…

てぃあさんぽ京都歴史編【鎌倉時代】 南禅寺(左京区) おはようございます。 南禅寺界隈は景色がいいところが多くて散歩するのに最高です🚶‍♀️ 鎌倉時代創建のお寺は他にも建仁寺とか東福寺とかあるけど、似たような感じだし雨なので今… twitter.com/i/web/status/1…

〈京都五山〉 天・国の・ケニー・豆腐・饅頭 ①天→天竜寺(1位) ②国の→相国寺(2位) ③ケニー→建仁寺(3位) ④豆腐→東福寺(4位) ⑤饅頭→万寿寺(5位) ☆僧録司(初代は春屋妙葩)の管轄。五山の上位に別格の南禅寺があった。

【六波羅蜜寺】 建仁寺勅使門を南へ。幽霊飴のお店のすぐ南にあります。 平忠盛以来の平家ゆかりの地。空也上人の像でも有名。 5200にも及ぶ一門の別邸があったが、都落ちの際、平家の放った火により、本堂が残るのみとなりました。 bit.ly/obucWx

【豆知識】 樹里さんは、役作りのために 大河ドラマ江の撮影前にプライベートでレンタカーなどで巡った江の所縁の地① ●愛知 尾張大野城 ●福井 柴田神社 ●福井 三姉妹神社 ●福井 北ノ庄城址公園 ●福井 西光寺 ●京都 聚楽第跡 ●京都 建仁寺

奇跡を起こす! 臨済宗大本山 建仁寺 を3秒間みつめてから、 即リツイートで、 1週間以内に奇跡が訪れます! pic.twitter.com/9Xx8Gqok5O

ツイッターメディア

京都のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事





写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。