Altes Rathaus(バンベルクの旧市庁舎)

Altes Rathaus(バンベルクの旧市庁舎)
by https://japan.diplo.de/ja-ja
バンベルク市街は1993年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、ドイツのバイエルン州バンベルク市の旧市街を指します。バンベルクの旧市庁舎は、レグニッツ川の中州に建つ少し珍しい建物。1386年にゴシック様式で建築され、1460年の火災で焼失してしまった歴史があります。1668年に改築され、ロココ風の小部屋が増築。フレスコ画が描かれていて、川の間にあるのが印象に残る観光スポットとしても人気です。

周辺の類似スポットを地図で見る

【スポット】Altes Rathaus(バンベルクの旧市庁舎)
【ふりがな】ばんべるくのきゅうしちょうしゃ
【 住所 】Obere Brücke, 96047 Bamberg
【アクセス】「Bamberg」駅から、右折して Ludwigstraße に向かう。左折してLuitpoldstraßeに入り、右折してObere Königstraßeに入る。左折してKettenbrückstraßeに入り、Hauptwachstraßeを進む。Maximilianspl. を直進し、Grüner Marktを進みObere Brückeを進むと到着。
【最寄り駅】Bamberg
【 料金 】無料


公式ページ



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

ガイヤースヴェルト 由来:ドイツは敗戦したにも関わらず、第二次世界大戦時に中世の街並みが被害を受けずに残ったことから、旧市街が世界文化遺産に登録されているバイエルン州の街「バンベルク」にある城。現在は市庁舎の分室として使われており、塔からはバンベルクの街並みが一望できる。


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。