人気のアトラクションを制覇できる回り方【ディズニーランド編】

イッツ・ア・スモールワールド

ディズニーランドで人気のアトラクションを制覇できる、おすすめの回り方をご紹介していきます。ディズニーランドにはたくさんのアトラクションがあります。ディズニーランドの開園時間が8時、閉園時間が10時となるとディズニーランドにゲストが滞在できる最大時間は約14時間になります。日によっては開園時間が閉園時間が異なることがあります。そうなると、ますます滞在できる時間が少なくなってしまいます。そんな中で、できるだけ人気のアトラクションを制覇できるようなパークの回り方を知っておけば、きっと得することもあるでしょう。ディズニーランドでのおすすめの回り方は、平日と週末によって変わってきますが、今回は人の少ない平日に入園することを考えたおすすめルートを紹介していきたいと思います。




入園する前にしておくべきこと

ミッキーの家

パークに入園する前にしておくことはとても重要です!これをしておくか、しておくかによって入園してから遊べる時間がかなり変わってきます。せっかくの楽しいディズニーランドでめいっぱい時間を使って楽しむためには、事前準備も必要なんですよ☆

混雑日をあらかじめ調べておく

今回は平日のディズニーランドに訪れる場合をご紹介しましたが、平日でも空いている日と混雑している日があります。比較的月曜日や金曜日は混雑している可能性が高いのですが、火曜日から木曜日はついている可能性が高いです。また、月によってもかなり変わることがありますので去年までの混雑月なども調べておくといいと思います。

できるだけ空いている日を狙って遊びに行くことをおすすめします。やっぱり、たくさんのアトラクションを回るためにはゲストの数は少ない方がいいですよね。空いている日と混雑時では、待ち時間が大幅に違ってくるのであらかじめ調べておくようにしましょう!

チケットを購入しておこう

まず、パークに入園する前に必ずしておいて欲しいことがあります。それはチケットの購入です。ディズニーランドの入園ゲートでチケットは購入することができますが、当日購入となるとかなり並ばなくてはいけないこともあります。人気のアトラクションを制覇するためには、朝の時間のタイムロスがかなり不利になってしまいます。それを防ぐためにも、入園前にチケットを購入しておく必要があります。

前日までのチケット購入は、東京ディズニーリゾートの公式サイトでも購入できますし、イクスピアリのチケットセンターでも購入が可能になっています。また、前日までのチケット購入では日付指定チケットと、日付指定なしのオープンチケットの購入ができます。平日であれば入園制限がかかることはあまりないですが、春休みやゴールデンウィークなどの長期休暇にかぶってしまうと入園制限に当たってしまうこともあります。そのため、入園日が決まっている場合は日付指定のチケットを購入しておくことをおすすめします。後日、来園日が変わってしまった場合は、プラス料金がかかってしまいますが変更することも可能です。

アプリをダウンロードしておこう

東京ディズニーリゾート公式アプリでは、現在アトラクションのファストパスの収得、そしてショーの抽選ができるようになっています。また、アトラクションの待ち時間やレストランなどの待ち時間も見ることができます。ディズニーランドで一日を過ごすとなると、アトラクションの待ち時間の把握や空いているレストランの確保など、とても便利なツールになってきますので、必ずダウンロードしておくようにしましょう。ファストパスの利用開始可能時間になると、通知してくれるというサービスもありますのでファストパスの時間も忘れずにディズニーランドを楽しむこともできますよ♪

開園時間前から並んでおこう

東京ディズニーランドの開園時間は日によって異なりますが、今回は朝8時から夜10時までの営業時間だと仮定してのプランをご紹介していきたいと思います。朝8時から営業開始の場合は、約1時間から30分前には入園ゲートに並んでおくようにすると、スムーズに入園することができます。平日であれば、そこまでたくさんのゲストは並んでいないはずですので、開園後すぐに入園できる可能性がとても高いです。開園後すぐに入園することができれば、人気のアトラクションも、少ない時間で乗車することが可能になってくるチャンスが増えてきます。入園ゲートに並んでいる間に、できればどのレストランに入りたいかや、どのフードを食べたいかなどを話し合っておくと、よりスムーズに過ごすことができるのでおすすめです♪

優先順位を決めておく

開園後、一番最初に向かうといいアトラクションはスプラッシュ・マウンテンです。スプラッシュ・マウンテンは、ディズニーランドの三大マウンテンの中でも最も人気です。平日でも待ち時間は平均60分以上となっています。ファストパスも午前中にはなくなってしまうことが多いので、できるだけ早めに収得しておく必要があります。

エントランスからワールドバザールを通り抜け、スプラッシュ・マウンテンに行くには少し距離があります。そのため、開園直後は待ち時間が少ないことが多いアトラクションなんです。開演後一時間もすれば、待ち時間がだんだんと増えてきますので、できるだけ開園直後にスタンバイすることをおすすめします。

もしくは、アトラクションではありませんが必ずミッキーに会えるということで人気の「ミッキーの家とミートミッキー」に足を運ぶことも良いかと思います。ミッキーの家は、必ずミッキーに会えるグリーティング施設なのですが、ファストパスがないということもあり、平日でも週末でも変わらず60分以上の待ち時間がある大人気施設です。1日を通しての待ち時間はあまり変動がなく、常に60分待ちくらいだとと考えておいた方が良いでしょう。

そんなミッキーの家にも空いている時間があります。それが開園直後の時間なんです。平日であれば、開園直後は30分ほどの待ち時間でミッキーに会うことができる可能性が高いです。ディズニーランドに訪れたからには、絶対にミッキーに会いたいという方はこちらを優先しても良いかと思います。アトラクションを優先するか、ミッキーの家を優先するかを入園ゲートに並んでいる間に決めておくことも大事になってきますよ!

いざ、入園!スプラッシュ・マウンテン乗車

夜のスプラッシュマウンテン

☆スプラッシュ・マウンテン概要☆

【ファストパス対象】
・シングルライダー対象
エリア:クリッターカントリー
タイプ:ライド
所要時間:約10分
定員:ボート1台8名
対象:身長90㎝未満の方は乗車不可、妊娠中の方、高齢の方、高血圧の方、心臓や首に疾患のある方は乗車不可
※乗り物酔いしやすい方は注意

今回は、人気アトラクションを制覇する回り方をご紹介しますので、先ほどの優先順位はスプラッシュ・マウンテンを選択したことに仮定します。いざ、パークに入園した後は、迷わずスプラッシュ・マウンテンへと向かいます。 スプラッシュ・マウンテンへの最短ルートは、ワールドバザールをまっすぐ進み、シンデレラ城のある大きな広場へと向かいます。大きな広場へとやってくると分かれ道が何本かありますが、ファンタジーランドとウエスタンランドの間にある大きな道を進んでいきます。そこをまっすぐ進むとクリッターカントリーに一番近いのでおすすめです。

入園し、まっすぐスプラッシュ・マウンテンに向かうと大体10分ほどで到着することができます。 スプラッシュ・マウンテンに到着した後は、そのままスタンバイ列へと並びましょう。その時点で待ち時間は20分から30分ぐらいであればラッキーです。表示されている待ち時間よりも実際は少ないことの方が多いので、 一番最初に大人気のアトラクション、スプラッシュ・マウンテンを体験することができれば、 今後のパークでの時間にもかなり余裕が出てきます。

スプラッシュ・マウンテンのスタンバイ中に一番最初のファストパスを習得しておきましょう。開園直後のファストパスの時間はまだ午前中以内であることが多いです。一番最初に習得するファストパスは「モンスターズ・インクライド&ゴーシーク」か「プーさんのハニーハント」をおすすめします。どちらも人気のアトラクションなのでファストパスが終了してしまう時間も早めです。ここでの判断基準はファストパス利用可能時間によって決めてください。

クリッターカントリーから「モンスターズ・インクライド&ゴーシーク」のあるトゥモローランドまでは少し距離があります。エリアごとの行き来は時間のロスになりますので、できれば避けたいものです。そのためスプラッシュ・マウンテンに乗車した後の時間が8時半過ぎだと仮定して「モンスターズ・インクライド&ゴーシーク」のファストパス利用可能時間もプーさんのハニーハントの利用可能時間も、どちらも9時半から10時半だとしましょう。

その場合は約1時間ほどありますので、早めにファストパスがなくなってしまうことが多いモンスターズ・インクライド&ゴーシークを優先した方が良いかと思います。または、プーさんのハニーハントのファストパスを取得し、その後ファンタジーランド付近でお土産を見て回るという選択でもいいと思います。

どちらのアトラクションもかなり人気ですが、先にファストパスがなくなってしまう可能性が高いのはモンスターズ・インクライド&ゴーシークの方です。日中は待ち時間が60分以上となっていますが、モンスターズ・インクライド&ゴーシークはエントランスに近いため、閉園時間ギリギリに乗車してから帰宅するという選択もできます。閉園時間直前はかなり空いていることが多いので、最後に回すのも手だと思います。




プーさんのハニーハント乗車

プーさんのハニーハント

☆プーさんのハニーハント概要☆

【ファストパス対象】
エリア:ファンタジーランド
タイプ:ライド
所要時間:約4分半
定員:1台5名
対象:身長制限なし、1人で安定して座っていられない方乗車不可
※乗り物酔いしやすい方は注意

今回はモンスターズインクライド&ゴーシークを閉園直前にまわし、プーさんのハニーハントのファストパスを収得したと仮定します。プーさんのハニーハントは小さなお子様連れから大人まで、幅広い年代から人気を集めているアトラクションです。そのため、日中は待ち時間が平日でも60分待ち以上となっていることが多いです。ファストパスを収得するのが確実ですが、スプラッシュマウンテン乗車後、もしもプーさんのハニーハントの待ち時間が40分前後になっていたら、ファストパス取得ではなくスタンバイでの乗車を検討してみてもいいかと思います。プーさんのハニーハントは、スタンバイ列がとても可愛く作られているということもあり、プーさん好きの方や可愛い写真が撮りたいという方はスタンバイで乗車するのもおすすめです。

プーさんのハニーハントをスタンバイで乗車した場合は「ビッグサンダー・マウンテン」のファストパスを収得しましょう。ビッグサンダー・マウンテンのファストパスも午前中から午後過ぎにはなくなってしまうことが多いので、できればファストパスを取っておいた方がいいでしょう。しかし、雨の日にはビッグサンダー・マウンテンは空いている可能性が高いので、ファストパスではなくスタンバイでの乗車にチェンジしましょう。その場合は「スペース・マウンテン」または「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」の ファストパスを取得しましょう。

雨の日や悪天候の日には、屋外アトラクションは確実に待ち時間が減る傾向にあります。そのためファストパスの収得がもったいないので、スタンバイでの乗車をおすすめします。逆に屋内アトラクションは雨の日は混み合いますので、ファストパスを利用するようにしましょう。

ビッグサンダー・マウンテンのファストパスを収得

ビッグサンダーマウンテン

☆ビッグサンダーマウンテンの概要☆

【ファストパス対象】
・シングルライダー対象
タイプ:ライド
所要時間:約4分
定員:1台30名
対象:102㎝未満は乗車不可、妊娠中の方、高齢の方、1人で安定して座っていられない方、高血圧の方、心臓や首に疾患のある方不可
※乗り物酔いしやすい方は注意

今回は晴れている平日を仮定としているため、ビッグサンダー・マウンテンはスタンバイではなくファストパスを利用しての乗車をおすすめします。 ビッグサンダー・マウンテンのファストパスも早くから終了してしまう可能性が高いので、3番目までには収得しておきたいところです。ビッグサンダー・マウンテンは三大マウンテンの中で最も優しめのジェットコースタータイプのアトラクションになっているので、家族連れも多いんです。そのため、日中から夜まで変わらず60分以上の待ち時間になっていることが多いです。

また、スタンバイ時も完全屋外となっているので、寒い冬や暑い夏は、特にファストパスの利用をおすすめします。しかし、ビッグサンダー・マウンテンは夜に乗車すると偶然花火が見えたり、ディズニーランドの美しい夜景を一望できたりするので、あえてファストパスを利用せずにスタンバイで乗車することもおすすめですよ♪ただ、たくさんのアトラクションを効率よく体験したいという方はファストパスを取得しておきましょう。

アトラクション乗車時間前の間に

カチューシャ

人気アトラクションのファストパス取得は、朝から午前中いっぱいまでが重要になってきます。午後を過ぎるとファストパスが終了してしまうアトラクションが出てきますので、できるだけ人気のアトラクションは午前中にまでにファストパスを収得しておく必要があります。ファストパスを取得して、次のファストパスの取得時間までの間は2時間です。この2時間をしっかりと覚えておきましょう。もちろん公式アプリにも、自分のプランとしてファストパスの時間が表示されていますのでこちらを確認して、次にファストパスが取れる時間が何時なのかという事をきっちり把握しておきましょう。

そして、アトラクション以外にも思いっきりディズニーランドを楽しむためにカチューシャや帽子などの身につけるグッズを、アトラクション乗車時間前の間に購入しておくこともおすすめです。グッズの購入といえばワールドバザールというイメージがありますが、その他のエリアにもたくさんのショップがあります。 次のアトラクションの間の時間を利用してショップに入り、お気に入りの身につけるグッズを購入してみてくださいね♪こちらの身につけるグッズは出来るだけ早めに購入しておいた方が、長い時間パークを満喫している気持ちになるので良いと思いますよ☆

3つ目のファストパス取得

スペースマウンテン

☆バズライトイヤーのアストロブラスター概要☆

【ファストパス対象】
エリア:トゥモローランド
タイプ:ライド
所要時間:約4分
定員:1台につき3名
対象:身長制限なし、小さなお子さまをひざの上に乗せての乗車も可能

☆スペース・マウンテン概要☆

【ファストパス対象】
エリア:トゥモローランド
タイプ:ライド
所要時間:約3分
定員:1ロケットにつき12名
対象:身長102㎝未満の方は乗車不可、妊娠中の方、高齢の方、高血圧の方、心臓や首に疾患のある方は乗車不可
※乗り物酔いしやすい方は注意

3つめのファストパスを取得するアトラクションは、トゥモローランド内にある「スペース・マウンテン」もしくは「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」がおすすめです。スペース・マウンテンもバズ・ライトイヤーのアストロブラスターも、ファストパスが平日は午後1にはなくなってしまうことが多いです。週末は午前中いっぱいでなくなってしまうこともあります。平日だと言っても両方のアトラクションのファストパスを収得することができる可能性は低いので、どちらかに絞りましょう。待ち時間は2つとも60分以内、もしくは60分前後です。そこまで待ち時間の差はありませんので、どちらを選択しても大丈夫です。

また、この2つのアトラクションは同じエリアにあり、場所もとても近いので、どちらかのアトラクションのファストパスの利用時間近くに、ファストパスを収得していない方のアトラクションも乗車すると効率がいいです。先ほども説明しましたが、エリア同士の行き来はかなりのタイムロスになってしまいます。それを避けるためにも、同じエリアのアトラクションは近い時間に乗車するようにしましょう。

例えば、スペース・マウンテンのファストパスを取得したとします。ファストパスの利用時間が午後3時から午後4時までの間だったとしましょう。その時、バズ・ライトイヤーのアストロブラスターの待ち時間が40分ほどだった場合、午後2時からスタンバイ、もしくは午後4時過ぎからスタンバイにすれば、2つのアトラクションに続けて乗車することができます。

もちろん、両方のアトラクションのファストパスも収得できることがベストです。ファストパス取得可能時間になって、両方のアトラクションのファストパスも残っていた場合は、どちらも取るようにしましょう。 どちらも完全屋内アトラクションですので、雨の日は大変混雑しています。ちなみに日中でも夜でもあまり待ち時間が変わらないことが多いです。 ですが、少し待ち時間が減るといえばパレードの時間帯になります。そこを狙うというのもありだと思います。

また、ファストパス取得時に気をつけてほしいことは、パレードやショーの時間とかぶってしまっていないかということです。お昼のパレード「ドリーミングアップ」やベリー・ベリー・ミニー!のミニパレード「ベリー・ミニー・ミックス」そして、夜のパレード「エレクトリカル・パレード・ドリームライツ」などを鑑賞したいという方は、パレードの時間とファストパス利用時間がかぶっていないかということを、あらかじめ確認しておきましょう。ショーの抽選に当たったという方もしっかり時間を把握しておきましょう。

お昼ご飯を食べよう

キャプテンフックスギャレーのメニュー

東京ディズニーランドにはたくさんのレストランやフードワゴンがあります。事前に予約しておくことのできるプライオリティシーティングを対象としたレストランや、食事をしながらショーを楽しむことができる事前予約制のレストランなどがありますが、たくさんの人気アトラクションを制覇したい時は、 利用時間が決まっているレストランやサービスは利用しない方がよいでしょう。

アトラクションのファストパス利用時間にもよりますし、手軽に食べられて待ち時間が少ないレストランやフードワゴンを利用した方がディズニーランドでの遊ぶ時間も増えます。レストランの待ち時間も公式アプリに表示されていますので、そちらを確認してレストランを決めるのもいいと思います。自分が今いるエリア内のレストランや、次に向かう予定のアトラクションの近くにあるレストランなどを選ぶと、効率よく回ることができると思います。

レストランを利用せずに食べ歩きフードを満喫したいという方は、どのエリアにどんな食べ歩きフードが販売されているのかなどを事前に調べておくと、よりスムーズに行動できるかと思います。特に、期間限定のフードやイベントのキャラクターモチーフフードなど、絶対に食べたいと思っているメニューは絶対に確認しておいた方がいいですよ!

また、お昼の時間帯はレストランがかなり込み合います。夕食時はパレードと重なるということもあり、混雑している時間が結構バラバラだったりすることが多いのですが、昼食時はやはり12時から1時の間はかなり混雑しています。そのため、人気のレストランは待ち時間が30分から1時間ほどになることもあります。

レストランを利用したいという方は、できるだけ混雑時間を避けて利用するようにしましょう。午前10時から午前11時の間、または午後2時から午後3時の間をなどは、比較的レストランが空いています。また、パレードの時間帯はアトラクションだけではなくレストランも空いている傾向にありますので、その時間帯を狙ってもいいと思います。

そして、時間だけではなく、座席数が多いレストランを選ぶこともポイントになります。座席数が多いレストランは、待ち時間が多少あっても席が空く時間が早かったりするので、少ない待ち時間でレストランに入ることができます。

座席数が多いレストランランキングはこちら↓

1、トゥモローランド・テラス
☆トゥモローランド・テラス概要☆
エリア:トゥモローランド
サービスタイプ:カウンターサービス
座席数:約1540席
※ミッキーシェイプのブレッドサンドを提供しているレストラン

2、プラズマ・レイズ・ダイナー
☆プラズマ・レイズ・ダイナー概要☆
エリア:トゥモローランド
サービスタイプ:カウンターサービス
座席数:約930席
※ハンバーグやライスボールなどを提供しているレストラン

3、パン・ギャラクティック・ピザ・ポート
☆パン・ギャラクティック・ピザ・ポート概要☆
エリア:トゥモローランド
サービスタイプ:カウンターサービス
座席数:約710席
※ピザを提供しているレストラン

4、ハングリーベア・レストラン
☆ハングリーベア・レストラン概要☆
エリア:ウエスタンランド
サービスタイプ:カウンターサービス
座席数:約680席
※カレーライスを提供しているレストラン

ファストパス対象以外のアトラクションを楽しもう

イッツ・ア・スモールワールド

午前中にファストパスを収得したアトラクション以外のアトラクションも楽しみましょう。 ここでは、ファストパス利用可能時間のアトラクションを軸にして回って行きます。ファストパス利用可能時間のアトラクションの近くにあるエリア、または同じエリアのアトラクションを順に攻めていきましょう。アトラクションがたくさん集まっているエリアといえば、ファンタジーランドやアドベンチャーランドがありますね。ファンタジーランドのアトラクションは、待ち時間が15分から30分ほどのものもたくさんありますので、ファンタジーランドにいる間に同エリア内のアトラクションを順番に回っていくことが、一番効率がいいと思います。

また、ファンタジーランドのアトラクションはアトラクション同士の距離も近いので、あまり移動せずにアトラクションを楽しむことができることがポイントです。ファンタジーランド内の混雑アトラクションといえば、ファストパス対象のアトラクションプーさんのハニーハント以外に「ピーターパンの空の旅」や「空飛ぶダンボ」が挙げられます。どちらも夕方以降になるとだんだん空いてくることが多いので、ファンタジーランドのアトラクションは夕方以降に乗車する方がいいと思います。

お昼の間は、トゥーンタウンでミニーの家やドナルドの家などを楽しんだり、トゥーンタウンには写真スポットがたくさんあるので、かわいい写真をたくさん撮ったりして楽しむのも1つです。ミニーの家やドナルドの家などは待ち時間が、平日であればほとんどありません。家の中を見て回る体験型のアトラクションになっているので、休憩がてらゆっくりと回っても楽しいですよね♪

アドベンチャーランドのアトラクションは、どれも待ち時間が30分以内のものが多いので、どの時間帯に行ってもあまり並ばずに乗ることができます。混雑気味のアトラクションといえばジャングルクルーズがあります。と言っても待ち時間は長くても40分程度です。

また、ジャングルクルーズはナイトクルーズと呼ばれる夜限定のプログラムが用意されています。こちら体験したいという方は、夜にアドベンチャーランドを訪れるのも良いかと思います。ファンタジーランドかアドベンチャーランドのどちらかを夕方以降に訪れて、どちらかは日中のうちに回ることにしましょう。ファンタジーランドの「ミッキーのフィルハーマジック」やアドベンチャーランドの「カリブの海賊」などは所要時間も長く、ゆったりとしたアトラクションなので休憩がてら乗車できるというのも、夕方以降に乗車するといいおすすめのポイントになってきます。




残っているファストパスを収得しよう

スターツアーズ

☆スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューの概要☆

【ファストパス対象】
エリア:トゥモローランド
タイプ:ライド、3D体験
所要時間:約4分半
定員:1キャビン40名
対象:身長102㎝未満の方は乗車不可、1人で安定して座っていられない方、妊娠中の方、高齢の方、高血圧の方、心臓や首に疾患のある方は乗車不可
※乗り物酔いしやすい方は注意

☆ホーンテッドマンション概要☆

【ファストパス対象】
エリア:ファンタジーランド
タイプ:ライド
所要時間:約15分
定員:1台3名まで
対象:身長制限なし、小さなお子様をひざの上に乗せての乗車可

午後になってもファストパスが残っている可能性が高いアトラクションが2つあります。 「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」と「ホーンテッドマンション」です。どちらも状況によってはファストパスが発券されていないことがあります。こちらも公式アプリに表示されていますので確認しておきましょう。

日中は、ホーンテッドマンションも30分から40分ほどの待ち時間が発生していることがありますが、ファストパスは遅くまで残っていることが多いです。スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューもファストパスは遅くまで残っています。平日であれば、両方のファストパスを午後から収得することも可能なので、こちら2つのファストパス収得の優先順位は後回しにしましょう。

ホーンテッドマンションは、夕方以降は待ち時間が10分から20分まで短くなることもありますが、スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューは現在、期間限定で映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のシーンが登場している、スペシャルバージョンが実施されています。そのため、普段は待ち時間が多くても20分ほどのスター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューも、イベント期間中は30分から40分ほどになっています。

ですが、ファストパスは遅くまで残っていますので、スタンバイではなくファストパスを利用して乗車することをおすすめします。どちらも遅くまで残っていますので、どちらからファストパスを収得してもいいと思いますが、もしファストパスが終了してしまった場合、待ち時間が多いスター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューの方から収得した方がいいかもしれません。ホーンテッドマンションのファストパスを取得できなかった場合は、待ち時間が少なくなった夕方以降であれば、15分から20分ほどの待ち時間で乗車することが可能になってきます♪

お土産を買うタイミング

ショップのショーウインドウ

普段、ディズニーランドに訪れた際はお土産をどのタイミングで購入されていますか?ディズニーランドを思いっきり楽しむためには、お土産を買うタイミングというのも重要になってきます。おすすめのお土産を買うタイミングは、午前中から夕方までの間です。夕方になってくると帰宅するゲストが増えてきます。そのため、帰宅前にお土産を購入しようと、特にワールドバザール内のお土産ショップはたくさんのゲストで賑わってしまいます。混雑を避けて、ゆっくりお土産を見るためにも、お土産を購入するタイミングはできれば午前中の方がいいと思います。午前中はどこのお土産ショップも空いているので、職場や家族、友達へのお土産、もちろん自分へのお土産もゆっくり選ぶことができます。ここで購入したお土産はエントランス近くにあるコインロッカーに預けておくと、よりディズニーランドを楽しむことができるかと思います。

たくさんのお土産を購入してしまった場合、手荷物が増えてしまいますので、思うようにパークを楽しめないことがあるかもしれませんよね。そんな時のために、ぜひコインロッカーを利用してみてください♪

もしくは、公式アプリでのショッピングも利用してみてもいいかもしれません。公式アプリでのショッピングは、パークチケットをスキャンしておけば家に帰ってからでも買い物することができます。アプリでの購入可能時間は、入園した当日の夜11時半までになっています。アプリで購入すればお土産を持ち帰る手間もありませんし、ディズニーランドの営業時間内にお土産を選ばなくてもいいので、そのぶんアトラクションや他の事に時間を使えますよ♪

夜景を見ることができるアトラクションを楽しもう

蒸気船マークトウェイン号

ディズニーランドには、綺麗な夜景を楽しむことができるアトラクションがあります。ディズニーランドの夜景は、とっても神秘的で美しいですよね♪ 夜のディズニーランドだからこそ味わえる、最高の景色と幸せな時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

☆夜景を楽しむことができるおすすめのアトラクションはこちらです↓

空飛ぶダンボ

☆空飛ぶダンボの概要☆
エリア:ファンタジーランド
タイプ:ライド
所要時間:約1分半
定員:1台2名
対象:身長制限なし、1人で安定して座っていられる方のみ

世界で唯一空を飛べる象、ダンボの背中に乗って優雅な空の旅へ出かけます。小さなお子様向けだと思われていがちですが、空飛ぶダンボは結構な高さがあるので、夜になるとファンタジーランドを一望できてとても綺麗なんです。ファンタジーランドは、色鮮やかでポップなイメージがありますが、夜になるとまた一味違った景色を楽しむことができます。ライトアップされた数々のアトラクションはとてもロマンチックですよ♪

空飛ぶダンボは小さなお子様に大人気のアトラクションなので、日中はかなり混雑していますが、夜になってくると待ち時間は10分から15分ほど、もしくは5分以内で乗車できることもあります。まだ体験したことがないという方は、ぜひダンボの背中に乗って、空からファンタジーランドを一望してみてくださいね☆

蒸気船マークトウェイン号

☆蒸気船マークトウェイン号の概要☆
エリア:ウエスタンランド
タイプ:ライド
所要時間:約12分
定員:475名
対象:身長制限なし、お子さまをひざの上に乗せて乗車可

水上の宮殿と呼ばれている3階建ての優雅な、蒸気船マークトウェイン号に乗ってアメリカ川一周の旅に出かけます。日中に乗ると冒険している感がとても強いアトラクションなのですが、夜に乗ると全く違った雰囲気を味わうことができます。蒸気船マークトウェイン号は夜になるとライトアップされるので、とてもロマンチックになるんですよ♪

3階はとても人気なので人がたくさんいますが、1階や2階は人が少なく、ベンチもあるのでゆったりとした時間を過ごすことができます。蒸気船マークトウェイン号で体験できない、クリッターカントリーやウエスタンランドの景色を見て回ることができますよ☆乗車中はゆったりとしたBGM がかかっているので、恋人とのデートにもおすすめです♪かなりの人数が乗車することができるということもあり、待ち時間も5分から10分と、かなり短いので少し休みたいなという方にもおすすめのアトラクションになっています。

ウエスタンリバー鉄道

☆ウエスタンリバー鉄道の概要☆
エリア:アドベンチャーランド
タイプ:ライド
所要時間:約15分
定員:1編成140名
対象:身長制限なし、小さなお子さまをひざの上に乗せての乗車も可

蒸気機関車でアドベンチャーランド、クリッターカントリー、そしてウエスタンランドを一周します。神秘的で未知な熱帯のジャングルと、開拓時代のアメリカ西部を巡る旅に出かけるアトラクションです。

ビッグサンダーマウンテンの後ろ側や駅などウエスタンリバー鉄道に乗車しないと、見ることができない様々な景色を楽しむことができます。夜は特に、ライトアップされて綺麗なディズニーランドを一望することができるアトラクションなので、夜に乗車することをおすすめします。 日中でも待ち時間は10分程度ですが、夜は5分以下で乗車できることもあります。本物の蒸気機関車に乗って、ディズニーランドならではの素晴らしい景色を見てきてくださいね☆アトラクションの最後には恐竜がいた時代にタイムスリップする、という場面もあるんですよ♪

紹介した3つのアトラクション以外にも、スプラッシュ・マウンテンやビッグサンダー・マウンテンの乗車中でも、ディズニーランドの夜景を楽しむことができます。ビッグサンダー・マウンテンは完全に屋外アトラクションになっているので、アトラクション乗車中に花火を見ることができる可能性もあります。スプラッシュ・マウンテンでも、上に登っている間や滝壺に落下する直前などにディズニーランドの綺麗な夜景を見ることができますよ☆この2つは最初の方に、ファストパスを利用して乗車したアトラクションですが、まだ時間に余裕があればスタンバイでもう一度夜に乗るというのもいいかと思います♪

閉園時間2時間前

ジャングルクルーズ

パークの閉園時間、2時間前あたりからだんだんゲストの数が減ってきます。平日であればエレクトリカルパレードドリームライツ終了とともに、帰宅するゲストがとても多いんです。そのため、それ以降はアトラクションもかなり空いているものが多いんですよ♪なので、閉園時間2時間前からはたくさんのアトラクションに乗車するチャンスなんです。

午前中に収得したファストパスがあれば、もちろんそれは使用してくださいね♪しかし、その他にも日中は待ち時間が多くて諦めたアトラクションなども、空いている可能性がありますので、常に公式アプリを確認しておくようにしましょう。乗り逃していたアトラクションが短い待ち時間で乗車できる可能性も高いので、日中に乗れなくても諦めないでくださいね☆

この時間帯は、できるだけ多くのアトラクションに乗ることに徹しましょう!もう少しでディズニーランドを出てしまわなければならないのはとても寂しいですが、最後のラストスパートをかけて思いっきりディズニーランドを楽しみましょう♪

そして、閉園直前は一番始めに後回しにしていた「モンスターズ・インクライド&ゴーシーク!」に乗車したり、もう少し時間があるという方はもう一度「スター・ツアーズ:ザ
アドベンチャーズ・コンテニュー」に乗車できるチャンスもあります。トゥモローランドはエントランスと近いので、ラストはトゥモローランドのアトラクションを楽しんでパークを後にすると良いでしょう♪

もし、モンスターズインクライド&ゴーシーク!を先に体験していた場合は、アドベンチャーランドのアトラクションを閉園直前の時間に攻めてもいいかなと思います。ただ、アドベンチャーランドのアトラクションは、日中でもそこまで混雑はしていないので、閉園直前の時間にはかなり空いてくる人気アトラクションを乗った方が、得した感じがあっていいかなと思います☆

ディズニーランドをもっと楽しめるコツ

ディズニーランドホテル

ハッピー15エントリーを利用する

ハッピー15エントリーとは、ディズニーホテルの宿泊ゲストがパーク開園時間の15分前から対象エリアに入場して、他のゲストよりも一足早く、対象アトラクションや対象施設を利用することができるサービスになっています。

☆こちらのハッピー15エントリーを利用できる対象ホテルはこちらです↓

・東京ディズニーランドホテル
・ディズニーアンバサダーホテル
・東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
・東京ディズニーセレブレーションホテル
※東京ディズニーランドホテルと東京ディズニーセレブレーションホテルは、チェックイン当日は利用できないので注意してください。(滞在2日目以降から可能)

☆入場対象エリアはこちらです↓

【2020年4月7日まで】 東京ディズニーランド全エリア
【2020年4月8日から14日まで】 トゥモローランドの一部エリア
【2020年4月15日から】 ファンタジーランドの一部エリア

☆対象アトラクションはこちらです↓

【2020年4月14日まで】 バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
※2020年2月25日から3月3日までは休止

【2020年2月25日から3月3日のみ】 モンスターズ・インクライド&ゴーシーク

【2020年4月15日から】 美女と野獣魔法のものがたり

※こちらの対象アトラクションは予告なく変更または中止になる場合があります。対象アトラクションのファストパスは入園後に東京ディズニーリゾート公式アプリ、またはファストパス発券機で収得できます。

オフィシャルホテルを利用する

ディズニーランド開園時間の1時間前から並ぶとなると、かなり早起きする必要があります。遠方から来られる方は特に大変だと思います。そんな時は、ディズニーのオフィシャルホテルを利用して前日から宿泊しておけば、当日すぐにディズニーランドに到着することができます。オフィシャルホテルではホテル内でパークチケットを購入することも可能になっていますよ♪また、ホテル宿泊者はパークが混雑のため入場制限している場合でも安心して入園出来る保証が付いてきます。

ディズニーオフィシャルホテル一覧はこちら↓

☆東京ベイ舞浜ホテルファーストリゾート
☆シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
☆東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾート
☆東京ベイ舞浜ホテル
☆ヒルトン東京ベイ
☆ホテルオークラ東京ベイ

最後に

パレードのシンデレラ

東京ディズニーランドにある、数々の人気アトラクションを制覇するためには、事前に「どんなアトラクションがあるのか」「待ち時間はどれぐらいなのか」「アトラクションはどのエリアにあるのか」など調べておく必要があります。先程エントランスから、スプラッシュマウンテンの場所までの最短ルートを紹介しましたが、他のアトラクションの場所や最短ルートも含めて、分からないという方は入園時に必ずマップをもらって下さいね♪また、近くのキャストさんにアトラクションまでの道のりを聞くのも確実な手ですよ!

たくさんのアトラクションを制覇するためには、他にも「同じエリアにあるアトラクションから順番に制覇していくこと」「開園直後にどのアトラクションに乗るか」そして「閉園時間の2時間前をどう過ごすか」がポイントになってきます。もちろん、アトラクションだけではなくディズニーランドにはいろいろな楽しみ方がありますので、 アトラクション以外のことも楽しみながら、たくさんの人気アトラクションを制覇できるように効率よく回っていきましょう☆

夢と魔法が溢れる東京ディズニーランドで、素晴らしいひと時をお過ごしくださいね♪




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す