Fragments of Franklin Court(フランクリンコート)

Fragments of Franklin Court(フランクリンコート)
by https://www.nps.gov/inde/planyourvisit/franklincourtcourtyard.htm
アメリカ100ドル紙幣の肖像画としてもおなじみの17世紀の物理学者「ベンジャミン・フランクリン」が1763年から1790年に亡くなるまでの27年間を過ごした住居跡とミュージアムです。記録によれば現在の中庭にあった家は10m四方の3階建てで、10の部屋があり敷地内にはフランクリンの孫が営んだ印刷所もありました。アメリカ合衆国建国200周年事業の一環として1976年にオープンしたアメリカ建国の父ゆかりのスポットなので、ぜひチェックしてみてください。

周辺の類似スポットを地図で見る

Fragments of Franklin Court(フランクリンコート)の基本情報


【スポット】Fragments of Franklin Court(フランクリンコート)
【ふりがな】ふらんくりんこーと
【 住所 】322 Market St, Philadelphia, PA 19106
【アクセス】5th St Independence Hall Station徒歩3分
【最寄り駅】5th St Independence Hall Station
【営業時間】8:30~17:00
【 料金 】無料


公式ページ


Fragments of Franklin Court(フランクリンコート)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります
何も見つかりませんでした。

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。