Freer Gallery of Art(フリーア美術館)

Freer Gallery of Art(フリーア美術館)
by https://asia.si.edu/about/
スミソニアン協会が管理・運営するスミソニアン博物館群の一つで、日本を含む中国やインドを中心としたアジアの古美術品が展示されている美術館です。デトロイトの実業家のチャールズ・ラング・フリーアによって設立され、アジアの美術品を収集していた彼はジェームズ・マクニール・ホイッスラーとの協力を得るなどして所有していた数々の美術品と資金をアメリカ合衆国連邦政府に出資したのが設立の始まり。1923年に一般に公開され、その後は収容する美術品の数も大幅に増えるなどし現在に至りました。

周辺の類似スポットを地図で見る

Freer Gallery of Art(フリーア美術館)の基本情報


【スポット】Freer Gallery of Art(フリーア美術館)
【ふりがな】ふりーあびじゅつかん
【 住所 】1050 Independence Ave SW, Washington, DC 20560
【アクセス】Smithsonian Stationから徒歩1分
【最寄り駅】Smithsonian Station
【営業時間】10:00~17:30
【 料金 】無料


公式ページ


Freer Gallery of Art(フリーア美術館)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

俵屋 宗達(たわらや そうたつ) (1570年頃-1640年頃) 《松島図屏風(まつしまずびょうぶ)》 17世紀(江戸時代) 紙本金地着色・六曲一双屏風 各150.5×350.2cm フリーア美術館蔵(アメリカ)pic.twitter.com/QvDv1rdGhT

ツイッターメディア

#琵琶に白蛇図 #HOKUSAI asia.si.edu/object/F1904.1… フリーア美術館のサイトで、鮮明にアップで観られることに気付きました! 一昨年、すみだ北斎美術館で出会った高精細複製画の白蛇さんは、わたしに「うろこ、みて。」と訴えかけてきたました。 鱗、観て!

フリーア美術館

尾形 光琳(おがた こうりん) (1658-1716) 《群鶴図屏風(ぐんかくずびょうぶ)》 18世紀(江戸時代) 紙本金地着色・六曲一双屏風 各166×371cm フリーア美術館蔵(アメリカ)pic.twitter.com/2fQqLJ0cyT

俵屋 宗達(たわらや そうたつ) (1570年頃-1640年頃) 《松島図屏風(まつしまずびょうぶ)》 17世紀(江戸時代) 紙本金地着色・六曲一双屏風 各150.5×350.2cm フリーア美術館蔵(アメリカ)pic.twitter.com/QvDv1rdGhT

ツイッターメディア

6・7月「メトロポリタン美術館・フリーア美術館」 メトロポリタン美術館とフリーア美術館は、ともにアメリカの美術館です。それぞれのコレクションを図書館の資料でお楽しみください。 詳しくはこちら→hosei.ac.jp/library/info_e…


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。