グラス・ビーチ

グラス・ビーチ
photo by @freespiritedtribe
カラフルなガラス玉が一面に広がるビーチです。天然の石のように見えますが、もともと20世紀の初期にゴミの廃棄場所で、大量のガラス瓶や電気製品などが捨てられていました。その後、1967年に当時の市長がエリア閉鎖の後、清浄化プログラムを実施し、今ではゴミはほとんどなくなり、残された小さなガラスの破片が数十年かけて打ち寄せる波によって丸みを帯び、ガラス玉になったようです。

周辺の類似スポットを地図で見る

グラス・ビーチの基本情報


【 住所 】Glass beach California, 398 West Elm Street, Fort Bragg, CA 95437, USA
【営業時間】6:00-22:00 不定休
【 料金 】8ドル

グラス・ビーチ
が含まれる観光マップ



公式ページ

シーグラスがインスタ映え!グラスビーチ(アメリカ)の見どころアクセスを紹介

グラスビーチとはどんな場所?

カリフォルニア州の大都市のひとつであるサンフランシスコから車で4時間ほど北上したところにあるビーチで、マッケリッカー州立公園の中に位置しています。グラスビーチは名前の通りガラス(Glass)がたくさん落ちているところに由来します。

ここは20世紀初頭は大量のガラス瓶や電気製品などが廃棄されたごみ廃棄所でした。1967年には閉鎖され、ビーチに残ったガラスは波などによる風化作用によって丸みを帯びたガラス玉になりました。これをシーグラスと呼びます。

かつてごみ廃棄所だったビーチは清浄化され、現在では国内外から多くの観光客を集めるスポットになっています。

グラスビーチの見所

グラスビーチの見所を紹介するにあたり、冒頭でも述べたようにマッケリッカー(MacKerricker)州立公園内にあることからマッケリッカー州立公園と併せて紹介します。

マッケリッカー州立公園

先述した通り、グラスビーチを擁するカリフォルニア州の州立公園です。マッケリッカー州立公園内ではグラスビーチが際立って有名ですが、40㎞にもわたる長い海岸線を持ち、さらには景観も南北で大きく異なります。

北部は砂浜のあるなだらかな景観が特徴である一方、南部は岩石の多い、時に崖のある景観が特徴です。運がいいと砂浜で休憩するアザラシをみることもできます。

また、マッケリッカー州立公園の内陸側には湿地や森林もあり、保護が行き届いていることで生物相も豊かです。

グラスビーチ

先述したマッケリッカー州立公園の最南端部にあるのが今回の主役となるグラスビーチです。赤、青、緑などの色とりどりの丸みを帯びたシーグラスがきれいとして国内外から多くの支持を集めています。

シーグラスは有色透明であるものが多いので(無色のものもあります)、晴れている日は日光がシーグラスを通り抜けてとてもきれいに見えます。(特に波打ち際の水滴を帯びたものだとなおのこときれいに見えます。)夕日の光をシーグラスに通せば幻想的なシーンとなることでしょう。

そんなグラスビーチですが、長年の風化作用によりビーチのシーグラスは減少しています。20世紀初頭のようにガラスがこれからこの地に廃棄されることはないのでやがてシーグラスのない本来の姿に戻ることが考えられます。

グラスビーチを観光するときの注意点

グラスビーチを観光するにあたっての注意点は4点あります。大切なことですのでしっかり読んでください。

裸足でも問題ない

ガラスというと鋭利なイメージがありますが冒頭でも述べたようにここでは長年の風化作用を経て丸みを帯びています。つまり、丸い小石の上を歩くのと感覚はそう違わないのです。

ですから、グラスビーチを歩くときは裸足でも問題はありません。(ただし、小石の上を裸足で歩くのが苦手な場合は靴かサンダルを履くのが無難です)

シーグラスは持ち帰らない

シーグラスは長年の風化作用によって減少していると先述しましたが実は減少している理由は他にもあります。それはシーグラスは持ち帰る人が後を絶たないからです。禁止であるという情報もあれば禁止でないという情報もあり、ややこしいところですが州立公園の立場としてはシーグラスの持ち出しは事実上禁止です。

シーグラスが減少しているという現状がありますし、より長くシーグラスの見られるグラスビーチであってほしいと考えるのなら持ち帰らないことで景観維持に協力しましょう。

干潮を狙おう

グラスビーチを満喫するにあたって確認しておきたいのが潮位です。グラスビーチで見られるシーグラスの大半は満潮時は水中にあります。そのため、可能な限り干潮の時間を狙っていくことを推奨します。

検索するときも注意

グーグルマップなどで検索するときにも注意が必要です。これは何故かというとグラスビーチがあるのはここカリフォルニアだけではないからです。グラスビーチとだけ打つと他にロシアのグラスビーチなどもヒットして大変ややこしいです。

ですので検索するときは「グラスビーチ カリフォルニア」と打つようにしましょう。

グラスビーチ周辺のおすすめスポット

これまでグラスビーチの見所について紹介してきましたが、ここではグラスビーチの観光拠点となるフォートブラッグ(Fort Bragg)にも目を向けてみることにしましょう。

シーグラスミュージアム

英語名ではInternational Sea Glass Museumとさも規模が大きそうな響きがありますが実際には私営のこじんまりとした博物館です。フォートブラッグ市内にあるこの博物館ではグラスビーチの成り立ちやシーグラスについて知見を得ることができます。館内にはシーグラスの現物も展示されています。

グラスビーチでの観光をより有意義なものにするために予習も兼ねて立ち寄ることをおすすめします。なお、入場料は無料ですが寄付が推奨されることがあります。

基本情報

営業時間:10:00-17:00
定休日:不定休
住所:303 North Main street, Ste F Fort Bragg, California
予算:0円~(寄付する場合は任意の金額で)

グラスビーチへのアクセス

サンフランシスコからフォートブラッグまでは州道1号線を経由して車で4時間ほどでアクセスできます。グラスビーチまでは車道が直接通っていないのでフォートブラッグ市内からグラスビーチトレイルを片道20分前後歩くとグラスビーチに到着です。

グラスビーチの基本情報

それではグラスビーチの基本情報についてまとめます。

名称

グラスビーチ (Glass Beach)

読み方

ぐらすびーち

営業時間

6:00-22:00 不定休

入場料

8ドル

クーポン

:なし

まとめ

これまでグラスビーチやその周辺スポットについて紹介してきましたがいかがでしょうか。かつてごみ廃棄所だったとは今となっては思えないグラスビーチでは写真映えする体験が待っています。景観維持に協力しながら色とりどりのシーグラスがまぶしいビーチを楽しんでくださいね。


グラス・ビーチのSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

グラスビーチ(アメリカ・カルフォルニア) pic.twitter.com/uMwbiAmxOy

ツイッターメディア

【葉山町】「葉山うみのホテル」が「ビーチサイドクリスマス2022」を開催 期間限定で、全長2mのクリスマスツリーが設置されるほか、いちごのグラスショートケーキが登場します。 #葉山町 #葉山うみのホテル shonanjin.com/hayama-uminoho…

@red_bird8638 ありがとう♥️ 石に見えるのは、ビーチグラスです。海が磨いたガラス✨ 真ん丸のを選んでつけました。 ボンドさん 今回も良い仕事しました👍️🤭

〜クリスマスギフト特集🎄〜 【松野グラスビーズ Treasure NE21M】 ビーチステッキと呼ばれる平織りのモチーフ+長いフリンジが特徴的な「Treasure」シリーズのネックレス✨ 長さ調節が簡単なので、トップスに合わせて… twitter.com/i/web/status/1…

@p0z2Dgw6o8Z5qc9 今日のスケジュールは…、小麦色のマーメイドのPV撮影?小麦粉のCMとコラボやったな。 あと、デッキチェアーとワイングラスの用意はOK !? 水着撮影あり、って聞いてたから体のライン、キープしてたん… twitter.com/i/web/status/1…

グラスビーチ(アメリカ・カルフォルニア) pic.twitter.com/uMwbiAmxOy

ツイッターメディア

ふっふっふ、ビーチグラスをひろってしまった!

グラスビーチ(カリフォルニア、アメリカ) pic.twitter.com/fZV0NEdYk6

ツイッターメディア

グラスビーチ(カリフォルニア、アメリカ) pic.twitter.com/fZV0NEdYk6

ツイッターメディア

【下見は必要か】 必要です。 来週、日帰り弾丸沖縄観光を求める車椅子ユーザーが、グラスボート体験を希望されているので50キロ先現場を覗いてきました。 ●駐車場からビーチへの最短アクセスは ●マリンスタッフは車椅子介助を手伝っ… twitter.com/i/web/status/1…

☆宝石のような美しいガラスが散らばる カリフォルニア♡ 『グラスビーチ』 めっちゃキレイー♡♡ pic.twitter.com/CJ3hbNXANk

ツイッターメディア

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。