Leh Khar(レー王宮)

Leh Khar(レー王宮)
by https://pixabay.com/ja/images/search/レー%20インド/?pagi=2
伝統的なチベット族の暮らしや習慣が今も残っている、ラダック地方で唯一の町と言えるスポットです。16世紀のラダック王国時代に築かれ、王宮の廃墟がそびえています。平均標高3500mを超える山岳地帯で、レーの象徴とも言える旧レー王宮は高台に位置しているのでレーの旧市街のどこにいてもその姿を見つけることが可能です。チベットのラサにあるポタラ宮殿は、このレー王宮をモデルに造ったと言う説があります。この町を基点にしてゴンパ(チベット寺院)を見に行くのがもおすすめ。

周辺の類似スポットを地図で見る

Leh Khar(レー王宮)の基本情報


【スポット】Leh Khar(レー王宮)
【ふりがな】れーおうきゅう
【 住所 】Namgyal Hill, Leh, Jammu and Kashmir
【アクセス】レー旧市街より徒歩20分
【最寄り駅】なし
【営業時間】日の出から日没
【 料金 】200ルピー


公式ページ


Leh Khar(レー王宮)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

美食殿、トュインクルウィッシュ、リトルリリカル、フォレスティエ、サレンディア救護員、メリクリウス財団、ルーセント学院、所属全員が星6、他のギルドは少なくとも2人以上星6でドラネスとなかよし部は追加組だから置いといても、未だに1人も星六貰えない王宮騎士団は何か悪いことしたんかなあ。

少なくともアリエル様の頼みでアスラ王国のお抱えの絵師によってルーデウス画は描かれてそうね アスラ王宮のどこかに飾られてるか保管されたりしてそう


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。