中宮寺

中宮寺
by https://www.jalan.net/kankou/spt_29344ag2130015535/
日本最古の尼寺。聖徳太子が母のために建立したと言われている、聖徳太子ゆかりの寺院でもあります。見どころは境内の池の中に本堂が建っている点です。また、国宝指定の弥勒菩薩のとても穏やかな微笑みは、見るもの全員に癒しを施してくれます。7世紀に作られてたとされる菩薩半跏像は、モナリザ、スフィンクスと並ぶ世界三大微笑像の一つと言われています。右足を組み、右手の指を頬にあてて深い思いを巡らせている姿で、半跏思惟像ともいわれるそうです。春には、庭園に山吹の花が咲いて、とても美しくなります。

おしゃれで少し気の強いアヤコ
中宮寺は法隆寺の近くにあるお寺で、仏像が美しいの。インスタ映え間違いなし!
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
中宮寺は奈良県斑鳩町にあって、法隆寺とセットで観光するのがオススメだよ。
冷静沈着な猫のニャンタ
中宮寺は飛鳥時代に創建され、特に弥勒菩薩半跏思惟像が有名。静かで落ち着いた雰囲気です。
周辺の類似スポットを地図で見る

中宮寺の基本情報


【スポット】中宮寺
【ふりがな】ちゅうぐうじ
【 住所 】奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北1丁目1-2
【アクセス】JR大和路線 法隆寺駅 徒歩約20分
【最寄り駅】法隆寺駅
【営業時間】9:00~16:30(入場は16:00まで)
【 料金 】大人600円、中高生400円、小学生200円
【クーポン】公式ウェブサイトにて割引クーポンが提供される場合があります

中宮寺
が含まれる観光マップ



中宮寺の概要

中宮寺は、奈良県生駒郡斑鳩町に位置する歴史ある寺院で、法隆寺の北側に隣接しています。飛鳥時代に創建され、聖徳太子の母である穴穂部間人皇后のために建立されたと伝えられています。中宮寺は、国宝や重要文化財を多数所蔵しており、その中でも特に有名なのが「菩薩半跏像」です。

中宮寺の楽しみ方

中宮寺を訪れる際の楽しみ方は多岐にわたります。まず、境内に足を踏み入れると、静寂と歴史の重みを感じることができます。中宮寺の本堂は、シンプルながらも荘厳な雰囲気を持ち、訪れる人々を迎え入れます。

中宮寺の最大の見どころは、国宝に指定されている「菩薩半跏像」です。この像は、飛鳥時代の仏像彫刻の代表作であり、その優雅な姿勢と穏やかな表情は見る者を魅了します。特に、右足を左膝に乗せ、右手を頬に当てた姿勢は、深い瞑想にふける菩薩の姿を表現しており、心の平安を感じさせます。

また、中宮寺には他にも多くの重要文化財が所蔵されています。例えば、「天寿国繍帳」は、聖徳太子の死後、その功績を称えるために作られた刺繍作品で、当時の技術と美意識を感じることができます。これらの文化財を通じて、飛鳥時代の文化や信仰に触れることができるのも中宮寺の魅力の一つです。

さらに、中宮寺の周辺には美しい庭園が広がっており、四季折々の風景を楽しむことができます。春には桜が咲き誇り、秋には紅葉が美しく彩ります。庭園を散策しながら、自然の中で心を癒すひとときを過ごすことができます。

中宮寺を訪れる際には、法隆寺と合わせて訪れるのもおすすめです。法隆寺は世界遺産に登録されており、その壮大な伽藍や数々の国宝・重要文化財を見学することで、より深く日本の歴史と文化を理解することができます。

最後に、中宮寺の周辺には地元の特産品を楽しめるお店やカフェも点在しています。観光の合間に立ち寄って、奈良の味覚を堪能するのも一興です。

中宮寺へのアクセス

中宮寺へのアクセスは、JR大和路線「法隆寺駅」からバスで約10分、または徒歩で約20分です。駅からは法隆寺行きのバスが頻繁に運行しており、法隆寺バス停で下車後、徒歩数分で到着します。車で訪れる場合は、近隣に駐車場も完備されています。

奈良のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。