National Gallery of Art(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)

National Gallery of Art(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)
by https://www.facebook.com/nationalgalleryofart
国立美術館のひとつで、13世紀以降の西洋美術のコレクションを主に展示している国立公園美術館です。レオナルド・ダヴィンチの作品を始めとして、ジョットやボッティチェリ、ラファエロやフェルメール、ゴッホ、モネなど、誰もが知っている有名な画家の作品がそろっています。美術館の展示は国や年代ごとに分かれており、パンフレットには26点の作品写真と作者名、作品名などと一緒に館内の展示場所が書かれていてこれを頼りに回るだけでも満足できます。これだけの作品があり設備も充実しているのに入場料もフロアマップも、オーディオガイドも無料というところがこの美術館の魅力のひとつ。ぜひ気軽に訪れてみてほしいスポットです。

周辺の類似スポットを地図で見る

National Gallery of Art(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)の基本情報


【スポット】National Gallery of Art(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)
【ふりがな】わしんとんなしょなるぎゃらりー
【 住所 】Constitution Ave. NW, Washington, DC 20565
【アクセス】Constitution Ave + 6th Stバス停からすぐ
【最寄り駅】なし
【営業時間】10:00~17:30
【 料金 】無料


公式ページ


National Gallery of Art(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

#ポストカード美術館 ポール·セザンヌ 《赤いチョッキの少年》 ワシントン·ナショナル·ギャラリー蔵 《砂糖壺、梨とテーブルクロス》 ポーラ美術館蔵 構図はもちろんのことセザンヌ特有の色彩が好きです… pic.twitter.com/ednb3SjnvB

ツイッターメディア

ピーテル・ブリューゲル(父)『聖アントニウスの誘惑』1557年 ワシントン・ナショナル・ギャラリー pic.twitter.com/TOhgzVSeMI

ツイッターメディア

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。