南国らしい名産品がいっぱい!宮崎空港のお土産9選

宮崎空港のお土産
出所:https://wowma.jp/item/493481255?aff_id=ckk

観光地がたくさんあり、暖かい気候ならではのグルメも楽しめる宮崎県。プロ野球のキャンプが盛んに行われる場所ということでも有名ですよね。

その、宮崎県の玄関口が宮崎空港。2016年から「宮崎ブーゲンビリア空港」という愛称で呼ばれています。

その名のとおり、宮崎空港では、南国気分を楽しめるマンゴーを使ったスイーツや、ご当地グルメなど、人気のお土産がたくさん購入できます。
今回は、宮崎空港で人気のお土産9選をご紹介します。




1、定番人気お土産と言えば「鶏炭火焼」

鶏炭火焼
出所:https://www.smokeace.jp/

宮崎のご当地グルメといえば、地鶏の炭火焼が有名です。中でも、「スモーク・エース」は創業30年の地鶏の炭火焼専門店で、宮崎の地鶏炭火焼の元祖と言われています。メディアでも度々取り上げられる有名店なんですよ。

お店で一番人気のこの「鶏炭火焼」は、秘伝のスパイスで味つけした鶏もも肉を燻しながら焼き上げたこだわりの一品。冷めてもおいしく、ビールのお供にもぴったりです。宮崎のお土産には、この「鶏炭火焼」はマストでしょう!

「鶏炭火焼」の基本情報

・名称: スモーク・エース「鶏炭火焼」
・購入できる場所: 1F売店(宮崎ブーゲンビリア空港1F)、日向屋売店(宮崎ブーゲンビリア空港1F)等
・料金: 税込み648円(110g)、税込み1,080円(180g)

公式ページ

2、人気No.1お土産!「宮崎マンゴーラングドシャ」

宮崎マンゴーラングドシャ
出所:https://tegeume-marche.jp/?pid=86620457

宮崎空港で売り上げNo.1のお土産が「宮崎マンゴーラングドシャ」です。宮崎県産マンゴーを100%使用しており、なんとクッキー生地にもマンゴージャムが練り込まれています。間に挟まっているチョコレートもマンゴー入りで、とにかくマンゴー尽くしの一品。

箱を開けた時に香るマンゴーの香りで、マンゴーがしっかり入っていることを実感しますよ。宮崎県では、マンゴーラングドシャのCMも放送されていることからも、メジャーなお菓子であることが伺えます。

「宮崎マンゴーラングドシャ」の基本情報

・名称: 「宮崎マンゴーラングドシャ」
・購入できる場所:燦々市場 (宮崎ブーゲンビリア空港2F)、ウィング・イースト(宮崎ブーゲンビリア空港2F搭乗ロビー東側売店)、ウィング・ウエスト(宮崎ブーゲンビリア空港2F搭乗ロビー西側売店)等
・料金: 税込み788円(10枚入り)、税込み1,166円(15枚入り)

公式ページ

3、ばらまきお土産にも!「青島せんべい」

青島せんべい
出所:https://tabelog.com/miyazaki/A4501/A450101/45007546/dtlphotolst/smp2/

宮崎県は、昭和40年代に新婚旅行先として大人気でした。その頃から、長年親しまれてきたのが「青島せんべい」。宮崎県の有名な観光地「青島」がパッケージに大きく描かれていて、インパクトも抜群です。

どんなお菓子なのかというと、薄焼きのおせんべいにクリームをサンドしたもの。ホワイトクリームとナッツクリームの2種類があります。どこか懐かしい、良い意味でお土産らしい一品です。個包装でリーズナブルなので職場などでのばらまきお土産にもぴったりです。

「青島せんべい」の基本情報

・名称: お菓子の日進堂「青島せんべい」
・購入できる場所: ANA FESTA、燦々市場 (いずれも宮崎ブーゲンビリア空港2F)等
・料金: 税込み540円(2枚×6袋)、(税込)1,080円(2枚×12袋)

食べログページ

・公式ページページ: 公式ページなし




4、甘いものが苦手な人にも!「宮崎空港オリジナル 日向夏ドレッシング」

宮崎空港オリジナル 日向夏ドレッシング
出所:https://wowma.jp/item/493481255?aff_id=ckk

もともと宮崎空港の中にあるレストランで使われていたドレッシングを商品化した「宮崎空港オリジナル 日向夏ドレッシング」。レストランのドレッシングがおいしいと評判で、商品化してほしいという多くのリクエストに応えたんですって。なんと、約2週間で400本売れた、という記録を持つヒット商品なのです。

日向夏の果肉と玉ねぎが入っていて、柑橘の風味が爽やか、サラダはもちろん、マリネやカルパッチョなどさまざまな料理に使うことができますよ。甘いものが苦手な方にも、これであれば宮崎らしい柑橘類のお土産を渡すことができますね。

「宮崎空港オリジナル 日向夏ドレッシング」の基本情報

・名称: 宮崎空港ビル「宮崎空港オリジナル 日向夏ドレッシング」
・購入できる場所: 日向屋売店
・アクセス: 宮崎ブーゲンビリア空港2F
・営業時間: 6:30~20:10
・定休日: なし
・電話番号: 0985-51-5111
・料金: 税込み650円(220ml)

公式ページ

5、日持ちするお土産!「ガンジスカレー」

ガンジスカレー
出所:https://www.m-tokusan.or.jp/kensan/225717459/

昭和37年の宮崎空港開港時から空港内にあるカレー専門店「味のガンジス」。宮崎空港ビルが直営しているお店なんです。この「味のガンジス」のカレーは、牛ひき肉を使ったコクのあるカレー。

多くのファンがいて、宮崎空港の名物カレーとなっています。宮崎空港を訪れた際には、必ず食べたいカレーですが、移動時はなかなか時間がないもの。残念ながら空港で食べられなかった人も、食べたけれどももう一度食べたい!という方にも朗報!

「味のガンジス」のカレーはレトルトが販売されているんですよ。レトルトなら、いつでもどこでも「味のガンジス」を楽しめますね。

「ガンジスカレー」の基本情報

・名称: 宮崎空港ビル「ガンジスカレー」
・購入できる場所:日向屋売店
・アクセス: 宮崎ブーゲンビリア空港2F
・営業時間: 6:30~20:10
・定休日: なし
・電話番号: 0985-51-5111
・料金: 税込み550円(200g)

公式ページ

6、お手頃価格でコスパも良い!「ゴボチ」

ゴボチ
出所:https://dailymarm.com/category/item/

宮崎県のお土産で、近年大人気となっているのが「ゴボチ」。スライスした国産のゴボウを素揚げしたスナックで、プレーン、ピリ辛、ブラックペッパー、などのフレーバーがあります。九州限定のYUZUSCO味がおすすめ。食べ始めると止められないおいしさなんですよ。

そのままおやつはおつまみにもちろん、サラダやうどんのトッピングにも使えます。1袋300円代とリーズナブルで、料理にも使える便利なお菓子なんて、とてもコスパが良いですよね。

「ゴボチ」の基本情報

・名称: デイリーマーム「ゴボチ」
・購入できる場所: ANA FESTA、燦々市場 (いずれも宮崎ブーゲンビリア空港2F)等
・料金: 税込み389円(37g)、税込み1,080円(11g×8)

公式ページ




7、インスタ映えするお土産「宮崎れもんケーキ」

宮崎れもんケーキ
出所:https://www.facebook.com/%E3%83%A1%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%8E-111959803702423

宮崎県日南市産のレモンをたっぷり使った「宮崎れもんケーキ」。地元で有名な老舗洋菓子屋さんが創業当時から作っていたレモンケーキに改良を加えた商品です。

リニューアル後の「宮崎れもんケーキ」は大ヒット商品となり、生産が追い付かないほどの人気なのだそう。ビジュアルも可愛らしく、インスタ映えするので、スイーツ好き、可愛いもの好きの女子へのお土産にぴったりですよ。

「宮崎れもんケーキ」の基本情報

・名称:メレンダ・ア・マーノ「宮崎れもんケーキ」
・購入できる場所:燦々市場
・アクセス: 宮崎ブーゲンビリア空港2F
・営業時間:6:30~20:10
・定休日: なし
・電話番号: 0985-51-5111
・料金: 税込み180円(1個)

公式ページ

8、お年寄りの方にもおすすめ「洋風チーズ饅頭」

洋風チーズ饅頭
出所:https://www.instagram.com/patisseriehiroya/

「チーズ饅頭」は宮崎県のご当地グルメで、宮崎県内では約250店舗ものお店が「チーズ饅頭」を作っていると言われています。

この、パティスリーひろやの「洋風チーズ饅頭」は、生地にさつまいもが練り込まれていて、さつまいもの甘さとチーズの風味を楽しめる一品です。ふんわり柔らかく優しい味なので、お年寄りの方へのお土産にもおすすめです。

「洋風チーズ饅頭」の基本情報

・名称: パティスリーひろや「洋風チーズ饅頭」
・購入できる場所: 燦々市場
・アクセス: 宮崎ブーゲンビリア空港2F
・営業時間:6:30~20:10
・定休日: なし
・電話番号: 0985-51-5111
・料金: 税込み540円(5個入)、税込み1,080円(10個入)

公式ページ

9、ネットでも購入できる!「馬渡の餃子」

馬渡の餃子
出所:https://mawatari.net/

宮崎県は実は餃子が有名で、今、宮崎の餃子がとても注目されているんです!その中でも有名な餃子店が「餃子の馬渡」。もちもちの皮の中に、野菜の甘みとお肉の旨味が詰まっていて絶品です。

ネットでも購入できるので、持ち歩きが不安な方は、ぜひオンラインショップでどうぞ。

「馬渡の餃子」の基本情報

・名称: 餃子の馬渡「馬渡の餃子」
・購入できる場所: 燦々市場
・アクセス: 宮崎ブーゲンビリア空港2F
・営業時間:6:30~20:10
・定休日: なし
・電話番号: 0985-51-5111
・料金:税込み1,690円(30個入り)

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す