鉄板はコレ!横須賀の人気お土産9選!

横須賀お土産
出所:http://www.marlowe1984.com/html/page10.html

横須賀は神奈川県の横浜市から見て南に位置する都市です。JR横須賀線・京浜急行線に乗り入れている街で、アメリカ海軍や海上自衛隊の基地がある「海軍の街」として有名です。

横須賀では数多くの銘菓が販売されていて、お土産選びに困ってしまうほどのラインナップです。海に近いこともあり、海産物を使ったお土産も売られています。

本記事では、横須賀に行ったら是非買って欲しいお土産について、地元民からの視点でピックアップしていきます。




1、人気N0.1お土産はコレ!「よこすか海軍カレー」

よこすか海軍カレー
出所:http://military-yokosuka.com/

横須賀のお土産として人気No.1のお土産として有名なのが「よこすか海軍カレー」です。全国のご当地カレーには様々な種類がありますが、よこすか海軍カレーの知名度は群を抜いて高いと言えるでしょう。

よこすか海軍カレーのルーツは、明治時代に考案されたカレーレシピです。そのレシピを現代風にアレンジして「よこすか海軍カレー」として販売されるようになりました。

よこすか海軍カレーは、横須賀市で認定を受けた飲食店のみしか提供することができません。お店によって、味やスパイスが異なってくるので、複数のカレーを買って味比べするもの楽しいですよ。レトルトカレー、もしくは缶入りのカレーなので、長期間保存できます。

「よこすか海軍カレー」の基本情報

・名称: よこすか海軍カレー
・住所:<横須賀海軍カレー本舗>神奈川県横須賀市若松町1-11-8 YYポート横須賀 <横須賀スーベニアショップ>神奈川県横須賀市新港町6 よこすかポートマーケット内 など
・料金: 税込み463円(200g 1袋)

公式ページ

2、定番人気お土産と言えば「三笠焼」

三笠焼
出所:https://www.facebook.com/mikasayaki

三笠焼は、横須賀の銘菓の1つで、今川焼のようなお菓子です。世界三大記念艦の1つである戦艦「三笠」の焼き印が付いているのが特徴です。

食感は今川焼のようにもっちりとしていて、記事の中には自家製あんこがぎっしり詰まっています。あんこの種類は「つぶあん」と「白あん」の2つがあり、好みに合わせて選べます。

出来立てが美味しいのは間違いありませんが、冷めても食感や味はほとんど落ちないので、お土産としても最適です。

「三笠焼」の基本情報

・名称: 三笠焼
・住所:<名物三笠焼>神奈川県横須賀市大滝町1-26
・アクセス:横須賀中央駅から徒歩5分
・営業時間: 11:00~20:00
・定休日: 火曜日
・電話番号: 046-822-1448
・料金: 税込み110円(1個)

公式ページ

3、お手頃価格でコスパ良し「よこすか海軍カレーパン」

よこすか海軍カレーパン
出所:https://cafedecrew.com/navycurrybread

「よこすか海軍カレーパン」は、横須賀名物である「かいぐんカレー」の基準に沿って作られたオリジナルのカレーを使用しています。日本全国ご当地パン祭りで1位を獲得したこともある人気カレーパンです。

生地はカレーに合うように地元産の米粉が使用され、もちもちした食感とカレーの辛みに合う絶妙な甘さになっています。お土産としてはもちろんのこと、焼きたてを食べ歩くのもおすすめです。

「よこすか海軍カレーパン」の基本情報

・名称: よこすか海軍カレーパン
・住所:カフェ・ド・クルー(法塔ベーカリー 浦賀駅店、すかなごっそ など)
・料金: 税込み210円(1個)

公式ページ




4、インスタ映えするお土産!「ビーカー入り手作り焼きプリン」

ビーカー入り手作り焼きプリン
出所:http://www.marlowe1984.com/html/page10.html

「ビーカー入り手作り焼きプリン」は、多くのメディアで取り扱われた実績のある大人気プリンです。販売元の「マーロウ」は1984年に創業した老舗プリン店で、横須賀・葉山などで店舗を増やしてきました。マーロウのプリンはリピーターが続出するほどの人気で、地元内外から愛されています。

牛乳・卵・砂糖などシンプルな素材で作られたプリンをはじめ、抹茶味、ティラミスなど様々なフレーバーも楽しめます。ビーカーは再利用して使うこともできますよ。

「ビーカー入り手作り焼きプリン」の基本情報

・名称: ビーカー入り手作り焼きプリン
・住所:マーロウ本店(横須賀市)、葉山マリーナ、そごう横浜など
・料金: 税込み648円~(1個)

公式ページ

5、お年寄りの方にもおすすめ!「しらす製品」

しらす製品
出所:http://hiratoshimaru.com/shirasuseihin/

横須賀は港町としても有名で、新鮮な魚がたくさんとれます。中でも「しらす製品」は横須賀の名産です。横須賀の中でも特に有名なお店は「さじま屋」で、朝に獲れた新鮮な魚や干物、加工食品などを販売しています。

さじま屋で販売されているしらす製品の中でも特におすすめなのが「生しらす」を使った製品です。獲れたての生しらすをタレに漬け込んだ沖漬けは絶品ですよ。

「しらす製品」の基本情報

・名称:しらす製品
・住所:<さじま屋>神奈川県横須賀市大滝町1-13
・アクセス:京浜急行線 横須賀中央駅から徒歩5分
・営業時間: 10:00~19:00
・定休日: 月曜日
・料金: 時期や量によって異なります

公式ページ

6、お年寄りの方にもおすすめ「日影大福」

日影大福
出所:https://hikage.chaya.co.jp/wagashi/daifuku/

「日影大福」は、江戸時代に宿屋として創業した「日影茶屋」の看板商品です。江戸時代から親しまれている大福で、歴史ある横須賀の銘菓になります。

日影大福は北海道十勝産の小豆など、材料にこだわって作られており、自然な甘みが特徴です。甘さが控えめな分、お年寄りの方にもおすすめの横須賀土産になります。イ草箱に入ったタイプのものも販売されており、贈答品としてもおすすめですね。

「日影大福」の基本情報

・名称: 日影大福
・住所:日影茶屋の各店舗(葉山、鎌倉、藤沢、戸塚など)
・料金: 税込み1,080円(5個入り)、税込み2,160円(10個入り)など

公式ページ




7、自然な甘みとふわっと食感!「バニラシフォン」

バニラシフォン
出所:http://www.yokosuka-chiffon.jp/chiffon/vanilla-chiffon.html

「バニラシフォン」は、横須賀で人気のシフォンケーキ専門店「横須賀シフォン」の看板商品です。横須賀シフォンで人気No.1の送品で、地元でも人気のシフォンケーキで、第2回横須賀おみやげコンテストで銀賞を受賞したこともあるほどです。

素材を活かした自然な甘みと、ふわふわした食感が味わえる生地で、口に入れた瞬間にバニラの香りが口中に広がります。

「バニラシフォン」の基本情報

・名称:バニラシフォン
・住所:<横須賀シフォン>神奈川県横須賀市佐野町5-2
・アクセス:
・営業時間: 10:00~19:00
・定休日: 日曜日
・電話番号: 046-833-6817
・料金: 税込み1,080円(14 cm)

公式ページ

8、日持ちするお土産と言えば!「餡菓桜」

餡菓桜
出所:https://wagashi-izumiya.co.jp/item-detail/56200

餡菓桜は、横須賀の老舗和菓子店「いづみや」の看板商品です。一口サイズのかりんとうまんじゅうで、沖縄産の黒糖が生地にたっぷり含まれています。

生地の中には、北海道産の特選小豆が使用されたこし餡が詰められていて、一口サイズながらも食べ応えのあるかりんとうまんじゅうとなっています。まんじゅう全体をオーブンで油切りしているので、油っこくない、しっとりした生地も特徴ですね。

「餡菓桜」の基本情報

・名称: 餡菓桜
・住所:いづみやの各店舗(横須賀中央、衣笠、横須賀モアーズシティ、大矢部店など)
・料金: 税込み648円(6個入り)、税込み1,080円(10個入り)

公式ページ

9、フレッシュな果実感を楽しめる!「新倉さんの手づくりジャム」

新倉さんの手づくりジャム
出所:https://niikurajam.com/

「新倉さんの手づくりジャム」は、テレビ・雑誌でも度々取り上げられるジャムです。三浦半島の秋谷に構えるジャム専門店で、自然剤倍・有機栽培で生産されたフルーツ・野菜・山菜を使ってジャムをつくっています。

いちごジャムや林檎ジャムなどの定番ジャムをはじめ、大根やカボチャを使ったジャムなど、スーパーなどではお目にかかれないジャムも多数そろえています。ジャムは保存可能期間も長いので、お土産に最適ですよ。

「新倉さんの手づくりジャム」の基本情報

・名称: 新倉さんの手づくりジャム
・住所:新倉さんの手づくりジャム 各店舗(横須賀さいか屋、すかなごっそ、京急ストア 新久里浜店・武山店 など)
・料金: 税込み594円~(150g)など

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す