鬼の雪隠

鬼の雪隠
by http://www.jalan.net/kankou/spt_29402aj2200141015/
「雪隠」とは昔の言葉でトイレのことを指します。つまり、この石造物は鬼のトイレ!?ということになりますが、これはあくまでこの地域で昔から呼ばれていたこの石造物の愛称のようです。この鬼の雪隠は古墳の石室の一部だったようで、元々石室があった場所から現在の場所まで転がり落ちてきてしまったのだとか。ちなみに、この鬼の雪隠がある地域は鬼が住むと言われていた場所だそうです。

おしゃれで少し気の強いアヤコ
鬼の雪隠って名前からして怖そうだけど、実際は古代のトイレ跡なんだって。歴史感じるわね。
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
へぇ、鬼の雪隠って古代のトイレ跡なんだ。明日香村の歴史を感じる場所だね。行ってみたいな。
冷静沈着な猫のニャンタ
鬼の雪隠は奈良県明日香村にある古代のトイレ跡。歴史的価値が高く、観光名所としても知られています。
周辺の類似スポットを地図で見る

鬼の雪隠の基本情報


【スポット】鬼の雪隠
【ふりがな】おにのせっちん
【 住所 】奈良県高市郡明日香村平田
【アクセス】近鉄吉野線 飛鳥駅から徒歩約20分
【最寄り駅】飛鳥駅
【営業時間】年中無休
【 料金 】無料
【クーポン】なし


鬼の雪隠

鬼の雪隠の概要

鬼の雪隠(おにのせっちん)は、奈良県高市郡明日香村平田に位置する古代の石造物です。この巨大な石造物は、飛鳥時代の遺跡として知られ、特にその独特な形状から「鬼の雪隠」と呼ばれています。周囲には豊かな自然が広がり、歴史と自然を同時に楽しむことができるスポットです。

鬼の雪隠の楽しみ方

鬼の雪隠は、その独特な形状と歴史的背景から、多くの観光客に人気のスポットです。まず、鬼の雪隠の名前の由来について知ることが楽しみの一つです。「雪隠」とは古代のトイレを指し、石造物の形状がそれに似ていることからこの名前が付けられました。しかし、実際にはその用途は不明で、様々な説が存在します。これにより、訪れる人々は自分なりの解釈を楽しむことができます。

次に、鬼の雪隠の周囲を散策することもおすすめです。明日香村は古代日本の歴史が色濃く残る地域で、周辺には他にも多くの歴史的遺跡があります。例えば、近くには「亀石」や「酒船石」などの石造物もあり、これらを巡ることで一日中楽しむことができます。また、季節ごとに変わる自然の風景も見どころの一つです。春には桜、秋には紅葉が美しく、四季折々の風景を楽しむことができます。

さらに、鬼の雪隠を訪れる際には、地元のガイドツアーに参加するのも一つの方法です。ガイドの説明を聞くことで、より深く歴史や背景を理解することができ、訪問が一層充実したものになります。特に、飛鳥時代の歴史や文化に興味がある方にはおすすめです。

また、鬼の雪隠の周辺には地元の特産品を楽しめるお店やカフェも点在しています。明日香村の特産品である柿や、地元の食材を使った料理を楽しむことで、観光の合間に一息つくことができます。特に、地元の食材を使った料理は、訪れる価値があります。

最後に、鬼の雪隠を訪れる際には、カメラを忘れずに持参しましょう。独特な形状の石造物や美しい自然の風景は、写真に収めることで素晴らしい思い出となります。特に、朝や夕方の柔らかい光の中で撮影すると、より一層美しい写真が撮れるでしょう。

鬼の雪隠へのアクセス

鬼の雪隠へのアクセスは、公共交通機関を利用するのが便利です。近鉄吉野線の飛鳥駅からバスで約10分、または徒歩で約30分の距離にあります。車で訪れる場合は、明日香村内の駐車場を利用することができます。周辺には観光スポットが点在しているため、レンタサイクルを利用して巡るのもおすすめです。

奈良のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。