Phipps Conservatory and Botanical Gardens(フィップス温室植物園)

Phipps Conservatory and Botanical Gardens(フィップス温室植物園)
by https://www.facebook.com/phippsconservatory/photos/a.10150645398069259/10158134857809259/?type=3&theater
20室程の大きな温室植物園と外部植物庭園からなる植物園です。富豪として知られていた「ヘンリー・フィップス」が1893年ピッツバーグ市に寄贈したのが始まり。特徴的なのは熱帯雨林の他にも温帯各国の植物園とそこに生活している昆虫なども展示しています。この昆虫たちは自然にこの植物園に住み着いたものが多いそうですよ。そのため蝶々の抜け殻やサナギなどもあちこちで見ることが出来るので、昆虫好きの方にもおすすめ。季節折々の植物や昆虫を楽しんでみてはいかがでしょうか。

周辺の類似スポットを地図で見る

Phipps Conservatory and Botanical Gardens(フィップス温室植物園)の基本情報


【スポット】Phipps Conservatory and Botanical Gardens(フィップス温室植物園)
【ふりがな】ふぃっぷすおんしつしょくぶつえん
【 住所 】1 Schenley Drive, Pittsburgh, PA 15213
【アクセス】ピッツバーグ大学から徒歩10分
【最寄り駅】なし
【営業時間】9:30~17:00
【 料金 】11$


公式ページ


Phipps Conservatory and Botanical Gardens(フィップス温室植物園)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります
何も見つかりませんでした。

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。