ピクサー・プレイタイムに登場するキャラクター

ピクサーボールお花

2020年1月10日から2020年3月19日までの間、東京ディズニーシーで開催されているイベント「ピクサー・プレイタイム」に登場するキャラクターをご紹介します。イベント期間にしか会えないキャラクターもいっぱいいるので、ぜひこの機会にキャラクターの名前や特徴などを知っておきましょう!そうすれば、会えた時の喜びも倍増しますよ☆

ピクサー・プレイタイムの楽しみ方についての記事はこちら★終了まであとわずか!ピクサー・プレイタイムの楽しみ方!




【トイ・ストーリーに登場するキャラクター】

ウッディとジェシー

☆ウッディ☆

トイ・ストーリーシリーズの主人公ウッディは、保安官のカウボーイ人形です。おもちゃたちの持ち主アンディーの1番のお気に入りだったウッディですが、アンディーの誕生日にやって来たバズ・ライトイヤーによって、アンディーの1番のお気に入りという位置を奪われてしまいます。そんなウッディはアンディーの1番のお気に入りになったバズ・ライトイヤーを妬み、意地悪してしまいます。しかし、一緒にさまざまな困難を乗り越えて行くうちに2人は最高の相棒になっていったのでした。そしてアンディーはおもちゃをとても大切にする少年なので、もちろんウッディのことも大切に思っています。

また、ウッディはおもちゃたちみんなから頼りにされています。アンディーが大人になり、アンディーからウッディたちを譲り受けたボニーが持ち主になっても、ウッディは変わらずみんなのまとめ役でリーダー的存在でした☆

【出演映画】
「トイ・ストーリー1」
「トイ・ストーリー2」
「トイ・ストーリー3」
「トイ・ストーリー4 」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイムパルズ
☆グリーティング

☆バズ・ライトイヤー☆

バズ・ライトイヤーはトイストーリー1で、アンディの誕生日に行ってきたスペースレンジャーのおもちゃです。バズは他のおもちゃ達と違い、自分の事を本物のスペースレンジャーだと信じ込んでいました。 そんなバズはアンディの一番のお気に入りのおもちゃとなり、それを妬んだウッディと対立してしまいます。しかし一緒に様々な困難を乗り越えていくうちに、二人は本物の相棒となっていきます。バズ・ライトイヤーはいつもウッディの頼もしい味方です☆

【出演映画】
「トイ・ストーリー1」
「トイ・ストーリー2」
「トイ・ストーリー3」
「トイ・ストーリー4 」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイムパルズ
☆グリーティング

☆ジェシー☆

ウッディのラウンドアップのヒロインであるカウボーイ人形で、ウッディの妹分のような存在です。ジェシーは運動神経が抜群で、よく仲間達を助けてくれます。トイストーリー2で、ウッディやその仲間たちに連れられてアンディの家で暮らすようになります。また陽気でおてんばな性格ですが、過去にはエミリーという持ち主がいて、エミリーの成長とともに忘れ去られたという悲しい過去を持っています。

【出演映画】
「トイ・ストーリー2」
「トイ・ストーリー3」
「トイ・ストーリー4 」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイムパルズ
☆グリーティング

☆ブルズアイ☆

ウッディのラウンドアップに出演していたウッディの愛馬です。とても人懐っこく、賢い馬でウッディに忠実です。ジェシーとはとても仲良しです。トイストーリー3で他のおもちゃ達とサニーサイド保育園に来たときは、ブルズアイだけはウッディについて行こうとしていたくらい、ウッディのことが大好きなんです。

【出演映画】
「トイ・ストーリー2」
「トイ・ストーリー3」
「トイ・ストーリー4 」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイムパルズ
☆グリーティング

☆ボー・ピープ☆

かつてのウッディの仲間で、元の持ち主はアンディの妹でした。離れ離れになってしまった後いろいろなの場所を経て、今は持ち主がいない自由な生活をしているおもちゃです。昔とは違いウッディと運命の再会を果たした時には、見違えるぐらいたくましい女性になっていました。ピクサー・プレイタイムに登場する際にはトイストーリー4の衣装で登場します。

【出演映画】
「トイ・ストーリー1」
「トイ・ストーリー2」
「トイ・ストーリー4 」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイムパルズ
☆グリーティング

☆ロッツォ☆

抱きしめるといちごの香りがするテディベアです。初登場時は、やわらかい物言いと優しい態度で良いおもちゃだと思っていましたが、実はサニーサイド保育園をしきっている悪役でした。まだ、ロッツォがサニーサイド保育園へやってくる前、当時の持ち主だったデイジーに忘れ去られてしまい、自分の代わりがいたことにショックを受けて、このような歪んだ性格になってしまいました。

【出演映画】
「トイ・ストーリー3」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイムパルズ
☆グリーティング

【ミスター・インクレディブルに登場するキャラクター】

イベント用のデコレーション

☆ミスター・インクレディブル☆

は本名ロバート・パー、通称はボブです。ボブは映画の主人公で、物理的な衝撃に耐える頑丈な肉体と、驚くべき怪力を持っているスーパーヒーローです。しかし、 法律でスーパーヒーロー活動をしてはいけないということになり、一時、スーパーヒーローではなく普通の人間のふりをして生活していました。 スーパーヒーロー活動をしていた時にイラスティガールと結婚し、 3人の子供の父親でもあります。現在ではスーパーヒーロー活動が法律的にも認められ、家族みんなで地球の平和を守っています。

【出演映画】
「ミスター・インクレディブル」
「ミスター・インクレディブルファミリー」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイムパルズ
☆グリーティング

☆イラスティガール☆

本名はヘレン・パーです。スーパーヒーロー時代にミスター・インクレディブルと結婚し、3人の子供を持つ母親でもあります。ゴムのように伸縮自在の柔軟体の持ち主です。風船のようにふくらむこともできるので、みんなのクッションになったりと色々なことができます。また、ジェット機の操縦なども得意です。ディズニーシーではミセス・インクレディブルと呼ばれています。

【出演映画】
「ミスター・インクレディブル」
「ミスター・インクレディブルファミリー」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイムパルズ
☆グリーティング

☆ジャックジャック ☆

ミスターインクレディブルと、イラスティガールの次男として誕生しました。まだ赤ん坊ですが未知数のパワーを持っていて、そのパワーが強すぎるがゆえに家族にも制御不能となってしまいました。そんな中、手に負えないと感じたミスター・インクレディブルがエドナに助けを求めます。そうしてエドナが作ってくれたスーパースーツのおかげで、なんとか制御できるようになりました。ピクサー・プレイタイム・パルズでは、巨大化して登場します。

【出演映画】
「ミスター・インクレディブル」
「ミスター・インクレディブルファミリー」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイムパルズ

☆エドナ・モード☆

世界的なデザイナーで、普通の服ももちろんデザインしますが、自身が最も燃えるのはスーパーヒーロー用の特殊スーツの製作です。 パー一家のスーパースーツは絶対に自分がデザインすると意気込んでいて、ジャックジャックのスーパースーツを制作した際には家族全員分のスーツも製作していました。とても頼りがいのある性格で、イラスティガールの相談に乗ったりなどすることもあります。

【出演映画】
「ミスター・インクレディブル」
「ミスター・インクレディブルファミリー」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイムパルズ
☆グリーティング

【モンスターズ・インクに登場するキャラクター】

モンスターズインクのバナー

☆マイク・ワゾウスキ☆

緑の丸い体で、ぎょろっとした大きな一つ目が特徴的なモンスターです。サリーとは親友でルームメイト、そして仕事のパートナーでもあります。同じ会社の受付嬢をしているセリアという彼女がいます。短気でよくしゃべり、また口調も荒いですが優しい一面もあり親友想いです。また、笑いのセンスは生まれ持った才能です。モンスターズ・インクの続編「モンスターズ・ユニバーシティ」では、マイクとサリーが出会った頃のエピソードを見ることができます。怖くないモンスターには価値がないとされ、怖くないマイクは絶望しましたが、持ち前の発想力と努力家な面を生かし、徐々に周りに認められていきます。

【出演映画】
・「モンスターズ・インク」
・「モンスターズ・ユニバーシティ」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイム・パルズ
☆グリーティング

☆ジェームズ・P・サリバン☆

モンスターズ・インク社一のトップを走り続けている怖がらせ屋。大きな体に、紫色の斑点がある水色の毛むくじゃらです。怖がらせ屋として、周りからかなりの評価を得ていて、さらに優しい性格の持ち主のためたくさんのモンスター達から慕われています。モンスターの世界に紛れ込んでしまった女の子を「ブー」と名付け、一緒にいるうちに愛情が生まれてしまいます。ブーと別れてしまう瞬間は涙なしでは見られません。

そんなサリーですが、昔は現在のように温厚で優しい性格ではありませんでした。のちに、臆病な自分を隠すためにわざと傲慢な態度をとってしまっていたことが分かります。自分に自信がなかったサリーですが、マイクと出会ってからは自分に自信が持てるようになり、性格もだんだん優しくなっていったのです。たまにぶつかってしまうこともあるサリーとマイクですが、二人はずっと変わらず親友です☆

【出演映画】
・「モンスターズ・インク」
・「モンスターズ・ユニバーシティ」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイム・パルズ
☆グリーティング




【空飛ぶカールじいさんに登場するキャラクター】

カールじいさんのデコレーション

☆カールじいさん☆

空飛ぶカールじいさんの主人公で、無口で頑固な老人です。口数は少ないですがとっても優しい性格のカールは、エリーという最愛の妻がいました。そのエリーがある日病気で亡くなってしまいます。そしてエリーと暮らしていた思い出がたくさん詰まっている家を守ろうとするあまり、気付くと頑固な性格になってしまっていました。ある日、工事業者と揉め事を起こしてしまい、現在の家から立ち退きしなくてはいけなくなります。それをきっかけに、エリーとの約束を果たすために自身の家に風船をつけて旅に出掛けます。

【出演映画】
・「カールじいさんの空飛ぶ家」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイム・パルズ

☆ラッセル・キム☆

ふくよかな体型のボーイスカウトの8才の少年です。彼は一度も会話したことのない父親と話しをするため、お年寄りの手伝いをしていました。好奇心旺盛の明るい性格で、カールにつきまとっていましたが、父親の再婚相手に心を開けないという悩みがあります。カールが旅に出掛ける際に、家に紛れ込んでいたため、二人は一緒に旅へ出掛けることになります。

【出演映画】
・「カールじいさんの空飛ぶ家」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイム・パルズ

☆ダグ☆

首輪に犬語翻訳機をつけている犬です。命じられた任務を遂行しようとしていましたが、犬の仲間からは落ちこぼれだと言われて見放されていたため、いつもひとりぼっちでした。そのうちにカールたちと出会い、共に行動していく中でカールのことを主人と慕うようになります。

【出演映画】
・「カールじいさんの空飛ぶ家」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイム・パルズ

【レミーのおいしいレストランに登場するキャラクター】

レミーのバナー

☆レミー☆

他の仲間のネズミとは違い、良い食材の違いが分かり、いつかシェフになりたいと夢見るネズミです。そんなある日、レミーたちは住み処にしていた家から追い出されてしまい、レミーは家族や仲間たちとはぐれてしまいます。そんな時、今は亡きレミーの憧れのシェフ「グストー」がレミーの頭の中から話しかけてきます。レミーがたどり着いた場所は、なんと憧れのパリだったのです。

レミーは全く料理のできない見習いシェフの「リングイニ」と出会います。彼の帽子の中から指示をし、彼の代わりにレミーが料理をするようになります。それからすぐにレミーが作った料理が大評判となりますが、人間たちは作ったのがレミーだと知りません。そんは中でレミーとリングイニが対立してしまい、一時は夢を諦めてしまうレミーですが、お互いの大切さに気付き二人は和解します。そして、ネズミとしてではなくシェフとして世間に認められたレミーは、夢だった自分のお店をオープンさせるのです。

【出演映画】
・「レミーのおいしいレストラン」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・プレイタイム・パルズ
☆レミーの誰でも名シェフ

【メリダとおそろしの森に登場するキャラクター】

メリダ

☆メリダ☆

ダンブロッホの王女であるメリダは、王女である振る舞いや、王女の務めに嫌気が差していました。そんな中で、今度は結婚相手を決めなければいけなくなります。「まだ結婚はしたくない!自分は自分らしくありたい!」と反発したメリダは、母親と仲違いしてしまいます。

そして、メリダは森で鬼火を見つけます。鬼火についていくと、魔女が住んでいる小屋へと辿り着きます。メリダが魔女に自分の願いを言うと、魔女はこれを食べると母親が変わってくれるというケーキをくれました。メリダは母親が自分の意思を聞いてくれることを望んでいたのですが、ケーキを食べた母親は、なんとクマに変わってしまうのです。

王様や他の誰にも見つからないようにと、メリダとクマになった母親は森へ向かいます。なんとか元に戻る方法はないかと考えて、二人で過ごしていくうちに親子の絆が深まります。最後には立派な王女になったメリダを見ることができます。

【出演映画】
・「メリダとおそろしの森」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
・ピクサー・プレイタイム・パルズ

【インサイドヘッドに登場するキャラクター】

☆ヨロコビ☆

ライリーという女の子が誕生したと同時に、ライリーの頭の中に生まれた喜びの感情。どんな時も明るく、ポジティブなヨロコビは他の感情たちからも頼りにされているリーダー的存在です。ライリーが大好きで、常にライリーの幸せを考えています。いつもライリーには喜びの感情でいっぱいでいてほしいと願っています。そのためには、悲しみの感情などあってはならないと思っていました。

しかし、カナシミと一緒に旅をするうちにだんだん喜びの感情だけではライリーが幸せになれないことに気付きます。人は人生の中で喜びの感情だけではなく、悲しくなることもあります。しかし、自分が悲しんでいることを一緒に悲しんでくれる人がいたり、寄り添ってくれる人がいるからこそ、それが悲しみの感情から喜びの感情へと変わるということです。そうしてヨロコビは、以前よりもカナシミや他の感情たちと上手く付き合っていくことができるようになったのです。

【出演映画】
・「インサイドヘッド」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・パルズ

☆カナシミ☆

ヨロコビと対照的で常にネガティブで悲観的です。前向きでいたいとは思っていても、心配なことがありすぎてなかなか明るくなれません。ネガティブになりすぎている時は、ぐったりして歩くこともできません。そのため、ライリーの頭の中を旅している最中はヨロコビに足を持って引きずられているシーンがたくさんあります。また、心配性がゆえに真面目で誰よりも感情に関する知識を持っています。

【出演映画】
・「インサイドヘッド」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ピクサー・パルズ

【カーズシリーズに登場するキャラクター】

マックィーン

☆ライトニング・マックィーン☆

燃えるような赤が特徴的なレーシングカー、ライトニング・マックィーンは映画「カーズシリーズ」の主人公です。マックィーンは、天才ルーキーであるがゆえに、自信家で自分のことしか考えていない自己中心的な性格でした。しかし、レースに向かう途中に偶然辿り着いたラジエーター・スプリングスの仲間たちと出会って、さまざまな感情が生まれ成長していきます。マックィーンの決めゼリフは「カチャウ」です☆

【出演映画】
・「カーズ」
・「カーズ2」
・「カーズ/クロスロード」

【ピクサー・プレイタイムでの出演】
☆ライトニング・マックィーン・ヴィクトリーラップ

最後に

ピクサー・プレイタイムに登場するピクサーの仲間たちをご紹介しましたが、もっとキャラクターたちについて知りたい!という方はぜひ、気になるキャラクターが登場しているピクサー映画もご覧になってみてはいかがでしょうか♪個性溢れる愉快なキャラクターたちが登場するピクサー映画は、感動あり、涙ありのものばかりです。

映画を観たことがあるという方も、ディズニーシーに訪れる前にもう一度おさらいしてみてくださいね!キャラクターたちを見ると、映画の世界観を身近に感じることができるだけではなく、あの感動も蘇るかもしれないですね!




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す