The Cleveland Museum of Art(クリーブランド美術館)

The Cleveland Museum of Art(クリーブランド美術館)
by https://www.clevelandart.org/
6000年にわたる4万5千点以上の美術品を鑑賞できるスポットです。全米有数の規模の総合美術館として知られており、展示室の数は70を数えるほど。美術館の玄関前には開館直後の1917年に美術館に寄付された、オーギュスト・ロダンの「考える人」の拡大されたバージョンがあります。この像はロダンが生前最後に鋳造を直接指揮した作品のひとつで、1970年に抗議者により破壊行為を受け一部損傷したまま残っているのが特徴です。

周辺の類似スポットを地図で見る

The Cleveland Museum of Art(クリーブランド美術館)の基本情報


【スポット】The Cleveland Museum of Art(クリーブランド美術館)
【ふりがな】くりーぶらんどびじゅつかん
【 住所 】11150 East Blvd, Cleveland, OH 44106 アメリカ合衆国
【アクセス】Euclid Av & Cornell Rd Stationから徒歩5分
【最寄り駅】なし
【営業時間】火曜、木曜、土曜、日曜日10:00~17:00、水曜、金曜日:10:00~21:00
【 料金 】無料


公式ページ


The Cleveland Museum of Art(クリーブランド美術館)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

午後からちょっと、横浜市開港資料館「幻の写真家 チャールズ•ウィード」に。 幕末の日本を撮った写真家ウィード〜まず、その経歴のところで、クリーブランド美術館所蔵のウィードの写真が出品されていてビックリ、 外国から借りていて、本気度… twitter.com/i/web/status/1…

激闘! (大旗英雄伝) #武侠ドラマな西洋画 たぶん一方は鉄中棠だと思うw (ジョージ・ベローズ『Stag at Sharkey's』1909年 クリーブランド美術館) pic.twitter.com/fmGfM63F8F

ツイッターメディア

日本の固有種として知られている。また、絶滅危惧種であり国の特別天然記念物アマミノクロウサギは、世界でも奄美群島の一部のみに生息する。 利用 編集 狩猟編集  「野ウサギと子羊の脚」ジャン=バティスト・ウードリーによる油彩(1742年)クリーブランド美術館所蔵[10]


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。