チューリップ四季彩館

チューリップ四季彩館
photo by @narumi_tajima
一年中チューリップや季節の花が咲く屋内庭園やチューリップにまつわる歴史や文化を知れる施設。球根より小人になった気分で球根の様子を知れる「球根シアター」などちょっと変わったものもあります。中でも屋内庭園には「チューリップパレス」と呼ばれる360度チューリップに囲まれるモニュメントなどがあり写真映えスポットも豊富です。

観光マップで見る
Google Mapで見る

【 住所 】〒939-1381 富山県砺波市中村100番地1
【アクセス】JR砺波駅から徒歩15分
【営業時間】9:00〜18:00 ※休館日は公式ページ参照
【 料金 】一般(高校生以上)310円

チューリップ四季彩館
が含まれる観光マップ



公式ページ

一年中チューリップが楽しめる!富山県「チューリップ四季彩館」

チューリップ四季彩館は富山県砺波市にあるチューリップをテーマにしたアミューズメント施設です。世界で唯一という年間を通して咲いたチューリップを見学できる貴重な施設として人気です。お花のほかにもシアターや庭、屋外展示場、カフェなど、様々な楽しみが用意されています。

チューリップ四季彩館の概要

チューリップ四季彩館は1996年にオープンしたチューリップだけに焦点を当てた花の施設です。

館内は、公園のような開放的な空間でチューリップの知られざる秘密を発見できる「Wonder Garden」ゾーン、地下空間を思わせる場所でチューリップの球根や開花の仕組みについて詳しく知ることができる「Under Farm」、一年中チューリップが鑑賞できる高さ3.7メートルのタワー「チューリップパレス」、常時5000本という花々が楽しめる「パレットガーデン」などで構成されています。

また、屋外では季節の変化を観察できる展示が並ぶ「屋外展示場」や、チューリップモチーフのお土産などが購入できるミュージアムショップ、オリジナルメニューが味わえるカフェなども併設されています。

お花が好き、自分でチューリップを育てているという人はもちろんのこと、今まで花にはまったく興味がなかったという人でも楽しめる構成になっています。

チューリップ四季彩館の球根シアター

チューリップ四季彩館の大きな見どころとなっているのが「球根シアター」です。球根シアターはチューリップが一年中咲くための不思議な秘密や、元々日本にはなかったチューリップがどのようにやって来たのかを知ることができる施設です。といっても、単なる学習施設ではなく、自分たちが小人になって地下を探検しているような雰囲気が見どころ。地下世界を探検しているようなドキドキを楽しみながら、チューリップについての知識を深めることができます。

チューリップ四季彩館のチューリップパレス

「チューリップパレス」はチューリップ四季彩館が誇る展示のひとつです。チューリップパレスはガラスで作られたタワー型の展示で、中に入るとぐるりと360度、ガラスの中に飾られたチューリップが迎えてくれます。高さは約3.7メートルと非常に高く、約500本のチューリップの切り花を一年中展示しています。特に冬の寒い季節に眺めるカラフルなチューリップは心を和ませてくれると多くの人に人気です。

ちなみに、このチューリップパレスに使用されているのは特注の曲げガラス。きれいな円形になっているガラスの湾曲も美しさに華を添えています。

チューリップ四季彩館のみどころ

「チューリップ四季彩館」はみどころの多い施設です。まず、みどころのひとつは種類豊富なチューリップです。一口にチューリップといっても、その種類は様々ですが、このチューリップ四季彩館では世界的に見ても非常に珍しいチューリップが数多く揃っています。得に「原種系」と呼ばれるチューリップは、現在のように大きな花を咲かせるのではなく、小さく可愛い花をつけるもの。普段はなかなか見ることのない原種系のチューリップも、こちらではたくさん揃っています。

また、常時5000本の花を咲かせている「パレットガーデン」もみどころのひとつです。季節によって花の形や色も異なるたくさんのチューリップが咲き乱れる様子は、海外の有名な庭園に迷い込んだような気分になります。

季節によっては非常に珍しいものも少なくないため、花の色と香りを楽しみながら散策するにはぴったりの場所です。

チューリップ四季彩館と季節の名物

四季折々に行われるイベントもチューリップ四季彩館の名物です。多くのチューリップが花を咲かせる春や夏だけでなく、バルーンアートや星座などとチューリップを組み合わせた秋や、チューリップをテーマにした歴史や文化などが学べる冬のイベントも楽しいものばかりです。

特に、毎年春に行われるチューリップフェアは必見のイベント。約300万本のチューリップの咲き乱れる様子は、まるでヨーロッパを旅行しているような気分になれると大人気です。

チューリップ四季彩館の設計

チューリップ四季彩館はチューリップの美しさもさることながら、建物自体にも人気があります。チューリップ四季彩館は栗生明氏による設計で、特徴はいくつかの建物が温室の中に入っているような独特の構造。太陽の光を四季を通じて取り入れることができるだけでなく、抜群の解放感です。

さらにそれぞれの建物の近くには水場が配置され、そこにチューリップと建物が移りこむ様子は非常に美しいと人気です。

チューリップ四季彩館を訪問したときには、チューリップの美しさとともに、建物の美しさも楽しんでいただきたいものです。

チューリップ四季彩館で楽しむ小さな手作りの店

美術館や博物館を訪れる楽しみのひとつがミュージアムショップですが、チューリップ四季彩館ではお土産ものも充実しています。

こちらのミュージアムショップで人気なのは「チューリップベア」。こちらはチューリップのイメージで作られたクマのぬいぐるみです。大小のサイズがあり、大人から子どもまで大人気です。

また、本の間に挟むしおり「ブックマーカー」ももちろんチューリップデザイン。高級感のあるブックマーカーは、プレゼントにも最適です。その他、チューリップのキャップが付いたハブラシや、オリジナルの香水などユニークな商品もそろっています。

注目はハンドメイド感覚あふれるキルトの数々。こちらのミュージアムショップでは、砺波で作っている手作りキルトグッズを取り扱っていて、モチーフはもちろんチューリップ。本物の花のように優しくカラフルなキルト作品は、自分のためのお土産にも、誰かのためのプレゼントにも最適です。ついあれこれ買い求めたくなるチューリップ四季彩館では、買いすぎに要注意かもしれませんね。

チューリップ四季彩館の注目ランチ

チューリップ四季彩館でちょっとお腹が空いたときには、併設のカフェ「かくれ庵」の利用がおすすめです。かくれ庵では、富山県の名産であるコシヒカリや、地元のとなみ野ポーク、大門そうめんといった名物を使用したランチセットや、こちらも名物の「白エビ」を使用したかき揚げ丼やかき揚げそうめんなども人気がありますが、ぜひためしてみたいのが、かくれ庵オリジナルのソフトクリーム「チューリップソフトクリーム」です。ほんのりとしたピンク色の、チューリップをイメージしたソフトクリームは優しい甘さ、さわやかな華の香りも楽しめます。

また、ソフトクリームにフルーツの果肉とソースがトッピングされた「ごろっと果実のパフェアイス」も人気です。なお、砺波のソウルフードで、大根葉や菜の花、味噌でつくる「よごし」をアレンジしたコロッケも人気となっています。

チューリップ四季彩館へのアクセス・駐車場

チューリップ四季彩館へのアクセスは、富山駅からの場合は北陸新幹線の新高岡駅から乗り換え、城端線の砺波駅下車、又は高岡駅から乗り換えて城端線の砺波駅下車。徒歩で約15分ほどの距離です。なお、砺波駅観光案内所ではレンタサイクルもあり、その場合は約8分となっています。

自動車の場合、高岡砺波スマートインターチェンジ経由で約7分、または砺波インターチェンジ経由で約5分です。駐車場は約80台利用が可能となっています。

入館料は大人・高校生が310円、小中学生が150円となっています。

[wdi_feed id=”2574″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

【ナツワーク2019】 始まりました~✨ 砺波市のチューリップ四季彩館で17時までお待ちしております🍀 余談。 さっき、作ってきた🍙を朝ごはんに「美味しいなあ~」と思いながら食べてたら、通りすがりの出店者さんに「美味しそうに食べ… twitter.com/i/web/status/1…

15日今日もチューリップ四季彩館 ナツワーク2019に参加してます✨ 場所: チューリップ四季彩館 instagram.com/p/Bz618dWgq3gL…

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

アメブロを更新しました。 『ナツワーク2019初日御礼。 明日も10時~17時。チューリップ四季彩館にて』 #カウンセリング #チューリップ四季彩館 ameblo.jp/iyashian2314/e…

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

眼鏡行商人・アイウェアConte -富山のメガネ屋- : 15日まで砺波チューリップ四季彩館 conte.blog.jp/archives/52119…

明日、15日まで チューリップ四季彩館で ナツワーク2019に出店してます✨ ConteのShop in Conteも明日まで❗️ お待ちしてます 場所: チューリップ四季彩館 instagram.com/p/Bz4U2pcAXaj-…

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

【イベントのお知らせ】 ◇ナツワーク2019 ◆7/14-15(10:00-17:00) ◇チューリップ四季彩館(南砺市) ◆駐車場無料 ハーバリウム風レジンチャームのワークショップやります☀️☀️☀️ みんなで遊びに来てね… twitter.com/i/web/status/1…

アメブロを更新しました。 『準備万端。明日明後日は、チューリップ四季彩館へ。ナツワーク2019 10時~』 #チューリップ四季彩館 #ナツワーク ameblo.jp/iyashian2314/e…

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

7月19日~9月17日 「百花繚乱」~盛夏~ グズマニア、クルクマ、アンスリウムなどのコラボレーションを楽しんでいただく展示 開館時間 9時~17時 入館料 310円 会場 チューリップ四季彩館

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

7月26日~9月1日 夏季特別企画展「ピーターラビット™の世界展」 時間 9時~18時 チケット 600円 会場 チューリップ四季彩館 tulipfair.or.jp

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

「ピーターラビットの世界展」が7月26日より富山県チューリップ四季彩館で開催! | ピーターラビット インフォブログ  blog.peterrabbit-japan.com/3536 うをぉおおおおおおおおおおッ

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

@bambootic_825 貼り紙はチューリップ四季彩館で見ました。よく、ぬいぐるみと撮影されている方を見かけますし、その大切さは理解できるのでリツイートさせていただきました。

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

外出ついでにチューリップ四季彩館寄ったら貸切状態だった〜! pic.twitter.com/ds1h4ZxIc0

ツイッターメディア

557品種の写真寄贈 チューリップ四季彩館に佐故さん 【全文はこちら ift.tt/2XyKNrA

アメブロを更新しました。 『7/14.15は、チューリップ四季彩館へ。ナツワーク出店者情報 パート10』 #ナツワーク #出店者情報 ameblo.jp/iyashian2314/e…

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

14日15日は チューリップ四季彩館 ナツワーク2019 conte.blog.jp/archives/52118…

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。

【定期】砺波市美術館は、チューリップ四季彩館、砺波郷土資料館とも近い場所にあり、砺波市の文化ゾーンの一角を形成しています。市民はもとより、砺波地方の皆さんにとって、美術に親しみ、また創造し、交流の場にしていただけるよう、文化的創造活動の拠点となるよう構想されました。


富山のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事


ツイートフェイスブックシェアLINEで送る

bandaibasi
属性 萬代橋
新潟市のシンボルとも言える橋。重厚感がある石造りの6つのアーチがとても美しく、風情があります。また夜には...
sotomo
属性 蘇洞門
蘇洞門は福井県嶺南部に位置する海岸景勝地です。アメリカのニュースチャンネル「CNN」が「Japan’s 31 most be...
chako.co_tikuon
属性 金沢蓄音器館
展示物が蓄音機のみという国内でも珍しい珍スポット。館内には約600台の蓄音機やSPレコード約4万枚が収蔵され...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


地図から探す 地図から探す

マップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。