ふれあい下水道館

ふれあい下水道館
国内初の下水道をテーマにした博物館。下へ下っていくほど下水道に関する知識が身につくという仕様になっていますが、何といってもこの博物館「本物の下水道管」の中に入れるんです!映画でよく見る下水道管に入るシーンを実際に体験できるスポットです!

おしゃれで少し気の強いアヤコ
男友達が初デートで彼女連れて行ったらキレられたって話してたから興味本位で行ってみた。地下5階まで展示が満載で結構楽しめた。でも初デートには向かないかなー。もっと仲良くなってからだったら私は好きかな
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
本物の下水道管に入れるのが貴重な体験。スパイ映画とかで下水道管通ってたりするシーンあるけど実は臭いがかなり強烈なのでスパイって改めてすごいなと思う。人生に一度は行ってほしい
冷静沈着な猫のニャンタ
一度も本物の下水道館に入るチャンスがなく人生を終えていった人間も多いのではないだろうか。下水道管は人類の大きな発明の一つだと思う
観光マップで見る
Google Mapで見る

【 住所 】東京都小平市上水本町1丁目25−31
【営業時間】午前10時~午後4時 休館日:月曜(休日・祝日の場合は、その翌日)年末年始(12月27日から1月5日まで)
【 料金 】無料

ふれあい下水道館が含まれる観光マップ
Processed with MOLDIV【完全版】はてな映えするスポット総まとめ
26NJ_shinjyukutocyou_TP_V【最新版】東京の無料で楽しめる穴場観光スポット20選


東京のSNS映えスポットリスト
インスタ映え笑い・ネタ
定番スポット全スポット

おすすめ記事
東京観光【完全版】東京観光の定番・穴場スポットベスト86 エリア・目的別に紹介
katsushikarinkaikoen【必見】東京の人気デートスポット35選。マンネリから初デートでも楽しめること間違いなし!
edotokyom雨の日の東京観光でも楽しめる!おすすめ観光スポット17選
インスタ映え【徹底解説】インスタ映えとは?意味や写真の特徴と撮り方。カフェやスイーツも女子に人気
インスタ映え47都道府県【47都道府県別】インスタ映えするベスト・フォトジェニックスポット


ふれあい下水道館 公式ページ

大人も子供も楽しめる、ふれあい下水道館

日本で唯一、下水道の中に入る体験のできる施設

東京都小平市にある「ふれあい下水道館」をご存知でしょうか?ふれあい下水道館は下水道の内部を知ることができるテーマパークでもあります。

ふれあい下水道館は1990年に下水道普及率が100%になったことでの記念設立であり、日々の暮らしの中に下水道がなぜ必要なのか?どのようになっているのか?などをしることができます。

ふれあい下水道館(上水本町1-25-31)
西武国分寺線鷹の台駅下車 徒歩7分
開館時間:午前10時~午後4時
休館日:月曜(休日・祝日の場合は、その翌日)・年末年始(12月27日から1月5日まで)
入館無料
問合せ Tel:042-326-7411

実際の下水道の中に入る体験ができる施設

下水道に興味がある、まではいかなくとも小さいころにマンホールの中が気になった人は多いのではないでしょうか?

長く続く梯子が闇の中に吸い込まれていくさまや映画などのワンシーンで下水道の中を走っていく場面や下水道の中での激戦など、下水道は人の脳内にイメージがある程度できているようでできていないふしぎな施設でもあります。

ふれあい下水道館では地下25メートルの中に埋められてる下水道の中に実際に入る体験が可能であり壁の質感や実際の臭いなども実体験できるようになっています。

衛生面には考慮してあるので安心して体験できる部分も嬉しいサポートといえます。

館内には様々な施設がある

ふれあい下水道館には様々な施設があります。前述した下水道体験はもちろんですが、館内は地下五階まであり、それぞれに特徴があります。

ふれあい下水道館の所在地でもある小平市の水環境などは地下3階で見ることができるので館内をゆっくりと地下5階まで目指すことで下水道はなぜあるのか、どの様にせ活に必要なのか、現在の小平市や東京都内、日本国内のすいしつはどのようになっているのか?などを順番に知ることができるようになっています。

また、螺旋階段部分にはニュートラルゾーンが設定されており水とは切り離すことのできない「土」についてのレクチャーコーナーも設置されています。

水と土をしることで、土の種類で年代が知れることや地層の味方、東京の水源の一つでもある多摩川での水草の標本なども見ることができます。

比重温度計の展示

ニュートラルコーナーにはガリレオ温度計とも呼ばれる比重温度計の展示もあります。

比重温度計は見ているだけでも綺麗な温度計であり、ガラス細工の美しさなどもしばしば競われるものでもあります。

化学や浮力などの面からみても楽しいですが一つの芸術品としても見ることができるので館内での息抜きにもなります。

地下五階での体験コーナー

地下五階はいよいよ館内に使用されている下水道の内部への侵入になります。

実際の機材のレプリカなども見ることができ、下水道のイメージなども変わる人も多いかと思います。

下水道の実際の臭いは汚水などの臭いではないことや、下水道がどれだけ衛生面に考慮されているか、マンホールなどに子供さんたちが落ちてもお極力安全なように作られているなどを知ることもできます。

また、小平市で使用されているマンホールのふたなども見ることができ、艱難ではほかの地区のマンホール蓋がどのようにデザインされているかなども知ることができるようになっています。

マンホールのふたは市町村独自のデザインになっており、マンホール蓋専用の研究サイトなども最近ではあるほどです。

ふれあい下水道館に向かうときはどんな格好がいいの?

メインコンテンツでもある下水道体験をしたい場合は、公式サイトでは推奨されている服装はありませんができるだけ少し汚れでもOKな服装がいいかもしれません。

下水道の汚水の中を歩くわけではなく、下水道の中の一部に通された橋を渡っていく形になりますが内部には虫なども飛んでいるので100%衛生的とは言えません。

また、臭いなどもだいぶ緩和されてはいますが悪臭の中に入るので洗いやすい服などがいいでしょう。

下水道体験ミニレポート

下水道に入るためのハッチを開けてもらうところから体験できるのでドキドキ感が半端ないです。

大人でもこれだけドキドキできるので子供さんならテンションがあがってしまうかもしれません。

直径3メートルほどの下水道をしっかりと内部から見ることができるので、遠くで流れている汚水の轟音なども含めて驚くことばかりです。

ただ、臭いはどうしても下水の臭いであり、途中何か流れてきそうな不安まで感じます。

映画などで下水道の中でのシーンは実際には子の臭いでは無理なんじゃないかな?と思うほどです。

ですが、大人でも楽しめますがこのふれあい下水道館は親子や子供さんのグループ引率などでもかなりお勧めできる移設といえます。

途中の展示で「実際の下水道から出てきた危険な物」なども見ることができるので、うその無い体験ができます。

スタッフさんがなぜ下水がこのようなにおいになっているのか、なぜ下水道の中で危険なものができてしまうのかなどの説明もわかりやすくしてくれます。

平日でしたが子供さんと一緒に来られている方もいて熱心に聞き入ってました。

入館無料でこんな貴重な体験ができるのでふれあい下水道館は長期のおやすみなどに一度訪問するのにもおすすめといえます。

ふれあい下水道館のまとめ

大人が逝っても十分に楽しめますが、公共施設である下水道の中に入る体験ができるので親子や家族、子供さんのグループ引率などにおすすめといえる施設です。

館内を1階から地下5階まで順番にまわっていくだけでも下水道の歴史や水質の管理のしかた、下水道の中で生まれる不思議な合成物の話などもきくことができます。

館内スタッフさんの説明やレクチャーも非常に面白く、子供さんでもわかりやすいように説明をしてくれるので下水道に対するイメージはもちろんですが、清掃関連に対するイメージや普段の掃除や水道に対する気持ちも大きく変わると思います。

公式サイトの方には年間のイベントスケジュールなどもあり、下水道大検のほかにも学習講座のレポートなどもあり実際に作品を一緒に作れるようにもなっています。

学習講座は月一回の開催になっており、夏休みなどの実験レポートに向いているものなども多くあります。

親子で楽しめる学習講座になっており、2階のミニ図書館などで休憩することもできます。

1階のエントランスホールでは渓流の水族館などを楽しむことができるのでカップルで散策にもおススメといえます。

エントランスホールは休憩などもできるようになっており天然の岩魚などを見ながら水源のことを考えたりするにもうってつけの空間といってもいいでしょう。

下水道という名前ではありますがふれあい下水道館は水に対する知識を得ることができる施設といえます。

小平市は他にもおいしい食事処が多いので、ふれあい下水道館のあとに食事をして帰ったりもできます。

また、鎌倉街道や五日市街道などもあり、季節に合わせた風景を楽しむこともできます。

どのシーズンに行ってもふれあい下水道館と周辺の風景は美しく、定期的に訪れる人が後を絶たないのも納得といえます。

GAS MUSEUM がす資料館なども近隣にあり、こちらは大正時代の建築を再現してあり内部素歩くだけでも美術館のように楽しむことができます。

ふれあい下水道館を中心に小平市の観光や周辺施設を訪れるだけでも一日過ごすこともできるので天気のいい日などに散策をしながらの観光などもおすすめといえます。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More
*出所記載のないページ内のInstagram画像は、Instagram社の利用規約及びライセンスに基づきシステムが自動抽出して表示しております。詳細はInstagram社の利用規約等をご確認ください


SNSでの口コミ(みんなの反応)
SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

【東京】本物の下水道管に入れる!! B級感溢れる【ふれあい下水道館】pic.twitter.com/KbAJo8dQE4

ツイッターメディア

ペットボトルでおひなさまを作ろう 学習講座 2/17(日)午前10時~11時30分 対象 小学生 親子での参加も可 ほかに植物の花粉を観察します。 申込み 2/16(土)までにふれあい下水道館へ 先着順 電話042-326-7411 #小平 #ペットボトル

武蔵美に程近い小平市ふれあい下水道館。 謎企画展&常設展示は最下層の地下5階でなんとマジモンの巨大な下水道管にたどり着く。。臭くて笑えた。糞したことある者は全員いくべき。 pic.twitter.com/1GBr2QstHW

ツイッターメディア

マンホールカード目当てで小平市ふれあい下水道館に行ったんだけど、とんだB級スポットだった。 展示物を見つつ、臭気の漂う階段を地下5階まで降りていくと、たどり着くのは実際の下水道の中。 ふれあい体験室でまさかウンコとふれあうとは思わ… twitter.com/i/web/status/1…

あたし、メリーさん。今小平市ふれあい下水道館にいるの……

10、地元 地元大好きです。長閑で緑が多くて。 職場が遠いのがちょっと厳しくて独り暮らししてますが、多分そのうち帰ります。ふれあい下水道館がイチオシ施設です。玉川上水の散策も良い。ブルベーはちょっと微妙です。特産品がどこに行けば買えるのかはちゃんと確認出来てません。

下水道とふれあう… 気になる ふれあい下水道館 〒187-0022 東京都小平市上水本町1丁目25−31 042-326-7411 goo.gl/maps/idtdKrUar…

【東京】本物の下水道管に入れる!! B級感溢れる【ふれあい下水道館】pic.twitter.com/KbAJo8dQE4

ツイッターメディア

実家での用事が思ったより早く終わったので小平市のふれあい下水道館に寄りました 下水道に関する無料の展示施設で、本物の下水管の中を見学することが出来ます 府中街道沿いで五日市街道と玉川上水との間にあります 駐車場もありますし隣に公園… twitter.com/i/web/status/1…

どうして人はふれあいを求めるのか。 っつかどうしてふれあい下水道館にきてしまうのか pic.twitter.com/7YIPVJRZhw

ツイッターメディア

【東京】本物の下水道管に入れる!! B級感溢れる【ふれあい下水道館】pic.twitter.com/KbAJo8dQE4

ツイッターメディア

ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう

s_kome_007
属性 米とサーカス
ジビエ(狩猟肉)を手軽に食べられることをダチョウや鮫やクジラなどの珍しい肉が食べられる居酒屋です。また...
soramati
属性 ソラマチ商店街
東京ソラマチ1階にある全長約120mの商店街。お店は全34店舗あり、飲食店をはじめ土産、雑貨、ファッショングッ...
akari__trip_treecafe
属性 Les Grands Arbres
ツリーハウスが印象的なこのカフェでは草木に囲まれた雰囲気でお野菜たっぷりの食事がいただけます。外観・内...


写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


おすすめ記事
where_is_coz_rainbowv台湾観光スポット30選!人気の観光スポットを一挙公開。初心者もリピーターも必見
mooor1t_man鳥取観光の外せない定番スポット15選
niigata新潟のおすすめ観光スポット41選!定番から穴場まで
may_ugram_awesome【完全版】原宿でインスタ映えする可愛いフォトスポット43選
glacier-583419_640【完全版】アルゼンチン観光の人気スポット38選

地図から探す 地図から探す



マップに戻る
スポット情報拡充申請

INSTAGRAM
SNAPLACEが運営するSNS映えスポットを紹介するInstagramアカウント。「#snaplace」を付けて写真を投稿して頂くと、素敵なものをアカウントや弊社メディアでご紹介。