ツイートフェイスブックシェアLINEで送る

東京観光スポットランキング・ベスト64。定番から穴場まで一覧

tokyospot

東京観光といっても東京には大量の観光スポットがあります。そのため、東京に来たら先ずはどこから回ればいいのか、押さえておきたい見逃せないスポットはどこなのかなど、迷うことが多いと思います。そこでSNAPLACEでは、定番から穴場スポットまでをランキングで紹介します。定番スポットを抑えつつ、まだ行ったことがない見逃せない観光スポットを探すことができます。

人気の定番スポットから順を追って紹介していきますので、知っているスポットを飛ばしてみていけば、「ここは定番だけどまだ行っていなかった」、「穴場スポットまだたくさんある」など、楽しみながら飽きずにチェックできます。SNAPLACEのマップとも連携しているので、お気に入り登録すればあとからマップに保存して確認できます。行ったことのないスポットの再確認と意外な穴場スポットの発見にお役立てください。




1. 東京スカイツリー(押上駅)

東京スカイツリー

出所:https://retrip.jp/articles/6954/


東京に行くなら、必ず押さえておきたいのが押上駅からすぐの「東京スカイツリー」です。周辺には観光スポットも多数集まっており、短期間に東京観光する際にオススメのエリアです。スカイツリーは634メートルの高さからの景色が絶景で、一生に一度の想い出が作れること間違いなしの、定番スポットです。

家族や友達との観光にも、夜の特別な日のデートにもピッタリのスポットです。中でもおすすめなのが「ナイトビューペアチケット」で、天望デッキや天望回廊への入場券に、天望デッキのカフェでの軽食とスパークリングワイン、そして記念写真が撮れるお得なチケットです。

なお、東京スカイツリーはオープンしてしばらくたっていますが、土日祝日はまだ混雑しており、夕方頃にふらっと立ち寄っても整理券がなくなってもう中に入れないということもありますので、早めの朝一番で行くことをお勧めします。

基本情報

名称:東京スカイツリー
住所:東京都墨田区押上1丁目1-13
アクセス:東武伊勢崎線業平橋駅から徒歩1分
営業時間:8:00~22:00(最終入場21:00)
定休日: なし
電話番号:03-5302-3470
料金: 大人2,060円、中人1,540円、小人930円
所要時間: 1時間
オススメ時期:通年(晴れた日)
公式サイトURL:http://www.tokyo-skytree.jp/

詳しく

1.1.東京ソラマチ/スカイツリータウン(浅草駅)

東京スカイツリーを訪れる際に、ついでに立ち寄る定番スポットが「東京ソラマチ/スカイツリータウン」です。ここは東京スカイツリーの下にある大型商業施設で、312の店舗が入店し、お土産ショップ、ファッションブランド、グルメスポットなどが数多く出店しています。全部回ろうとすると一日あっても足りないほどの量なので、あらかじめ目星をつけて計画的に回ることをお勧めします。

東京旅行のテクニックとして、スカイツリーに登ったあとに荷物が重くてつらくなりそうな方は、「ツーリストサービスセンター」に荷物を預けることもできます。そうすれば、軽装でソラマチ巡りを楽しむことができます。雑貨を見たり、スイーツを食べ歩いたり、お土産も買ったりと充実の一日を過ごせること間違いなしです。

基本情報

名称:東京ソラマチ (スカイツリータウン)
住所:東京都墨田区押上一丁目1番2号
アクセス:浅草駅から (東武スカイツリーライン) 一駅2分または徒歩約15分
営業時間: 10:00~21:00(6・7・30・31F11:00~23:00)
定休日:店舗による
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:http://www.tokyo-solamachi.jp/

2. 東京タワー(赤羽橋駅)

東京タワー

出所:http://newspot.enjoytokyo.jp/tokyotower/__ngt__=TT0b9f166d9001ac1e4a0f2a4z2ebmiF_U4O-reqOfXwvA



東京スカイツリーの次は、東京名物の「東京タワー」です。東京といえば「東京タワー」というほどの定番中の定番です。定番ですが、意外と東京に住んでいても登ったことがない、東京に旅行に行ったけれど登ってないという方も多くいるので、定番だけれど穴場ともいえるかもしれません。

東京タワーといえば赤い色ですが、季節によってはライトアップによって七色に輝くときもあります。333メートルの高さの展望台から、東京スカイツリーに負けず劣らずの景色が見渡せます。都内全体を見渡す絶景を古き良き日本を思い出しながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

訪れるタイミングとしては、夜景が見えるタイミングがベストです。夜はロマンチックな雰囲気で特別なデートでカップルにも向いていますし、夫婦で楽しむにも向いている定番スポットです。

また、東京タワー下には、芝公園が広がっていて緑いっぱいです。公園をゆったり散策したあと、有名なお豆腐料理店の「うかい」でお食事もできます。東京タワー近辺を全力で味わう東京タワー定番コースを巡るのもおすすめです。

基本情報

名称: 東京タワー
住所:東京都港区芝公園4-2-8
アクセス:赤羽橋駅から徒歩5分
営業時間:9:00~22:00
定休日: 年中無休
電話番号:03-3433-5111
料金(大展望台 + 特別展望台):大人 (高校生以上)1,600円、子供 (小中学生)1,000円、幼児 (4歳以上)800円
所要時間: 1時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.tokyotower.co.jp/

詳しく




3. 浅草寺(浅草駅)

浅草寺

出所:https://retrip.jp/articles/4377/


都内最古の寺院として知られる「浅草寺」は、東京スカイツリーからのアクセスがよく、東京スカイツリーと合わせた観光にオススメです。東京名所としても定番で、海外の方にも有名です。大提灯、仲見世など江戸時代の雰囲気そのままなのでちょっと知的なオススメの観光スポットです。

浅草寺のご本尊は観世音菩薩様で、この菩薩様は慈悲深い御秘仏ですので、直接拝見して拝むことはできません。同様に御秘仏の御前立本尊(おまえだちほんぞん)様は、年に一度12月13日の午後2時に御開扉(おかいひ)法要で拝むことができます。

基本情報

名称:浅草寺
住所:東京都台東区浅草2丁目3-1
アクセス:浅草駅から徒歩で5分
営業時間: 6:00~17:00
定休日: 年中無休
電話番号:03-3842-0181
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:http://www.senso-ji.jp/

詳しく

3.1. 浅草寺・仲見世(浅草駅)

海外の外国人観光客から人気のスポットが「浅草寺の仲見世」です。江戸時代の仲見世の雰囲気をそのまま残す、浅草といえばここというオススメ観光スポットです。夜はシャッターが閉じていますが、じつはこのシャッターにも美しい絵画が描かれ、夜の仲見世も見ものです。

この仲見世通りは、食べ歩きグルメスポットとしてもおすすめです。お団子、おせんべい、おまんじゅう、人形焼などの和菓子に加えて、ソフトクリームもあります。お食事時は、天丼、どじょう、うなぎ、お蕎麦、お寿司。ビーフシチュー、ハンバーグ、チキンライス、バーガーなど洋食も豊富で、食べ歩きだけでも満腹になります。

基本情報

名称: 浅草寺・仲見世
住所:東京都台東区浅草2丁目3-1
アクセス:浅草駅から徒歩で5分
営業時間: 店舗による
定休日:店舗による
料金: 無料
所要時間: 30分
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.asakusa-nakamise.jp/

3.2. 雷門/風雷神門(浅草駅)

雷門

出所:http://cdn.amanaimages.com/cen3tzG4fTr7Gtw1PoeRer/25826022562.jpg


浅草寺のシンボルといえば「雷門」です。左右に風神、雷神を祀っているため、正式名称は「風雷神門」と呼ばれますが、通称「雷門」の名前で長く親しまれています。現在の雷門は昭和35年に松下幸之助が寄進したもので、松下電器との記載があります。

この雷門は、浅草寺の入り口である「総門」という位置です。雷門から向かって右側が「風神」、左が「雷神」です。 門をくぐって有名な風神・雷神の裏にまわると、風神・雷神と対になった2体の像が建っています。門に向かって右側が「金龍像」、左側が「天龍像」です。

大きな提灯、そしてこの表裏4体の像に注目ですが、提灯の下をくぐるときには提灯の底も見てみると見事な龍の彫り物が美しくオススメです。

基本情報

名称:浅草寺・雷門(風雷神門)
住所:東京都台東区浅草2丁目3-1
アクセス:浅草駅から徒歩で5分
営業時間:24時間開放
定休日:年中無休
料金: 無料
所要時間:15分
オススメ時期:通年

詳しく

3.3. 浅草花やしき(浅草駅)

浅草花やしき

出所:http://www.jalan.net/theme/park/amusementpark/hanayashiki.html


日本最古の遊園地として知られる「浅草花やしき」は、江戸時代の1853年に遊戯施設として開園しました。その後、動物園を経て戦後に遊園地となった歴史があります。絶叫コースターなどの迫力のあるアトラクションはないですが、メルヘンな子供用アトラクション、お化け屋敷、ゴーストの館など、背筋が凍る恐怖体験ができるアトラクションや、季節や時期によって各種イベントも楽しめます。大人から子供までが楽しめるオススメの遊園地で、気付いたらもう一日たって夕方だったというほどのめりこめる遊園地です。

基本情報

名称:浅草花やしき
住所:東京都台東区
アクセス:営団地下鉄浅草駅から徒歩で10分
営業時間:10:00~18:00(最終入園は17:30)
定休日: 不定休
電話番号:03-3842-8780
料金: 大人1,000円、小人500円
所要時間: 3時間
オススメ時期:競馬や催事などが行われる週末
公式サイトURL:http://www.hanayashiki.net/

詳しく

4. 東京都恩賜上野動物園

上野動物園

出所:https://www.flickr.com/photos/8305862@N07/14647813533/


「東京都恩賜上野動物園」は全国でトップクラスの来園者数を誇ります。かなり多くの動物が展示され、飼育されています。すべての動植物を見て回るには一日では時間が足りません。周辺には美術館や博物館、公園などもあるので、観光スポットとして非常に充実していてオススメです。

一日で上手く回るために、上の動物園のウエブサイトでオススメのコースを紹介しています。小さい子供連れのお父さんお母さんには、ベビーカーでも回りやすいコースも紹介しています。また、初めて行く人のために、見どこ ろを効率よく回れるコースも紹介されているので、出かける前にウェブサイトをチェックすること推奨します。

基本情報

名称:東京都恩賜上野動物園
住所:東京都台東区上野公園983
アクセス:上野駅から徒歩10分
営業時間:9時30分~17時(入園および入園券の販売は16時まで)
定休日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)
電話番号:03-3828-5171
料金: 大人600円、65歳以上300円、中学生200円
所要時間: 半日
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

詳しく

4.1. 上野公園・西郷隆盛像(上野駅)

上野動物園に訪れたならば、ぜひ足を延ばしていただきたいのが上野公園の西郷隆盛像です。有名な銅像ですが、上野駅から上野動物園を目指してしまうと、通り過ぎてしまうことが多々あります。通り道にありますので、ぜひ上野動物園と合わせてチェックしてみてください。

こちらの銅像は、薩摩出身者が中心となって建設を計画し寄付を募って完成させたものだそうで、西郷隆盛が薩摩藩士たちに慕われてきたことが分かりますね。西南戦争の中心となり、一時は逆徒の汚名を着せられた西郷さんが、今は平和に東京を見守っている、意義深い像です。

基本情報

名称:上野公園・西郷隆盛像
住所:東京都台東区上野公園1
アクセス:上野駅から徒歩1分
営業時間: 24時間開放
定休日: なし
料金: 無料
所要時間: 10分
オススメの時期:通年

4.2. 上野東照宮(上野駅)

西郷隆盛像同様、上野動物園のインパクトが強すぎ、多くの人がスルーしてしまう観光スポットが「上野東照宮」です。朱塗りの社殿が美しく非常に見応えがあるオススメの東照宮です。東照宮への参拝には大名などが奉納した石灯篭を見ることができます。又、牡丹園が併設されており、ぼたんが咲くシーズンには美しいぼたんを鑑賞できるのも魅力です。

更に、この上野東照宮には、国指定の重要文化財である建築物などがいくつもあるのです。金色殿とも呼ばれる社殿、左甚五郎作の昇り龍・降り龍の彫刻がある唐門、菱格子の向こう側が透けて見える透塀、諸大名より奉納された銅灯籠。美しく見事な文化財の数々に、目を瞠ります。

基本情報

名称:上野東照宮
住所:東京都台東区上野公園9-88
アクセス:上野駅から徒歩5分
営業時間: 9:00~日没
定休日: 年中無休
電話番号:03-3822-3455(社務所)
本殿拝観料:中学生以上:200円、小学生:100円
所要時間: 30分
オススメ時期:ぼたんが開花するシーズン
公式サイトURL:http://www.uenotoshogu.com/

4.3. 国立科学博物館(上野駅)

国立科学博物館

出所:https://feature.cozre.jp/67048


上野動物園のすぐ傍にあるオススメの博物館が「国立科学博物館」です。クジラのモニュメントが目印となる博物館で歴史から科学まで幅広いジャンルにわたり展示が行われています。忠犬ハチ公の剥製や南極物語で有名なジロの剥製、上野動物園のジャイアントパンダ、ホアンホアンの剥製なども見ることができます。

基本情報

名称:国立科学博物館
住所:東京都台東区上野公園 7-20
アクセス:JR上野駅から徒歩10分
営業時間:9:00~17:00 入館は16:30まで(金:~20:00)
定休日: 月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休館日)
電話番号:03-5777-8600
料金:大人 620円 高校生以下無料
所要時間: 3時間
オススメ時期: 開館時間が延長される金曜日
公式サイトURL:http://www.kahaku.go.jp/

詳しく

4.4. 東京国立博物館(上野駅)

東京国立博物館

出所:http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.phpid=115



日本で最も長い歴史を持つ博物館として知られているのが「東京国立博物館」です。日本の美術品だけではなくアジア諸地域にわたる美術品などの文化財が展示されています。また、博物館の収蔵品の数は約11万2千件、国宝や国の重要文化財なども含まれています。常設されているのは2,000~3,000点ですが見応え豊富なオススメ博物館です。

基本情報

名称:東京国立博物館
住所:東京都台東区上野公園13-9
アクセス:東京メトロ上野駅から徒歩で15分
営業時間:9:30~17:00(最終入館は~16:30)
定休日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休館日)
電話番号:03-3822-1111
料金:大人 620円 大学生410円
所要時間: 1時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.tnm.jp/

詳しく

4.5. 国立西洋美術館(上野駅)

国立西洋美術館
出所:http://stylart.co.jp/news/p=1266



東京国立博物館と並び、ぜひチェックしていただきたいのが「国立西洋美術館」になります。昭和34年に設立されたのが始まりになります。実業家松方幸次郎のコレクションを中心に様々な美術品が展示されています。ルノワールを始めとする印象派の作品だけではなくロダンの考える人を始めとする彫刻作品が見られる点も魅力として挙げられます。

基本情報

名称:国立西洋美術館
住所:東京都台東区上野公園7番7号(地図)
アクセス:JR上野駅から徒歩で1分
営業時間:9:30~17:30(金曜日は~20:00)
定休日:月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休館日)
電話番号:03-3828-5131
料金:大人 430円、大学生 130円
所要時間: 1時間
オススメ時期: 開園時間が延長される金曜日
公式サイトURL:http://www.nmwa.go.jp/jp/index.html

詳しく

4.6. 不忍池(上野駅)

不忍池

出所:https://locari.jp/posts/6155



上野恩師公園を代表する観光スポットが「不忍池」です。ボートに乗ることもできますが、カップルで訪れると池のほとりに祀られている弁天様が嫉妬し、カップルは別れてしまうというジンクスもある池ですが、週末には多くのカップルが訪れます。また、ここはレアポケモンが出るスポットとしても有名です。

基本情報

名称:不忍池
住所:東京都台東区上野公園
アクセス:上野駅から徒歩で5分
営業時間(不忍池ボート場):9:00~16:30(12月)
9:00~17:00(1月、11月)
9:30~17:30(2月~3月、10月)
10:00~18:00(4月~7月、9月)
10:00~16:30(7月~8月(夏休み期間)
ボートに乗らなければ24時間開放
定休日(不忍池ボート場):12月~2月の水曜日
電話番号(不忍池ボート場):03-3828-9502
料金(ボート):1時間600円~(以降30分毎300円)
所要時間: 1時間
オススメ時期: 蓮が開花するシーズン
公式サイトURL:http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/toubuk/ueno/

詳しく

5. 東京駅 赤レンガ駅舎

東京駅

出所:https://retrip.jp/articles/4377/



東京駅は、東京観光の玄関口として親しまれ、広さは東京ドーム3.6個分もあるようです。広大な敷地には30もの路線が走っており、日本一のプラットホーム数を誇ります。平成15年には赤レンガ造りの駅舎は国の重要文化財にも指定されています。長い歳月を経て平成24年にリニューアルした東京駅は創業時の姿が復元されています。

基本情報

名称:東京駅 赤レンガ駅舎
住所:東京都千代田区丸の内一丁目
アクセス:JR東京駅すぐ
営業時間: 24時間開放
定休日: 年中無休
電話番号:050-2016-1600(JR東日本お問い合わせセンター)
料金: 無料
所要時間: 30分
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.jreast.co.jp/estation/station/info.aspxStationCd=1039

詳しく

6. 明治神宮(原宿駅)

明治神宮

出所:https://retrip.jp/articles/2458/



明治天皇と昭憲皇太后が祀られているのが「明治神宮」です。都心部にありながらも非常に緑豊かな場所です。日本一初詣の参拝者が多い神宮としても知られており、平成24年には、319万人もの参拝客が訪れました。

基本情報

名称: 明治神宮
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1
アクセス:JR原宿駅から徒歩で10分
営業時間: 9:00~16:00(社務所)
定休日: 年中無休
電話番号:03-3379-5511
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.meijijingu.or.jp

詳しく

6.1. 神宮御苑・清正井(原宿駅)

明治神宮の内苑で近年人気を集めているパワースポットが「清正井」です。参拝すると「仕事が増えた」とバラエティー番組で紹介されたことから、多くの人が行列を作るようになりました。就職活動中の方や出世競争真っただ中な方にオススメのスポットです。

基本情報

名称:神宮御苑・清正井
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1
アクセス:JR原宿駅から徒歩で10分
営業時間: 24時間開放
定休日: 年中無休
電話番号:03-3379-5511
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期:午前中
公式サイトURL:http://www.meijijingu.or.jp

6.2. 明治神宮外苑・イチョウ並木(原宿駅)

明治神宮の内苑は一年を通して美しい場所ですが、外苑を訪れるオススメのシーズンはイチョウが色づくシーズンです。世界的にも有名な美しい銀杏並木が立ち並び、色づくシーズンには出店などが立ち並び多くの観光客で賑わいます。

基本情報

名称:明治神宮外苑・イチョウ並木
住所:東京都渋谷区代々木神園町1-1
アクセス: JR原宿駅から徒歩で10分
営業時間: 24時間開放
定休日: 年中無休
料金: 無料
所要時間: 30分
オススメ時期:イチョウが紅葉するシーズン

6.3. 新宿御苑(新宿御苑前駅)

新宿御苑

出所:https://ja.wikipedia.org/wiki/新宿御苑



明治神宮の外苑の北西部に位置する皇室庭園が「新宿御苑」です。明治39年に完成したものの一般に公開されるようになったのは、その性質上戦後のことです。都内にありながらも広大な敷地を有し、敷地内には本格的なフランス式庭園やイギリス風景式庭園などを見ることができます。四季折々の美しい景色が見られる都内の憩いの場として人気を集めています。

基本情報

名称:新宿御苑
住所:東京都新宿区内藤町11
アクセス:新宿御苑前駅から徒歩で5分
営業時間: 9:00~16:30(最終入園は16:0)
定休日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
電話番号:03(3341)1461
料金: 一般200円, 小中学生 50円, 幼児無料
所要時間: 3時間
オススメ時期: 紅葉シーズン
公式サイトURL:http://www.fng.or.jp/shinjuku/shinjuku-index.html

詳しく

7. 靖国神社(九段下駅)

靖国神社

出所:https://retrip.jp/articles/2458/page=2



ニュースに取り上げられることの多い「靖国神社」もオススメの観光スポットです。日本の軍人、軍属等を主な祭神として祀っている珍しい神社でもあります。ニュースではA級戦犯などの話題がありますが、桜の名所としても知られており、開花シーズンには花見客で境内は賑わいを見せます。

基本情報

名称:靖国神社
住所:東京都千代田区九段北
アクセス:九段下駅から徒歩で5分
営業時間: 6:00~17:00(11月~2月)6:00~18:00(3月~4月、9月~10月)6:00~19:00(5月~8月)
定休日: 年中無休
電話番号:03-3261-8326
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期: 桜の開花シーズン
公式サイトURL:www.yasukuni.or.jp/

詳しく

8. 東京ドーム(水道橋駅)

東京ドーム

出所:http://zasekihyou-arena.com/tokyodome/



読売ジャイアンツの本拠地として知られるのが「東京ドーム」です。日本で初めて屋根付きのスタンドとしてオープンしたことでも知られています。その広さから広大な土地の広さを図る際の目安に使われることも多々あります。ちなみに東京ドーム1個分の広さは0.013平方キロメートルです。

基本情報

名称:東京ドーム
住所:東京都文京区後楽1-3-61
アクセス:JR・都営地下鉄水道橋駅から徒歩5分
営業時間: 試合時間による
定休日: 不定休
電話番号:03-5800-9999
オススメ時期: 巨人戦が行われる時
公式サイトURL:www.tokyo-dome.co.jp/dome/

詳しく

8.1. 東京ドームシティ(水道橋駅)

東京ドームのすぐ傍にあるショッピングエリアが「東京ドームシティ」です。遊園地なども併設しており、一日をかけて時間を過ごすことができるオススメの観光スポットです。シーズンにより様々なイベントが開催されているので、公式サイトをチェックしてから訪れてみてください。

基本情報

名称:東京ドームシティ
住所:東京都文京区後楽1-3-61
アクセス:JR・都営地下鉄水道橋駅から徒歩5分
営業時間:10:00~21:00.
定休日: 年中無休
電話番号:03-3817-6001
料金: 無料
所要時間: 2時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.tokyo-dome.co.jp/

9. 東京都庁舎展望室(新宿駅)

都庁

展望台に登るにはかなりの出費が必要ですが、「東京の景観を一望したい!」という思いを、出費を抑えた形で、無料で利用できる東京都庁舎展望室がオススメです。役所でありながら週末や夜間も入場することができますが、月曜日や火曜日は展望台に入ることができませんので注意が必要です。

基本情報

名称:東京都庁舎展望室
住所:東京都新宿区西新宿2-8-1
アクセス:新宿駅から徒歩で10分
営業時間: 9:30~23:00(最終入館は22:30)
定休日:南展望室第1及び第3火曜日、北展望室第2及び第4月曜日
電話番号:03-5320-7890(展望室専用案内電話)
料金: 無料
所要時間: 30分
オススメ時期: 夜景が見られる週末の日没後
公式サイトURL:http://www.yokoso.metro.tokyo.jp/page/tenbou.htm

詳しく

10. 三鷹の森ジブリ美術館/三鷹市立アニメーション美術館(三鷹駅)

三鷹の森ジブリ

出所:http://matome.naver.jp/odai/2134718955190028801&page=1



人気アニメ映画を数多く制作したことでも有名なスタジオジブリの作品の世界観を楽しむことができるテーマパークが「三鷹の森ジブリ美術館」です。館内には作中に登場するキャラクターが等身大の姿で展示されているなど、ジブリファンにはたまらないテーマパークです。

基本情報

名称:三鷹の森ジブリ美術館
住所:東京都三鷹市下連雀1-1-83
アクセス:JR三鷹駅から徒歩で15分(シャトルバスあり)
営業時間:10:00~18:00(入場指定時間あり)
定休日:[火] 展示替え休館、メンテナンス休館、冬季休館あり
電話番号:0570-055-777
料金:大人・大学生 1,000円、高校・中学生 700円、小学生 400円、幼児(4歳以上) 100円
所要時間: 3時間
オススメ時期:午前中の入場
公式サイトURL:http://www.ghibli-museum.jp/

詳しく

11. 皇居(二重橋前駅)

現在も皇室が生活する場所として知られているのが「皇居」です。通常は一般公開されていませんが、東京を代表する観光スポットです。一般参観や特別なイベントの際には皇居の内部の一般公開が行われます。

基本情報

名称: 皇居
住所:東京都千代田区千代田1-1
アクセス:地下鉄二重橋前駅から徒歩5分
オススメ時期: 一般公開されている時
公式サイトURL:http://sankan.kunaicho.go.jp/guide/koukyo.html

11.1. 皇居東御苑(大手町駅)

江戸城の遺跡としての一面を楽しむことができる国の史跡公園が「皇居東御苑」です。天守閣跡の石垣・大番所・百人番所・富士見櫓・富士見多聞・大手門渡櫓など当時の様子に触れることができるオススメの観光スポットです。

基本情報

名称:皇居東御苑
住所:東京都千代田区千代田
アクセス:大手町駅から徒歩で5分
営業時間:〔3/1~4/14、9/1~10月末日〕9:00~16:30(入園は~16:00)
〔4/15~8月末日〕9:00~17:00(入園は~16:30)
〔11/1~2月末日〕9:00~16:00(入園は~15:30)
定休日:月曜日及び金曜日、12/28~1/3

電話番号:03-3213-1111
料金: 無料
所要時間: 2時間
オススメの時期:通年
公式サイトURL:公式サイト

11.2. 皇居外苑(東京駅)

「皇居前広場」の愛称で親しまれているのが「皇居外苑」です。昭和24年に「旧皇室苑地」として開放されたのが前身。都心部にありながら美しい芝生が広がるオススメの観光スポットです。近年ではランニングコースとしても親しまれています。

基本情報

名称:皇居外苑
住所:東京都千代田区千代田
アクセス:東京駅から徒歩で8分
営業時間: 24時間開放
定休日: 年中無休
電話番号:03-3213-0095
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/

11.3. 千鳥ケ淵(大手町駅)

東京を代表する桜の名所が皇居の「千鳥ヶ淵」です。お濠の跡に立ち並ぶようにして美しい桜が咲き誇ります。ボートの貸し出しなども行われており、間近に桜を見ることもできます。春先には特に人気で、ボートに乗るだけでもかなり時間がかかってしまいます。

基本情報

名称:千鳥ヶ淵
住所:東京都千代田区千代田
アクセス:大手町駅から徒歩で5分
営業時間:24時間開放
定休日:年中無休
電話番号:03-3213-0095(環境省 皇居外苑管理事務所)
料金:無料
所要時間:30分
オススメ時期: 桜の開花シーズン
公式サイトURL:http://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/

12. 江戸東京博物館(両国駅)

江戸東京博物館

出所:http://navi.ag-aoyama.com/80301insidemuseum640std.jpg



江戸や東京の失われつつある歴史や文化を現代に伝えるために平成5年に開館したのが「江戸東京博物館」です。地元の歴史や文化にまつわる資料などが展示されており、当時と変わらないリアルな江戸時代の江戸の姿、昔の東京の懐かしい姿を見ることができます。

基本情報

名称:江戸東京博物館
住所:東京都墨田区横網1-4-1
アクセス:両国駅から徒歩で3分
営業時間:[火水土日] 9:30~17:30[木金] 9:30~20:00
定休日: 月曜日
電話番号:03-3626-9974
料金:大人 600円、小学生 300円
所要時間: 2時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:www.edo-tokyo-museum.or.jp/

詳しく

13. 六本木ヒルズ(六本木駅)

六本木ヒルズ

出所:https://ja.wikipedia.org/wiki/六本木ヒルズ



美術館や映画館、展望台、ホテル、グルメスポットなど様々な施設が立ち並ぶ東京を代表する観光スポットが「六本木ヒルズ」です。イベントなども開催される流行の発信地でもあります。ヒルズ族の気分になって周辺をぶらぶらしてみるのもおすすめです。

基本情報

名称:六本木ヒルズ
住所:東京都港区六本木6-10-1
アクセス:東京メトロ 日比谷線六本木駅より徒歩3分
営業時間: 24時間解放
定休日: なし
料金: 無料
所要時間: 2時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.roppongihills.com/shops_restaurants/

詳しく

14. アメヤ横丁問屋街/アメ横(御徒町駅)

アメ横

出所:https://retrip.jp/articles/8716/



上野駅から御徒町駅までの約400メートルの区間にわたり立ち並ぶ商店街が「アメヤ横丁問屋街/アメ横」です。戦後、闇市としてアメを売りさばく業者が多く立ち並んでいたことから、名付けられた愛称です。現在でもお菓子を取り扱うお店が多いですが、年末になると正月用食品が販売され始め雰囲気がガラリと変わります。

基本情報

名称:アメヤ横丁問屋街 (アメ横)
住所:東京都台東区上野
アクセス:JR御徒町駅またはJR上野駅すぐ
営業時間: 店舗による
定休日:店舗による
電話番号:03-3832-5053(アメ横商店街連合会)
料金: 無料
所要時間:1時間
オススメ時期: 多くの人でにぎわう年末
公式サイトURL:http://www.ameyoko.net/

詳しく

15. レインボーブリッジ(芝浦ふ頭駅)

都内を代表する橋、「レインボーブリッジ」です。映画「踊る大捜査線」にて「レインボーブリッジを封鎖できません」という名シーンの舞台となったことでも有名です。夜間は美しくライトアップされ幻想的な景色を楽しむことができます。

基本情報

名称:レインボーブリッジ
住所:東京都港区海岸3-33-19
アクセス:ゆりかもめ芝浦ふ頭駅から徒歩5分
営業時間: 24時間開放
定休日: 年中無休
電話番号:03-5463-0224
料金: 首都高700円
所要時間: 10分
オススメ時期:ライトアップされる時間
公式サイトURL:http://www.shutoko.jp/fun/lightup/rainbowbridge/

16. 日比谷公園(有楽町駅)

日比谷公園

出所:http://find-travel.jp/article/4123



日本で初めて作られた本格的な西洋式庭園が「日比谷公園」です。かつてはその大きさから「東京ドーム何個分」というように「日比谷公園何個分」と表現されることもありました。敷地内には庭園だけではなく南極の石やルーン石碑などのモニュメントも展示されています。

基本情報

名称:日比谷公園
住所:東京都千代田区日比谷公園
アクセス:有楽町駅から徒歩で10分
営業時間: 24時間開放
定休日: 年中無休
電話番号:03-3501-6428(日比谷公園サービスセンター)
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期:紅葉シーズン
公式サイトURL:公式サイト

詳しく

17. ダイバーシティ東京 プラザ(お台場駅)

ダイバーシティ東京

出所:https://retrip.jp/articles/7132/page=3



お台場の中心に位置する複合商業施設が「ダイバーシティ東京 プラザ」です。「劇場型都市空間」をコンセプトにした建物であり、ただショッピングやグルメを楽しむだけではなく、様々な発見や驚きを楽しむことができるオススメの観光スポットです。

基本情報

名称:ダイバーシティ東京 プラザ
住所:東京都江東区青海1-1-10
アクセス:ゆりかもめ「お台場駅」から徒歩5分
営業時間:10:00~21:00(ショッピング)、10:00~22:00(フードコート)
11:00~23:00(レストラン)
定休日: 年中無休
電話番号:03-6380-7800
料金: 無料
所要時間: 3時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.divercity-tokyo.com/

詳しく

17.1. フジテレビ本社ビル(お台場駅)

フジテレビ本社ビル

出所:https://retrip.jp/articles/2458/


独特な外観からお台場のシンボル的存在でもあるのが、「フジテレビ本社ビル」です。テレビ局としての役目だけではなく、様々なイベントが開催されることから観光スポットとしても人気を集めています。25階にあるシンボルの球体展望室からはお台場を見渡すことができる絶景が広がります。

基本情報

名称:フジテレビ本社ビル
住所:東京都港区台場2丁目4-8
アクセス:ゆりかもめ「お台場駅」から徒歩3分
営業時間: 10:00~20:00
定休日:月曜日(月曜日が祝日の時は翌日)
電話番号:03-5500-6075
料金:高校生以上¥500、小中学生¥300、幼児無料
所要時間: 1時間
オススメの時期:通年
公式サイトURL:http://www.fujitv.co.jp/index.html

詳しく

17.2. お台場海浜公園(お台場海浜公園駅)

お台場海浜公園

出所:http://www.tptc.co.jp/park/01_02/point



「お台場海浜公園」は、もともと、木材を保管するための場所として確保されていました。昭和40年代から公園として整備され平成8年から現在のようにお台場海浜公園として開放されるようになりました。公園内にはフランス政府公認の自由の女神のレプリカ像が常設されており、「台場の女神」として親しまれています。

基本情報

名称:お台場海浜公園
住所:東京都港区台場1-4-1
アクセス:ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」下車すぐ
営業時間: 24時間開放
定休日: 年中無休
料金: 無料
所要時間: 30分
オススメ時期: 夜景がきれいな日没後
公式サイトURL:http://www.tptc.co.jp/tabid/tabid/395/Default.aspx

詳しく

18. 増上寺(芝公園駅)

増上寺

出所:https://retrip.jp/articles/2458/page=2



徳川家の菩提寺として古くから信仰を集めているのが、「増上寺」です。しかし増上寺自体の歴史は、江戸時代よりも以前の平安時代に遡ります。江戸時代、江戸へ朝廷の使者が訪れた際は、増上寺に参拝するのが習わしとなっていました。

基本情報

名称:増上寺
住所:東京都港区芝公園4-7-35
アクセス:都営地下鉄芝公園駅から徒歩5分
営業時間:9:00~17:00
定休日: 年中無休
電話番号:03-3432-1431
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.zojoji.or.jp/

詳しく

19. 羽田空港ターミナル/ビッグバード(羽田空港国際ターミナル駅)

ビックバードの愛称で親しまれているのが「羽田空港」です。世界でも屈指の飛行機が発着陸する飛行場として知られています。近年は飛行場内がリニューアルされ、飛行機を利用しない人でも楽しい時間を過ごすことができるオススメの観光スポットです。

基本情報

名称:羽田空港ターミナル(ビッグバード)
住所:東京都大田区羽田空港3-3-2(第1ターミナル)
東京都大田区羽田空港3-3-23-4-2(第2ターミナル)
アクセス:京浜急行羽田空港国際ターミナル駅から徒歩5分
営業時間: 5:00~24:00
定休日: 年中無休
電話番号:03-5757-8111
料金: 無料
所要時間: 2時間
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/

20. 歌舞伎座(銀座駅)

銀座歌舞伎座

明治22年に開場した歴史ある舞台が「歌舞伎座」です。平成25年にはリニューアルオープンし、歴史ある外観を受け継ぎつつ最新の設備を備えた劇場です。オフィスタワーが併設されており、歌舞伎を見なくても楽しむことができるオススメスポットです。

基本情報

名称:歌舞伎座
住所:東京都中央区銀座4-12-15
アクセス:東銀座駅から徒歩で1分地下鉄東銀座駅3番出口
営業時間: 公演による
定休日:不定休
電話番号:03-3545-6800
料金:公演による
所要時間:公演による
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:http://www.kabuki-za.co.jp/

詳しく

21. 日本橋(日本橋駅)

江戸時代1603年にかけられた歴史ある橋として知られているのが「日本橋」です。東海道だけではなく、中山道、日光街道などの五街道の起点でもあり、明治時代からは国道の起点となった場所でもあります。そのため橋の中央部分にはには「日本国道路元標」のプレートが埋め込まれています。

基本情報

名称: 日本橋
住所:東京都中央区日本橋1-1
アクセス:日本橋駅から徒歩で1分
営業時間: 24時間解放
定休日: なし
料金: 無料
所要時間: 15分
オススメ時期: 通年

22. 東京ミッドタウン(六本木駅)

s_29%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%bf%e3%82%a6%e3%83%b3

出所:GREEN DISPLAY



戦前は防衛庁・檜町駐屯地だった場所に作られた複合商業施設が「東京ミッドタウン」です。敷地内には約130のレストランやショップなどが立ち並ぶだけではなく、美術館やホテル、緑地なども集まる場所でもあります。夜にはイルミネーションがオススメです。

基本情報

名称:東京ミッドタウン
住所:東京都港区赤坂9丁目7-1
アクセス:都営大江戸線「六本木駅」8番出口より直結
営業時間:【ショップ】 11:00-21:00 【レストラン】 11:00-24:00
定休日: 店舗による
電話番号: 03-3475-3100
料金: 入場無料
所要時間: 2時間
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:http://www.tokyo-midtown.com/jp/index.html

詳しく

23. すみだ水族館(押上駅)

すみだ水族館

出所:https://retrip.jp/articles/2458/page=2



特別に大規模な水族館ではありませんが、クラゲとペンギンの飼育に力を注ぐオススメの水族館です。スカイツリータウン内にあることから天候が悪くて、スカイツリーからの眺めが悪い時でも楽しめます。

基本情報

名称:すみだ水族館
住所:東京都墨田区押上一丁目1番2号(地図)
アクセス:都営地下鉄浅草線押上駅 すぐ
営業時間: 9:00~21:00
定休日:年中無休 (ただし、施設点検などで臨時休業あり)
電話番号:03-5619-1821
料金: 大人2,000円
所要時間: 1時間
オススメ時期: 天候が悪い時
公式サイトURL:http://www.sumida-aquarium.com/index.html

詳しく

24. 六義園(駒込駅)

main
出所:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index031.html



徳川家五代将軍の重臣であった柳沢吉保の下屋敷の跡地に作られた日本を代表する築山泉水庭園が「六義園」です。和歌趣味を基調とした優美で情緒あふれる江戸時代の大遊園は見る者の目を奪います。四季折々に変化する庭園の姿も魅力的です。

基本情報

名称:六義園
住所:東京都文京区本駒込6-16-3
アクセス:駒込駅から徒歩で7分
営業時間: 9:00~16:30
定休日:12月29日~1月1日
電話番号:03-3941-2222
料金:300円
所要時間: 2時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:公式サイト

詳しく

25. 井の頭恩賜公園(吉祥寺駅)

井の頭恩賜公園

出所:https://smocca.jp/ire/47/


平成29年で100周年を迎える歴史ある公園が「井の頭恩賜公園」です。公演の中央には徳川家光が名付けたといわれる「井の頭池」があります。都内にある貴重な緑、というだけでなく桜の名所としても知られています。そのため桜の開花シーズンには多くの花見客で賑わいます。

基本情報

名称:井の頭恩賜公園
住所:東京都武蔵野市御殿山
アクセス:吉祥寺駅から徒歩で5分
営業時間: 24時間解放
定休日: なし
電話番号:0422-47-6900
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期: 桜のシーズン
公式サイトURL:http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/inokashira/

詳しく

26. 神田神社/神田明神(御茶ノ水駅)

神田祭の舞台となることで有名な神社が「神田神社」です。神田を始め、秋葉原、日本橋など108か町会の総氏神でもあります。都内で最も歴史のある神社の一つとされており、一年を通して多くの観光客で境内は賑わいます。

基本情報

名称:神田神社
住所:東京都千代田区外神田(地図)
アクセス:御茶ノ水駅から徒歩で8分
営業時間: 24時間解放
定休日: 年中無休
電話番号:03-3254-0753
料金: 無料
所要時間: 30分
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:www.kandamyoujin.or.jp/

詳しく

27. 浜離宮恩賜庭園(築地市場駅)

園内に東京湾の海水を引き入れているため、一日のうちに干満の変化を楽しむことができる公園が「浜離宮恩賜庭園」です。都内では珍しい潮入りの回遊式築山泉水庭は、なんと江戸時代に庭園として造成されたものになります。そのため敷地内には江戸時代を彷彿させる建物も存在します。

基本情報

名称:浜離宮恩賜庭園
住所:所在地:〒104-0046 東京都中央区浜離宮庭園11
アクセス:都営地下鉄大江戸線「築地市場」駅から徒歩7分
営業時間: 9:00~16:30
定休日:12月29日~1月1日
電話番号:03-3541-0200
料金:一般300円、65歳以上150円 ※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
所要時間: 1時間
オススメ時期:ボタンが開花するシーズン
公式サイトURL:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index028.html

28. 湯島天満宮(湯島駅)

湯島天満宮

出所:http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm



受験の神様として知られている菅原道真を祀った神社として知られているのが「湯島天満宮」です。そのため年末年始や受験シーズンには受験生で境内はにぎわいます。

基本情報

名称: 湯島天満宮
住所:〒113-0034 東京都文京区湯島3301
アクセス:東京メトロ・千代田線「湯島駅」3番出口から徒歩2分
営業時間:6:00~20:00
定休日: 年中無休
電話番号:03-3836-0753
料金: 無料
所要時間: 30分
オススメ時期:通年
公式サイトURL:www.yushimatenjin.or.jp/

詳しく

29. 葛西海浜 臨海公園(葛西臨海公園駅)

大きな観覧車がシンボルとなる公園が「葛西海浜 臨海公園」です。高さ117メートルの巨大な大観覧車からは東京のウォーターフロントの景色を一望することができます。まるで空に浮いているかのような17分間の絶景を楽しんでみてください。

基本情報

名称:葛西海浜 臨海公園
住所:江戸川区臨海町六丁目地先
アクセス:JR京葉線「葛西臨海公園」駅下車 徒歩7分
営業時間:9:00~17:00
定休日: 水曜日(水曜日が祝日の場合は翌日)
電話番号:03-5696-4741(葛西海浜公園サービスセンター)
料金:大人700円・中学生250円(小学生以下無料)65歳以上350円
所要時間: 1時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index026.html

29.1. 東京都葛西臨海水族園(葛西臨海公園駅)

国内最大級のペンギン展示場を持つことで有名な水族館が「葛西臨海水族園」です。都営の水族館ということもあり、大人700円と非常にリーズナブルな価格で水生動物の生態に触れることができるオススメの水族館でもあります。

基本情報

名称:東京都葛西臨海水族園
住所:〒134-8587 東京都江戸川区臨海町6-2-3
アクセス:JR京葉線「葛西臨海公園」駅下車 徒歩5分
営業時間:9:30~17:00(入園および入園券の発売は16:00まで)
定休日:水曜日(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日)
電話番号:03-3869-5152
料金: 大人700円、中学生250円、65歳以上350円
所要時間: 1時間
オススメ時期: 無料公開が行われるみどりの日(5月4日)/都民の日(10月1日)/開園記念日(10月10日)
公式サイトURL:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/

詳しく

30. 巣鴨地蔵通り商店街(巣鴨駅)

おじいちゃん、おばあちゃんの原宿として人気を集めるのが「巣鴨地蔵通り商店街」です。昔ながらの少しレトロで懐かしいショップが立ち並ぶだけではなく、周辺には様々な史跡があることから観光客からも人気を集める場所でもあります。

基本情報

名称:巣鴨地蔵通り商店街
住所:東京都豊島区巣鴨4-22-8(巣鴨地蔵通り商店街振興組合)
アクセス:JR山手線 巣鴨駅より徒歩5分
営業時間: 店舗による
定休日:店舗による
電話番号:03-3918-2101(巣鴨地蔵通り商店街振興組合)
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:http://www.sugamo.or.jp/

詳しく

30.1. 高岩寺・とげぬき地蔵(巣鴨駅)

「とげぬき地蔵」が祀られていることで有名な神社が「高岩寺」です。曹洞宗のお寺でもあります。境内には水をかけ自分の悪い場所を洗うと治るといわれている洗い観音が鎮座しています。

実はこの洗い観音は二代目になり、初代の洗い観音はあまりにも多くの人に現れすぎたため顔がすり減ってしまっていました。現在はタワシではなく布で洗うようになっています。

基本情報

名称:高岩寺・とげぬき地蔵
住所:東京都豊島区巣鴨3丁目352
アクセス:JR山手線 巣鴨駅より徒歩5分
営業時間: 6:00~17:00
定休日: 年中無休
電話番号:03-3917-8221
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:http://www.sugamo.or.jp/index.php

31. 国立新美術館(乃木坂駅)

国立新美術館

出所:http://www.shimz.co.jp/mokkou/works/2006_tnactokyo.html



2007年に日本で5番目の国立美術館として誕生したのが「国立新美術館」です。そのスタイリッシュな外観が非常に特徴的な美術館でもあります。様々な公募展や企画展などが行われており、何度訪れても新たな発見ができることでも人気を集めています。

基本情報

名称:国立新美術館
住所:東京都港区六本木7222
アクセス:東京メトロ千代田線乃木坂駅直結
営業時間: 10:00~18:00
定休日: 火曜日(火曜日が祝日の場合、翌日)
電話番号:03-5777-8600
料金:展覧会ごと、美術団体ごとによって異なります。
所要時間: 2時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.nact.jp/

詳しく

32. 代々木公園(原宿駅)

東京23区内の都市公園の中で5番目に広い敷地を有する公園が「代々木公園」です。森林公園のA地区、野外ステージや競技場などがあるB地区から構成されています。戦前は陸軍の練兵場であったことから現在もその名残りを残す場所でもあります。

基本情報

名称: 代々木公園
住所:渋谷区代々木神園町、神南二丁目
アクセス:JR「原宿」駅から徒歩3分
営業時間: 24時間開放
定休日: 年中無休
電話番号:03-3469-6081(代々木公園サービスセンター)
料金: 無料
所要時間: 2時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html

詳しく

33. 根津神社(根津駅)

春に約3000株もの見事なツツジが咲き誇る神社として知られているのが「根津神社」です。夏には江戸三大祭の一つでもあった根津神社例大祭も開催されます。そんな根津神社は文豪が愛した神社としても有名です。

基本情報

名称:根津神社
住所:東京都文京区根津1丁目289
アクセス:千代田線根津駅から徒歩5分
営業時間: 24時間開放
定休日: 年中無休
電話番号:03-3822-0753
料金: 無料
所要時間: 1時間
オススメ時期:ツツジが開花するシーズン
公式サイトURL:http://www.nedujinja.or.jp/

34. 国会議事堂(国会議事堂前駅)

国会議事堂

出所:http://mcha.jp/28289



日本の政治の中心地でもあるのが「国会議事堂」です。昭和11年に建設された国会議事堂は当時は日本一の高さを誇る建物でした。美しいみかげ石が用いられており、その美しさから「白亜の殿堂」と称賛されたこともあります。

基本情報

名称: 国会議事堂
住所:東京都千代田区永田町171
アクセス:地下鉄丸の内線国会議事堂前駅から徒歩約3分
営業時間: (平日)8:00~17:00
(土日祝)9:30、10:30、11:30、13:00、14:00、15:00の計6回
定休日:不定休
電話番号:03-5521-7445
料金: 無料
所要時間: 2時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:公式サイト

詳しく

35. エプソン 品川アクアスタジアム(品川駅)

エプソン品川

出所:http://curet.jp/article/5897


東京の新名所として人気を集めるのが「エプソン品川アクアスタジアム」です。水族館の中では珍しくプリンスホテル内に存在する水族館ですが、様々な水生動物の生態に触れることができます。特におすすめなのが、クラゲのライトアップエリアで、幻想的な雰囲気が楽しめます。また、ここのイルカショーも最善席に座っていると水しぶきを浴びるほど迫力があります。

基本情報

名称:エプソン品川アクアスタジアム
住所:東京都港区高輪4丁目1030
アクセス:京急線品川駅直結
営業時間: 9:00~22:00(シーズンにより異なる)
定休日: 年中無休
電話番号:03-5421-1111
料金: 大人¥1,850、小・中学生¥1,050、幼児¥600
所要時間: 1時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.princehotels.co.jp/shinagawa/aquastadium/

詳しく

36. 小石川後楽園(飯田橋駅)

「小石川後楽園」は、江戸時代に水戸徳川家の江戸上屋敷に作られた築山泉水回遊式の美しい日本庭園です。その美しさと歴史的価値があることから国の特別史跡だけではなく特別名称にも指定されています。

基本情報

名称:小石川後楽園
住所:東京都文京区後楽166
アクセス:都営地下鉄大江戸線 「飯田橋」駅から徒歩3分
営業時間: 9:00~17:00(入園は16:30まで)
定休日:12月29日~1月1日
電話番号:03-3811-3015
料金:一般300円、65歳以上150円
所要時間:
オススメ時期: 無料で公開されるみどりの日(5月4日)、都民の日(10月1日)
公式サイトURL:公式サイト

37. 忠犬ハチ公像(渋谷駅)

渋谷のシンボル的存在であり、多くの人の待ち合わせ場所として親しまれているのが渋谷駅前にある「ハチ公像」です。東京大学教授、上野英三郎の愛犬だったハチは主人の渋谷駅への送り向かいを日課にしていました。しかし教授がなくなったのにも関わらず、帰って来ない主人を10年近く渋谷の駅前で待ち続け、死んだ忠犬の像として親しまれています。

基本情報

名称: 忠犬ハチ公像
住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目
アクセス:JR渋谷駅から徒歩5分
営業時間: 24時間開放
定休日: 年中無休
料金: 無料
所要時間: 10分
オススメの時期:通年

38. SL広場(新橋駅)

新橋駅のシンボルともいえるSLが展示されているのが、「SL広場」です。新橋を代表する場所であることから待ち合わせ場所として利用されるだけでなく、テレビ中継などが行われる場所としても有名です。12:00、15:00、18:00には汽笛も鳴ります。

基本情報

名称:SL広場
住所:東京都港区
アクセス:JR新橋駅すぐ
営業時間:24時間開放
定休日:なし
料金:無料
所要時間:30秒
オススメ時期: 汽笛が鳴る12:00、15:00、18:00

39. 旧古河庭園(上中里駅)

古川庭園
出所:http://loco.yahoo.co.jp/place/g-NppoXyCLqqg/utm_source=dd_spot


1917年に古河虎之助男爵の邸宅として建造されたのが「旧古河庭園」です。現在は庭園として開放されており、その美しさから国の名勝にも指定されています。園内には洋館が残されており、ロマンチックな景色が広がることから結婚記念写真の撮影スポットとして利用されることもあります。

基本情報

名称:旧古河庭園
住所:東京都北区 西ヶ原1-27-39
アクセス:JR京浜東北線 上中里駅 下車 徒歩7分
営業時間: 9:00~17:00(入園は16:30まで)
定休日:平成23年12月5日(月)、平成24年1月10日(火)、2月6日(月)
電話番号:03-3910-0394
料金:一般:150円65歳以上:70円
所要時間: 1時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index034.html

詳しく

40. 向島百花園(東向島駅)

江戸時代後期、骨董商を営んでいた佐原鞠塢によって草花の鑑賞を目的とした庭園として誕生したのが「向島百花園」の始まりです。開園当初は360本の梅が咲き誇る場所として知られていたことから「新梅屋敷」の名前で親しまれていました。現在は四季折々に色づく美しい花々の姿を見ることができるオススメの観光スポットです。

基本情報

名称:向島百花園
住所:東京都墨田区東向島三丁目
アクセス:東武スカイツリーライン「東向島」駅から徒歩約8分
営業時間: 9:00~17:00(入園は16:30まで)
定休日:12月29日~翌年1月3日
電話番号:03-3611-8705(向島百花園サービスセンター)
料金:一般 150円、65歳以上70円
所要時間: 1時間
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html

詳しく

41. 赤坂サカス(赤坂駅)

赤坂サカス

出所:http://www.obayashi.co.jp/uploaded_attachment/page/sub_image/largest/2/f/f893c665-865f-4441-b920-d9d69c047526.jpg



「赤坂サカス」は映画館やテレビ局、ショッピングエリアなどが連なる複合商業施設です。敷地内には福島から贈られたという、桜の木が植えられており、桜の開花シーズンには都内を代表する桜の名所として多くの花見客でにぎわいます。

基本情報

名称:赤坂サカス
住所:東京都港区赤坂5
アクセス:東京メトロ・千代田線赤坂駅直結
営業時間: 11:00~21:00
定休日: 年中無休
電話番号:03-3746-6666
料金: 入場無料
所要時間: 2時間
オススメ時期:桜の開花シーズン
公式サイトURL:http://sacas.net/

詳しく

42. 相田みつを美術館(有楽町駅)

相田みつを美術館

出所:https://retrip.jp/articles/2458/page=2


独特のタッチと詩が人気をあつめる相田みつをの作品を鑑賞できるのが「相田みつを美術館」です。迫力ある作品を様々な方法で鑑賞できる人気の美術館でもあります。

基本情報

名称:相田みつを美術館
住所:東京都千代田区丸の内351 東京国際フォーラムホールA
アクセス:有楽町駅「国際フォーラム口」より徒歩3分
営業時間:10:00~17:30(入館は17:00まで)
定休日:月曜日(祝・祭日の場合は開館)
電話番号:03-6212-3200
料金:一般・大学生―800円中・高校生─500円小学生─200円(未就学児は無料)70歳以上の方─500円
所要時間: 1時間
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:http://www.mitsuo.co.jp/museum/index.html

詳しく

43. サンシャイン60(池袋駅)

サンシャインシティ

出所:https://flic.kr/p/9fRFhA



東京都を代表する高層ビルが「サンシャイン60」です。高さ240メートルの展望台からは、絶景が広がります。その美しい景色だけではなく、商業施設や水族館などが併設されているオススメの観光スポットです。

基本情報

名称:サンシャイン60
住所:東京都豊島区東池袋3-1-1
アクセス:池袋駅から徒歩で8分
営業時間:10:00~21:30 入場は21時まで
定休日: 年中無休
電話番号:03-3989-3457
料金:幼児 310円 4才以上子供 460円 小・中学生大人 620円 高校生以上その他 500円 シニア(65才以上)
所要時間: 1時間
オススメ時期:夜景が美しい日没後
公式サイトURL:http://www.sunshinecity.co.jp/observatory/

詳しく

44. サンシャイン水族館(池袋駅)

「天空のオアシス」をコンセプトに2011年にリニューアルしたのが「サンシャイン水族館」です。大都会の水族館でありながら、ペンギン、アシカなど豊富な種類の水生動物の姿を見ることができます。サンシャイン60に訪れた際には訪れたい観光スポットです。

基本情報

名称:サンシャイン水族館
住所:東京都豊島区東池袋3-1-3ワールドインポートマートビル屋上
アクセス:池袋駅東口から徒歩で8分
営業時間: 10:00~20:00 4/1~10/31、入場は19:30まで10:00~18:00 11/1~3/31、入場は17:30まで
定休日: 年中無休
電話番号:03-3989-3466
料金:幼児 600円 4才以上子供 900円 小・中学生大人 1,800円 高校生以上その他 1,500円 シニア(65才以上)
所要時間: 2時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:公式サイト

45. 築地市場

築地場外市場

出所:https://retrip.jp/articles/4377/


日本を代表する鮮魚の卸売市場が「築地市場」です。非常に数多くのお店が立ち並び、活気ある様子を見学することができます。海外からの観光客も多く訪れることで知られています。近年では一般消費者でも商品を購入できるようになり、より身近な存在として楽しむことができます。

基本情報

名称: 築地市場
住所:東京都中央区築地
アクセス:築地市場駅から徒歩で5分
営業時間: 店舗による
定休日:店舗による
料金: 入場無料
所要時間: 1時間
オススメ時期:活気のある午前中
公式サイトURL:http://www.shijou.metro.tokyo.jp/info/01.html

46. 三井アウトレットパーク 多摩南大沢(南大沢駅)

都内にありながらも大規模なアウトレットを誇るのが「三井アウトレットパーク 多摩南大沢」です。コーチ、ナイキなどハイブランドなショップが立ち並ぶオススメのショッピングスポットであるだけではなく、グルメスポットとしても人気を集めます。

基本情報

名称:三井アウトレットパーク 多摩南大沢
住所:東京都八王子市南大沢1-600
アクセス:京王線南大沢駅から徒歩2分
営業時間: 店舗による
定休日:店舗による
電話番号: 042-670-5777
料金: 入場無料
所要時間: 1時間
オススメ時期:通年
公式サイトURL:www.31op.com/tama/

47. 二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット(二子玉川駅)

s_13%e4%ba%8c%e5%ad%90%e7%8e%89%e5%b7%9d%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%ba01

出所:GREEN DISPLAY


2015年オープンの「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」はイルミネーションにも注目です。最新設備を備えた世田谷区初のシネマコンプレックス、本格的プールを完備した総合型フィットネスクラブなどがあります。

他にも書店とカフェと家電が融合する蔦屋家電、日本初出店というスペイン王室御用達のパステリアマヨルカなどが入店しており、何度遊びに行っても楽しめます。

基本情報

名称:二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット
住所:東京都世田谷区玉川2-21-1
アクセス:東急田園都市線、大井町線二子玉川駅徒歩2分
電話番号:03-5797-0109
所要時間:1時間
オススメ時期: 通年
公式サイトURL:http://www.rise.sc/townmap/shoppingcenter/

詳しく

48. 築地場外市場(築地駅、築地市場駅)

日本最大級の場外市場の「築地場外市場」。世界中から観光に訪れる海外の外国人旅行者が多いことでも有名です。ぶらぶらと食べ歩きもよし、人気のお店目当てに行くのもよし。観光目的であれば、時間帯は午前中の10時~13時頃がオススメです。お寿司以外にも、卵焼きやラーメンのおいしいお店もあります。

基本情報

名称:築地場外市場
住所:東京都中央区 築地41016
アクセス:都営大江戸線「築地市場駅」A1出口より徒歩1分
東京メトロ日比谷線「築地駅」1番、2番出口より徒歩1分
都営浅草線「東銀座駅」都営浅草線「東銀座駅」5番、6番出口より徒歩5分
営業時間: 店舗により異なる
電話番号:03-3541-9466
公式サイトURL:http://www.tsukiji.or.jp/index.html

詳しく

49. 国営昭和記念公園(西立川駅)

国営昭和記念公園

出所:https://retrip.jp/articles/4377/



東京ドーム約40個分、東京ディズニーランド約3.5倍もの広さの日本を代表する公園が「国営昭和記念公園」です。年間を通じて様々なイベントが開かれます。緑がたくさんあり、スライダーや9つのプールがあるレインボープール、BBQ施設もありお子様連れやカップルに人気です。

1日中遊べ、季節によって花火からイルミネーションまで思う存分楽しめる東京の観光スポットです。

基本情報

名称:国営昭和記念公園
住所:東京都立川市 緑町3173
アクセス: JR青梅線・西立川駅より約2分
JR中央線・立川駅より約10分
営業時間:9:30~17:00 エリアによって異なる
定休日:年末年始(12月31日・1月1日)及び2月の第4月曜日とその翌日
電話番号:042-528-1751
料金: 入園料 大人410円 子供80円 プール 大人2,300円 子供1,200円
公式サイトURL:http://www.showakinen-koen.jp/

詳しく

50. 原宿竹下通り(原宿駅)

原宿といえば「竹下通り」と言われています。原宿駅から明治通りまでの道には休日や連休は歩けないほどの人が集まっており、修学旅行や外国の方も多く見かける観光スポットになっています。ショップも多く、流行のファッションを扱うお店や原宿アルタなどもあり買い物も楽しめます。

人気のクレープやSNS映えする綿菓子をはじめ、食べ歩きも楽しいので、並ぶの覚悟で雰囲気を味わえます。また、ダイソーは外国人旅行者にとっても人気です。

基本情報

名称:原宿竹下通り
住所:東京都渋谷区神宮前1-9-3
アクセス:原宿駅竹下口 目の前
電話番号:03-3403-2525
公式サイトURL:http://www.takeshita-street.com/index.html

詳しく

51. 両国国技館(両国駅)

相撲やコンサートなどが行われるのが「両国国技館」です。国技館の地下には焼き鳥屋があり、相撲観戦の名物になっています。力士と写真撮影が出来るお得なチケットもありれば、周辺には美味しいちゃんこやさんもあり、運がよければ力士に会えるかも知れません。

基本情報

名称:両国国技館
住所:東京都墨田区横網1328
アクセス:JR総武線 両国駅西口下車 徒歩2分 都営地下鉄大江戸線 両国駅下車 徒歩5分
営業時間:10時00分~16時30分
電話番号:03-3623-5111
料金:マス席:38,000円~  椅子席:3,800円~
公式サイトURL:http://www.sumo.or.jp/index

52. 深大寺(つつじヶ丘駅)

深大寺

出所:http://matome.naver.jp/odai/2143151180229649501/2143151199330185303



日本三大だるま市が開催される「深大寺」。ここは都内?と思わせる緑に囲まれた深大寺周辺にはお蕎麦屋さんが多く、食べ歩きもオススメです。「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげる氏のゆかりスポット巡りや鬼太郎茶屋で休憩したり、温泉や神代植物公園と見所が豊富で、1日中遊べます。また、春には深大寺の桜も有名です。

基本情報

名称:深大寺
住所:東京都調布市深大寺元町5丁目151
アクセス:京王線つつじヶ丘駅北口より京王バス「深大寺行」終点下車スグ
京王線調布駅北口より京王バス「深大寺行」終点下車スグ
電話番号:042-486-5511
公式サイトURL:http://www.jindaiji.or.jp/

詳しく

53. LA・VITA(自由が丘駅)

自由が丘にある異国情緒あふれるエリアで、日本にいながら海外の雰囲気が楽しめるスポットです。おしゃれでデートにもぴったりですが、女子会を開くのにも最適なスポットです。色々なショップがあるスポットなので、食事や買い物どちらも楽しめます。

都内に住んでいる方にも人気が高いスポットで、訪れるだけで美的センスも磨かれるかもしれません。ぜひ東京観光で気軽に立ち寄ってみてください。

基本情報

名称:LA・VITA
住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-8-3
アクセス:自由が丘駅から徒歩3分
営業時間:11:00~20:00
電話番号:03-3723-1881
料金:入場無料
参考サイトURL:http://shop.jiyugaoka.net/lavita

54. 中野ブロードウェイ(中野駅)

ファッションやホビーの中心地となり始めているのが「中野ブロードウェイ」です。日本のオタク文化といえば秋葉原ですが、近年は「中野ブロードウェイ」も欠かせない存在となっています。東京では特にチェックしておきたいスポットです。男女ともに楽しめるスポットで、趣味の合うカップルのデート先に最適です。

子供向けのものよりは、完全なるオタク向けのものが多く、フィギュアやコレクションが主にあり、予算も多めに用意して楽しみましょう。

基本情報

名称:中野ブロードウェイ
住所:〒164-0001 東京都中野区中野55215
営業時間: 12時00分~20時00分
電話番号:03-3388-7004
料金:入場無料
公式サイトURL:http://www.nbw.jp/

詳しく

55. 秋葉原電気街(秋葉原駅)

秋葉原

出所:http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/2544/Default.aspx


外国人観光客が多く訪れる魅力ある東京のスポットが「秋葉原電気街」です。オタク文化のイメージも強いですが、電気街には家電製品が安く売っているので、家具や家電目当てで訪れるのもおすすめです。

他の場所では手に入らないような無線機や発信器などもあるので家電製品などの博物館感覚で訪れても楽しめます。

基本情報

名称:秋葉原電気街
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田3丁目113 倉田ビル 4F
営業時間:11:00以降がベスト
電話番号:03-3257-0568
料金:購入するものにより変動
公式サイトURL:http://akiba.or.jp/

詳しく

56. ニコニコ本社・原宿(原宿駅)

nikoniko

出所:http://info.nicovideo.jp/gpsshogi100/



「ニコニコ本社」は自主制作の動画や歌、音楽などを楽しむサブカルチャーの聖地ともいわれているスポットで、物品販売やカフェもあります。コスプレをしている人も多く、少し雰囲気も変わっていますが、なかなかにオタク文化を感じられる場所です。カフェで少し息抜きをするのも楽しいです。

1階部分には、グッズ販売があり、地下に本社といわれるスポットがあります。イベントが開催されていることもありますが、基本的にはカフェでのんびりするのがオススメです。

基本情報

名称:ニコニコ本社・原宿
住所:〒150-0001 東京都豊島区 東池袋1-50-35 池袋P’PARCO B1F,B2F
アクセス:JR東日本「池袋駅」東口、北口よりだいたい徒歩1分。池袋P’PARCO B1F・B2F
電話番号:03-3988-2525
料金:入場無料 物品2000円から3000円
公式サイトURL:公式サイト

詳しく

57. 東京キャラクターストリート(東京駅)

「東京キャラクターストリート」はキャラクターものを購入したい方にお勧めのスポットで、子どもの好きそうなアニメやキャラクターがほとんどそろっています。女の子も男の子も楽しめるおもちゃの販売店が集まっているスポットのため、東京観光に際に余裕があったらぜひ立ち寄ってみてください。

東京駅八重洲口を出たらすぐに見つけられます。流行りのキャラクターグッズが手に入れられるので、待ち合わせで利用してみてもよさそうです。想像以上に楽しめるスポットです。

基本情報

名称:東京キャラクターストリート
住所:JR東京駅 八重洲口出てすぐ
営業時間:10:00~20:30
電話番号:03-3210-0077
料金:入場無料
公式サイトURL:http://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/street/character

58. JPタワー KITTE/Spiral(東京駅)

kitte

出所:GREEN DISPLAY



「KITTE」はたくさんのセレクトショップが入っているスポットで、東京らしいおしゃれな雑貨がたくさんあります。生活雑貨が多めで、おしゃれな事務用品などをそろえたい方にもおすすめです。ちょっとした流行の先取りにもなりそうな場所で、かわいいものが好きな人にもぴったりです。

雑誌に載っているようなおしゃれなグッズも実際に手に取ってみることができます。おしゃれで、機能性も高いものが多いですが、価格もその分高めなので何度か訪れてほしいものを見つけていってください。また、夜にはイルミネーションも綺麗なのでおすすめです。

基本情報

名称:JPタワー KITTE 「Spiral」
住所:東京都千代田区丸の内2丁目7番2号
営業時間:11:00~20:00
電話番号:03-3498-5792
料金:入場無料
公式サイトURL:http://www.spiralmarket.jp/

詳しく

59. サンリオピューロランド

サンリオピューロランド

出所:http://game.goo.ne.jp/column/vol020/


「サンリオピューロランド」は、言わずと知れたかわいいキャラクターが集まるスポットです。子供だけではなく、大人だけでも楽しめます。ハローキティでも有名ですが、最近は「切り身ちゃん」や「ぐでたま」などキャラクターも非常に増えています。ゆるキャラのテーマパーク(遊園地)です。

都内のテーマパークとしてはかなり有名なスポットです。大人も子供も一緒に楽しめますが、男性には少し敷居が高いかもしれません。かわいいもの好きにはたまらない施設です。

基本情報

名称:サンリオピューロランド
住所:〒206-8588 東京都多摩市落合131
営業時間:10:00~18:00
電話番号: 042-339-1111
料金:平日大人3300円子ども2500円 休日大人3800円子ども2700円
公式サイトURL:http://www.puroland.jp/target=seasonal

詳しく

60. SHIBUYA109(渋谷駅)

「渋谷109」は東京の中でも流行の発信地としても知られているスポットです。若者の多くが訪れる場所でもあり、初めて東京に遊びに行く際にはぜひ立ち寄っておきたいスポットです。おしゃれな洋服も多いので、女性にとっては特にお買い物も楽しめる場所です。

109だけでなく、周辺にはアパレルショップや飲み屋、ベーグルのおいしいカフェなどもあり、周辺散策をするのもとても楽しめます。待ち合わせにもよく利用されるので、ぜひチェックしてみてください。

基本情報

名称:SHIBUYA109(渋谷109)
住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目291
アクセス:JR渋谷駅から徒歩5分
営業時間:10時00分~21時00分
電話番号:03-3477-5111
公式サイトURL:http://www.shibuya109.jp/

61.森美術館(六本木駅)

「森美術館」は六本木ヒルズ内にある美術館で、合わせて見ておきたい場所です。森ビルでもちょっとした展覧会などが行われることもありますが、こちらはいつでも静かに見ることができるため、のんびり散策したいときにはぴったりです。気持ちを落ち着かせたい際にもよく利用されます。また、トイレの近くにある窓際から東京を眺望できるので隠れた展望スポットとしても有名です。

都内に多くある美術館の中でも、落ち着いた雰囲気のある美術館で、六本木ヒルズと同じ敷地にあるので、ミュージアムショップやカフェも合わせてチェックしてみることをお勧めします。

基本情報

名称:森美術館
住所:〒106-6153 東京都港区 六本木6101 六本木ヒルズ森タワー 53F
アクセス:六本木ヒルズ内
営業時間:10:00~22:00
電話番号: 03-5777-8600
料金:一般1,600円、学生(高校・大学生)1,100円、子供(4歳~中学生)600円(展示によって異なる)
公式サイトURL:http://www.mori.art.museum/jp/index.html

62. ブラームスの小径

「ブラームスの小径」は、おしゃれなセレクトショップなどが立ち並ぶスポットで、原宿の竹下通りから少し離れた場所にあります。奥まっているのであまり人通りはないですが、隠れた名所で非常におすすめです。ここにしかないお店も多く、静かに東京観光できる場所です。

あまり有名ではないですが、通いなれている人にとっては心落ち着くスポットです。散策にはぴったりで、人通りを避けたいときにもおすすめの道です。

基本情報

名称:ブラームスの小径
住所:東京都渋谷区神宮前1
参考サイトURL:参考サイト

63.丸の内ブリックスクエア(東京駅)

「丸の内ブリックススクエア」は、オフィス街ながらオシャレなお店が立ち並ぶこちらのエリア。その中でも「三菱一号館美術館」とオフィスビル「丸の内パークビルディング」の間にある広場は英国の庭を思い出させる可愛らしさです。

基本情報

名称:丸の内ブリックスクエア
住所:東京都千代田区丸の内2丁目6-1
アクセス:東京駅から徒歩3分

詳しく

64.東京都水道歴史館

東京都水道歴史館

出所:http://www.suidorekishi.jp/about.html


「東京都水道歴史館」は、江戸時代から現代にかけての水の歴史が資料やオブジェを通してわかる施設です。中々知らなかった歴史も多く、無料なので試しに寄ってみてはいかがでしょうか?

基本情報

名称:東京都水道歴史館
住所:東京都文京区本郷2-7-1

詳しく

まとめ

東京観光をランキング形式でご紹介しました。旅行やお出かけの参考になりましたでしょうか。東京は歴史の深いスポットから新しいスポットまで幅広い観光スポット満載です。まずは定番から回り、ついでにニッチスポットも回ってみてはいかがでしょうか。大都会の喧騒や、下町を感じられる場所など、今回ご紹介した以外にも様々なおすすめスポットはまだまだあります。日本人向きではないですが、外国人の方には渋谷のスクランブル交差点が人気です。

SNAPLACEでは、上記にご紹介したスポット以外も東京の観光スポットをマップにまとめていますので旅行の際にはぜひ使ってみてください。

マップを見る





公式Facebook