東京トリックアート迷宮館

東京トリックアート迷宮館
photo by @jojikstyle
世界初の和風をモチーフにしたトリックアート美術館。撮った写真を見ると「どうやって撮ったの!?」と思える楽しい写真がたくさん撮れるので、カメラの準備を忘れずに!

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】東京都港区台場1−6−1 デックス東京ビーチ アイランドモール4F
【アクセス】ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅下車 徒歩2分、「東京テレポート」駅下車 徒歩5分
【営業時間】11:00~21:00 (最終入館 20:30) 営業時間・休館日は変更になることもありますので公式HPをご確認ください
【 料金 】大人(高校生以上) 1,000円 小人(4歳〜中学生) 700円 3歳以下 無料

東京トリックアート迷宮館
が含まれる観光マップ



公式ページ

お台場で気軽に立ち寄れる面白スポット!?東京トリックアート迷宮館の魅力を紹介します!!

東京トリックアート迷宮館ってどんな場所?

東京で一度は遊びに行ってみたい有名観光地として必ず名前があがるお台場。名所がたくさんあり過ぎて、どこに行こうか迷っている方も多いですよね?今回はそんなお台場で、短い時間でも気軽に立ち寄って遊べる面白スポット「トリックアート迷宮館」をご紹介したいと思います。

人間の錯覚を利用することにより、「立体に見える絵画」や「見る角度によってまったく違った印象になる作品」、「中に入ることで錯覚を体感できる作品」等、不思議で面白い体験をすることができるトリックアート。実は日本で作られた造語で、現在は日本のみならず外国人にも注目されているということをご存じだったでしょうか?

そんなトリックアートが50点以上展示されている「東京トリックアート迷宮館」についてご紹介しましょう。

東京トリックアート迷宮館の見どころ

江戸の文化をモチーフにした「江戸エリア」

一歩入るとそこはもう江戸の町。通りをふらっと歩いていると、暴れ馬が飛び出して来たり、打ち水をかけられたり!?小さな子供がお相撲さんを投げ飛ばしたり、ふすまから飛び出す迫力ある虎にまたがったりしているようなオモシロ写真も撮ることができます。
江戸の庶民たちの生活感あふれる文化も垣間見ることができて、外国のお客様に喜ばれそうですね。

爆笑シーンが続々!「愉快な忍者とお化けの屋敷エリア」

外国人にも日本人にも人気の「忍者屋敷」のコーナー。
畳の下から飛び出して忍者を持ち上げたり、天井に張り付いて身を潜めている姿、竹やりが飛び出してきて、驚いて宙に浮かび上がっている写真など、実際には絶対にできないようなびっくりポーズを写真に収めて、お友達に見せたりSNSにアップしちゃいましょう。どうなっているの?とみんな爆笑すること間違いなし!顔芸ワザも重要なので、恥ずかしがらずにチャレンジしてみてくださいね(笑)

意外と怖い「お化け屋敷」のコーナー

ボロボロの襖から赤鬼が出てきてお酒を勧めてくれている絵は、なかなかリアルで愛嬌があります。その盃を受けているかのように写真を撮れば、まるでペコペコしているサラリーマンとその上司!?その他にも天狗やガイコツ武者など、ちょっぴり怖いけれど親しみのあるコミカルな妖怪やお化けたちの絵は、小さな子供でも怖がらずに楽しめると思います。

こちらは他のエリアと違ってワンフロアでなく、部屋が細かく区切られており、扉を開けたりしかけを使って次の部屋に進んでいくスタイルになっています。次は何が出てくるかな?とちょっぴりドキドキさせられるのも面白い工夫ですね。

定番「トリックアート名作ギャラリー」

空飛ぶ魔法の箱に乗ったり、崖から落ちてジョーズに食べられそうになっているなど、名作のモチーフで遊べるこちらのコーナーですが、見本のように撮るのは意外と難しいです。何度も試して撮り直していると、意外とあっという間に時間が経ってしまいますよ。また、こちらの公式ページには「オモシロ写真コンテスト」と題して、来場者の撮った写真がたくさん掲載されています。お手本以外にも、こんなシチュエーションもありか!とうならされます。ぜひ参考にしてみてください。

トリックアート写真では、登場人物になりきるのが楽しさを倍増するコツです。家族のお出かけはもちろん、修学旅行や卒業旅行などのグループ旅行などで行ってもきっと楽しい思い出になると思います!

難易度高し!「脳トレコーナー」

こちらは、錯視や絵画の技法を使った作品が展示されています。同じ大きさで描かれている並んだ絵が違う大きさに見える、ある1点を見つめてから絵を見ると、まるで背景が動いて見えるなど、不思議なだまし絵を見ることで脳が活性化されるようです。
そして最後の巨大な海の絵画。こちらには実はたくさんの海の生き物が隠されているのですが、かなり難しいです。最後の1つを見つけるまで、私は結構時間がかかってしまいました。皆さんもぜひご挑戦を!

注意点

東京トリックアート迷宮館へ訪れる場合は、床に座ったり寝転んだりして写真を撮る場面もありますので、ラフな服装やパンツスタイルで訪れるのがお勧めです。

アクセス

電車

ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅下車 徒歩2分
りんかい線「東京テレポート」駅下車 徒歩5分

首都高速11号台場線「台場ランプ」から約3分
首都高速湾岸線「有明/臨海副都心」から約4分

水上バス

船の科学館ライン「お台場海浜公園駅」下船 徒歩3分

都バス

[都バス]海01系統 門前仲町~東京テレポート「台場二丁目」停留所下車すぐ
波01出入系統 品川駅東口~東京テレポート駅前「台場二丁目」停留所下車すぐ

お台場レインボーバス

品川・台場循環 :品川駅東口(港南口) 発「台場二丁目」停留所下車すぐ
田町・台場循環 :田町駅東口発「台場二丁目」停留所下車すぐ

基本情報

・名称 東京トリックアート迷宮館(とうきょうとりっくあーとめいきゅうかん)
・営業時間 11:00~21:00
・定休日 不定休(ホームページ要確認)
・クーポン オリジナルポストカードプレゼント 参照ページ

まとめ

トリックアート迷宮館は他のトリックアート施設と比べると作品数も多く、見ごたえが抜群です!入場料1,000円で1~2時間は遊べるので、ちょっとした休日のお出かけがてら遊びに行くのもおすすめです。
デックス東京ビーチには、レトロな「台場一丁目商店街」や「たこ焼きミュージアム」もありますので、ぜひ併せてお楽しみください。



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

【営業再開のお知らせ】 東京トリックアート迷宮館は、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、4月8日より臨時休館しておりましたが、緊急事態宣言の解除を受け、6月1日より営業再開致します。 その際、感染防止対策を実施しております。ご協… twitter.com/i/web/status/1…


東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。