六義園

六義園
photo by @19_0__499__02
小石川後楽園と共に江戸の二大庭園と言われる公園。徳川家五代将軍の重臣であった柳沢吉保の下屋敷の跡地に作られた日本を代表する築山泉水庭園です。和歌趣味を基調とした優美で情緒あふれる江戸時代の大遊園は見る者の目を奪います。四季折々に変化する庭園の姿も魅力的です。

SNS映えマップで見る

【スポット】六義園
【ふりがな】りくぎえん
【 住所 】東京都文京区本駒込六丁目
【アクセス】JR山手線・東京メトロ南北線 駒込駅 N14 徒歩7分
【最寄り駅】駒込駅
【営業時間】9:00~17:00、休園日は年末・年始(12月29日~翌年1月1日まで)
【 料金 】一般300円、65歳以上150円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
【クーポン】なし

六義園
が含まれる観光マップ



六義園 公式ページ

都内有数の庭園「六義園」へ行こう!

六義園とは?

六義園(りくぎえん)は、東京都文京区本駒込六丁目に位置する回遊式築山泉水の都立庭園です。広さは東京ドームの2倍ほど。最寄り駅は、JR 山手線、東京メトロ南北線の駒込駅で、そこから徒歩5分~10分ほどで到着することができます。都立庭園ということで営業時間が決まっており、平日は9時00分~17時00分(ただし最終入園は16時30分)、春や秋のライトアップ期間は9時00分~21時00分(ただし最終入園は20時30分)となっているようです。定休日は12月29日~1月1日の年末年始4日間ということです。

六義園は都内有数の紅葉の名所として知られており、毎年多くの観光客が訪れています。そんな六義園の魅力について、更に詳しく記していきたいと思います。

そもそもいつからあるの?六義園の歴史

六義園の歴史について語るには、江戸時代まで時間をさかのぼらなくてはなりません。

六義園は、江戸幕府第5代将軍・徳川綱吉(武力ではなく法律や制度を整えて世の中を統制していこうとする「文治政治」をおこなったり、とにかく犬を大切にする「生類憐みの令」を出したりした将軍ですね!)の側用人であった柳沢吉保という人が、もともとは自分の下屋敷としてつくらせた大名庭園でした。徳川綱吉から約2万7千坪の土地を拝領した柳沢吉保は、その平坦な土地に自ら土を盛って丘を築き上げ、川から水を引いてきては池を掘り、実に7年もの歳月を費やして美しい起伏のある庭園を造り上げました。この庭園の完成後は、柳沢吉保のお屋敷への徳川吉宗のお成りが頻繁におこなわれるようになったそうです。その回数は現在記録に残っているだけでも58回もあり、それだけこの庭園が天 下一品のものと評価されていたことが分かりますね。

さて、甲斐国・甲府藩(今の東海地方・山梨県あたりですね)の藩主であった柳沢家は、吉保の息子・吉里の時代に、大和郡山藩(こちらは現在の奈良県あたり)にお国替えをさせられてしまいますが、六義園はその後も柳沢家の下屋敷として江戸幕末まで使用され続けました。時が流れるにつれだんだんと廃れていきはしたものの、江戸の町を襲った幾たびにも重なる火災で焼失してしまうこともなく、その原型をしっかりととどめたまま明治時代を迎えました。

時代が変わって明治の初年には、三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎が六義園を気に入り購入。明治維新後は手入れが行き届かず、荒れ放題になっていた庭園に整備を施し、周囲を赤レンガの塀で囲みました。時が流れて1938年(昭和13年)、六義園は東京市に寄贈され、その後有料で一般公開されるようになりました。東京は、関東大震災や東京大空襲、東日本大震災の影響を受けるなど何度もさまざまな大きな災害に見舞われてきましたが、六義園はその影響をほとんど受けることもなく、造園時の面影を今でもしっかりと残したまま、現在に至っており、日本における文化財にひとつとして特別名勝に指定されています。

ちなみに「六義園」という名称は、平安時代の貴族・歌人である紀貫之が『古今和歌集』の序文に記した「六義(むくさ)」に由来すると言われています。「六義(むくさ)」とは、和歌における6つの基調を表す言葉であり、自らも和歌に精通していた柳沢吉保が、この「六義」を『古今和歌集』にある和歌が詠うままに庭園として再現しようと、こう名づけたそうです。

これだけの歴史を持つ六義園。江戸の風を感じに、訪れてみたいとは思いませんか?

紅葉の名所・六義園!四季折々の楽しみ方は?

11月下旬の身頃になると、イロハカエデやハゼノキ、イチョウなどの計約560本もの木々が庭園を鮮やかに彩り、園内のいたるところで山や池とともにさまざまな紅葉を楽しむことができます。昼間は爽やかな秋晴れとともに、空の色と紅葉の鮮やかな色の対比を楽しむことができますが、そのあとの夕焼けと紅葉のコラボレーションも最高です。夜になると一面の暗闇の中、ライトアップがほどこされ、昼間とも夕方とも違う、また幻想的な世界を目の当たりにすることができます。こちらのライトアップは、11月上旬~12月上旬頃におこなわれているそうです。

そのほか、春はなんと日本の心・桜や花々を楽しむことができます。シダレザクラ・ソメイヨシノを始めとした桜の数々、ツツジ、ヤマブキ、ミズキ、サツキ、エゴノキ、コブシ、キブシなど、春を代表する草花がずらっと集結。見頃は4月中旬~6月中旬頃で、そのうち夜間のしだれ桜ライトアップは3月下旬におこなわれているそうです。

続いて夏の六義園。緑まぶしい季節ですが、こちらではタイサンボクやモクゲンジ、ハギ、アジサイ、ムラサキシキブなどの色とりどりの草花が咲き誇ります。梅雨の時期の雨とアジサイも素敵です。また、特にライトアップなどのイベントもおこなわれていないそうです。

最後に冬の六義園。ロウバイやツバキ、ウメなどの木々を楽しむことができます。12月上旬には雪吊りを、11月~3月中旬には松の手入れの様子を見ることもできるようなので、日頃見られないこれらを見に行ってみるのもひとつの楽しみ方かもしれません。尚、ライトアップなどは実施されていませんが、正月開園がおこなわれることもあるそうです。

四季折々の顔を堪能することができる六義園、あなたはどの季節に訪れますか?

六義園内にランチや休憩のできる場所はあるの?

園内には、休憩のできる茶室が用意されています。その名も「六義園 吹上茶屋」。庭園の正面入り口から見て、池を挟んだ反対側にあります。お抹茶や和菓子などを、美しい庭園と池を眺めながらいただくことができます。入り口で注文してから席に座るタイプです。庭園を眺めながら待つこと数分、お抹茶と和菓子も持ってきてくれます。和菓子は季節ごとのお花をかたどったものをお出ししてくれます。きれいな景色を目の前にいただくお茶とお菓子は最高です。

このお茶屋さんですが、やはりメインはお抹茶とお菓子だということ。園内には、春と秋のみオープンしているお茶屋さんがもうひとつあるそうですが、こちらもがっつりご飯!という感じではなさそうです。

昼食など飲食物は園内に持ち込めます。ただし、ブルーシートなどの敷物の利用や、芝生地内への立ち入りはできないようなので、ベンチなどで座って食べられる軽食を用意していくのがおすすめです!また、アルコールの持ち込みもできません。

園内ではありませんが、六義園周辺・駒込駅の周りにはたくさんの飲食店が立ち並んでいますので、せっかくならそちらでランチを楽しむのも良いかもしれませんね。


茶室も利用し、写真を撮りながらゆっくりと散歩を楽しむと滞在時間は2時間弱ほど。池の周りを1周するだけなら30分~1時間ほどあれば充分堪能できます。季節ごとにそれぞれ違った楽しみ方ができる六義園。庭園ガイドなどもおこなってくれるそうなので、ぜひ皆さんも訪れてみて下さい!

[wdi_feed id=”16″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

六義園よかったなぁ 今度また行こう

歩いてだったら古河庭園か、六義園なら行けるかなぁー。

本日火曜ですが祝日の為、12時〜14時ラストオーダーで営業しております! 生憎の雨模様ですが宜しくお願いします。 #めん佳 #まぜそば #油そば #ラーメン #汁なし #駒込 #本駒込 #巣鴨 #文京区 #豊島区 #ランチ #元祖 #スパイス #辛い #六義園 #旧古河庭園

六義園行きたい🙄

珍しく祝日なのに休みだからどこか行こうか迷う 京都無料開放多いな~でも人多いかなぁ😂 東京の方は六義園と旧古河庭園オススメです🥰

六義園も無料なのか

10/22 祝日「即位礼正殿の儀」により、 ・葛西臨海水族園 ・東京都江戸東京博物館 ・東京都写真美術館 ・六義園 ・多摩動物公園 ・井の頭自然文化園 ・夢の島熱帯植物館 などその他20カ所以上の施設が入場料無料になるそうです✨


東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事



may_ugram_husky
属性 ハスキージェラート
新潟県魚沼市に製造所を構えるジェラート専門店。季節の野菜や果物を使ったジェラートが有名で、産地にこだわ...
lechoco1
属性 ル・ショコラ・アラン・デュカス
ミシュランで3ツ星を獲得した極上のとろけるショコラを楽しめるお店です。「ムース・オ・ショコラ」は卵白のみ...
stabaueno
属性 スターバックスコーヒー上野恩賜公園店
テラス席が69席設けられた開放的な作りが印象的なこちらの店舗。自然溢れる公園を見渡しながら、飲食が出来...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。