深大寺
「日本三大だるま市」が開かれることで有名なこちらのお寺。お寺周辺にはそばのお店が立ち並び、江戸時代から「深大寺そば」と親しまれている名産品なので召し上がってみてはいかがでしょうか?東京都調布市にある日本三大だるま市の1つ「深大寺だるま市」で知られ、現在は深大寺そばやゲゲゲの鬼太郎でも有名になった深大寺。深大寺の歴史は古く奈良時代に満功上人が法相宗寺院として開かれた歴史があります。隣接する神代植物公園も園内の桜やバラは有名でシーズンは多くの方々で賑わいます。深大寺は近年蕎麦でも有名であり、深大寺周辺には20軒近い蕎麦屋が営業中。店舗ごとに特徴のある蕎麦を提供しており、今ではスーパーマーケットでも深大寺蕎麦というブランドとして有名にもなっています。調布駅からバスで約15分。駐車場も完備されているのでマイカーでも行きやすい深大寺は都民の歴史感じる憩いの場として定番のスポットとなっています。
深大寺
by http://matome.naver.jp/odai/2143151180229649501/2143151199330185303

観光マップで見る
Google Map


東京のSNS映えスポットリスト

おすすめ記事
sdcsdc-e718_hiharashou「SNS映え」を徹底解説!ビジネスもプライベートも無視できない?
sakura.2_pink【徹底解説】インスタ映えとは?意味や写真の特徴と撮り方。カフェやスイーツも女子に人気

【 住所 】〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5丁目15−1

郊外で自然を楽しみながら美味しい蕎麦に舌鼓!「深大寺」は都心からすぐのリラックススポット

東京といえばアスファルトとビルばかりというイメージですが、少し郊外に行けばまだまだ緑豊かな自然が広がっています。

たまにはきれいな空気の中でゆっくりと時間を過ごしたいという人にオススメしたいのが「深大寺」。

人気スポットでもある吉祥寺や調布などからも近いのに、自然と名水、歴史などが楽しめるのが深大寺です。

深大寺へのアクセス等

深大寺があるのは東京都調布市。

公共交通機関を利用する場合はJR中央線・総武線の場合は吉祥寺駅または三鷹駅下車、吉祥寺駅からは南口の6番乗り場からの「深大寺行」に乗車し、「深大寺」下車。

所要時間は約30分、バス下車後は徒歩3分です。

または「調布駅北口行」に乗車し「深大寺入口」下車。

乗車時間は約30分、下車後は徒歩8分です。

「調布駅北口行」は4番のバス停からも出ています。

三鷹駅からは南口3番乗り場からの「深大寺行」に乗車、「深大寺」で下車。

乗車時間は約25分、下車後は徒歩3分。

南口5番乗り場からの「調布駅北口行」を利用する場合は「深大寺入口」下車。

乗車時間は約25分、バス下車後は徒歩8分です。

深大寺へは京王線の調布駅またはつつじヶ丘駅の利用も可能です。

調布駅からは北口の14番バス乗り場から「深大寺行」に乗車「深大寺」または「深大寺小学校前」で下車、深大寺停留所からは徒歩1分、深大寺小学校前停留所からは徒歩5分。

「吉祥寺行」の利用も可能で、こちらは「深大寺小学校前」下車。

こちらの乗車時間は約10分、バス下車後は徒歩5分です。

つつじヶ丘駅からは北口の停留所から「深大寺行」に乗車、「深大寺」で下車。

乗車時間は約15分、バス下車後は徒歩1分となっています。

深大寺にお参り

さて、深大寺周辺には様々な見どころがありますが、まずは地名の由来となった深大寺にお参りしましょう。

深大寺が開山したのは奈良時代の733年。

満功上人によって創建されました。そのため東京では浅草寺に次ぐ歴史を持っているといわれています。

門前には、まんじゅうやそばなど深大寺の名物を売る茶屋が並んでいます。

特にその中で目を引くのは「鬼太郎茶屋」です。

ここは「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親である水木しげるさんが調布に長らく暮らしたことに由来するもので、築40年という木造建築の茶屋の前には鬼太郎とねずみ男の像が並んでいます。

一階は「妖怪喫茶」になっていて、「目玉おやじのぜんざい」「ぬりかべの味噌おでん」などなど、鬼太郎にちなんだメニューが目白押し。

隣接した「妖怪ショップ・ゲゲゲの森」ではオリジナルの限定グッズが販売され、連日鬼太郎ファンが詰めかけています。

深大寺の山門

参道を進んでいくと見えるのが深大寺の山門。

これは元禄8年(1695年)に千人の人足によって普請が行われたという深大寺の中でも現存する最古の建物です。

深大寺は慶応元年(1865年)の火災によって多くの建物が焼失しましたが、この山門は被害を免れ、現代に伝えられています。

そのため、東京に残っている江戸時代の建築として非常に価値のある建物です。

ちなみに江戸時代の深大寺の建物はすべて茅葺でしたが、現在では茅葺の建物はこの山門と旧庫裡だけとなっています。

山門を抜けると右手に鐘楼があります。これは火災によって一度焼失したものが明治に入って再建されたものです。

外から見ただけではわかりませんが、地中には3つの大きな瓶が埋め込まれて、音響効果を高めているそうです。

鐘は現在つられているものは平成13年に新たに鋳造されたものですが、古い鐘は1376年に鋳造された都内でも三番目に歴史のあるもの。

かつては昭和天皇が深大寺を訪れたおりに「古いものは大切にしなさい」とお言葉をかけられたとか。

そのため、戦時中も徴発を免れたという逸話が残っています。

深大寺の常香楼

そのまま本堂に向かって進むと「常香楼」があります。

ここの煙を体に浴びると、体が健康になると言われています。

さらに進むとその先に本堂が見えてきます。

これは火災後の大正8年に再建されたもので、本尊は阿弥陀如来。

これは鎌倉時代の作と言われるものです。

これも以前は茅葺の屋根でしたが、現在は瓦屋根になっています。

本堂の梁には獅子や象、鳳凰の彫り物なのがあるので、お参りの際には探してみると面白いかもしれません。

深大寺の元三大師堂

本堂の左手には元三大師堂があります。

こちらは元三大師の像を安置しているもので、厄除けのご利益があると言われています。

天井には海外でも評価の高い明治期の画家、河鍋暁斉の竜の絵が残っています。

そこから山門のほうを振り返ると見えるのが巨大な木。

これは「なんじゃもんじゃの木」です。

「なんじゃもんじゃ」というのは、気の種類ではなく、その地方にはめったに見られない木という意味で、ここにあるのは「ヒトツバタゴ」の木。

さらに右手にはきんもくせいの木があり、夏には涼を取れ、秋には花の香りが楽しめる場所となっています。

また毎年5月になると、東京消防庁音楽隊によるコンサートが行われる場所となっています。

深大寺のイベント

ちなみに深大寺では季節ごとに行われるイベントが非常に盛んです。

有名なスポーツ選手や芸能人を招いて行われる節分の豆まきやお練り行列には毎年多くの人が集まります。

他にも「薪能」や秋の月を眺める「十三夜の会」などが人気ですが、中でも深大寺がもっともにぎわうのが3月に行われる「だるま市」。

これは厄除け元三大師大祭に合わせて行われるもので、境内には縁起が良いとされるだるまを売る店が300以上も集まります。

ここでだるまを買うと深大寺の僧侶によって目入れが行われるので、お願い事がある人はひとつ願をかけてみるといいかもしれません。

さて、ここまで来たらもう少し足を延ばして、境内の脇のほうへ向かったみましょう。

境内の端にひっそりと建っている建物が見えてくるはずです。

こちらは「深沙堂」という最近人気のパワースポット。

ここは深沙大王を祀ったお堂で、深大寺の開山と深い縁がある場所です。

深大寺の開祖である満功上人の父は福満といい、ある貴族の娘と恋仲でしたが、貴族によってその仲は引き裂かれてしまいます。

そのとき福満は深沙大王に祈願、現れた霊亀の助けを得て娘と再会を果たします。

貴族はその出来事を知って二人の仲を許し、その結果満功上人が誕生しました。

成長した満功上人は父親の願いによって深沙大王を祀る社を築き、これが深大寺が生まれるきっかけとなりました。

また深大寺の境内は名水に恵まれていますが、これも深沙大王のご利益だといわれています。

なお、この故事に由来して「深沙堂」にお参りすると良縁に恵まれると言われていますので、深大寺に来た際にはぜひお堂の前で両手を合わせてみるといいかもしれません。

ちなみに「深沙堂」には貴重な秘仏であるどくろの胸飾りをつけた水神が祀られています。

深大寺そば

ここまで深大寺の境内を見てきましたが、ちょっと小腹が減ったという人にぜひ味わっていただきたいのが、「深大寺そば」です。

深大寺では江戸時代からそばが栽培されてきた場所で、また地下からはそばにぴったりの名水が湧いていることから東京でも有数のそばの名所。

周辺には20を超える蕎麦屋があり、激戦区ともなっています。

毎日行列ができる「湧水」や「八起」などの名店が揃っています。

それぞれのお店でそばの味わいが異なるので、そば好きの人は食べ比べてみても面白いでしょう。

このほかにも近くには「深大寺天然温泉」「神代植物公園」など見どころが盛りだくさん。

自然の中で休日を過ごしたくなったら、ぜひ訪れてみることをお勧めします。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More
*出所記載のないページ内のInstagram画像は、Instagram社の利用規約及びライセンスに基づきシステムが自動抽出して表示しております。詳細はInstagram社の利用規約等をご確認ください


SNSでの口コミ(みんなの反応)
SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

【エフェ:寺社その1】(東京都三鷹市)禅林寺→ぜんりんじ (鎌倉のアジサイ寺)成就院→じょうじゅいん (東京都調布市)深大寺→じんだいじ (栃木県大田原市)雲巌寺→うんがんじ (群馬県富岡市)一之宮【貫前】神社→ぬきさき (関東三大不動:埼玉県加須市)總願寺→そうがんじ

【グル】次の名物そばを都道府県ごとにグループ分けしなさい 岩手県【わんこそば】 東京都:【深大寺そば】 島根県:【割子そば/三瓶そば】

思い立ちというかどうしたらいいのか わからず、深大寺へ。 緑が深い。 連日の雨も重なり、湿った気配。 憑依霊が柏手を姿形で打ちながら ストーカーを続けている。

とっても気になっていたお蕎麦屋さんに来ました。 深大寺にある湧水さん。 九割蕎麦美味しいଘ(੭ˊ꒳​ˋ)੭✧ もうね朝からフードファイト状態で食べまくってる・・・もう食べられない・・・ 海老大きかった・・・ pic.twitter.com/z4Licl6Tlk

ツイッターメディア

妃々ちゃん❤️ブログ見たよー 2018親バカフォトリレー受け取った😁👏 昨日、深大寺でのブログ書いてて、1回間違えて消してしまい😭13時まで書いてて💦 チカレタので、今週中に書くわ〜〜楽しみ。レイチェルちゃん、今も可愛いけど、チビっ子時代メチャかわゆ〜い❤️❤️❤️

国宝を祀る東京都・調布市「深大寺」で コスプレイベント が 2 日間連続開催! 緑の美しい、古風なロケーションを楽しもう! ever.tokyo/2018/05/%E5%9B… pic.twitter.com/NM46Zu19SY

ツイッターメディア

30/7/31 短編恋愛小説「深大寺恋物語」

【コスプレイベント】第3回「コスらぼっ!in深大寺」2日間連続開催🍀 日時:2018年7月28日(土)29日(日)AM 8:30~PM15:00 会場:深大寺(東京都調布市) 定員:150名(各日)※要予約、カメラマンの定員はあ… twitter.com/i/web/status/1…

おはようございます! 週末、沢山の写真を撮影しました。 今日は、その中から神代植物公園とそれに隣接する深大寺からです。 深大寺はお蕎麦でも有名です。 シリーズでお届けします。 宜しくお願いします。 #神代植物公園 #深大寺 pic.twitter.com/zVb7xJUbeD

ツイッターメディア

ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう


n333aki
属性 N3331
旧万世橋駅ホーム跡に作られたカフェ。ガラス越しに通り過ぎる電車は迫力満点で、まるで線路の間にいる気分に...
kaguradukahanten
属性 神楽坂飯店
普通の餃子100倍サイズの餃子が楽しめるこちらのお店。ジャンボ餃子は1つ9600円ということで大人数で行っ...
柴崎牛乳本店
属性 柴崎牛乳本店
明治22年に創業した牛乳屋さん。夏には芥川龍之介もここで牛乳を買って飲んでいたという逸話のあるスポットで...


写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る

おすすめ記事
braserizeterasu名古屋で人気!名古屋の高級ホテルのバイキング10選!
manakamana価格の安い順!大宮のランチ・ディナーバイキング18選
hi_ro_shiii_trick【47都道府県別】ツイッター映えする変わった面白い・珍スポット
gunnmapic群馬県のお土産ベスト29!人気なのはこれ!
rinrin東京都内の変りすぎてSNS映えするラーメン屋8選!

面白いスポットを見つけよう!
写真から探す地図から探すテーマから探す


公式Facebook
マップに戻る
スポット情報拡充申請

INSTAGRAM
SNAPLACEが運営するSNS映えスポットを紹介するInstagramアカウント。「#snaplace」を付けて写真を投稿して頂くと、素敵なものをアカウントや弊社メディアでご紹介。