東京国立博物館

東京国立博物館
photo by @lunareclipsenzm
日本で最も長い歴史を持つ博物館です。日本の美術品だけでなくアジア諸地域にわたる美術品などの文化財が展示されています。また、博物館の収蔵品の数は約11万2千件、国宝や国の重要文化財なども含まれています。常設されているのは2,000~3,000点で、見応え豊富な博物館です。

周辺の類似スポットを地図で見る

東京国立博物館の基本情報


【 住所 】東京都台東区上野公園13-9

東京国立博物館
が含まれる観光マップ



公式ページ

緑に囲まれた東京国立博物館。博物館好きの人もそうでない人も、一度は行っておきたい!

都民の憩いの場でもある上野恩賜公園。

その中には、上野動物園をはじめ、東京都美術館、国立西洋美術館などの有名な施設が並んでいます。

東京国立博物館もその中の一つで、日本最古の歴史ある博物館です。

東京国立博物館へのアクセス

JR「鶯谷駅」の場合
東京国立博物館に一番近い駅は、JRの鶯谷駅です。

しかし、東京国立博物館の入り口は正門一つですので、正門に行くために遠回りしなくてはならず、地図で見た感じよりはかなり歩かなければならないことに注意してください。

まず、駅の南口を出たあと、左に曲がり、寛永寺第一霊園を右手に見ながらまっすぐ進みます。

すると(少し道がずれていますが)十字路のような場所に突き当たりますので、進行方向はそのままでまっすぐ前に進みます。

十字路のうち、木が生い茂っているのが東京国立博物館の敷地の角ですので、それを目印にしてください。

その木が茂った角を右手に見ながらまっすぐ進みます。

400メートルほど進むと、少し太めの道(都道452号線)が左右から交差している交差点にさしかかります。

その交差点を右に曲がって少し進むと東京国立博物館の正門がありますので、そこから敷地に入ることができます。

道の途中には案内板がいくつか立っていますので、それを参考にすれば迷わずにたどり着けると思います。

京成本線「京成上野駅」の場合
改札を出て(改札は一カ所のみです)、左手側の「正面口」から駅を出ます。

出口を出て左側に進むと階段があるので、それを上ります。(京成上野駅という青い看板が目印です)

階段を上ると、右手側に次の階段が見えるので、それを上ります。

あとはその進行方向のまま、まっすぐに歩き続けてください。

上野公園は敷地も広く、細い道などもあるため、階段を上った後は敷地内の案内を頼りに進んだ方がわかりやすいと思います。

まっすぐ進むと、都道452号線との交差点にさしかかります。

都道452号線を挟んで向かい側が東京国立博物館の敷地になっています。

JR「上野駅」、銀座線・日比谷線「上野駅」の場合
JRのパンダ橋口から出て橋を渡るか、公園口から出て横断歩道を渡り、上野恩賜公園の敷地に入ります。

あとは公園内の案内板を頼りに進んでください。

東京国立博物館の主な展示室

本館
入り口である正門から見て正面に見えるのが本館です。

もともとの旧本館は明治15年に建てられたのですが、大正12年に起きた関東大震災で大きな被害にあい、昭和13年に建て直されて今の本館となりました。

歴史を感じさせる外観が特徴で、重要文化財に指定されています。

日本の美術品・工芸品や歴史資料が主に展示されています。

1階ではアイヌ・琉球に関する資料の他、漆工や刀剣、陶磁などの工芸品を見ることが出来ます。

2階では仏教美術(仏像など)、江戸時代の着物、浮世絵、能の面などを見ることが出来ます。

特に浮世絵は、教科書でも見たような有名な画家(葛飾北斎や喜多川歌麿など)の作品が多く展示されていますので、そこまで詳しくないという人も楽しむことが出来ます。

館内のところどころソファが置かれていて、休憩を取っている人も居ました。

本館の展示品だけでもかなりのボリュームが有り、足が疲れますので、適度に休憩を取るのがいいと思います。

平成館
平成館は平成11年に建てられた新しい建物です。

正門から見たとき、本館の左側に位置しています。

本館の趣のある外観とは異なり、近代的な外観となっています。

平成館は、1階が考古学的な展示が主になっていて、埴輪や土偶なども見ることが出来ます。

2階は特別展示室となっており、定期的に展示内容が変わります。

また、こちらの特別展示室は、通常の入館料だけでは見ることが出来ません。料金と展示内容は公式サイトで確認してからお出かけください。

私が行ったときは春日大社展が催されていましたが、2階の展示だけでも一周するのには結構な時間がかかりました。

特別展示室の展示が目当ての方は、本館よりも先にこちらの特別展示室を見ておくと良いと思います。

東洋館
東洋館は正門から見たとき、本館の右側に位置しています。

ここでは主に、中国を中心に、インド、朝鮮半島、エジプトなどの美術品や工芸品が展示されています。

インドやタイ、中国の仏像が展示されているため、仏像には詳しくない私でも、仏像の歴史や各地方の仏像を見比べ、楽しむことができました。

その他
法隆寺から献納された宝物を展示している法隆寺宝物館、洋画家の黒田清輝の遺言によって建てられた黒田記念館などがあります。

基本情報等

入館料
総合文化展(本館・平成館1階・東洋館)
一般:620円
大学生:410円
高校生以下、満18才未満、満70才以上は無料

特別展:平成館2階
公式サイトをご確認ください

休館日
月曜日が休館日になっています。
ただし、月曜日が祝休日の場合は、翌火曜日が休館日となります。

展示品はいつも一緒?

平成館2階の特別展は、定期的に内容が変わります。

また、総合文化展の中でも、さまざまな特集が定期的に組まれており、特集コーナーの展示内容が変わります。

例えば、2017年の2/21に訪れたときには、ひな人形の特集が行われていました。

どのような内容の特集が行われているかは、公式サイトの「年間スケジュール」のページの「特集」で確認することができます。

一日で全部回れる?

東京国立博物館は、その建物一つ一つが大きく、展示物もとても充実しています。

全館まわることは可能だと思いますが、ゆっくり丁寧に見ていると、一日のほとんどが終わってしまうと思います。

また、足もかなり疲れると思います。

私も、どうしても全部はじっくりと見ることができず、一部は歩き見で流したり、回るのを諦めたりしてしまいました。

どこに何が展示されているかは、公式サイトである程度事前に確認することができます。

全部回ろうと思って行くよりは、事前に自分が回りたい場所や、興味がある展示物をチェックして、効率良く回る方がいいかもしれません。

どんなものが展示されているか知りたい

展示物を事前チェックしたい方や、東京国立博物館は遠くて行くことができないけれど、どんな展示品があるのか見てみたい、という方におすすめなのが、こちらです。

ここでは、絵画や美術品、工芸品などを画像で見ることができます。

カテゴリー分けされていてとても見やすいです。

実際に博物館で見たけれど、もう一度じっくり見たいという人にもお勧めです。

デジタルライブラリーでは、和書や洋書を画像で見ることが出来ます。

実物のページを手でめくることはできませんが、デジタルライブラリーは画像ですので、表紙から中身まで、1ページずつ見ることができます。

江戸時代の出版物など、とてもカラフルで、見ていて楽しいです。

博物館は楽しい!

博物館へは小学校の頃しか行った記憶がない、勉強のイメージしかない、という方も多いかと思います。

博物館はちょっとハードルが高くて行きづらいという人もいるかもしれません。

しかし博物館、特に大人になってからの博物館は、意外な発見も多く、楽しいものです。

歴史に詳しい人は、展示物から当時の様子を想像して楽しむことが出来ますし、歴史に詳しくない人も、展示物の美しさや造形のおもしろさを楽しむことができると思います。

東京国立博物館は、子どもにももちろんおすすめですが、大人の方にこそおすすめしたいと思います。

[wdi_feed id=”114″]


東京国立博物館のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

筆者不詳「厳島遊楽図屏風」紙本金地着色、江戸時代(17世紀)、東京国立博物館蔵。 広島の、宮島さんの神社で、ワッショイの宴会してる~(*´∇`)ノ💗💗 楽しそう!! 私も仲間に入りたい(笑)(切実) pic.twitter.com/GlECqRXFfs

ツイッターメディア

半沢直樹で度々出てきた大階段は東京国立博物館のやつ。ミーハーなのでなかなかテンション上がる笑 pic.twitter.com/eqyMrvqtMW

ツイッターメディア

東京国立博物館の「聖徳太子と法隆寺」展を訪れました☺️🌟🍀 (厩戸皇子の通称が「聖徳太子」)(厩戸は蘇我系の皇子)(仏教は蘇我が頑張って導入したのよ)(きっと蘇我大臣(馬子さん)も出てくるはず)(ワクワクo(^o^)o💕) pic.twitter.com/rAbguNiEpz

ツイッターメディア

で、今日は「聖徳太子1400年遠忌記念 特別展『聖徳太子と法隆寺』」@ 東京国立博物館へ。奈良博からの巡回。「天寿国繡帳」や「伝橘夫人念持仏厨子」などが素晴らしい。法隆寺は好きなお寺で、救世観音の公開時に行ったことがありますが、記… twitter.com/i/web/status/1…

龍と烏に 連れて行かれた 博物館の 観音展 場所: 東京国立博物館 instagram.com/p/CSBkH3wprsz/…

東京国立博物館 - トーハク tnm.jp/modules/r_free… 太子と法隆寺!!! 9月までかあ…うおんん…

ご朱印/聖徳太子と法隆寺・聖林寺十一面観音三輪山信仰(東京国立博物館)・五方山熊野神社・令和神社 ameblo.jp/hibiki-sanpo/e…

聖徳太子の棺の断片?と天寿国繍帳 / “東京国立博物館 - 1089ブログ” htn.to/LgB9dbuyBA

粟田口吉光の作に、岩切藤四郎と言う短刀がある。号の由来は不明だが…豊臣秀吉から長束正家が拝領したことから長束藤四郎とも呼ばれる。関ヶ原の合戦で長束正家が自刃、その後に福島正則の手に渡り、奥平家を経て現在は東京国立博物館に所蔵されているよ。 …何とも、親近感の湧く号だね。

春夏秋冬/フォーシーズンズ 乃木坂46 2021年9月4日(土)~11月28日(日) 東京国立博物館 表慶館 nogizaka-fourseasons.jp/#information

9月の東京ドーム公演も東京国立博物館での展示会フォーシーズンズも今の状況を考えると、2回ワクチン接種終わってはいるけどさすがに東京行くのはヤバすぎると思ってるのでもう諦めてる。いや、どっちもめちゃめちゃ行きたいですけどね………めっ… twitter.com/i/web/status/1…

@no1sueky 確か東京の国立科学博物館で見たときティラノの牙は30万でした😅 かなりのお金持ちなんでしょうね😆

夏秋草図屏風 文政4年(1821)の作品、何度見ても良い なお、抱一が亡くなったのは文政11年(1828)11月 #酒井抱一 生誕260年の記念日に過去写真を 東京国立博物館にて pic.twitter.com/bzKSKv6qDP

ツイッターメディア

1. 下村観山《鵜》明治45年(1912) 2. 竹内栖鳳《保津川》明治時代・19世紀 3. 望月玉泉《保津川湍淵遊鱗》明治25~26年(1892~93) 4. 横山大観《松並木》大正2年(1913) ※紹介した作品はすべて東京… twitter.com/i/web/status/1…

東京国立博物館前庭のユリノキ。1881年に植えられたといわれる巨木。 2017年撮影 pic.twitter.com/CV636jwwsm

ツイッターメディア

オリンピックが見られないなら、飛鳥時代に触れてこようということで「聖徳太子と法隆寺」展を鑑賞。ミニチュア仏像をお土産に買おうかと思ったけど、なかなか高かったのでキーホルダーで我慢。しかし上野公園は暑かった。 場所: 東京国立博物館 instagram.com/p/CSBW3iXJ1Dg/…

孔雀明王像(くじゃくみょうおうぞう) 指定名称:絹本著色孔雀明王像 1幅 絹本着色 147.9×98.9 平安時代・12世紀 東京国立博物館 A-11529 1cc.jp/gmtb9y

自由研究の為、 東京国立博物館に来た。 トーハクキッズにも参加。 いちいちオシャレで大好き。 東京国立博物館 #トーハク pic.twitter.com/RFxsshZyRf

ツイッターメディア

面白かった 東京国立博物館 - トーハク tnm.jp/modules/r_free…

まちがえた、東京国立博物館。

国立東京博物館が新宿島範囲外で博物館ー!!!と悲鳴をあげる。

源頼朝(1147 - 1199)。鎌倉幕府初代将軍。この肖像画が有名だが、後の研究で別人(時代を送り足利直義か)とされ、現在では代わりに東京国立博物館蔵の坐像(URL)が使用されることが多い。ほか、甲斐善光寺にも坐像がある。… twitter.com/i/web/status/1…

十六羅漢像(じゅうろくらかんぞう) 指定名称:絹本著色十六羅漢像 16幅 絹本着色 95.9~97.2×51.8~52.2 平安時代・11世紀 東京国立博物館 A-10946, A-11085 1cc.jp/phwhmm

#大英博物館ミイラ展 は今秋開幕! 🗓2021年10月14日(木)~2022年1月12日(水) 🗾国立科学博物館(東京・上野公園) 📢開館時間、休館日、入場料、入場方法などの詳細は決定次第、当アカウントでお知らせします! 2022年春には神戸でも開催予定です🌟お楽しみに🥰

RT承前(7/23~7/28)ほぼ三週間前のトーハク。 東京国立博物館 本館特別5室で開催中の「国宝 聖林寺十一面観音 三輪山信仰のみほとけ」へ。日時指定のこり10分くらいのところで入場。

東京国立博物館 総合文化展にて、本日8/1(日)で展示終了となる作品を紹介。 本館 2室 国宝《平治物語絵巻 六波羅行幸巻》鎌倉時代・13世紀 pic.twitter.com/3ZdCPL2MBJ

ツイッターメディア

東京国立博物館で、「聖林寺十一面観音」展と「聖徳太子と法隆寺」展を観覧。どちらも荘厳な仏様が鎮座しておられる。聖徳太子展は既に奈良国立博物館で一度見学しているとはいえ、結構展示替えもあって、見応えのある展示だった。 pic.twitter.com/O4ea57rGjG

ツイッターメディア

奈良博行けなかったので東博で~やっぱ仏像だなぁ…奈良行きたいw 場所: 東京国立博物館 instagram.com/p/CSBMS7yHEqo/…

地獄草紙(じごくぞうし) 指定名称:紙本著色地獄草紙 1巻 紙本着色 26.9×249.3 平安~鎌倉時代・12~13世紀 東京国立博物館 A-10942 1cc.jp/cmqeue

特別展「国宝 聖林寺十一面観音―三輪山信仰のみほとけ」 (@ 東京国立博物館 本館 - @tnm_pr in 台東区, 東京都) swarmapp.com/c/bIi9mROSbub

@Koren_0109 個人的には東京国立博物館とか江戸東京博物館とかは面白そうだから行ってみたいとこだなー。 博物館とか美術館とか集まってる場所があったから、東京行くなら巡りたい。 やっぱ首都だからいい展示とか好きな展示がよくあるんだわ。

東京国立博物館 ドーミラーとドータクンがいっぱいいました。 pic.twitter.com/Q1jrjHw6Up

ツイッターメディア

8月もよろしくお願いします🌹 写真は去年の8月、東京国立博物館に #YOSHIKIMONO を見に行った時の私です😊 去年と同じく今年も暑い☀️ 汗だくです💦 #YOSHIKI #七瀬ひろこ pic.twitter.com/elHuxjd9Do

ツイッターメディア

千手観音像(せんじゅかんのんぞう) 指定名称:絹本著色千手観音像 1幅 絹本着色 138.0×69.4 平安時代・12世紀 東京国立博物館 A-10506 1cc.jp/kq0hqr

ワイ、「今日どこ行きたい⁉️」 嫁さん、「上野の東京国立博物館で刀見たい🥰」 ワイ、「ふぁっ⁉️し、渋いな〜⚔️」 ⇒嫁さんが鬼滅ドハマりなのを忘れていた🌸どうやら刀にハマっているらしい⚔️ ということで上野に決定しました☺

@InaHitoshi 同時期に曹源寺の十二神将が常設展に展示されていて、それと混同していたかな?とか ご存知かもしれませんが、浄瑠璃寺で行われた、東京国立博物館の浅見龍介先生によるご講演の様子がありました。新聞報道もいい加減、業… twitter.com/i/web/status/1…

【丙子椒林剣】 聖徳太子佩用の刀。大阪四天王寺所蔵、東京国立博物館寄託 隋代に大陸から伝来した品との説が有力。刀身に「丙子椒林」の金象嵌があり、「椒林」は作者名と一般に解釈される 日本有数の上古刀であり隋刀の伝世品としても非常に貴重 pic.twitter.com/EcdPONfVNa

ツイッターメディア

東京国立博物館に写真を投稿しましたinstagram.com/p/CSA8HU9nn6w/…

学生の頃、鹿児島から東京国立博物館を訪れた時にミュージアムショップで購入したイヤリング。ガラスでできた踊るハニワなんだけど、とっても気に入っていて、落としたくないから外に着けて行ったことがないw グッズを作りたいと思った原点でもあ… twitter.com/i/web/status/1…

虚空蔵菩薩像(こくうぞうぼさつぞう) 指定名称:絹本著色虚空蔵菩薩像 1幅 絹本着色 132.0×84.4 平安時代・12世紀 東京国立博物館 A-10498 1cc.jp/xgspes

「木組 分解してみました[東京会場]」国立科学博物館 abc0120.net/2021/07/29/165… @より

餓鬼草紙(がきぞうし) 指定名称:紙本著色餓鬼草紙 1巻 紙本着色 26.9×380.2 平安~鎌倉時代・12~13世紀 東京国立博物館 A-10476 1cc.jp/lgufds

褐釉蟹貼付台付鉢[重要文化財] 明治時代、初代宮川香山の作で、最大の特徴は一際目を引く大きくリアルな貼り付けられた「蟹」。さらに鉢自体も大きく歪んでおり、独特且つ先進的な造形で人々を驚かせた。現在、東京国立博物館蔵。pic.twitter.com/eVLO1mTTOI

ツイッターメディア

★遊雀師匠の8月後半@東京 16-20日(月-金)池袋夜 21日(土)昼花形演芸会@国立~完売、夜親子会@中野&♥♪ 23日(月)芸協の華@三越前♪ 24日(火)伯山襲名真打披露@津田沼~完売 26日(木)文蔵組落語会♥♪ 28日… twitter.com/i/web/status/1…

本日は東京国立博物館に来た。 聖林寺十一面観音展と法隆寺展を観よう。

扇面法華経冊子(せんめんほけきょうさっし) 指定名称:紙本著色扇面法華経冊子 1帖 紙本着色 25.3×26.0 平安時代・12世紀 東京国立博物館 A-7 1cc.jp/dihuc6

【京都・浄瑠璃寺旧蔵/十二神将像(1212)】運慶作とする説がある像。現在は東京国立博物館と静嘉堂文庫美術館に分蔵。鎌倉時代初期、運慶周辺の有力仏師の作であることには諸家の説が一致する。 pic.twitter.com/I3unY9a8Bh

ツイッターメディア

普賢菩薩像(ふげんぼさつぞう) 指定名称:絹本著色普賢菩薩像 1幅 絹本着色 159.1×74.5 平安時代・12世紀 東京国立博物館 A-1 1cc.jp/klfkqa

東京国立博物館 特別展「聖徳太子と法隆寺」tsumugu.yomiuri.co.jp/horyuji2021/ 国宝「天寿国繡帳」が観られるのは8月9日(月・休)まで。2018年に奈良博「糸のみほとけ」で拝見して以来の国宝「天寿国繡帳」。眼福極まりなし。 pic.twitter.com/1BBlMbgZYt

ツイッターメディア

東京国立博物館東洋館「イスラーム王朝とムスリムの世界」 tnm.jp/modules/r_free… マレーシア・イスラーム美術館精選 特別企画。期待を裏切らぬ美しい展示と丁寧な構成。素晴らしいの一言に尽きます。 pic.twitter.com/5f5qOsRKQQ

ツイッターメディア

東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。