東京国立博物館

東京国立博物館
photo by @lunareclipsenzm
日本で最も長い歴史を持つ博物館です。日本の美術品だけでなくアジア諸地域にわたる美術品などの文化財が展示されています。また、博物館の収蔵品の数は約11万2千件、国宝や国の重要文化財なども含まれています。常設されているのは2,000~3,000点で、見応え豊富な博物館です。

周辺の類似スポットを地図で見る

東京国立博物館の基本情報


【 住所 】東京都台東区上野公園13-9

東京国立博物館
が含まれる観光マップ



公式ページ

緑に囲まれた東京国立博物館。博物館好きの人もそうでない人も、一度は行っておきたい!

都民の憩いの場でもある上野恩賜公園。

その中には、上野動物園をはじめ、東京都美術館、国立西洋美術館などの有名な施設が並んでいます。

東京国立博物館もその中の一つで、日本最古の歴史ある博物館です。

東京国立博物館へのアクセス

JR「鶯谷駅」の場合
東京国立博物館に一番近い駅は、JRの鶯谷駅です。

しかし、東京国立博物館の入り口は正門一つですので、正門に行くために遠回りしなくてはならず、地図で見た感じよりはかなり歩かなければならないことに注意してください。

まず、駅の南口を出たあと、左に曲がり、寛永寺第一霊園を右手に見ながらまっすぐ進みます。

すると(少し道がずれていますが)十字路のような場所に突き当たりますので、進行方向はそのままでまっすぐ前に進みます。

十字路のうち、木が生い茂っているのが東京国立博物館の敷地の角ですので、それを目印にしてください。

その木が茂った角を右手に見ながらまっすぐ進みます。

400メートルほど進むと、少し太めの道(都道452号線)が左右から交差している交差点にさしかかります。

その交差点を右に曲がって少し進むと東京国立博物館の正門がありますので、そこから敷地に入ることができます。

道の途中には案内板がいくつか立っていますので、それを参考にすれば迷わずにたどり着けると思います。

京成本線「京成上野駅」の場合
改札を出て(改札は一カ所のみです)、左手側の「正面口」から駅を出ます。

出口を出て左側に進むと階段があるので、それを上ります。(京成上野駅という青い看板が目印です)

階段を上ると、右手側に次の階段が見えるので、それを上ります。

あとはその進行方向のまま、まっすぐに歩き続けてください。

上野公園は敷地も広く、細い道などもあるため、階段を上った後は敷地内の案内を頼りに進んだ方がわかりやすいと思います。

まっすぐ進むと、都道452号線との交差点にさしかかります。

都道452号線を挟んで向かい側が東京国立博物館の敷地になっています。

JR「上野駅」、銀座線・日比谷線「上野駅」の場合
JRのパンダ橋口から出て橋を渡るか、公園口から出て横断歩道を渡り、上野恩賜公園の敷地に入ります。

あとは公園内の案内板を頼りに進んでください。

東京国立博物館の主な展示室

本館
入り口である正門から見て正面に見えるのが本館です。

もともとの旧本館は明治15年に建てられたのですが、大正12年に起きた関東大震災で大きな被害にあい、昭和13年に建て直されて今の本館となりました。

歴史を感じさせる外観が特徴で、重要文化財に指定されています。

日本の美術品・工芸品や歴史資料が主に展示されています。

1階ではアイヌ・琉球に関する資料の他、漆工や刀剣、陶磁などの工芸品を見ることが出来ます。

2階では仏教美術(仏像など)、江戸時代の着物、浮世絵、能の面などを見ることが出来ます。

特に浮世絵は、教科書でも見たような有名な画家(葛飾北斎や喜多川歌麿など)の作品が多く展示されていますので、そこまで詳しくないという人も楽しむことが出来ます。

館内のところどころソファが置かれていて、休憩を取っている人も居ました。

本館の展示品だけでもかなりのボリュームが有り、足が疲れますので、適度に休憩を取るのがいいと思います。

平成館
平成館は平成11年に建てられた新しい建物です。

正門から見たとき、本館の左側に位置しています。

本館の趣のある外観とは異なり、近代的な外観となっています。

平成館は、1階が考古学的な展示が主になっていて、埴輪や土偶なども見ることが出来ます。

2階は特別展示室となっており、定期的に展示内容が変わります。

また、こちらの特別展示室は、通常の入館料だけでは見ることが出来ません。料金と展示内容は公式サイトで確認してからお出かけください。

私が行ったときは春日大社展が催されていましたが、2階の展示だけでも一周するのには結構な時間がかかりました。

特別展示室の展示が目当ての方は、本館よりも先にこちらの特別展示室を見ておくと良いと思います。

東洋館
東洋館は正門から見たとき、本館の右側に位置しています。

ここでは主に、中国を中心に、インド、朝鮮半島、エジプトなどの美術品や工芸品が展示されています。

インドやタイ、中国の仏像が展示されているため、仏像には詳しくない私でも、仏像の歴史や各地方の仏像を見比べ、楽しむことができました。

その他
法隆寺から献納された宝物を展示している法隆寺宝物館、洋画家の黒田清輝の遺言によって建てられた黒田記念館などがあります。

基本情報等

入館料
総合文化展(本館・平成館1階・東洋館)
一般:620円
大学生:410円
高校生以下、満18才未満、満70才以上は無料

特別展:平成館2階
公式サイトをご確認ください

休館日
月曜日が休館日になっています。
ただし、月曜日が祝休日の場合は、翌火曜日が休館日となります。

展示品はいつも一緒?

平成館2階の特別展は、定期的に内容が変わります。

また、総合文化展の中でも、さまざまな特集が定期的に組まれており、特集コーナーの展示内容が変わります。

例えば、2017年の2/21に訪れたときには、ひな人形の特集が行われていました。

どのような内容の特集が行われているかは、公式サイトの「年間スケジュール」のページの「特集」で確認することができます。

一日で全部回れる?

東京国立博物館は、その建物一つ一つが大きく、展示物もとても充実しています。

全館まわることは可能だと思いますが、ゆっくり丁寧に見ていると、一日のほとんどが終わってしまうと思います。

また、足もかなり疲れると思います。

私も、どうしても全部はじっくりと見ることができず、一部は歩き見で流したり、回るのを諦めたりしてしまいました。

どこに何が展示されているかは、公式サイトである程度事前に確認することができます。

全部回ろうと思って行くよりは、事前に自分が回りたい場所や、興味がある展示物をチェックして、効率良く回る方がいいかもしれません。

どんなものが展示されているか知りたい

展示物を事前チェックしたい方や、東京国立博物館は遠くて行くことができないけれど、どんな展示品があるのか見てみたい、という方におすすめなのが、こちらです。

ここでは、絵画や美術品、工芸品などを画像で見ることができます。

カテゴリー分けされていてとても見やすいです。

実際に博物館で見たけれど、もう一度じっくり見たいという人にもお勧めです。

デジタルライブラリーでは、和書や洋書を画像で見ることが出来ます。

実物のページを手でめくることはできませんが、デジタルライブラリーは画像ですので、表紙から中身まで、1ページずつ見ることができます。

江戸時代の出版物など、とてもカラフルで、見ていて楽しいです。

博物館は楽しい!

博物館へは小学校の頃しか行った記憶がない、勉強のイメージしかない、という方も多いかと思います。

博物館はちょっとハードルが高くて行きづらいという人もいるかもしれません。

しかし博物館、特に大人になってからの博物館は、意外な発見も多く、楽しいものです。

歴史に詳しい人は、展示物から当時の様子を想像して楽しむことが出来ますし、歴史に詳しくない人も、展示物の美しさや造形のおもしろさを楽しむことができると思います。

東京国立博物館は、子どもにももちろんおすすめですが、大人の方にこそおすすめしたいと思います。

[wdi_feed id=”114″]


東京国立博物館のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

2022年1/14-特別展「ポンペイ」東京国立博物館で - 壁画や彫像など約150点を展示、古代都市ポンペイの繁栄を探る fashion-press.net/news/79533

東京国立博物館で始まって間もない「最澄と天台宗のすべて」。日時指定の前売券で行ってみたが…。 場所: 東京国立博物館 instagram.com/p/CVSz3zjvSNz/…

東京国立博物館東洋館の「空想動物園」。東洋美術に描かれた、龍とか麒麟といった空想上の動物が挙げられるのだが、中央アジアの有翼人像が、そこにとりあげられているのは「!?」。 場所: 東京国立博物館 instagram.com/p/CVSzVVMvMYl/…

これは東京国立博物館のラウンジでだけど、このコロナが続いてから、自宅以外の屋内できっと初めての飲食をしたことになるかも。 そして、帰り道に勢いづいてスタバで(屋外席だけど)ドーナツも食べました🍩 立ち食いそば行ける日もきっとそのうち来るかなー。

特別展「ポンペイ」東京国立博物館で - 壁画や彫像など約150点を展示、古代都市ポンペイの繁栄を探る fashion-press.net/news/79533 @fashionpressnetより

次は東京国立博物館で天台宗についての展示があるらしくてな。共に行ってくれる人は誰もいないんだが

@dansama_love あーちゃん、おつかれさーん💜 京都にもあるかも!息子が行ったのは東京の国立博物館だよ。 日本最古の漫画、とか言われてる絵巻物だよー🐸

籐で編み、カワハギの皮を貼った鎧と兜です (東京国立博物館所蔵) >RT pic.twitter.com/WayBE2YjJ1

ツイッターメディア

【ニコ生 10/26(火) 19:00から配信】橋本麻里+おかざき真里+皿井舞 東京国立博物館 特別展「最澄と天台宗のすべて」 を巡ろう live.nicovideo.jp/watch/lv334127… #ニコ美 #ss954 #radiko #tbsradio #ニコニコ美術館

東京国立博物館 特別展「最澄と天台宗のすべて」 を巡ろう(出演:橋本麻里×おかざき真里×皿井舞)【ニコニコ美術館】 / ニコ生番組(2021/10/26 19:00開始) live.nicovideo.jp/watch/lv334127… #ニコ美 #最澄と天台宗のすべて

Giardini e Case tradizionali nel Museo Nazionale di Tokyo 東京国立博物館庭園 #giardinigiapponesi #turismo #giardinotwitter.com/i/web/status/1…

東京国立博物館そろそろ夜間開館を復活プリーズ

🌅穏やかな気持ちになれた🙏 ✳️東京国立博物館 🪐最澄ゆかりの寺院より数多くの   仏像が展示されていました🤓 pic.twitter.com/cOsgFqKHl7

ツイッターメディア

てゆか東京国立博物館はもうテーマパークやぞ。一日中居られる自信ある

最澄像、部分 『法華山一乗寺蔵国宝聖徳太子及天台高僧像 : 光学調査報告書』 (奈良国立博物館 編 ; 東京文化財研究所)より iss.ndl.go.jp/sp/show/R10000… pic.twitter.com/5Kkwso9DNC

ツイッターメディア

フォーシーズンズ行かれる方は是非展示だけじゃなくて日本最古で元徳川家の土地に建ってる東京国立博物館もじっくり見てくださいね(歴史マニア)

最澄と天台宗のすべて(東京国立博物館)に行ってきたよ。 阿・吽とのコラボ企画(漫画家 おかざき真里先生と東博 皿井舞さんのトークイベント)にも参加できた!展示品をめぐる博物館同士の駆け引き?、阿吽の制作裏話など、興味深い話がワサワ… twitter.com/i/web/status/1…

おかざき真里先生と皿井舞さん(東京国立博物館学芸員)のトークイベントに行ってまいりました! 最澄さんにもご挨拶を。最澄さん、教育力がすごく高いお方だなと思っていたのだけど、背が高くてイケメンだったのが関係してそうだなと。あと編集者… twitter.com/i/web/status/1…

乃木坂46 トレ 交換 東京国立博物館 春夏秋冬/フォーシーズンズ ランダムマグネット 【提供】 画像の物 【希望】 飛鳥、生田、遠藤、与田、 郵送希望します。 希望外でも検討致します。お気軽にお声掛けください。 pic.twitter.com/ia9AVeSAWc

ツイッターメディア

国立東京博物館「最澄と天台宗のすべて」にて。『阿・吽』おかざき真里さんと、学芸員皿井舞さんのトークイベントも盛り上がっていました。 pic.twitter.com/1ZiQr97IvP

ツイッターメディア

今夜、東京国立博物館でな伝教大師 1200年大遠忌記念 特別展『最澄と天台宗のすべて』と、「阿・吽」のコラボトークイベントで、おかざき真里先生@cafemari が 比叡山へは坂本ケーブルとオススメしてました。… twitter.com/i/web/status/1…

黄釉銹絵梅樹文大瓶[重要文化財] 明治時代、初代宮川香山の作で、中国陶磁を意識した形状や粉彩の技法が用いられている。シカゴ・コロンブス世界博覧会で好評を博した。現在、東京国立博物館蔵。pic.twitter.com/Fgkc5WBG1U

ツイッターメディア

漫画『阿・吽』が好きなかたは是非。本日行ってきました。面白かったです。 東京国立博物館『最澄と天台宗のすべて』に行って来ました - てらがよい日記 zennote.hatenablog.com/entry/2021/10/…

比叡山延暦寺総本堂で修法されている護摩の灰で染めた糸を用いた「織物の茶室」。東京国立博物館平成館梵字カフェに展示されてます。「梵字ラテ」を買うと中に入れます。 #最澄と天台宗のすべて pic.twitter.com/7yiJHGPae6

ツイッターメディア

東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。