ナンジャタウン

ナンジャタウン
by http://www.namco.co.jp/tp/namja/attraction/
ナムコが運営する屋内型テーマパーク。3つの街で構成され、明るい西洋風の街並みで、沢山の遊びがつまった新しい街「ドッキンガム広場」、昭和30年代の懐かしい街並みが広がる「ナンジャ餃子スタジアム」や「福袋デザート横丁」もある「福袋七丁目商店街」、不気味さ漂う物の怪たちに乗っ取られた街「もののけ番外地」となっています。それぞれの街は、写真を撮りたくなる凝った作りで遊び心があふれていますよ。乗り物や体験型アトラクションなどもあるので、屋内にいながら満足感たっぷりのテーマパークとなっています。

おしゃれで少し気の強いアヤコ
ナンジャタウンは、インスタ映えするスポットがたくさん!特にスイーツが可愛くて最高よ。
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
ナンジャタウンは、アトラクションも多くて楽しめる場所。特にデートにおすすめだね。
冷静沈着な猫のニャンタ
ナンジャタウンは、サンシャインシティ内にあり、アクセスが便利。家族連れにも適している。
周辺の類似スポットを地図で見る

ナンジャタウンの基本情報


【スポット】ナンジャタウン
【ふりがな】なんじゃたうん
【 住所 】〒170-0013 東京都豊島区東池袋3丁目1−3 サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル
【アクセス】東京メトロ有楽町線 東池袋駅 徒歩約3分
【最寄り駅】東池袋駅
【営業時間】10:00~22:00(最終入園21:00)
【 料金 】大人(中学生以上)800円、子供(4歳~小学生)500円
【クーポン】公式サイトで割引クーポンを提供中

ナンジャタウン
が含まれる観光マップ



公式ページ

食べて遊んで一日中楽しめる!池袋ナンジャタウン、見たら絶対行きたくなるかも!?

ナンジャタウンってどんな場所?

東京池袋にあるナンジャタウンをご存じですか?
ナンジャタウンはアーケードゲームや家庭用ゲームソフトなどで有名なバンダイナムコアミューズメントが経営する屋内テーマパークです。オープンしてからなんともう20年以上経ちますが、いまだリピーターも多く、また人気アニメとのコラボレーションなどでますます進化し続けている人気スポットなんですよ!
このナンジャタウンを知らない、まだ行ったことがないという方のために、今回はおすすめアトラクションや楽しみ方をエリア別にご紹介して行きましょう!

西洋風の街並みがかわいい「ドッキンガム広場」

幸せの青い鳥

ドッキンガム広場のおすすめアトラクションは、何といってもオープン初期から人気の「幸せの青い鳥」。
「幸せの青い鳥」は、心理テストにより自分の性格を受け継いだ「青い鳥・ハピル」を育てていく育成アトラクション。可愛いハピルを連れて街を探検し、友達同士や出会った人と通信したり、ゲームをしたり、ごはんやトイレのお世話をして、ハピルを成長させて行きます。行動次第で性格も愛情鳥やグルメ鳥など、様々に変わっていきます。カードを作ればデータを引き継いで、何度でも続きから遊べます。最高300歳まで育てられるそうです!これは、今や当たり前となった通信&育成ゲームの先がけと言えるかもしれませんね。

「もののけハンターズ」

もののけ探知、可視化、捕獲を可能にした装置「もののけロッド」を持ってエリア内を探索し、見つけたら画面に映し出されたもののけを捕獲するというこのゲーム。こちらは5才の幼稚園児も気に入って何度も遊んでいました。街のあちこちに隠れているもののけポイントを見つける楽しさ、魚釣りのようにリールを巻いて捕獲する感覚がとても面白かったようです。そしてこのゲームは、高得点を出すとさらに上級コースにチャレンジすることができ、集まったお友達と協力プレイでボス敵を倒すというミッションもあります。子供はもちろん、大人も夢中になってしまうかも?
ただし、こちらは人気アトラクションのようで、常に30分程度の待ち時間がありました。

昭和30年代の昔懐かしい風情漂う「福袋七丁目商店街」

お腹が空いたら、福袋七丁目商店街の「ナンジャ餃子スタジアム」へ!

「ナンジャ餃子スタジアム」には全国9店舗の有名餃店が出店しており、さまざまな地方の餃子を食べ比べして楽しむことができます。
一口に餃子と言っても、揚げ餃子、蒸し餃子、焼き餃子など色々なバリエーションが楽しめますし、お父さん、お母さんにはここでひと息、ビールもありますよ~。やはり、餃子とビールの相性は最高です!
飲食スペースは縁日広場にたくさん並んでいます。運が良ければ、商店街の中にもちょこちょこ座れる場所がありますので、昭和ノスタルジックな風景に溶け込んで食事できるのもここならではの楽しみです。
ナンジャタウンには再入場システムもありますので、混んでいるときは外に出て、サンシャインシティ内の飲食店でランチするのも良いかも知れません。

歩き疲れて喉も乾いた方には、「デザート横丁」で可愛いスイーツやドリンクはいかが?

「デザート横丁」は福袋商店街の一角、以前はのんべえ横丁というエリアだっただけに(リニューアル後、今のスイーツ横丁に変わりましたが、街並みはそのまま(笑))、今ドキのお洒落なスイーツとはそぐわないあやしげな雰囲気なのですが、スイーツはなかなかレベルが高いです。
「サンタチューボー!」は、北海道江別のプリンや乳製品で有名なスイーツ専門店。パリパリに焼き上げたクレープ生地にソフトクリームなどがトッピングされており、クレープを崩しながらアイスと一緒に食べるのが美味です。プリン専門店の自家製焼きプリンパフェもぜひ食べておきたいですね!

もののけたちの住み処「もののけ番外地」

最後にご紹介するのは、薄暗い通りから不気味な声や音楽が聞こえてくる「もののけ番外地」です。

ゾンビブレイカー

ここでのおすすめアトラクションは「ゾンビブレイカー」!自分がゾンビに変えられてしまうハプニングを防ぐため、ミッションをクリアしながらゾンビ退治をするアトラクション。 万が一ミッションに失敗すると、自分のゾンビ(入り口で撮られた写真を元にゾンビメイクで加工された顔写真)映像が館内のモニターに映し出されてしまいます!ちなみに私は、ゾンビ顔の方がなぜかキレイでした(笑)。皆さんも美しすぎるゾンビになれるかも!?子供の場合は可愛くデフォルメした映像にしてくれるので、安心して楽しめます。ただ、暗くて狭い部屋に入りますので、そういう場所が苦手な方はご注意くださいね。

もののけ番外地にはアトラクションの他にも、エリアのいたるところに面白コワイ仕掛けがたくさんあります。ぜひ実際に歩いて触って遊んでみてください。

ナンジャタウンで遊ぶ時の注意点

たくさん歩けるよう、歩きやすい靴がベスト。
荷物を預けるコインロッカーがありますので、手荷物用のミニバッグやチケットホルダー、小銭入れなどがあると良いかも。

アクセス

電車

各線池袋駅 35番出口よりサンシャイン方面へ徒歩8分
東京メトロ有楽町線東池袋駅より徒歩4分
都電荒川線 東池袋4丁目駅徒歩4分

首都高5号池袋線 東池袋出入口

ナンジャタウンの基本情報

・名称 ナンジャタウン(なんじゃたうん)
・営業時間 10:00~22:00
・定休日 年中無休
・クーポン ナンジャパスポート前売券
大人(13歳以上)3,300円、子供(4歳~12歳)2,600円(当日券より200円OFF)

まとめ

他にもまだまだ紹介しきれないアトラクションがたくさんあるのですが、このナンジャタウンの一番の魅力は、街巡りアトラクションが数多いことだと思います。1アトラクション40分程度かかるものも多く、施設回遊型でとにかくたくさん歩くので、屋内遊びでも健康的!気がつけば丸一日遊んでいます!エリアを行き来するだけのアトラクションなら、小学生以上ならずっと付き添わなくても、保護者は近くのベンチで休むこともできますし、雨の日や暑い日、寒い日でも快適に遊べるのも大きな魅力です。
まだ行ったことのない人はぜひ行ってみてください。きっとナンジャタウンのとりこになりますよ!。

東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。