国立文楽劇場

国立文楽劇場
by https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E6%96%87%E6%A5%BD%E5%8A%87%E5%A0%B4
大阪発祥の伝統芸能でもある「文楽」の聖地となるこちらのスポットでは国内4番目にできた国立劇場で1984年に建てられました。難しいイメージのある文楽ですが、解説イヤホンの貸し出しもあるので観光ついでにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

周辺の類似スポットを地図で見る

国立文楽劇場の基本情報


【 住所 】大阪府大阪市中央区日本橋1-12-10


公式ページ

伝統芸能の晴れ舞台「国立文楽劇場」

「国立文楽劇場」は、日本が誇る伝統芸能のひとつである文楽が公演される劇場です。

ホールがふたつ有り、大ホールの演目は文楽を中心に歌舞伎公演や舞踊の会などがあります。

小ホールでは、落語の会や講演会などが催されます。

今では数少なくなった文楽を「国立文楽劇場」で是非鑑賞することをおすすめします。

営業時間、料金等は演目ごとに違っています。

国立文楽劇場へのアクセス

地下鉄・近鉄を利用する場合
地下鉄(堺筋線・千日前線)「日本橋」駅、(近鉄奈良線)「近鉄日本橋」駅 下車、7号出口より徒歩で約1分。エレベーター利用の場合は、10号出口エレベーターを利用してください。

なお、「国立文楽劇場」の駐車場はありません。

文楽とは

文楽というのは、人形浄瑠璃と三味線、義太夫の三つが互いに融合した芸術です。

さまざまな説がありますが、一説には人形浄瑠璃は300年以上前に、淡路島の人形師であった植村文楽軒が大阪に出て、新地で興行をするようになったと言われています。

これが人形浄瑠璃が生まれた最初です。その後二代目の文楽軒も「いなりの芝居」と呼ばれて人形浄瑠璃は庶民の楽しみでした。

さらに三代目の文楽軒によって新地に劇場が作られ、これが文楽座の始まりとされています。

簡単に人形と言いますが、人形の歴史はたいへん古く、人の代わりとして宗教行事などにも使われていました。

埴輪などはそのひとつで、海外でもインカ帝国で発見されたハニワがそうです。

人形浄瑠璃で使われるものは、人形の頭や手足に操りやすいように、軽いタイプの木である桐やヒノキなどを使っています。

人形浄瑠璃で使われる人形は主に3人の人によって動かされています。

主遣い(頭と右手)、足遣い(下半身)、右遣い(右手と細かな動作などの補佐)の三人が、一体の人形があたかも自ら動いているかのように操ります。

意気が合わなければ、叶わないことです。

人形遣いの修行は足遣いからだそうで、最初はひたすら足の運びで研鑽を積むのです。

やがて左遣いになり、長い修行の末に主遣いができるようになります。

ちなみに、主遣いは顔を出して人形を扱うことが多く、他の二人は黒子であることが多いということです。

生き生きとした人形から伝わる情感を、文楽の本場「国立文楽劇場」で是非味わってみてはいかがでしょうか。

文楽は、その場にふさわしい動作や所作をする人形、三味線の音、お話を語る義太夫によって演じられます。

歌舞伎でもそうですが、演目には時代物と世話物があります。

時代物(じだいもの)に分類されるような演目は、人形浄瑠璃が確立した江戸時代以前の歴史が背景になっているもの、

あるいは、庶民の日常とはかけ離れているような内容のもののことです。

世話物(せわもの)に分類されるような演目は、それ以降の時代が背景になっていて、庶民の生活に密着したような内容のもののことです。

例えば、時代物は『菅原伝授手習鑑』『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』『絵本太功記』などです。

世話物は『曽根崎心中』『冥土の飛脚』『新版歌祭文』『心中天網島』などです。

文楽について楽しく解説されている図書等
『あやつられ文楽鑑賞』 (双葉文庫):著者の三浦しおんさんが文楽についてわかりやすく書いているので、文楽に興味がある初心者には入門書として、さらには文楽についての解説書として秀逸です。

5分でわかる文楽~人形遣い編
5分でわかる文楽~太夫編
5分でわかる文楽~三味線弾き編

客席数
【文楽劇場】
総席数:753席
出語り床設置時(文楽公演):731席
花道設置時:677席

【小ホール】
総席数:159席

国立文楽劇場の特徴

「国立文楽劇場」の良さは、まさに文楽のために作られた劇場だというところです。

大きすぎる劇場では人形の所作が見えなかったり、三味線の音がぼけてしまったり、義太夫の臨場感が伝わりにくかったりしてしまうのですが、「国立文楽劇場」は、この伝統芸能である文楽が一番映える寸法であるということです。

規模が文楽の公演にぴったりで、三味線などの和楽器がちょうど良い感じに響きます。

洋楽器が使われるオーケストラにはオーケストラに合った規模の劇場があるように、邦楽には和楽器に合った規模の劇場があります。

「国立文楽劇場」はそういった意味でも、また太夫の声がよく届くという意味でもすばらしい劇場です。

文楽は2003年にユネスコの「傑作の宣言」という形で世界にも認められ「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」への掲載がなされました。

2009年9月にはユネスコの世界文化遺産に登録されています。

文楽を観劇する際にはイヤホンガイドの利用ができることがあります。

時代物などは、解説を聞きながら観劇をするとよりわかりやすく、文楽を楽しむことができます。

東京の「歌舞伎座」などでも、多くの人に歌舞伎に親しんでもらおうという趣旨で、一幕見席のシステムが取られていますが、「国立文楽劇場」でも同じように一幕見席が設けられている公演があります。

全部を通して見るのではなく、一幕分だけを席に座って見るというものです。

分楽に興味があるけれど・・・という初心者には、実演を見ることができる良い機会です。

人形の動きや三味線の美しい音色、太夫の語りなどを視覚的に、聴覚的に体験することができます。

料金も、一幕だけなのでリーズナブルな設定になっているので、一度経験することをおすすめします。

劇場内にはレストランや売店もあるので、劇場内の雰囲気を楽しむことができます。

公演記録鑑賞会

月に一度だけですが、無料で自主公演記録映像の上演があります。

上演内容は、「国立劇場開場以来の歌舞伎、文楽等の公演を演技、演出の記録として収録してきたもの」ということです。

ただし、鑑賞用に一般向けに編集されたものではありませんが、故人となられた方も含め、名人の至芸を見ることができる貴重な機会です。

実演の文楽を見る前に、こういった鑑賞会で文楽に親しむというのも良い入門の仕方です。

日時毎月1回 午後2時開演
定員先着159名
料金無料
会場国立文楽劇場小ホール
お問い合わせ先:国立文楽劇場事業推進課調査資料係 TEL 06-6212-2531(代表)

(例)6月1日(木)
文楽
おさん  だいきょうじむかしごよみ           
茂兵衛  大経師昔暦(昭和58年2月 国立劇場 カラー)
上の巻 大経師内の段~中の巻 岡崎村梅龍内の段
竹本南部太夫(五代)、竹本織太夫(九代源太夫)、
鶴澤燕三(五代)、竹澤團六(現 鶴沢寛治)、
吉田玉男(初代)、桐竹勘十郎(二代)、吉田文雀 他

学生を対象とした「文楽鑑賞教室」

人形浄瑠璃を鑑賞して、もっと親しんでもらいたいということで「国立文楽劇場」では、毎年6月に「文楽鑑賞教室」を開催しています。

最近では外国の人で日本の伝統芸能に興味を持って、もっと勉強をしたいという人も増えています。

外国人の方を対象とした鑑賞教室もこの期間に開催しています。

「Discover BUNRAKU」として開催し、外国人のための文楽鑑賞教室となるので、字幕・解説は英語、太夫は日本語です。

申し込み及び問合せ
電話 06-6212-5782/FAX 06-6212-1091

「国立文楽劇場」周辺の観光スポット

 

「なんばグランド花月」国立文楽劇場 から 0.6 km
伝統的な芸能である人形浄瑠璃とは対照的な現代の芸能である「漫才」や「新喜劇」が堪能できるのが「なんばグランド花月」です。

テレビなどのマスコミでも有名なお笑いの芸人たちが繰り広げる舞台は、客席の爆笑でさらに盛り上がります。

大阪の文化である楽しい話芸を是非楽しみに行くことをおすすめします。

アクセス:地下鉄御堂筋線、南海「難波駅」より徒歩3分 
営業:公演により異なる
定休日:年中無休
〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前11-6

「法善寺」国立文楽劇場 から 0.6 km
賑やかな大阪の繁華街の中にあって、落ち着いた法善寺にはお参りの人が絶えません。

水かけ不動さんとして親しまれていて、歌謡曲や映画でも登場しました。

お不動さんに水をかけることでご利益が頂けるといいます。

法善寺のすぐ近くには「夫婦善哉」で有名な甘味のお店もあります。

〒542-0075 大阪府 大阪市 中央区難波1-2-16 

[wdi_feed id=”565″]


国立文楽劇場のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

伝統芸能展関連で、歌舞伎役者や文楽技芸員さんのイベントないかしら。国立劇場で公演を見ればってそれはそうなんだけど。

2021/09/20 大阪市中央区 なんば 国立文楽劇場 小ホール 14:00〜 「東西若手交流会in大阪」 #金原亭杏寿 「子褒め」 #立川かしめ 「穴子でからぬけ」? #桂福丸 「書割り盗っ人」 仲入り… twitter.com/i/web/status/1…

今から国立劇場で9月文楽三部「伊賀越道中双六」を観るよ。

文楽人形の首の制作の第一人者としてその名を知らしめた文楽人形細工師で、国立文楽劇場に保管されている400体あまりの首のほとんどは彼が作ったものとしてその筋に知られるのは誰?(10年程前の話)

国立劇場にて『寿式三番叟』『双蝶々曲輪日記』を鑑賞。人生初の文楽鑑賞でしたが、太夫の発声、三味線の音、人形遣いの立ち回りどれを取っても生で見る事による迫真性がありました。また同時に、演者には2時間半の演目を熟すため体力・精神力が求… twitter.com/i/web/status/1…

■今週のかしめ 9/20(月)14:00-東西若手交流会@国立文楽劇場小㍁ 9/22(水)19:00-桂紋四郎・立川かしめ二人会@此花千鳥亭 9/25(土)13:30-、18:30-大喜利22名古屋落語会@大須演芸場 9/26(日… twitter.com/i/web/status/1…

先日、国立劇場で #文楽 を観てきた勢いで清姫を描いてます。 「渡し場の段」のあれです。 アナログで描いたものを練習中のデジタルにおこしました。液タブ楽~。これから色塗りします。 しかしこんな描き方したのはどの位振りだろう🤤… twitter.com/i/web/status/1…

【国立劇場 文楽公演 令和3年9月 文楽公演 国立劇場開場55周年記念】本日9/20公演の座席表をチェック 国立劇場(小劇場/590人) zaseki.music-mdata.com/18510/2 #座席表 pic.twitter.com/wvgxITvQNn

ツイッターメディア

明日朝は国立劇場の文楽一部を観て、今月の観劇納め。たのしみっ。 でもほんとは歌舞伎座二部また観たい😭

国技館で相撲→国立劇場で文楽→靖國神社で英霊に感謝→明治神宮で国家安泰、ご皇室の弥栄を祈る #一泊二日

国立劇場小劇場9月文楽公演。日高川入相花王渡し場の段。人形遣いさんが大変そうだった。蛇体と化した清姫をほとんど投げ上げるような激しい動き

一昨日国立文楽劇場の前を通った時みちなが座長で少年KABUKIした時もあったな..って泣きそうになった..

国立劇場小劇場9月文楽公演。世代的にNHK人形劇「紅孔雀」の影響でガブにトラウマがあるので、その解消に日高川入相花王渡し場の段を。スカッとした。〽︎恋の呵責に砕かれて身は懊悩に繋がるゝ、紅蓮の氷、大焦熱阿鼻修羅地獄に落つるとも そ… twitter.com/i/web/status/1…

今日は息子と初めて、しかも午前からほぼ20時までずっと国立劇場で文楽を鑑賞しました😊 観る前はさすがに疲れて寝てしまう?と心配しましたが、いえいえ楽しすぎました! 観るところがありすぎて全然気が抜けません。 また次回も楽しみです😊

国立劇場、文楽だけでなく、昔の歌舞伎の舞台も配信してほしいわ。

国立劇場で文楽二部。初心者なのでガブが見たくて日高川入相花王やるなら、と思って行ったけど思ったより激しくて(笑)楽しかったー。前に座ってた小学生男子が楽しそうに観ててそれを含めて良かった。太夫さんとお三味線があんなに大勢並ぶのですね~。 歌舞伎でも観たいな。

今日は国立劇場にて文楽 相撲見ずに文楽、少し後ろめたかったが 双蝶々曲輪日記の 難波裏喧嘩の段 八幡里引窓の段 大坂相撲、 濡髪長五郎と放駒長吉 国技館に行かなかった後ろめたさが少し和らいだ そして面白かった… twitter.com/i/web/status/1…

#国立劇場 『双蝶々曲輪日記』①勘十郎が人間国宝に決まって最初の東京国立劇場文楽公演。「難波裏喧嘩」が付いて物語は分かり易いが、やはり眼目は「引窓」。颯爽と現れた勘十郎十次兵衛に気負いはなく、いつもの的確で立ち上る様な華を湛えた芝… twitter.com/i/web/status/1…

打ち出し @ 国立劇場 9月文楽公演 3部。伊賀越道中双六 伏見北国屋の段、織太夫さんの語り分け、更に磨きがかかってました。完璧すぎて逆に物足りない(贅沢とも言う)。次は沼津の後をお願いします。本日にてMy千穐楽。今月は突然の休演… twitter.com/i/web/status/1…

到着 @ 国立劇場小劇場 9月文楽公演 3部。地下鉄車内で若手イケメン三味線Tさんをお見かけました。こちらは面識あるつもりでも覚えてもらってないだろうし、車内=屋内なので話しかけるのは控えました。この時間に劇場に来るということはお稽古かな?

台風どこ吹く風の空、な国立劇場。本日は文楽。 pic.twitter.com/AXwW9RHWFZ

ツイッターメディア

#文楽9月公演 #伊賀越道中双六 四年前(になるのか)国立劇場で見た歌舞伎の筋書きで予習して行った。随分長いお話なのね。文楽初心者なので、お人形につい吉右衛門さんや松緑さんを思い浮かべてしまう。プログラムにお人形の写真が載っているのが良いなあ。若い人形遣いの方もいらして→

9/19 九月文楽@国立劇場 三番叟は、お囃子がどんどんヒートアップして、手拍子をしたくなるほど楽しかった‼️踊り疲れて疲弊する三番叟たち😆双蝶々は母親の苦しみが切なかったです😢 骨伝導イヤホンガイドに初めて体験。片耳が塞がれ… twitter.com/i/web/status/1…

210905&0917 文楽令和3年9月公演 伊賀越道中双六は国立劇場で2回出た歌舞伎の通しも拝見してますが伏見北国屋の場面はなかったので、岡崎からそのまま伊賀上野に行ったわけではなくその後一旦京都に行ったんだなぁと思うなど(沼津… twitter.com/i/web/status/1…

昨日は国立劇場小劇場で文楽を3部まで通しで観劇。コロナと台風のせいか入りは半分くらい。 「伊賀越道中双六」が素晴らしかった。藤太夫、千歳太夫、織太夫がたっぷり語ってくれて、しみじみ堪能しました。コロナが明けたら、ぜひ通し狂言で。ntj.jac.go.jp/kokuritsu/2021…

国立劇場に文楽見に来てるけど、脳の疲労回復に良いな…

国立文楽劇場の方が、チケット代安い。

天王寺舞楽を東京国立劇場で居合わせ、隣では文楽やってはって、ココは大阪かと思いつつ。 楽しかったですねぇ。あんな不思議な曲の、天王寺独特の手が「鼻カム」てモッチャリ。それもまた天王寺。 11月29日のフェスティバルホールは、音の… twitter.com/i/web/status/1…

【国立劇場 文楽公演 令和3年9月 文楽公演 国立劇場開場55周年記念】本日9/19公演の座席表をチェック 国立劇場(小劇場/590人) zaseki.music-mdata.com/18510/2 #座席表 pic.twitter.com/N8vdplhkvg

ツイッターメディア

9/18 文楽9月公演第三部~伊賀越道中双六@国立劇場 沼津の段は以前配信で観ていたが、やっぱり間近だと機微まで感じられて良いなあ。 その後、伏見、伊賀上野の段。お人形による殺陣で、三大仇討ちといわれる激闘を観賞できた。スピーディ! pic.twitter.com/kpshVTNHip

ツイッターメディア

国立劇場小ホール、文楽第一部鑑賞。 錣太夫相変わらず凄い!呂太夫さん良かった。靖太夫さんも頑張ってた! 土日に半蔵門周辺で飲食店探すのも大変しかも雨だし、ということで2階のお食事処「十八番」を初めて利用。お弁当美味しかった!鴨肉も… twitter.com/i/web/status/1…

今日は待ちに待った文楽(国立劇場)へ ◆日高川入相花王 渡し場の段 清姫には悪いけど、エンターテインメント! 何もかもが派手で楽しい。 ◆伊賀越道中双六 沼津の段 千歳太夫、最高! 気持ちが昂ってくる。 それに、呉服屋十兵衛が… twitter.com/i/web/status/1…

9/18、国立劇場、文楽、伊賀越道中双六。沼津の段。アクロバティックというかウルトラG難度の技により越えられない義理の壁を情が乗り越えるお話でした。初公演の時はお客さんは度肝を抜かれただろうな、、。この段で帰る人も何人もいたよ。人… twitter.com/i/web/status/1…

今日は国立文楽劇場へ「上方演劇特選会」を観に行ってきました。 pic.twitter.com/1tYiONgAR2

ツイッターメディア

関西お住まいの方!! 大阪での落語会のお知らせ!! 「東西若手交流会in大阪」 日時 9月20日 14時開演 場所 大阪 国立文楽劇場 木戸 予約2500 当日3000 出演 桂福丸 林家木りん 桂紋四郎 立川かしめ 金原亭杏… twitter.com/i/web/status/1…

国立劇場へ文楽を観に。文楽版の翁があるというので(「寿式三番叟」)。たいへん興味深く拝見しました。舞台に能舞台のセットが組まれていて、千歳も派手だし、三番叟は2人だし派手だし、翁だけはふつうに翁だし、なかなか楽しかった。第二部に道… twitter.com/i/web/status/1…

着物で文楽@国立劇場 と 帯でゴロゴロする猫 #猫好きさんと繋がりたい  #国立劇場 #文楽 #着物 #帯  #マンチカン #チンチラゴールデン #ジアイーノ保護犬猫応援プロジェクト  ⇒… twitter.com/i/web/status/1…

国立劇場・文楽二部を観る。 5月は見逃したので久しぶり。太棹の音がズンと来る。 大好きな咲太夫さんのお声も嬉しい! 『卅三間堂棟由来』は前後も含めて予習していったほうが良かったかな(中将姫雪責でヤッチマッタと思って以来、極力予習は… twitter.com/i/web/status/1…

さして傘を使わず国立大劇場に着いた お隣では文楽、こちらは #天王寺舞楽 貴重な舞と音楽が奏でられた、大きな違いは無い様に思われて、寝はしなかったものの意識朦朧だった…😪 アプリの雨雲レーダーを見ながら小雨の時に外を歩くように… twitter.com/i/web/status/1…

@akanobuta 今日、国立劇場で卅三間堂の舞台を見ました。文楽を見るのは2回目です。「お若い方が活躍されている」と思い、ここにたどり着きました。自分と同世代の方が、伝統芸能の世界で頑張っておられるのはとても励みになります。これからも頑張ってください!

打ち出し @ 国立劇場小劇場 9月文楽公演 2部。日高川入相花王。今日も清五郎さん清姫の可憐さ→ガブと人形さん達のハッスルぶりを堪能しました。三輪太夫と團七さんの重ねてきた年輪に尊敬。今公演でデビューした聖太夫さんと薫太夫さんの修業の道のりを見守っていきたいです。

国立劇場の文楽第2部へ。睦太夫さん、咲太夫さんと好きな太夫の語りがたっぷり聴けて幸せ。 日高川入相花王は、清姫の三輪太夫さんの悲痛な名調子が冴え渡っていた。新人の薫太夫さんがようやく聴けたのも嬉しい。音大の声楽科卒とどこかで読んだ記憶があるが、これからが大いに楽しみ。

国立文楽観劇寄席 第115回上方演芸特選会を観てきました♪ 落語:桂 慶治朗 浪曲:天中軒月子 ジャグリング:渡辺あきら 講談:旭堂南北 浪曲:春野恵子 落語:林家染雀 漫才:海原はるか・かなた (国立文楽劇場 小ホール)

国立文楽劇場のHPを見ていると正月の文楽公演が発表されている。注目しているのは第2部の絵本太功記。 関西は当面は歌舞伎の公演が少なくなりそうなので 文楽を見ることが多くなりそうです。

幕間 @ 国立劇場小劇場 9月文楽公演 2部。2回目。「卅三間堂棟由来」当然ながら初日に観た時より更に仕上がっていて、特に咲・燕三、呂勢・清治ペアの熟練の芸に酔いしれました。可愛がってくれた婆と母を同時に失ったみどり丸の健気な姿にもらい泣き😭


大阪のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。