大崎公園

大崎公園
by http://www.panoramio.com/photo/127172299
ベンチに座りながら富士山を鑑賞できるスポット。「流星の絆」などの複数のドラマでロケ地として採用された公園。

観光マップで見る
Google Mapで見る

【 住所 】神奈川県逗子市小坪4丁目25

大崎公園
が含まれる観光マップ



大崎公園 公式情報

大崎公園と披露山公園 ~富士と江ノ島 屈指の眺望を求めて歩く~

大崎公園は神奈川県逗子市小坪にある大変眺望の良い公園です。

特に富士山と江の島を1枚の写真に収める撮影地として県内では有名で、夕刻の美しさは圧巻です。

アクセスにやや難がありますので、詳しく解説すると共に、この公園を訪れる途中でほぼ確実に通過する事になる「披露山(ひろやま)公園」も併せてご紹介します。(特に、車で大崎公園を目指す場合、大崎公園ではなく披露山公園駐車場を利用する事になるのでご注意ください。)

大崎公園へのアクセス

上述の通り、まずは「披露山公園」を目指す事となります。

JR鎌倉駅起点:鎌倉駅東口バスターミナルより、京浜急行バス「鎌40系統:新逗子駅北口行き」にご乗車の上『披露山入口』で下車してください。運行頻度は1時間に3~4本程度。乗車時間は15~20分で、料金は230円です。

JR逗子駅起点:逗子駅東口バスターミナルより、京浜急行バス「鎌40系統:鎌倉駅東口行き」にご乗車の上『披露山入口』で下車してください。運行頻度は1時間に3~4本程度。乗車時間は15~20分で、料金は180円です。

披露山入口でバスを降りると、小さな案内板が進むべき方向を教えてくれます。案内に従って披露山公園を目指します。10分と書いてありますが…。割と大変です。

帰りのバスの時刻表を写真に収めておくのを忘れずに!

道に沿って上り坂を歩いていきます。地図上で見ると階段路でショートカット出来そう…と思うかもしれませんが、物凄い状態になっていますのでお勧めできません。

坂をひたすら登っていくと電話ボックスのある角があり、そこに「披露山公園→」という掲示看板があります。

ようやくの到着…ですが、フラットなスペースまではもう一踏ん張りが必要です。お車の方もその指示に従ってください。駐車場が見えてきます。

車での来訪
鎌倉か逗子の何れかの街を目的として車を走らせてください。その後、鎌倉と逗子を結ぶ主要道R311に入って「披露山公園入口」の信号にたどり着けば、後は坂道を登っていくだけです。

ナビ利用の場合、公園名は勿論ですが、この信号近隣の歯科・幼稚園・コンビニなどの電話番号の方が信頼できます。

健脚自慢の方へ
例外的アプローチですが、実体験を交えた徒歩アクセスをご紹介しておきます。JR逗子、及び京急の新逗子駅で下車した後、海(相模湾)を目指して歩きます。

そこから逗子海岸をずーっと西へ向かって歩き、逗子海岸ロードオアシスという、小さな道の駅みたいな箇所を通過、白滝山高養寺というお寺まで行きます。

ここまで30分程度。海を眺めながらウォーミングアップです。このお寺さんの脇から「浪子不動ハイキングコース」が「披露山公園」まで続いています。

端的に申しますと、距離的には何てことないです(ここまで平気で歩いてくるような方にとっては)。ただ、披露山公園の標高はおよそ70mで、お寺は海岸を前にしています。高低差あります。

コースは普通のスニーカーでも歩ける程度の最低限の整備ですが雑木林は自然のままが尊重されている様子。地面のぬかるみ、倒木や落ちた枝の処理などが万全とは言えません。

ところどころに「マムシが出ます」という看板も。執筆者がこのコースを辿った際は数日前が雨で、足元が特にぬかるんでいた事が印象的です。

サクサク上がっていけば20分程度でしょうか。

披露山公園

披露山公園はその眺望を楽しむ事は勿論ですが、ニホンザルや水鳥、ウサギや孔雀などの「動物舎」があり、無料で楽しむ事が出来ます。

レストハウスも設置されており、お手洗いも完備されていますので、これから「大崎公園」を目指す方はここで用意を整えましょう。

展望台からは先述した様に「富士山&江ノ島」がバッチリ見えます。

是非、地図アプリなどで「あっちが何だ、こっちは何方面だ」と楽しんでください。

また、目的地である「大崎公園」も見えていますので、おおよその方向を確認しましょう。

園内は平坦で動きやすく、桜の木(ソメイヨシノ)が植えられているので時期になると、ここまで来てお花見をしている方々もいらっしゃいます。

神奈川の景勝50にも選ばれている絶景を楽しみ、移動を開始します。

[披露山公園→大崎公園]披露山公園の案内板に「大崎公園→15分」という記載があります。

周辺図も描かれているのでわかりやすいと思います。展望台脇の階段を下って住宅地へ入ります。

この住宅地、一歩踏み入れればその空気感の違いに気がつくでしょう。そう、ここが日本でも指折りと言われるほどの高級住宅街「披露山庭園住宅」です。

すべての家がデカイ。電柱等全て埋設しているので道が広い。…ここは入ってはいけないのでは?と思わせる別世界ですが、徒歩での立ち入りは認められてますのでご安心を。

一方で、車は居住者のみ進入可能です。この住宅街、あんな芸能人、あんな実業家も住んでいるとかいないとか…。まっすぐ大崎公園を目指すのも良いですが、住宅街散歩も楽しいです。

大きなお庭に大きな木が植わっているケースが多く、歩きながらお花見なんて事も可能です。

大崎公園

高級住宅街を抜けると大崎公園の入口です。申し訳なさそうに小さな看板があり、もう少し先に行くと公園入口らしい雰囲気となります。

ここまで来ると、平日であればもうほとんどすれ違う人もいません。それこそ住宅街の住人と思しき方が犬のお散歩をしていたりします。

公園内は展望地まで緩やかに登っていきますが舗装がされており、快適に移動が可能。

眺望は園内の1箇所ではなく、複数の場所から複数の方面を眺められるので、ベストビューを探してみてください。

こちらの公園はソメイヨシノではありませんが数種の桜(カワヅザクラなど)を筆頭に、花をつける木々が植栽されていて、眼下に広がる青い海と空との対比が美しいです。

眺望の素晴らしさは説明不要でしょう。天気が良ければ大島まで望めます。

芝生の広場が開け、各所にベンチがあったりするのでここでお弁当を広げてみるのも良いでしょう。

お手洗いも公園内に設置されていますので安心です。展望園地は柵などで厳密に囲われている訳では無いので、景色に見とれて足元が疎かに…というパターンだけは避ける様お願いいたします。

復路

景色を満喫したら復路となります。今辿ってきた道を延々と戻るのも1つの手ですし、それが無難な方法です。

ですが、違う道もあるとお伝えしておきます。大崎公園の入口を思い出してください。

「申し訳なさそうに」案内看板があります。その看板を正面に見て右へほんの少し歩くと、それよりも遥かに狭い幅の小さな道があります。人間一人分の幅です。

ここを入ると「諏訪神社」という神社の裏手に出ます。この神社の表に回ると、感覚的には「90度に落ちてる?」と感じるほど急激な下り階段があります。

これを注意深く下りて、細道を下っていくと「小坪漁港」に出る事が出来ます。小坪漁港は神奈川でも屈指の美味しい魚を水揚げする小さな漁港として有名です。

東京の料理人が買い付けに来ると噂のお魚屋さん(小売にも対応)があったり、漁師さんがタコやワカメを直売していたりもします。

小さな港ですが公共向けのお手洗いもあったりしますし、小散策には最適。ずっと歩いてきた方はクールダウンです。

小さな細い路地が入り組む姿はいかにも港町です。漁港の角には「京浜急行バス」の「小坪海岸」バス停があります。ここは始発・終着なので必ず座れます。

「鎌40/41系統:鎌倉行」に乗ってウトウトしていれば鎌倉駅前に到着します。毎時3〜5本程度と頻度も多く、披露山〜大崎といっぱい歩いてきいるはずですから座って帰れるのは大きいです。

運賃200円。所要時間は15〜20分ですが、鎌倉駅に近づくほど渋滞が発生し易く、到着までの時間は少し伸びると考えておいたほうが良いでしょう。

披露山公園・大崎公園レポ

天気が1日中良いとはっきり分かっている日にゆっくりと巡る事をお勧めしたいです(曇っていると眺望がイマイチ)。

お弁当を買って行くなりして、どこかで最高の眺望の中ご飯を食べてください。

公園内に自動販売機等がありますが、よく歩くリートなのでお水を忘れない事も重要です。

普通のスニーカー程度、普段着で十分に散策可能ですが、どちらも海に面した高台ですので風が強い日は大変です。

天気予報を見る際には風の強さにも注意してください。最高の景色、そして心地よい疲労感。

お帰りの際は鎌倉で美味しい何かを食べてから…なんて事も。間違いなくお勧めのコースです。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More


SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります
何も見つかりませんでした。

神奈川のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事


ツイートフェイスブックシェアLINEで送る

toritake
属性 鳥竹
ボリュームたっぷりな焼き鳥が味わえることで人気のお店。こちらでは、都内では珍しく雀の肉の焼き鳥が食べら...
kokyogaien
属性 皇居外苑
「皇居前広場」の愛称で親しまれているのが「皇居外苑」です。昭和24年に「旧皇室苑地」として開放されたのが...
イクスタン
属性 イクスタン
本物そっくりなミニチュア専門店。こちらでは、食べ物を始め家具や電化製品など「こんなものまで!?」と驚く...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


地図から探す 地図から探す

マップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。