宝蔵門

宝蔵門
by https://bs.benefit-one.co.jp/bs/pages/bs/srch/menuPrticSrchRslt.faces?su=p&cd=10:10:160058::1:::0:1:2::::::1:::0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0:0::::&menuNo=160058
宝蔵門の裏側には仁王様が履いたと言われる「大わらじ」が掛けられているので、門をくぐる時は振り返るのを忘れずに!

おしゃれで少し気の強いアヤコ
宝蔵門は浅草寺の入口で、インスタ映え間違いなし!赤い門が超おしゃれで写真撮りたくなるよ。
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
宝蔵門は浅草寺の二天門とも呼ばれ、歴史的な建造物。周りの雰囲気も素敵で散策にぴったり。
冷静沈着な猫のニャンタ
宝蔵門は1964年に再建され、重要文化財に指定されています。観光客に人気のスポットです。
周辺の類似スポットを地図で見る

宝蔵門の基本情報


【スポット】宝蔵門
【ふりがな】ほうぞうもん
【 住所 】東京都台東区浅草2-3-1
【アクセス】東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩約5分
【最寄り駅】浅草駅
【営業時間】24時間
【 料金 】無料
【クーポン】なし

宝蔵門
が含まれる観光マップ



宝蔵門 公式ページ

宝蔵門の概要

宝蔵門(ほうぞうもん)は、東京都台東区浅草に位置する浅草寺の重要な門の一つです。元々は「仁王門」として知られていましたが、1951年に再建された際に現在の名称に改められました。宝蔵門は、浅草寺の本堂へと続く参道の途中にあり、その壮大な構造と美しい装飾が訪れる人々を魅了します。

宝蔵門の楽しみ方

宝蔵門は、浅草寺を訪れる際に必ず通るべきスポットの一つです。その楽しみ方は多岐にわたります。まず、門の両側に立つ巨大な仁王像に注目してください。これらの像は、仏教の守護神である阿吽(あうん)の二体で、訪れる人々を守護するとされています。特に、阿形像(あぎょうぞう)は口を開けて「阿」を表し、吽形像(うんぎょうぞう)は口を閉じて「吽」を表しています。この二体の像は、仏教の宇宙観を象徴しており、その迫力ある姿は一見の価値があります。

次に、宝蔵門の上部にある大きな提灯にも注目しましょう。この提灯は、浅草寺のシンボルの一つであり、写真撮影の人気スポットでもあります。提灯の下をくぐると、浅草寺の本堂へと続く参道が広がります。ここでの写真撮影は、訪れた記念として素晴らしい一枚になることでしょう。

また、宝蔵門の背後には「宝蔵」と呼ばれる倉庫があり、ここには浅草寺の貴重な文化財が保管されています。一般公開はされていませんが、その存在を知ることで、宝蔵門の名前の由来を理解することができます。

さらに、宝蔵門の周辺には多くの露店や土産物店が立ち並んでおり、浅草の賑やかな雰囲気を楽しむことができます。ここでは、伝統的な和菓子や工芸品、浅草ならではのグッズなどが手に入ります。特に、雷おこしや人形焼きなどの名物は、訪れた際にぜひ試してみてください。

最後に、宝蔵門を訪れる際には、浅草寺全体の歴史や文化についても学ぶことをお勧めします。浅草寺は、628年に創建された東京最古の寺院であり、その歴史は非常に深いです。宝蔵門を通じて、浅草寺の歴史や文化に触れることで、より一層の感動を味わうことができるでしょう。

宝蔵門へのアクセス

宝蔵門へのアクセスは非常に便利です。最寄り駅は東京メトロ銀座線の浅草駅で、駅から徒歩約5分の距離にあります。また、都営地下鉄浅草線や東武スカイツリーラインの浅草駅からも徒歩圏内です。浅草駅からは、雷門を通り抜けて仲見世通りを進むと、宝蔵門に到着します。観光地として非常にアクセスしやすい場所に位置しているため、初めて訪れる方でも迷うことなく到着できるでしょう。

東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。