等持院

等持院
photo by @wanko_haru
1341年に足利義満が建てた寺院。訪れる観光客が少ないため回遊式庭園がゆっくりと味わえるという密かに話題のスポット。庭を見ながら抹茶もいただけるので心落ち着く時間を過ごされてみては?

観光マップで見る
Google Map


京都のSNS映えスポットリスト

おすすめ記事
sdcsdc-e718_hiharashou「SNS映え」を徹底解説!ビジネスもプライベートも無視できない?
sakura.2_pink【徹底解説】インスタ映えとは?意味や写真の特徴と撮り方。カフェやスイーツも女子に人気

【 住所 】京都市北区等持院北町63

足利家の菩提寺・等持院は紅葉の名所

等持院は室町時代初期に足利尊氏によって創建された寺院です。

足利家の菩提寺として高い格式を持っており、創建当初から現在まで移転していません。

夢窓疎石(むそうそせき)作の美しい庭園も現存しています。

尊氏の墓所もあり、歴史ある寺院の観光スポットを紹介したいと思います。

場所:京都市北区等持院北町63
拝観時間:午前9時~午後5時
拝観日:無休 12月30日~1月3日までは午後3時まで
拝観料:大人500円 子供(小・中学生)300円
交通アクセス:京福電車等持院駅下車 徒歩約10分 京都市バス「立命館大学前」より徒歩10分

等持院の歴史

暦応4年(1341年)足利尊氏が「等持寺」の別院として創建しました。

開山者(初代住職)は天龍寺の初代住職でもある夢窓疎石です。

本寺となった等持寺とは、二条大路高倉の東南にあった尊氏の屋敷をいいます。

屋敷は二つの役割を持っていました。

一つは室町幕府の政庁の役割で、もう一つは禅宗寺院としての役割でした。

その為、屋敷は尊氏の住居として「二条高倉邸」といわれ、禅宗寺院としては「等持寺」といわれたのです。

尊氏の死後、別院等持寺は尊氏の墓所となり、その名前を「等持院」と改称しました。

その後、室町幕府の歴代将軍は等持院で葬儀をあげるようになりました。

そのため本寺の方がさびれてしまい、また、応仁の乱によって本寺が消失したため、別院だった等持院が本寺になったのです。

足利尊氏について

元々、足利家は源氏の名門でした。

源頼朝のご先祖・義家の子孫が下野国足利(今の栃木県足利市)に移り住んだため、その地名を名字にしたのだそうです。

尊氏は嘉元3年(1305年)7月27日に足利貞氏の次男として生まれました。

元弘元年/元徳3年(1331年)、父・貞氏が死去し、尊氏が家督を継ぐことになりました。

足利氏の家督は一旦は兄の高義が継いでいたのですが、その兄は父より先に亡くなっていたのです。

その年に起きた元弘の乱では鎌倉幕府側として戦った尊氏でしたが、幕府に不満もあり、その後は、後醍醐天皇に味方し、鎌倉幕府を滅ぼすことに協力します。

ところが、後醍醐天皇が行った「建武の新政」は、公家や貴族だけを出世させる、尊氏の理想とはまったく違うものでした。

尊氏は手柄を立てた武士たちを出世させたかったのです。

政治に参加せず、京を去った尊氏を後醍醐天皇は新田義貞や楠木正成らに討つように命令したのです。

天皇側の反攻により一時は九州に都落ちしたものの、再び太宰府天満宮を拠点に上洛して京都を制圧することに成功します。

さらに、光明天皇を擁立して征夷大将軍に補任され新たな武家政権(室町幕府)を開きました(北朝)。

後醍醐天皇は捕虜となったものの吉野に脱出し南朝を創始しました。

その後、南北朝時代は60年ほど続き、朝廷(天皇)は二つに分かれて争うようになりました。

足利尊氏はとてもカリスマ性のあるリーダーで、勇敢かつ人情深く、武士たちからは人気がありました。

室町幕府にも優秀な人材が集まったと言われています。

尊氏は正平13年/延文3年(1358年)4月30日、戦で受けた矢傷による背中の腫れ物がもとで亡くなってしまいました。享年54歳でした。

等持院の境内

方丈
方丈は本堂にあたる建物です。現在の方丈は、1616年に福島正則によって妙心寺の塔頭寺院である海福院から移築されました。

広縁は鴬張りで、歩くと美しい音がなります。方丈の前にある衝立の達磨絵はとてもインパクトがあるものです。

かつて天龍寺派管長であった関牧翁が禅宗の開祖である達磨を描いたといわれています。

方丈庭園
【東庭】方丈庭園は方丈と書院の間にあります。東庭と西庭に分かれており、東庭は草書体の心を象って作られた心字池を中心に作られています。室町時代に作られた庭の特徴がよく出ており、夢窓疎石が作庭したものと考えられています。心字池の周囲にはもみじなど、紅葉が美しい樹木が豊富です。

【西庭】西庭は、芙蓉(ふよう)を象ったといわれる芙蓉池を中心に作られています。衣笠山を借景とした池泉回遊式庭園で、平面的な東庭に比べて立体的に造られています。方丈・書院・茶室である清漣亭(せいれんてい)の3か所から見ることができます。書院では、西庭を眺めながら抹茶やほうじ茶をいただくこともでき、おすすめです。

霊光殿
方丈と廻廊で繋がる「霊光殿」には、歴代の足利将軍の木像14体が安置されています。

ただし、5代・義量と14代・義栄の像はありません。

また、明治の廃仏毀釈によって石清水八幡宮豊蔵坊から遷された「徳川家康木像」も祀られています。

この木像は家康が42歳の時に厄落としの為にわざわざ作らせたものです。

何故、移されたのか、その謂われについては不明とのことです。

足利尊氏の念持仏(私的に持ち歩いて拝んでいた仏像)と伝えられている利運地蔵尊(りうんじぞうそん)も安置されています。

他に伝弘大師の作とされている本尊の地蔵尊、達磨大師の像があります。

尊氏の姿を写したものには、この木像の他にも絵画などもあります。

一般的に知られているのは、学校教科書に掲載されているザンバラ髪の肖像です。

近年では、この絵画は尊氏ではないという説もあるようですが、自分の世代は今更違うと言われても・・・という気分です。

清漣亭(茶室)
清漣亭(せいれんてい)は、室町幕府の八代将軍足利義政(あしかがよしまさ)が尊氏没年百年忌の法要の時に建てた茶室です。

建立は1457年だったといいますが、現在の清漣亭は江戸時代に再建された入母屋造り、茅葺の屋根の建物です。

清漣亭の部屋は通常の茶室と異なり、床の一部が他の場所より一段高くなっている貴人床という造りとなっています。

高い場所に天皇や上流貴族など高貴な人が座り、庭や衣笠山の眺めを楽しんだと伝えられています。

また、西側には明治時代に増築された四畳半の間を持つ茶室が造られており、併せて見学可能です。

尊氏公墓宝篋印塔(たかうじこうぼほうきょういんとう)
足利尊氏の墓と伝わる約1.5mの宝篋印塔で、庭の片隅にひっそりと佇んでいます。

宝瓶には蓮花を押した文様があり、室町幕府を創設した人物にしては意外に小さく感じます。

足利尊氏は、あまり物欲や私利私欲がない人だったと言われます。

墓所が小さいのも、自分を誇示したり、見栄を張ったりすることがなかったからなのかもしれません。

逆賊としての尊氏

等持院は幕末になると、火災とは別の災難に合うことになります。

時は尊皇攘夷の風が吹き荒れていました。明治天皇は南朝側の天皇です。

建武の新政で、朝政を取り戻した後醍醐天皇を倒した尊氏は尊皇派の志士たちから逆賊と誹謗されます。

文久3年(1863年)2月22日の夜、尊皇派の志士は等持院から尊氏と 義詮・義満の木像の首を盗み出し、賀茂川の河原に晒したのです。

これは足利三代木像梟首事件と言われます。

京都守護職の松平容保は、この事件に激怒、犯人は捕らえられて、その後、浪士の取り締まりが強化されることになります。

現在、霊光殿に安置されている尊氏、義詮、義満の3体の像には、しっかりと首が付いています。

また、第2次大戦前には、商工大臣の中島久万吉が、尊氏のことを「足利尊氏は人間的にはすぐれた人物だ」と雑誌に書いたところ、国会で問題視されることになります。

野党から激しい追求にあい、彼は辞任せざるを得ない羽目になったのです。

尊氏を取り巻く環境は時を経ても厳しく、その菩提寺である等持院も「朝敵の寺」として肩身の狭い時期があったのです。

「朝敵の寺」とされた時期を経て、今では紅葉の綺麗な観光名所として、知る人ぞ知る穴場スポットです。

大きな通りに面しておらず、少し奥まった住宅街にあるため、紅葉のシーズンでも混雑せずに楽しむことができます。

何度となく訪れたい場所のひとつです。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More
*出所記載のないページ内のInstagram画像は、Instagram社の利用規約及びライセンスに基づきシステムが自動抽出して表示しております。詳細はInstagram社の利用規約等をご確認ください


SNSでの口コミ(みんなの反応)
SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

「足利代々の木像といえば、たしか足利家の菩提寺、洛北の等持院にまつられていたはずだ。」(山南) #shinsengumi #ryoma #bot

あの道の土地は京都学園のだったんか。綺麗にしたねー。近くに住んでたけどブロック塀で区切られて、舗装されてない剥き出しの砂利道、雨降ったら大きな水溜りがいくつも出来て、すごい荒れ道で不思議だったのよね。街灯もないけど意外と需要あったんやね。嵐電の等持院側の道や、そもそも区画整備を…

想起「うろおぼえの等持院(とうじいん)」 京都府京都市 pic.twitter.com/PQUyqdNfo7※画像はWikipediaの同名記事より引用

ツイッターメディア

@MOTOYOS1965 @jOPB0EqFkCa9Czv ん~、実はこのあたり、結構難しいお土地柄なんですよ。嵐電の北側の今出川通ですら、ちょっと通行に難のある土地ですが、まず等持院・龍安寺・妙心寺・仁和寺と言う著名寺院に囲まれていて、大掛かりな工事がやりにくいんです。

京都で鹿苑寺に行ったら等持院にも来てほしいな(・∀・)俺だけじゃなくて歴代の足利将軍にいっぺんに会うことができるよ!お庭には俺の墓所があるから、忘れずに会いに来てね。

【Rit's生一人暮らしランキング】1位北野白梅町。大学が近く、生活もしやすいため、多くの立命生が住んでいます。2位円町。駅が近く交通の利便性がよい。3位以下は激戦です。等持院や佛大エリア、原谷など。不動産屋は売りにくい場所を売ってくるところもあるため、事前に調べましょう!

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

@Toki6 どこの寺…?妙心寺?妙心寺?等持院?建仁寺?妙心寺????

読了・水上勉の少年時代を書いた作品 徒弟に出された京都の寺(衣笠 等持院)を脱走,店員 ,行商人,集金人などを転々としながら立命館大学国文科に学ぶが中退、あの辺りは 学生時代をうろついていたので懐かしい。 pic.twitter.com/8GsoHMYXZB

ツイッターメディア

貞村<等持院の各代の公方様の木像を見に行って、お堂を10周したのは私です

フォローワーさんだけにこっそり教えるとね。 「等持院」 観光バスが入れないから、人が少ない。 秋の京都なら絶対にここ。 newspass.jp/a/5itbn

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

等持院 等持院道停 五山の下、十刹に相当します。1343年足利尊氏が、または1338年足利直義が創建、歴代足利将軍の木像があり、また名勝指定ではありませんが立派な庭園があります。

等持院足利尊氏像:京都にある臨済宗天龍寺派の寺院で、足利氏の菩提寺。尊氏は後醍醐天皇に反逆したとして、幕末以降逆賊扱いされてきたが、戦後の歴史観の変遷を経て再評価され始めた。京都の時代祭で永く室町時代がなかったのもこの事に起因する。 pic.twitter.com/B568tzmjt7

ツイッターメディア

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

足利将軍家代々に伝わる酒飲み体質は一体誰が始めなのか。等持院殿が酒飲みであらせられたか、執事殿に一度聞いてみたい。

京都で鹿苑寺に行ったら等持院にも来てほしいな(・∀・)俺だけじゃなくて歴代の足利将軍にいっぺんに会うことができるよ!お庭には俺の墓所があるから、忘れずに会いに来てね。

等持院に行けば余の木像を拝むことができるぞ。初代尊氏公〜15代義昭公、徳川家康の木造が安置されておる。結構そばまで寄れるから、じっくり日が暮れるまで見ていけ。夢想疎石作と言われる庭も絶景だぞ。義政お好みの茶室も見ていけ。余の息子だ。

【嵐電(京福電気鉄道株式会社)主催、めぐるたび新しい京都~初秋の禅寺特別体験~特別拝観等持院・妙心寺~】が開催され、嵐電応援大使DJ・HAGGYとして、参加しました。等持院のお坊様、妙心寺のお坊様と職員の方のわかりやすい説明は、勉… twitter.com/i/web/status/1…

@fujinasubi ハイ(^^)今日は尊氏さん巡業ということでw等持院、篠村八幡宮、綾部安国寺を巡ってきたのですが、いつもながら素敵なひとときを過ごさせて頂きました(^人^)涼しくなったからか現場も活気づいていたような…(^^… twitter.com/i/web/status/1…

鉄道会社:全て 1:近江八幡,JR西日本,滋賀県 2:等持院,京福電気鉄道,京都府 3:武蔵小杉,東京急行電鉄,神奈川県 4:岩間,JR東日本,茨城県 5:別所温泉,上田電鉄,長野県 6:新川,JR北海道,北海道

@ef_infor 台風21号大丈夫だったのですね♪ 京都も大阪も、あちこちで、えらいことになっているので、この「ふきっさらし」の等持院がどうなっているのかいささか心配でした。

またまた等持院に来てしまいました(^^; 芙蓉と桔梗の花が雨露に映えて、とても綺麗です(*´꒳`*) 今回は梁の着色をされている現場に遭遇!思わず職人さんの筆遣いに魅入ってしまいました(^^)←不審者でスミマセンw 現場監督のよう… twitter.com/i/web/status/1…

0915🌞 等持院に行きました。北区にある寺院なので少し遠かったですが、縁側で楽しい時間を過ごすことが出来、中の人はホッコリしました☺️🌿🎵 来週から大学が始まる人もいますね。夏休みは楽しかったですか?🍧🌻🎆 後期も頑張りましょう… twitter.com/i/web/status/1…

等持院に寄り道。 足利の菩提所で歴代将軍像もありますが 現在工事中のため、お庭のみ拝観可能です。 ここのお庭がとても好き。 pic.twitter.com/V75XuozOn8

ツイッターメディア

等持院に行けば余の木像を拝むことができるぞ。初代尊氏公〜15代義昭公、徳川家康の木造が安置されておる。結構そばまで寄れるから、じっくり日が暮れるまで見ていけ。夢想疎石作と言われる庭も絶景だぞ。義政お好みの茶室も見ていけ。余の息子だ。

想起「うろおぼえの等持院(とうじいん)」 京都府京都市 pic.twitter.com/PQUyqdNfo7※画像はWikipediaの同名記事より引用

ツイッターメディア

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

余の長男、後の義勝は、等持院の歴代将軍木像の中では何かアイドル扱い。 拝観客「かわいぃー」 おい、素通りするな。余のことも見ろ。

私の執事高重氏は、歌人としても有名で、宇都宮歌壇に連なることで知られる。え?私や足利一族はどうかって?私は早世してしまったからな。法楽寺殿や勝長寿院別当法印最信、等持院殿は歌人として知られているな。

足利将軍家代々に伝わる酒飲み体質は一体誰が始めなのか。等持院殿が酒飲みであらせられたか、執事殿に一度聞いてみたい。

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

【Rit's生一人暮らしランキング】1位北野白梅町。大学が近く、生活もしやすいため、多くの立命生が住んでいます。2位円町。駅が近く交通の利便性がよい。3位以下は激戦です。等持院や佛大エリア、原谷など。不動産屋は売りにくい場所を売ってくるところもあるため、事前に調べましょう!

一度、等持院に参って義勝公のお像を生で見てみたい…写真で見るとお可愛らしく、何となく目元はお爺様の肖像画のものと似ている様な。 彼が夭折しなかったら室町幕府はどうなっていただろう…やっぱ、結局はアカンかったかしら?

等持院の庭園。方丈は工事中。 pic.twitter.com/j7x8Bbgw5i

ツイッターメディア

本当は等持院にも行きたかったんだけど時間なくって切ったんだよね…今はまだ改装中で木像見れないらしいからってのもあったんだけど

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

I'm at 等持院道 バス停 in 京都市, 京都府 swarmapp.com/c/jfYSgLcxYgn

昼下がりの穏やかな等持院道。念願のお店を訪問できた。宇野さんの記事を読みこれは食べてみねば、と思いたったのだ。確かに、重量がすごい。これから夕食にいただきます。 #観光しない京都 #お好み焼きジャンボ #右京区最強説 pic.twitter.com/0RkPm3jY4L

ツイッターメディア

京都市バス #乗車記録 [西大路通] 京都駅 │26 15:48 等持院道発 517 (梅津JR) KL-HU2PMEE

I'm at 等持院道 バス停 in 京都市, 京都府 swarmapp.com/c/4LjalnlTJAp

京都で鹿苑寺に行ったら等持院にも来てほしいな(・∀・)俺だけじゃなくて歴代の足利将軍にいっぺんに会うことができるよ!お庭には俺の墓所があるから、忘れずに会いに来てね。

足利の樺崎寺の境内には歴代足利当主の五輪塔と歴代執事の五輪塔があったんだ。京の等持院と真如寺、足利の菩提寺と高の菩提寺がほとんど一体化してたのも、真如寺の創建は俺だけど、ご舎弟・直義殿が主導した可能性があるのも、そう考えると別に不思議でもないよな〜(▼ω▼キ)


ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう



aquamutti_2j
属性 二条城
徳川家康を将軍として認めた式典が行われた場所であり、徳川慶喜が大政奉還を行った場所として日本史上重要な...
rinodayoo_suzumusi
属性 鈴虫寺(華厳寺)
わらじを履いた「幸福地蔵さん」が願い事を一つだけ叶えてくれるということで有名なお寺。こちらの神社は独自...
ena830_mons
属性 Mons Cafe
隠れ家風なビーチ系カフェ。一階はホワイト、二階はターコイズな色合いをテーマにしています。テーブル席はも...


写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る

おすすめ記事
0_mainコカ・コーラワールド(ラスベガス)体験レポ
miki-a227_dmura【完全版】京都観光を満喫するなら外せない60のチェックポイント!これで旅行は完璧!
bakka-na価格の安い順!新橋のおすすめランチバイキング18選
wakayamaidelamen和歌山県の見逃せない人気のお土産29選!
s_tokyojarmy女の子13タイプ別東京のデートスポット

面白いスポットを見つけよう!
写真から探す地図から探すテーマから探す


公式Facebook
マップに戻る
スポット情報拡充申請

INSTAGRAM
SNAPLACEが運営するSNS映えスポットを紹介するInstagramアカウント。「#snaplace」を付けて写真を投稿して頂くと、素敵なものをアカウントや弊社メディアでご紹介。