等持院
1341年に足利義満が建てた寺院。訪れる観光客が少ないため回遊式庭園がゆっくりと味わえるという密かに話題のスポット。庭を見ながら抹茶もいただけるので心落ち着く時間を過ごされてみては?
等持院
photo by @wanko_haru

観光マップで見る
Google Map


京都のSNS映えスポットリスト

おすすめ記事
sdcsdc-e718_hiharashou「SNS映え」を徹底解説!ビジネスもプライベートも無視できない?
sakura.2_pink【徹底解説】インスタ映えとは?意味や写真の特徴と撮り方。カフェやスイーツも女子に人気

【 住所 】京都市北区等持院北町63

足利家の菩提寺・等持院は紅葉の名所

等持院は室町時代初期に足利尊氏によって創建された寺院です。

足利家の菩提寺として高い格式を持っており、創建当初から現在まで移転していません。

夢窓疎石(むそうそせき)作の美しい庭園も現存しています。

尊氏の墓所もあり、歴史ある寺院の観光スポットを紹介したいと思います。

場所:京都市北区等持院北町63
拝観時間:午前9時~午後5時
拝観日:無休 12月30日~1月3日までは午後3時まで
拝観料:大人500円 子供(小・中学生)300円
交通アクセス:京福電車等持院駅下車 徒歩約10分 京都市バス「立命館大学前」より徒歩10分

等持院の歴史

暦応4年(1341年)足利尊氏が「等持寺」の別院として創建しました。

開山者(初代住職)は天龍寺の初代住職でもある夢窓疎石です。

本寺となった等持寺とは、二条大路高倉の東南にあった尊氏の屋敷をいいます。

屋敷は二つの役割を持っていました。

一つは室町幕府の政庁の役割で、もう一つは禅宗寺院としての役割でした。

その為、屋敷は尊氏の住居として「二条高倉邸」といわれ、禅宗寺院としては「等持寺」といわれたのです。

尊氏の死後、別院等持寺は尊氏の墓所となり、その名前を「等持院」と改称しました。

その後、室町幕府の歴代将軍は等持院で葬儀をあげるようになりました。

そのため本寺の方がさびれてしまい、また、応仁の乱によって本寺が消失したため、別院だった等持院が本寺になったのです。

足利尊氏について

元々、足利家は源氏の名門でした。

源頼朝のご先祖・義家の子孫が下野国足利(今の栃木県足利市)に移り住んだため、その地名を名字にしたのだそうです。

尊氏は嘉元3年(1305年)7月27日に足利貞氏の次男として生まれました。

元弘元年/元徳3年(1331年)、父・貞氏が死去し、尊氏が家督を継ぐことになりました。

足利氏の家督は一旦は兄の高義が継いでいたのですが、その兄は父より先に亡くなっていたのです。

その年に起きた元弘の乱では鎌倉幕府側として戦った尊氏でしたが、幕府に不満もあり、その後は、後醍醐天皇に味方し、鎌倉幕府を滅ぼすことに協力します。

ところが、後醍醐天皇が行った「建武の新政」は、公家や貴族だけを出世させる、尊氏の理想とはまったく違うものでした。

尊氏は手柄を立てた武士たちを出世させたかったのです。

政治に参加せず、京を去った尊氏を後醍醐天皇は新田義貞や楠木正成らに討つように命令したのです。

天皇側の反攻により一時は九州に都落ちしたものの、再び太宰府天満宮を拠点に上洛して京都を制圧することに成功します。

さらに、光明天皇を擁立して征夷大将軍に補任され新たな武家政権(室町幕府)を開きました(北朝)。

後醍醐天皇は捕虜となったものの吉野に脱出し南朝を創始しました。

その後、南北朝時代は60年ほど続き、朝廷(天皇)は二つに分かれて争うようになりました。

足利尊氏はとてもカリスマ性のあるリーダーで、勇敢かつ人情深く、武士たちからは人気がありました。

室町幕府にも優秀な人材が集まったと言われています。

尊氏は正平13年/延文3年(1358年)4月30日、戦で受けた矢傷による背中の腫れ物がもとで亡くなってしまいました。享年54歳でした。

等持院の境内

方丈
方丈は本堂にあたる建物です。現在の方丈は、1616年に福島正則によって妙心寺の塔頭寺院である海福院から移築されました。

広縁は鴬張りで、歩くと美しい音がなります。方丈の前にある衝立の達磨絵はとてもインパクトがあるものです。

かつて天龍寺派管長であった関牧翁が禅宗の開祖である達磨を描いたといわれています。

方丈庭園
【東庭】方丈庭園は方丈と書院の間にあります。東庭と西庭に分かれており、東庭は草書体の心を象って作られた心字池を中心に作られています。室町時代に作られた庭の特徴がよく出ており、夢窓疎石が作庭したものと考えられています。心字池の周囲にはもみじなど、紅葉が美しい樹木が豊富です。

【西庭】西庭は、芙蓉(ふよう)を象ったといわれる芙蓉池を中心に作られています。衣笠山を借景とした池泉回遊式庭園で、平面的な東庭に比べて立体的に造られています。方丈・書院・茶室である清漣亭(せいれんてい)の3か所から見ることができます。書院では、西庭を眺めながら抹茶やほうじ茶をいただくこともでき、おすすめです。

霊光殿
方丈と廻廊で繋がる「霊光殿」には、歴代の足利将軍の木像14体が安置されています。

ただし、5代・義量と14代・義栄の像はありません。

また、明治の廃仏毀釈によって石清水八幡宮豊蔵坊から遷された「徳川家康木像」も祀られています。

この木像は家康が42歳の時に厄落としの為にわざわざ作らせたものです。

何故、移されたのか、その謂われについては不明とのことです。

足利尊氏の念持仏(私的に持ち歩いて拝んでいた仏像)と伝えられている利運地蔵尊(りうんじぞうそん)も安置されています。

他に伝弘大師の作とされている本尊の地蔵尊、達磨大師の像があります。

尊氏の姿を写したものには、この木像の他にも絵画などもあります。

一般的に知られているのは、学校教科書に掲載されているザンバラ髪の肖像です。

近年では、この絵画は尊氏ではないという説もあるようですが、自分の世代は今更違うと言われても・・・という気分です。

清漣亭(茶室)
清漣亭(せいれんてい)は、室町幕府の八代将軍足利義政(あしかがよしまさ)が尊氏没年百年忌の法要の時に建てた茶室です。

建立は1457年だったといいますが、現在の清漣亭は江戸時代に再建された入母屋造り、茅葺の屋根の建物です。

清漣亭の部屋は通常の茶室と異なり、床の一部が他の場所より一段高くなっている貴人床という造りとなっています。

高い場所に天皇や上流貴族など高貴な人が座り、庭や衣笠山の眺めを楽しんだと伝えられています。

また、西側には明治時代に増築された四畳半の間を持つ茶室が造られており、併せて見学可能です。

尊氏公墓宝篋印塔(たかうじこうぼほうきょういんとう)
足利尊氏の墓と伝わる約1.5mの宝篋印塔で、庭の片隅にひっそりと佇んでいます。

宝瓶には蓮花を押した文様があり、室町幕府を創設した人物にしては意外に小さく感じます。

足利尊氏は、あまり物欲や私利私欲がない人だったと言われます。

墓所が小さいのも、自分を誇示したり、見栄を張ったりすることがなかったからなのかもしれません。

逆賊としての尊氏

等持院は幕末になると、火災とは別の災難に合うことになります。

時は尊皇攘夷の風が吹き荒れていました。明治天皇は南朝側の天皇です。

建武の新政で、朝政を取り戻した後醍醐天皇を倒した尊氏は尊皇派の志士たちから逆賊と誹謗されます。

文久3年(1863年)2月22日の夜、尊皇派の志士は等持院から尊氏と 義詮・義満の木像の首を盗み出し、賀茂川の河原に晒したのです。

これは足利三代木像梟首事件と言われます。

京都守護職の松平容保は、この事件に激怒、犯人は捕らえられて、その後、浪士の取り締まりが強化されることになります。

現在、霊光殿に安置されている尊氏、義詮、義満の3体の像には、しっかりと首が付いています。

また、第2次大戦前には、商工大臣の中島久万吉が、尊氏のことを「足利尊氏は人間的にはすぐれた人物だ」と雑誌に書いたところ、国会で問題視されることになります。

野党から激しい追求にあい、彼は辞任せざるを得ない羽目になったのです。

尊氏を取り巻く環境は時を経ても厳しく、その菩提寺である等持院も「朝敵の寺」として肩身の狭い時期があったのです。

「朝敵の寺」とされた時期を経て、今では紅葉の綺麗な観光名所として、知る人ぞ知る穴場スポットです。

大きな通りに面しておらず、少し奥まった住宅街にあるため、紅葉のシーズンでも混雑せずに楽しむことができます。

何度となく訪れたい場所のひとつです。

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More
*出所記載のないページ内のInstagram画像は、Instagram社の利用規約及びライセンスに基づきシステムが自動抽出して表示しております。詳細はInstagram社の利用規約等をご確認ください


SNSでの口コミ(みんなの反応)
SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

等持院駅で日の出待ちなう。 pic.twitter.com/Bqc7UqNBua

ツイッターメディア

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

近習の貞村が、等持院にある等身大フィギアのレプリカが売り出されないかと言っていた。等身大を買って屋敷に飾りたいそうだ。変態だ。

貞村<等持院の各代の公方様の木像を見に行って、お堂を10周したのは私です

余の長男、後の義勝は、等持院の歴代将軍木像の中では何かアイドル扱い。 拝観客「かわいぃー」 おい、素通りするな。余のことも見ろ。

基本的には相国寺と等持院が足利家の菩提寺だからここで供養されてると思っていいが、墓があるわけではないってゆー。

京都市バス #乗車記録 [西大路通] 京都駅 │26 6:37 等持院道発 2529 (梅津JR) LJG-HU8JMGP

I'm at 等持院道 バス停 in 京都市, 京都府 swarmapp.com/c/4PLfttsm1v1

京都で鹿苑寺に行ったら等持院にも来てほしいな(・∀・)俺だけじゃなくて歴代の足利将軍にいっぺんに会うことができるよ!お庭には俺の墓所があるから、忘れずに会いに来てね。

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

等持院と龍安寺と北野白梅町をぐるぐるしたり学館の意味をなさないクーラーにうがーってなってた一日だった

等持院は(足利尊氏)が創建した寺院で、衣笠山を借景としている #kyoto

等持院【京都市北区】 臨済宗天龍寺派の寺院。 足利家の菩提寺で、境内の霊光殿には足利13歴代将軍の木像を安置。ユニークな美術品が多くあり、夢窓国師作の三大庭園の一つでもある庭には、カキツバタやツツジなど色とりどりの花が咲く。

まだ等持院にいる

京都で鹿苑寺に行ったら等持院にも来てほしいな(・∀・)俺だけじゃなくて歴代の足利将軍にいっぺんに会うことができるよ!お庭には俺の墓所があるから、忘れずに会いに来てね。

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

足利将軍家代々に伝わる酒飲み体質は一体誰が始めなのか。等持院殿が酒飲みであらせられたか、執事殿に一度聞いてみたい。

今日歩いていたら、等持院の山門入ってまっすぐ進んだ右手のブロック塀、道路側に傾いているように見えました。 前からかもしれないけど、塀の頭に乗っている屋根型のブロックが一つ落下して破損してました。 念のため側を通らない方が良いと思います。

@oguri_sakura 物思いにふけりたいときにフラッと等持院というお寺に行くほど足利好きの自分としてはなんとも興味深い御本ですね。

京都市バス #乗車記録 [西大路通] 京都駅 │26 6:37 等持院道発 2973 (梅津JR) LNG-HU8JMGP

I'm at 等持院道 バス停 in 京都市, 京都府 swarmapp.com/c/1eIHcYocx1P

等持院足利尊氏像:京都にある臨済宗天龍寺派の寺院で、足利氏の菩提寺。尊氏は後醍醐天皇に反逆したとして、幕末以降逆賊扱いされてきたが、戦後の歴史観の変遷を経て再評価され始めた。京都の時代祭で永く室町時代がなかったのもこの事に起因する。 pic.twitter.com/B568tzmjt7

ツイッターメディア

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

【Rit's生一人暮らしランキング】1位北野白梅町。大学が近く、生活もしやすいため、多くの立命生が住んでいます。2位円町。駅が近く交通の利便性がよい。3位以下は激戦です。等持院や佛大エリア、原谷など。不動産屋は売りにくい場所を売ってくるところもあるため、事前に調べましょう!

戦国時代を振り返る画像。 『等持院・足利義昭像』 プロフィールは→sengoku-g.net/men/view/84 #戦国時代 #歴史 #幕府・朝廷 pic.twitter.com/v2CcvIuu4H

ツイッターメディア

衣笠保育園|最寄り:等持院駅(京福電気鉄道京福電気鉄道北野線)【保育園・幼稚園情報】senzaihoikushi.com/kyoto/kyoto_19…

等持院 等持院道停 五山の下、十刹に相当します。1343年足利尊氏が、または1338年足利直義が創建、歴代足利将軍の木像があり、また名勝指定ではありませんが立派な庭園があります。

@taka_1515565615 今から等持院行く

@Library644 裏手の等持院墓地が開けてて安全😇 😇 😇

足利将軍家代々に伝わる酒飲み体質は一体誰が始めなのか。等持院殿が酒飲みであらせられたか、執事殿に一度聞いてみたい。

京都で鹿苑寺に行ったら等持院にも来てほしいな(・∀・)俺だけじゃなくて歴代の足利将軍にいっぺんに会うことができるよ!お庭には俺の墓所があるから、忘れずに会いに来てね。

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

ぽつぽつ振り返りをば。 一日目は夜の刀ステ観劇の時間まで、義輝痕跡巡りということで、義輝最期の地と等持院へお邪魔してきました。改装工事中で残念ながら義輝公の座像とご対面は叶わなかったけれど、染さまも座ってたお茶室で同じ場所に座れ… twitter.com/i/web/status/1…

等持院のお好み焼きジャンボの 持ち帰りセット これで1つ…一人で食い切れるやろかw pic.twitter.com/KKmQuOntvd

ツイッターメディア

【映画】牧野省三 日本映画の父/大映通り 三吉稲荷/等持院 最初の撮影所 牧野省三銅像/本能寺合戦 真如堂ロケ 日本初の時代劇映画/二条城撮影所跡/二尊院 阪東妻三郎墓/尾上松之助/法輪寺達磨寺 キネマ殿/稲畑勝太郎 シネマトグラフ #kyoto

等持院!! 本殿は改修工事中。残念! pic.twitter.com/3WrypIKk2q

ツイッターメディア

@kzs_yoyo 私今、等持院にいますよ~~~

京都で鹿苑寺に行ったら等持院にも来てほしいな(・∀・)俺だけじゃなくて歴代の足利将軍にいっぺんに会うことができるよ!お庭には俺の墓所があるから、忘れずに会いに来てね。

長男の千也茶丸(後の義勝)を知っているか?この子は日野重子が産んだが、余は正妻に引き取らせて正妻の子として育てさせたぞ。この子は余の死後に細川持之に擁立されて将軍職を継ぎ、わずか8か月で病死してしまった。等持院では余の隣に座っているから、可愛がっておくれ。

京都で鹿苑寺に行ったら等持院にも来てほしいな(・∀・)俺だけじゃなくて歴代の足利将軍にいっぺんに会うことができるよ!お庭には俺の墓所があるから、忘れずに会いに来てね。

@masahiro_usui その二条城は1603年に徳川家康が建てた、義輝とは関係ない城ですよ🏯敢えての観光ならすみません💦よかったら石碑しかないですが本物の義輝二条城跡地もぜひ。等持院もオススメです。東京公演も楽しみにしてます。

最寄り路線の駅名が物騒シリーズなんだが 「等持院」 「龍安寺」 「妙心寺」 「御室仁和寺」 って言う駅の並びは本当に足利家専用路線って感じですよね

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

都周辺に領地を持つ大名(主に初代等持院殿との縁が深い家)は在京して余を助けていた。故に領地の統治は家臣に任せ、大名自身は領地との関わりが薄くなっていたが、これがもしかすると地縁を利用し味方につけた在郷の家臣に在京の大名が下剋上される例が多発した要因の一つかもしれぬな。

徳川幕府は足利将軍家に対する敬意の元、様々習った点もある。故に幕末、徳川への批判が高まると同時に、足利将軍家に対する敵意も高まったのだ。ある時攘夷志士が等持院に押し入り、尊氏、義詮、義満公の木像の首を斬り(本当は斬ってない!ぽこっと外れるそうだ!)晒し首だと河原にさらしたそうな

@ishikizerosaki 軽く調べてみて良さげなのが等持院かなと。足利尊氏の菩提寺だと。 仁和寺方面にあるけど、無理っぽい? 仁和寺も素敵な場所だなぁ。

等持院【京都市北区】 臨済宗天龍寺派の寺院。 足利家の菩提寺で、境内の霊光殿には足利13歴代将軍の木像を安置。ユニークな美術品が多くあり、夢窓国師作の三大庭園の一つでもある庭には、カキツバタやツツジなど色とりどりの花が咲く。

京都で鹿苑寺に行ったら等持院にも来てほしいな(・∀・)俺だけじゃなくて歴代の足利将軍にいっぺんに会うことができるよ!お庭には俺の墓所があるから、忘れずに会いに来てね。

【698】次の京都市内のお寺とそれが位置する区:等持院⇔北区、知恩寺⇔左京区、醍醐寺⇔伏見区、西芳寺⇔西京区、清水寺⇔東山区

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

2、等持院(等持寺)跡。足利尊氏が初めてつくってからずっと足利家の菩提寺となった等持院が最初にあった場所です。先日に別の寺の話題ついでにちょっと上げてたのがこれですね。 pic.twitter.com/XbLdouIIii

ツイッターメディア

@wakusei2nd 僕は京都学園大学に在籍してました。 立命館大にも遊びにいきましたよ。 等持院駅からすぐですね。

等持院は将軍家の菩提寺でありながら苦難の歴史を歩んできた。火事や天災で貴重な建物が失われ、幕末は徳川への憎しみが足利将軍家にまで燃え移り、国賊の菩提寺と攘夷志士に襲撃された。そのたびに等持院を守ってきたもの達は、必死に将軍家の魂たるここを守ってくれたのだ

たかつかさ保育園|最寄り:等持院駅(京福電気鉄道京福電気鉄道北野線)【保育園・幼稚園情報】senzaihoikushi.com/kyoto/kyoto_19…

【647】次の京都のお寺とその説明:西本願寺⇔新選組が本拠地に使用、相国寺⇔雪舟が修行を積んだ地、天龍寺⇔京都五山の第一位、高山寺⇔『鳥獣戯画伝』模本を所蔵、建仁寺⇔『風神雷神図』模本を所蔵、等持院⇔足利歴代将軍の木像で有名

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

まもなく等持院(B8)

次は等持院(B8)

京都で鹿苑寺に行ったら等持院にも来てほしいな(・∀・)俺だけじゃなくて歴代の足利将軍にいっぺんに会うことができるよ!お庭には俺の墓所があるから、忘れずに会いに来てね。

都周辺に領地を持つ大名(主に初代等持院殿との縁が深い家)は在京して余を助けていた。故に領地の統治は家臣に任せ、大名自身は領地との関わりが薄くなっていたが、これがもしかすると地縁を利用し味方につけた在郷の家臣に在京の大名が下剋上される例が多発した要因の一つかもしれぬな。

因みに昨年11月末の最盛期に行った時の侘助氏のエクストリーム寺巡りのランナップは金戒光明寺・常照皇寺・等持院・報国寺・宝鏡院・御霊神社などです。

【Rit's生一人暮らしランキング】1位北野白梅町。大学が近く、生活もしやすいため、多くの立命生が住んでいます。2位円町。駅が近く交通の利便性がよい。3位以下は激戦です。等持院や佛大エリア、原谷など。不動産屋は売りにくい場所を売ってくるところもあるため、事前に調べましょう!

【明神社考3】 明神は早期に廃れたとの説もありますが、中世にも祈願対象を上七とする文書は多く、例えば足利家等持院鎮守の六請社も平野がないですが祭神は基本的に上七です。式内名神/近代官大が議員とすれば上七は執行部といったところでしょうか。

徳川幕府は足利将軍家に対する敬意の元、様々習った点もある。故に幕末、徳川への批判が高まると同時に、足利将軍家に対する敵意も高まったのだ。ある時攘夷志士が等持院に押し入り、尊氏、義詮、義満公の木像の首を斬り(本当は斬ってない!ぽこっと外れるそうだ!)晒し首だと河原にさらしたそうな


ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう



kii_02_honkuzu
属性 京都 本くず氷
まるで冷たい葛餅のようだとプルプルしながらシャキッとした食感が特徴的なアイス。本くず氷は食品添加物、合...
ena830_inthegreen
属性 IN THE GREEN
グリーンに囲まれた開放感溢れるピッツェリア、トラットリアカフェ。吹き抜けで自然光溢れる店内はとてもスタ...
_iwa_hikari_keriage
属性 蹴上インクライン
全長582mの長さを持つ世界最長の傾斜鉄道跡で過去には琵琶湖の海水を運ぶために使われました。線路があるのが...


写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る

おすすめ記事
okagesabure三重県・おかげ横丁のお土産ベスト14!
47achi_papa東京のインスタ映えする可愛いお土産TOP36!プレゼントや自分用にもオススメ
depachikasweets都内のデパ地下スイーツ28選!手土産に使える定番人気からフォトジェニックなものまで
tdsshoppingディズニーシーの人気お土産グッズ31選!可愛いものから定番まで一挙に紹介
中国名菜処 悟空 銀座店SNSで話題の東京都内のデカ盛り10選

面白いスポットを見つけよう!
写真から探す地図から探すテーマから探す


公式Facebook
マップに戻る
スポット情報拡充申請

INSTAGRAM
SNAPLACEが運営するSNS映えスポットを紹介するInstagramアカウント。「#snaplace」を付けて写真を投稿して頂くと、素敵なものをアカウントや弊社メディアでご紹介。