郵政博物館

郵政博物館
by https://travel.navitime.com/ja/area/jp/spot/02301-1405366/
郵便と通信に関する資料が約400点展示されている博物館。なんといっても見どころは日本最大約約33万種の切手の展示でその美しさに切手収集に目覚めてしまうかも!?

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】東京都墨田区押上1−1−2 東京スカイツリータウン・ソラマチ9F

郵政博物館
が含まれる観光マップ



公式ページ

最新技術で郵便の世界をのぞきみることができる「郵政博物館」

郵政博物館の概要

郵政博物館は、国内外の郵便・通信、郵便貯金、簡易保険などに関する収蔵品を展示し、郵便に関するイベントなどを行う、2014年3月1日にオープンしたばかりの新しい博物館です。

切手の展示数は約33万種類にも及び、これは日本最大です。国内外の郵便に関する資料も約400点が展示されています。

郵政博物館へのアクセス

東京スカイツリー駅・押上駅に隣接するソラマチ・イーストタウン9階
※8階から別のエレベーターに乗り換える必要があります。

東京スカイツリー駅までのアクセス

①東京スカイツリーライン「北千住駅」から13分
②東京メトロ銀座線「上野駅」から「浅草駅」まで5分
③東京スカイツリーライン「浅草駅」から3分

押上駅までのアクセス

①JR総武線快速「東京駅」から「錦糸町駅」まで8分、東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」から3分
②京急・都営浅草線「品川駅」から25分
③京急・都営浅草線「羽田空港駅」から39分
④京成成田スカイアクセス線「成田空港駅」から49分

郵政博物館の営業時間

開館時間:10:00~17:30
休館日:不定休

郵政博物館の料金

大人:300円
小・中・高校生:150円(団体10名以上はそれぞれ50円引き)
入場券は反復利用することができますので、いったん同日であれば、入場して、昼食を外でとって、再入場するということもできます。

郵政博物館の特徴

常設展示ゾーン、企画展示ゾーン、手紙ラウンジ、ミュージアムショップ、ミュージアムゆうびんきょくで構成されています。

常設展示ゾーン【「始」ノ世界】

「郵便の博物館なんて、そんなにすごいものじゃないだろう」と思っている方は、かなり驚くと思います。

常設展の1つ目のゾーン、「始」ノ世界では、最新技術であるプロジェクションマッピングを用い、郵便・電信・切手の歴史について投影しています。

驚きです。

【「郵便」ノ世界】

郵便の資料が約400点も展示されており、圧巻です。特におススメは、郵便ポストの変遷です。

日本で郵便制度が始まったのは、今から約140年以上も前になります。最初は、四角い箱に脚が付いただけの木製のポストで、「書状集め箱」と呼ばれていました。

面白いのは、この当時は、まだ郵便というものが何か知られていなかったので、郵便の出し方や、郵便料金・郵便が届くまでの時間が書かれた紙が貼り付けられていたそうです。

もちろん、この書状集め箱も展示されています。最初は東海道を中心とした都市部に十数点設置されていただけでしたが、郵便制度が始まってわずか数年ほどで全国にまで拡大し、この頃は高さ1メートルくらいの、黒色で細長い箱状の「黒塗柱箱」が至るところに設置されるようになりました。

郵便制度が始まった当初から、「郵便ポストは赤」と思っていましたが、これには衝撃を受けます。

これが郵便ポストなんて、誰も気づかないのでは?と、ついつい思ってしまいたくなるほど。

その後、30年ほど経って、ようやく赤色の丸型ポストになりました。人に気づいてもらうようにするために赤にしたのかどうか定かではありませんが、30年もこのことに気がつかなかったというのは、また面白みを感じます。

そして、戦時中は次第に鉄が貴重になり、鉄製の郵便ポストから、コンクリートや陶器などの代用ポストが作られたそうです。

戦後は、現在と同様の鉄製赤色ポストが作られたようです。

また、このゾーンには、体験・体感型コンテンツである、郵便配達シミュレーター『Go!Go!ポストマン』があります。

前後左右に体を動かしながら、ミッションをこなしていきます。意外と難しいので、ぜひチャレンジしてみてください。

【「手紙」ノ世界】

歴史的な手紙から有名人の手紙まで、興味深いものがたくさん展示されています。

1933年に、中国の戦地から送られた「戦地からの暑中見舞い」は、時代背景などを感じることができます。ぜひご覧ください。

【「切手」ノ世界】

このゾーンには、世界中の切手が約33万種を展示されています。

日本最大の収蔵数ですので、切手好きにはたまらない、まさに「切手コレクターの聖地」です。ブラックペニーもあります。

無造作に並べられているわけではなく、蝶々シリーズや昆虫シリーズ、大自然シリーズなどは面白いです。

また、郵政博物館が所蔵している切手データベースから、好きなキーワードをタッチパネルで入力して、検索・閲覧することができる、デジタル切手帳『StampPond(スタンプポンド)』があります。

これだけでも1日ずっと眺めていられます。

【「郵便貯金」ノ世界】

郵便局がお金の預かり(貯金)を始めたのは、郵便制度ができて間もない1875年のことだそうです。

その当時の写真や、当時使用されていた通帳なども展示されており、とても興味深いです。

【「簡易保険」ノ世界】

1916年には簡易保険業務の取り扱いを始めたそうで、そのときのポスターが展示されていました。

「簡易保険」と言っても、最初は保険商品のような意味合いではなく、簡易健康保険相談所という施設を設置して、被保険者の健康相談や巡回看護を行っていたとのことです。

そして、この簡易健康保険相談所で作成されたのが、あの有名な「ラジオ体操」でした。

ここには、幻の「ラジオ体操第3」が収録されたレコードも展示されています。

また、体験・体感型コンテンツである「ゆうちょ・かんぽアドベンチャー」というものがあります。

ゲームをしながら郵便貯金・簡保について学べます。各ステージの障害や敵を、郵便貯金や保険を使って、クリアしていくというシュールさは、おもしろすぎます。

企画展示ゾーン

現在は、世界各地で発行されたダイアナ元皇太子妃をモチーフとした切手を展示する「【寄贈切手展示】ダイアナ元妃を描いた切手が世界中から大集合!」が開催されています。

また、過去には、夏休み企画として、世界各地からテディベアの書かれた切手を集めて展示した「かわいいテディベア展」や、「ねこのダヤン」の物語にでてくるエルタシル郵便局などをモチーフにした「ねこのダヤンとエルタシル郵便局」展などが開催されています。

夏休みに行くのもいいですね。

手紙ラウンジ

ひととおり常設展・企画展をみてると、「久しぶりに手紙でも書いてみようか」と思う人も多いはず。

手紙ラウンジでは、手紙を書いたり、くつろいだりすることもできます。

また、「メッセージシアター」や「絵葉書クリエーター」などの体験・体感コンテンツで遊ぶこともできます。

メッセージシアターは、巨大な3面スクリーンに、郵便・通信の大迫力映像が映し出されます。

絵葉書クリエーターでは、タッチパネルで、世界で一つだけのオリジナル絵葉書を作成することができます。

まさに、プリクラの絵葉書版です。スタンプや文字でデコレーションをすることができ、顔写真も入れることができます。

すごいのは、好みのBGMをQRコードに変換して、絵葉書に添付することができるという最先端なところです。

後述しますが、ここで作った絵葉書を「ミュージアムゆうびんきょく」にあるポストに投函して、お友達に送ることもできます。

郵政博物館のミュージアムショップ

ミュージアムショップでは、郵政博物館のオリジナルグッズや、企画展グッズだけでなく、切手コレクターにはたまらない記念切手も販売されています。

また、ファーストデイカバー(切手と封筒と初日消印が一体になった郵趣用記念グッズ)もありますので、その場で手紙を書いて送ることもできます。

郵政博物館のミュージアムゆうびんきょく

ミュージアムゆうびんきょくには、向島郵便局臨時出張所があり、東京スカイツリーの形をしたポストがあります。

このポストに投函すれば、東京スカイツリーの印影が入った向島郵便局の風景入日付印が押印されて、宛名人の方にお届けされます。

このスカイツリーポストは、写真スポットになっています。

郵政博物館のまとめく

「どうせ郵便なんて」と思っている方こそ、行くべきです。

最新技術、日本最大の郵便資料の収蔵品、140年の郵便史。これらが融合した郵政博物館は、子供も大人も楽しむことができるスポットです。

スカイツリーに登りたくて来ましたけど、待ち時間が長すぎて登れない。

飛行機までの微妙な時間をどうしよう。そんな方も、思いつきで足を運んでみるといいでしょう。

[wdi_feed id=”139″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

郵政博物館か 気になる 連れてってー

【1月15日まで|郵政博物館】 企画展 「年賀状展―春を寿ぐ―」 古今東西の年賀状を紹介して、年賀状を書く際の一助となるような企画展 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/280 pic.twitter.com/FYeIpz9tWU

ツイッターメディア

郵政博物館はな、旧・逓信情報博物館だからな。覚悟して行かないとすんげい時間滞在することになるから気をつけるんだわしは知ってるんだ切手がすげいんだ

@VVVFspr1375 郵政博物館は愉しいよ。よかったらどうぞ!

あとたまたま見つけて入った郵政博物館のドイツ郵便局の看板にぐ、ぐるってなったので見てください。ここ私は存在を初めて知ったんですが、二枚目のぎっちり埋め尽くされてる棚を引っ張ると、国ごとの歴代の世界の切手が見れて凄い、凄いよかったで… twitter.com/i/web/status/1…

去年は目黒で寄生虫見たり東大で「ぎょぇぇ(つよいので)」ってなったり郵政博物館でウハウハしたりしてた、してたけど休館日だったりネカフェ連泊で疲れ果てて巡れなかったところ結構あるのでリベンジしたいですね

@VVVFspr1375 郵政博物館に行って、郵政博物館郵局で作るのもありかと。鉄道系の展示や雑誌も充実してます。 museum.post.gov.tw/post/Postal_Mu…

ご長男のご実家に郵便配達人は来るのだろうかとちろっと調べてたら昔の郵便配達人さんは拳銃を持っていた(警官が持つより前から)という記述を見て郵政博物館いきたい

【1月15日まで|郵政博物館】 企画展 「年賀状展―春を寿ぐ―」 古今東西の年賀状を紹介して、年賀状を書く際の一助となるような企画展 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/280 pic.twitter.com/FYeIpz9tWU

ツイッターメディア

来週末の土日、2月1-2日に郵政博物館にて今年初の郵博特別切手コレクション展『第3回いずみ展』が開催されます。現在、公式サイトにてパンフレットをPDF形式で公開しています。 また当日は、向島郵便局の小型印が使用されます。郵頼は1月… twitter.com/i/web/status/1…

レルヒさんって聞き覚えがあると思ったら、郵政博物館で使ってた小型印か!

本日スカイツリーソラマチ9Fにある郵政博物館にて似顔絵入りまーす🤗受付は13時30分〜16時30分くらいまで、ペット似顔絵も歓迎❣️したっけ館内には企画展の漫画家たちによる「まんが年賀状展」と、漫画家たちと子どもたちの環境ポスター… twitter.com/i/web/status/1…

郵政博物館のキャンペーン?で当てたアマギフ1000円を元手にしてよわいさんや色々な人に買えと脅さr…オススメしてもらったスカルプターのための美術解剖学をポチろう

郵政博物館にて・撮影OKの確認しました。 pic.twitter.com/4MC8xUVnUv mars517 さんから

ツイッターメディア

1871年1/24に、前島密により「郵便規則」が制定され、東京・京都・大阪間で郵便業務営業が開始されました。前島密は「郵便制度の父✉️」と呼ばれ、1円切手の肖像にもなりました。『知ってる?郵便のおもしろい歴史』郵政博物館/編著は、… twitter.com/i/web/status/1…

あんまり知られていないかもしれませんが、スカイツリーの8階って本当に素晴らしいです! ちなみに、9階の郵政博物館も結構面白いと思います。チケット代300円の割に、内容はそこそこ充実です! pic.twitter.com/iHvyz6YmoZ

ツイッターメディア

「あの人へのラブレター、一緒に書きませんか?」 1月18日(土)、19日(日) 郵政博物館内で映画「ラストレター」とのコラボレーション商品を体験するイベントを開催しました。 沢山の方が大切な思い出を書いて頂きました。ありがとうご… twitter.com/i/web/status/1…

【1月15日まで|郵政博物館】 企画展 「年賀状展―春を寿ぐ―」 古今東西の年賀状を紹介して、年賀状を書く際の一助となるような企画展 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/280 pic.twitter.com/FYeIpz9tWU

ツイッターメディア

郵政博物館(公益財団法人通信文化協会)は、3月6-10日に開催予定の競争切手展『スタンペックスジャパン2020』を含む『世界切手展』の一般向けページを公式サイトにて公開しました。 postalmuseum.jp/event/2020/01/…

郵政博物館(公益財団法人通信文化協会)は、17日に『スタンペックスジャパン2020』を含む『世界切手展』のプレスリリースを報道各社に送付しました。 郵政博物館が、スタンペックスジャパン2020を含む「世界切手展」のプレスリリース… twitter.com/i/web/status/1…

施設入居中。 身障者手帳手に入ったのに都営交通無料と民営バス半額、近くの動物園行った程度で全然活用できてない…。 東京おもちゃ美術館 フジテレビ展望室 相田みつを美術館 印刷博物館 たばこと塩の博物館 江戸東京博物館 郵政博物… twitter.com/i/web/status/1…

3月6-10日に郵政博物館にて開催予定の競争切手展『スタンペックスジャパン2020』を後援いただいております株式会社鳴美の『たんぶるぽすと』2月号には、切手展のチラシと招待券を同封していただいております。同誌を定期購読されている皆様のお手元にも届き始めていることかと存じます。

【1月15日まで|郵政博物館】 企画展 「年賀状展―春を寿ぐ―」 古今東西の年賀状を紹介して、年賀状を書く際の一助となるような企画展 詳しくはこちら→ gociao.jp/events/280 pic.twitter.com/FYeIpz9tWU

ツイッターメディア

逓信総合博物館も郵便のみならず情報通信の総合博物館だったけど、郵政博物館になって郵便のみになってしまったからなあ。末期はなぜかエアロバイク置いたり迷走してたが。


東京のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事



ikuramesi
属性 板前寿司 江戸
フォトジェニックな内装のお寿司屋さん「板前寿司 江戸」は赤坂見附駅から徒歩一分。大量のイクラがご飯を覆...
amber
属性 amber
一瞬スイーツ?と思うようなオシャレな装いのオムライスは東京渋谷の「amber」で頂けます。チキンライスの上に...
crossingview
属性 CROSSING VIEW
世界を代表する渋谷の観光スポット「スクランブル交差点」を8階から見下ろすことが出来る展望台。また1000円で...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。