Aachener Dom(アーヘン大聖堂)

Aachener Dom(アーヘン大聖堂)
by https://heiligtumsfahrt-aachen.de/Glaube-in-Bewegung/
アーヘン大聖堂は、ドイツのノルトライン=ウェストファーレン州のアーヘンにある大聖堂。ドイツの中でも最も西部に位置する街です。1978年に誕生したユネスコ世界遺産に、その年に登録された世界遺産の1つとして知られています。
北ヨーロッパ最古と言われる聖堂で、786年に大聖堂の前身となる宮殿教会の建設を始めたのがはじまり。30人以上の神聖ローマ帝国の戴冠式が行われた歴史ある建物で、外観の美しさだけでなく内部の装飾も豪華で見どころの多いスポットです。

周辺の類似スポットを地図で見る

Aachener Dom(アーヘン大聖堂)の基本情報


【スポット】Aachener Dom(アーヘン大聖堂)
【ふりがな】あーへんだいせいどう
【 住所 】Domhof 1, 52062 Aachen
【アクセス】「Elisenbrunnen」バス停から、南西に進んで右折しHartmannstraßeに向かう。左折してMünsterpl.に入り、右折してKrämerstraßeに入る。斜め左方向に曲がりKatschhofに入ると到着。
【最寄り駅】Aachen Hbf
【営業時間】7:00~18:00(季節により変動あり、19:00までの場合もあり)
【 料金 】無料(ツアーは4€)


公式ページ


Aachener Dom(アーヘン大聖堂)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

アーヘンの大聖堂、レノベーション前は薄暗く荘厳さがとてつもなかったのに、今は明るすぎて全然違う雰囲気。光は大事。 pic.twitter.com/J3aOEZeCff

ツイッターメディア

アーヘン大聖堂 (Aachen・Germany) pic.twitter.com/tP2mh5lUh8

ツイッターメディア

アーヘン大聖堂 フランク王国カロリング朝の事実上の首都となったカール大帝ゆかりの聖堂。805年完成の建造物で13世紀には礼拝堂の主祭壇にカール大帝の聖遺物箱が奉じられ、15世紀初めにはゴシック様式の内陣が追加された。扉や棚は現存す… twitter.com/i/web/status/1…

1978年に登録された世界遺産の第1号は、ドイツ西部の都市アーヘンにあるアーヘン大聖堂です。 アーヘン大聖堂は北部ヨーロッパで最古の聖堂で、「皇帝の大聖堂」とも呼ばれています。

アーヘン大聖堂(カール大帝が埋葬されていることから「皇帝の大聖堂」とも呼ばれる、最も初めに世界遺産に登録されたもののひとつであるドイツの大聖堂)

1978年に登録された世界遺産の第1号は、ドイツ西部の都市アーヘンにあるアーヘン大聖堂です。 アーヘン大聖堂は北部ヨーロッパで最古の聖堂で、「皇帝の大聖堂」とも呼ばれています。

違うよ,ドラクエがアーヘン大聖堂のようなんだよ😂


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。