青の洞門

青の洞門
by http://tweez.net/HIS_nippon/
諸国行脚の途、耶馬渓を訪れた禅海が、鎖渡の難所で人馬が河に落ち流されるのを見て、衆生済度のため隧道掘削の一大誓願を起し、享保20年(1735)49歳の時から30年かけて完成しました。

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】大分県中津市本耶馬渓町曽木


中津市ページ

愛が貫いた「青の洞門」

自然が豊かに残る大分県中津市本耶馬渓町には、現在のような機械もない300年以上昔に、ただひたすらノミと鎚を使って大岩盤を掘り続け30年の月日を費やして貫通したという「青の洞門」があります。

禅海和尚の努力のたまものである「青の洞門」は現在も多くの人にその恩恵を与え続けている隧道(トンネル)です。

自然と調和しながら便利な道としての機能も果たしている「青の洞門」をご紹介します。

青の洞門へのアクセス

電車とバスでは
九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線の中津駅から大分交通中日線のバスの守実温泉行きで約30分(600円)
中津駅バス時刻表
青の洞門バス時刻表
中津駅前起点バス路線図
バス停「青の洞門」から徒歩2分

自動車では
大分道日田ICから国道212号経由37km40分。または東九州道中津ICから14km、20分。駐車場無料 約140台(大型10台)

青の洞門について

「青の洞門」は「あおのどうもん」と読みます。

禅海和尚がノミと鎚を使って大岩盤を掘り抜き、出来上がった当時には「青の洞門」とは、まだ呼ばれてはいませんでした。

そのころのこの隧道(トンネル)の呼び名は「樋田の刳抜」(ひだのくりぬき)とされていたそうです。

江戸時代末ごろから大正時代になると、その呼び名は「樋田のトンネル」や「青の洞門」へと変化していきました。

江戸時代には頼山陽もこの地を訪れていることが文献に残っています。

「青の洞門」が掘り抜かれる前、300年ほど昔にはこの地はたいへん急峻な足場で、川沿いの断崖を行き来しなければならない人々は危険を覚悟しなければなりませんでした。

実際に足を滑らせて転落することで、多くの犠牲者が出ていたのです。

そんな様子に心を痛めた禅海和尚は、一念発起して人々が安全に行き来ができる隧道を掘り抜くという覚悟を決め、ノミを手にしたと伝えられています。

「青の洞門」が完成してから10年ほどして、88歳で禅海和尚は亡くなっているので、およそ49歳の年での決意です。

今でも50歳を目前に、このような困難に立ち向かうのはたいへんなことです。

もう誰も命を落とさなくて済むようにしたいという「愛」は全国を行脚していた曹洞宗の僧としての心情であったのでしょう。

掘り始めた頃は、誰もそんなことができるとは思えず嘲笑していたということです。

何年も続ける僧の姿に打たれた地元の人々がやがて一緒に掘り進めていったそうです。

費用については和尚が托鉢などをして、その後は石工も加えて掘り進めたということです。

禅海和尚が最初に開通した隧道は、その後だんだんと大きく広げられて車なども通れるようになっているので、ノミと鎚で削ったあとを見ることができるのは、現在では川を望む明かりとりの窓の一部のみとなっています。

何か困難なことをやり遂げようと思っている人は、この明かりとりの窓に残るノミの跡に、自分の覚悟を祈れば通じるのではないかとさえ思ってしまいます。

苦難の30年の末に貫通した「青の洞門」ですが、さらに整備したり広げたりするために必要な費用を通る人から「通行料」を徴収することでまかなったと言われています。

人4文、牛馬8文という金額を通行料としていたということで、ここが日本で最初の有料道路だとされています。

耶馬溪にある「羅漢寺」では、「青の洞門」を掘り抜くために使われた道具や禅海和尚について、いろいろな書簡などを展示しています。

また一説には、苦労して貫通させたあと、通行料が入るようになって案外裕福な生活だったとも言われています。

清貧な僧のイメージがちょっと残念な感じではあります。

小説『恩讐の彼方に』

「青の洞窟」が全国的に有名になったのには、小説『恩讐の彼方に』が大きな役割を果たしています。

この短編小説は大正八年に菊池寛によって著わされたものです。

禅海和尚を小説のモデルにしていますが、小説では和尚はもともと侍で市九郎、市九郎は主人の愛妾と通じたことから、手打ちになるところを返り討ちにして主人を殺してしまいます。

逃げ延び転々とする中、「青の洞門」の地にたどりつき、岩盤を掘り抜くことを決心します。

ノミに鎚を当てるごとにわが身の罪を悔いていたのですが、何年もした頃に殺した主人の息子が仇討ちにやってきます。

市九郎はすぐにも殺してくれと言いますが、工夫たちが留めて、完遂するまでということになります。

少しも早く仇討ちがしたい息子はともに掘り抜く作業につき、一緒に大事業をやり遂げたとき、息子は感動し仇討ちする気持ちが消えていきます。

この感動的な小説が広まって、実際とは違った脚色に多くの人が感銘を受けたようです。

『恩讐の彼方に』はNHKのテレビドラマにもなりました。

羅漢寺

日本三大羅漢とされる五百羅漢、地蔵などたくさんの石仏が安置されているお寺です。

五百羅漢のお顔はそれぞれに個性があり、表情が違っています。

誰かに似ていると思える羅漢さんが並ぶ様子に、お参りする人々の笑顔が浮かびます。

羅漢さんがお参りする人々の願いや悩みなどをじっと聞いてくださるというご利益を求めて、各地からたくさんの参詣者が訪れます。

優しい羅漢さんに、そっとこころにわだかまっていることを打ち明けて、気持ちを軽くするのもおすすめです。

本堂はごつごつとした岩肌にへばりつくかのように作られている本堂。

リフトで上がれば3分余りですが、参道を歩いて行くと30分ほどかかります。忙しい旅程ではリフトを使うことをお勧めします。

時間がたっぷりあるのであれば、是非参道を歩いて行かれることがお勧めです。

参道は石畳になっていて、この山の霊気がその石畳を歩くごとに伝わってくるとも言われるからです。

645年にインドから来られた偉い仙人が、この土地にはとても強い霊気を感じると言われ、仏像を残されたことが起源とされる羅漢寺ですが、現在では3700体の石仏が安置されています。

羅漢さんなどの石仏を拝観するのもおすすめですが、仁王門にも1751年に作られた仁王像が左右に阿形(あぎょう)吽形(うんぎょう)の形で魔を払うにらみをきかせているので、参道を歩いて行くときは是非立ち寄ってください。

「無漏窟」はむろくつと読む岩屋で、入り口に立っただけでも、中から流れ来る霊気を感じます。

ここは煩悩の無い空間とされ、まさにこの地に霊気を感じた仙人と同じ霊気を、時空を超えて感じることができるかもしれません。

リフト乗り場の近くに「青の洞門」を掘り抜いた禅海和尚が使った道具が展示されています。

何かを道具を使って成し遂げたいと思っている人には、是非和尚の気持ちが入った道具を見て、成功を誓ってはいかがでしょうか。

参道は九州自然遊歩道となっており、リフト(有料)で上ることもできます。

参拝時間:9:00~17:00、年中無休
料金:本堂300円 リフト往復700円
住所:大分県中津市本耶馬渓町跡田1501
電話:0979-52-2538
アクセス
日豊本線「中津駅」から大分交通バス約40分「中島」~徒歩20分

[wdi_feed id=”1436″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

次の観光名所をそれがある都道府県ごとにグループ分けしなさい 福岡県:平尾台、太宰府天満宮 大分県:耶馬渓、青の洞門 鹿児島県:私学校跡、屋久島

菊地寛の小説『恩讐の彼方に』にも描かれている、大分県の耶馬渓にあるトンネルといえば?→青の洞門

国道から見えるので、予備知識無しで初めて見た時は目ん玉飛び出た覚えがあります。桟橋様の穴は対岸まで行かなくとも川縁を覗けば直ぐ見れます👍。ミニ青の洞門の様で素敵な場所ですよね👌 twitter.com/maniaxch/statu…

それこそ、青の洞門を一人で何十年も掘り続けて開通させたとしても、犠牲者遺族が彼を許すことはないだろう。

昔、周りであった地方ルール 三色通貫 三、四連刻 稲妻リーチ スーパーマン ゴールデンゲートブリッジ 真似満 あとは百万石、加賀百万石とか東北新幹線とか青の洞門とか有名どころかな…(上がったことないけど) 5ピン開花とか2ソウチャンカンとか古役もあるよねー

次の観光名所をそれがある都道府県ごとにグループ分けしなさい 福岡県:平尾台、太宰府天満宮 大分県:耶馬渓、青の洞門 鹿児島県:私学校跡、屋久島

悪戯に特定人物を誹謗中傷するのは幼少期からの道徳教育をなおざりにして来たから。桃太郎や金太郎、耳無しほういちや青の洞門を読み聞かせてゆく大切さを感じて欲しい。自戒の念を持ちつつ大変若い年齢で人生を絶望した気持ちを考えると寂しい。… twitter.com/i/web/status/1…

@NDnyhRkmI1aHcBX 青の洞門からの耶馬溪ダムとか10代の頃行ってましたよ🎶

青の洞門 Crave of Bule : youtu.be/TWPJZ0rcEkM

次の観光名所をそれがある都道府県ごとにグループ分けしなさい 福岡県:平尾台、太宰府天満宮 大分県:耶馬渓、青の洞門 鹿児島県:私学校跡、屋久島

青の洞門が舞台の『恩讐の彼方に』や『形』における人物ではなく畏怖に怯える人々の様。それへの自惚れ。人の心の動きが具体的すぎる。いわば感情のベクトルを視認化した小説家とおもっている。よんでないが。

青の洞門 Crave of Bule : youtu.be/TWPJZ0rcEkM

恩讐の彼方に って原作あるんですね 他の典拠の可能性もあるけれど 「青の洞門物語」というらしい

@Kanema0903 あの有名な美しい神宮の…・:*+.(( °ω° ))/.:+ 高千穂も行ったので巡るところが沢山あって行かれなかったんだったかなぁ…😢 羅漢寺で蜂に追いかけられ、刺されました💦 虫には好かれるらしく以前は虻… twitter.com/i/web/status/1…

外で気分転換出来る、気軽な勉強メモ用に、通販でプラ製のA3画板を買う→紐通し用に、+ドライバーと金づちで穴をあけてとある→青の洞門化。プラは固い。

九州は6月かー。大分は耶馬溪の青の洞門で僧系来そうにゃー。地獄温泉でゴルゴーンありそう。秀吉いたら高崎山だっただろうな。 新聞楽しみだなぁ😍

小説”恩讐の彼方に”に登場する、21年かかって青の洞門を掘りぬいた僧の名前は? 了海

次の観光名所をそれがある都道府県ごとにグループ分けしなさい 福岡県:平尾台、太宰府天満宮 大分県:耶馬渓、青の洞門 鹿児島県:私学校跡、屋久島

【No.0804:青の洞門】大分県中津市本耶馬渓町樋田にあるトンネル。1763年に開通した日本最古の有料道路とされている。「転落死した人の霊が出没する」「川から白い手が伸びてきて足を引っ張られる」などの噂がある。 pic.twitter.com/Zv6cjJGjjQ

ツイッターメディア

青の洞門手前のセブンに5時半にいたねん🙄 twitter.com/bakuon_logoser…

大分交通耶馬渓線で、守実温泉駅と中津駅を結ぶローカル電車が、青の洞門、耶馬溪渓谷を尻目にガタゴト走っておりました。(笑)。今は、サイクリングロードとなっております。八高さんと同じく、私の想い出の川です。 twitter.com/hachikosenjin/…

I'm at 青の洞門 in 中津市, 大分県 swarmapp.com/c/ij3Iv6Cahjm

@sukiyak18888110 大分の青の洞門てとこです! 1.2枚目はすぐ近くの山道を登ったとこにあります🗻

耶馬渓橋(オランダ橋) 青の洞門を過ぎると、日本最長の8連石造アーチ橋が掛かっていた。😆 お昼がまだだったので、洞門パティオさんへ。😊 現地で採れた野菜で作られた料理のバイキングランチ。🍽👍🏻 #耶馬渓橋 #オランダ橋… twitter.com/i/web/status/1…

青の洞門 禅海和尚が掘ったというトンネル。😊 大分県民だったら知っていた 『青の洞門通れば響く、今も禅海鎚の音』 ってフレーズのCMあったよね〜〜😅💦💦 #青の洞門 #中津市 #禅海和尚 #令和元年11月 pic.twitter.com/6t9w7Z2tmH

ツイッターメディア

@SogaNobu 大分の青の洞門てとこです! こういう風景というか洞窟(?)系難しいです(´;ω;`)

青の洞門からの道の駅耶馬トピアで休憩。 pic.twitter.com/Vr8CLdyoyM

ツイッターメディア

菊池寛の小説『恩讐の彼方に』にその姿が書かれている、1763年に日本最古の交通トンネルとも言われる「青の洞門」を開削したことで知られる僧は誰でしょう? A.禅海

I'm at 青の洞門 in 中津市, 大分県 swarmapp.com/c/hrZDGYA1cNH

@sr56381898 私には,青山氏と一人でもトンネルを掘ろうとしていた和尚の姿が被ります 一人で誰から何を言われようとなすべき事を愚直に続け味方を増やしていく 尊敬すべきと思います まあ,坊やにはわからないでしょう 親が… twitter.com/i/web/status/1…

某三国志カフェに置いてあった1973年頃の月刊マンガ少年。作家ラインナップが最高最強。巻頭カラーはジョージ秋山『青の洞門』。『アタゴオル』はまだ『ファンタジーゾーン』という名前。『風雲児たち』連載前のみなもと太郎氏の名前も。 pic.twitter.com/amOb9Aieaa

ツイッターメディア

中津では青の洞門とか寄ったけど充電無さすぎて写真全然撮らんかった…

@OZMA_GSX 中津の青の洞門行きましたー! もう大分に帰ってしまいましたけど笑

ローカル役で紅孔雀と青の洞門っていうのがある

@XIDE しかも史実の青の洞門トンネル掘ったお坊さんは、別に追われる身の主人殺しの大罪人じゃなくて、単なる優しい旅のお坊さんだったらしいので、えらい風評被害だと思うw

ちなみに、同じく青の洞門あたりで初めて試聴した妖怪は、イケメン?のガチャでとっても限界化してました。この差よ! 恵方巻の下りは超面白かったです、

運転中、青の洞門あたりで、なんとなく放送を開いたのが最初です。覚えてますよ。 杵築から日田へ、高速で走りましたね。 由布岳、きれいでしたね。上手く撮れてました?

別府湾ロイヤル懐かしいw アルバに飛ばされたなあw 島内は八幡ロイヤル、ホテル長崎、 あれ?どこ泊まったっけかww 玖珠インターから青の洞門は狭いのに大分交通の配線跡がwwやだやだw

うわさによると、?年前のきょうは「青の洞門」の開通した日だそうです。(※旧暦では4月10日) ちなみに、その後に自動車が通れる大きさに拡幅され、中津と日田を結ぶ路線バス(現在は途中で乗換)も走ってます。 当時の洞門は一部しか残っていないとか。 つことで、きたくっ☆

今日は、1763年(宝暦13)「禅海和尚(ぜんかいおしょう)」が掘り続けた大分県中津市耶馬渓の「青の洞門」が貫通した日。1735年に取り掛かって洞門が貫通したのは、およそ30年後の4月10日のこと。これを今の暦に直すと5月22日に… twitter.com/i/web/status/1…

散歩に青の洞門⸜( ॑꒳ ॑ )⸝ くっっっっそ歩いた🙄🙄🙄 運動せんとって思いよったけ ちょうど良かった!!🚩🚶‍♀️💨💨 pic.twitter.com/FaRmSiOeWr

ツイッターメディア

おはなまず🌞 5/21は1763年に禅海が耶馬渓に青の洞門を手彫りで完成させた日です🤞🏻 目的を持って猪突猛進が与える人間の力って本当に凄いですね💪 全力でゴールを想像するって大事。 その日の目的を持った行動も大事。… twitter.com/i/web/status/1…

【1763年5月22日】257年前の今日 耶馬渓に、禅海が30年以上かけて手掘りした青の洞門が開通。 ja.wikipedia.org/wiki/5%E6%9C%8…


大分のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。