湧水トンネル

湧水トンネル
by http://www.town.takamori.kumamoto.jp/kankomap/kanko/yusui.html
旧国鉄高森線と高千穂線を結ぶ工事をしたところ出水して工事を断念したことから出来た公園。こちらでは、水玉が不思議な動きをする仕掛け噴水ウォーターパールがあり、見ているだけで癒されること間違いなし!また、季節ごとにトンネル内はライトアップされそちらも見どころの一つです。

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】熊本県阿蘇郡高森町高森1034-2


公式ページ

[wdi_feed id=”1352″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

ちなみに、文中にある「トンネル湧水は全量戻すのは無理」という部分の経緯。詳しくはこちらの記事に書かれています JR、湧水「全量戻し」軽視 静岡県や国との協議長期化 流域に不信感 at-s.com/news/article/s…

高森にある湧水トンネルは夢のような雰囲気でした pic.twitter.com/9h70zvuDSk

ツイッターメディア

@touma7 トンネルの湧水なんで栄養分沢山ありそう(

明日は七夕🎋 毎年この時期になると思い出す、高森湧水トンネルの七夕祭り 以前は仕事の関係で毎年見に行けたいちばん好きな七夕祭り またいつか見たい… ニュース見るのが辛い、これ以上の被害が出ませんように🙏

@blindboundary 適当に聞いた話だと、リニアの為にトンネル掘ったら大井川への湧水がそこから抜けるって静岡の言い分 実際はそうでもないらしいが、山梨で前例があるからキレてる itmedia.co.jp/business/artic…

@nakashimatai トンネル工事で水が湧いて工事が続行できなくなった場所に行ったことあるね…湧水公園…

調べてたら新東名の工事で湧水の水量が減少して、周辺の観光地の滝の水量が減ったり茶畑の継続が困難になったというのが出てきて、確かにトンネル工事に対して警戒心を抱くのは理由として分かる。 ただ湧水対策をやるとJR海が繰り返し説明していても、対策する工事すら容認しないのはおかしい。

JR東海は、環境アセス知事意見で言及した「トンネル湧水の全量戻し」の約束をほごにしており、水問題の解決に向けて今後の対応が問われます JR東海、湧水「全量戻し」軽視 静岡県や国との協議長期化、着工遅れの要因に|静岡新聞アットエス at-s.com/news/article/p…

#リニア新幹線 JR東海は13年9月、南アルプストンネルの工事で大井川の水量が毎秒2立方メートル減少するとの予測を静岡県に示しました。県は60万人分の生活用水にあたるとして、トンネル湧水の全量を大井川に戻すよう求めました。

久々の高森湧水トンネル、500M強の道のりを歩いて 最奥が綺麗なんだよね 涼もうと思ったら、着いた瞬間 子供の「おしっこ」の呪いの呪文発動よ 最奥滞在時間、1分もないね ただ疲れただけや…🥺悲しみ

南アルプストンネルの静岡工区は、青函トンネルと同じく先進導坑(工事後には非常用通路となる)を掘進し地質を調べつつ注入を行い、本トンネルの湧水をほとんどない状態にしながら工事を進めるものと思われる。 従って他の工事同様に、このパイロ… twitter.com/i/web/status/1…

もともとの原則からしたら、トンネルの湧水が環境に影響を与えないことを前提にしてヤード工事の協定を結ぶべきなのだから、原則から外れるお願いをしてる方がなにかと不利になるのが当たり前で、それで県の態度が不遜だみたいに言われるのはなんなのか

『現在でも、完成した丹那トンネルからは大量の地下水が抜け続けており、かつて存在した豊富な湧水は丹那盆地から失われた。』

@sh1mashima @Sankei_news 昨年10月にはJR東海はトンネル内に出る湧水を全て大井川に戻すと提示。しかし、静岡県は「どこの地点にどのように戻すのか、全然詰められていない <て書いてありますが。

@tuha30ir1 おかんいわく美味しかったから オススメできるよって話でした‼️ 近場に高森湧水トンネルとかあるから 時間潰しにも最適よ‼️

>山田教授は、「トンネル工事で発生するわずかな湧水よりも、もっと心配しなければならないものがある」と警鐘を鳴らす。  「地球温暖化の計算をしてみると、台風の発生個数は減りますが、逆に、1個あたりの台風の勢力は強くなる傾向が見えてきました。


熊本のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。