足尾銅山

足尾銅山
by http://www.nikko-kankou.org/spot/28/
慶長15年(1610年)に開山され、明治時代には東洋一の銅山と呼ばれていた銅山。昭和48年(1978年)に閉山した後は、足尾銅山の三大主坑口の中心となっていた通洞坑廃坑跡を利用して、足尾鉱山の歴史と銅鉱採掘の様子などを紹介する施設となっています。足尾銅山の総延長が1,234kmあった坑道のうち、通洞坑の入口から700mほどの距離をトロッコ電車で入って行き、足尾銅山で行われていた江戸時代から明治・大正時代を経て昭和時代までの鉱石採掘の様子などを知ることが出来ます。

周辺の類似スポットを地図で見る

【 住所 】栃木県日光市足尾町通洞9-2
【アクセス】JR日光駅・東武日光駅より市営バスで「銅山観光前」下車
【営業時間】9:00~16:30 定休日: 無休
【 料金 】大人820円、小中学生410円

足尾銅山
が含まれる観光マップ



[wdi_feed id=”3228″]



SNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

0076:足尾鉱毒事件において、田中正造の天皇直訴の前年に、足尾銅山の鉱毒を訴える農民と警官隊が衝突し、農民が多数逮捕された事件を何というか。【H19 早稲田大 文 改】

社会運動 日清日露戦争時、女工が増加 ストライキ 高野房太郎・片山潜の労働組合期成会 1891年足尾銅山鉱毒事件 1900年治安警察法 01年社会民主党→解散 06年日本社会党→解散 10年大逆事件 11年工場法→16年に実施 幸徳秋水・堺利彦らの平民社 #明治産業

コロナで自粛要請が来てる時にアレかもだけど、どうしても遊びに行きたくなったら「流行らない観光地」がお勧め。 具体的には史跡とか城跡とか。悪天候の観光地も良いと思う。ローカル私鉄もガラガラだから移動も安心。 写真はこないだ行った… twitter.com/i/web/status/1…

1904 【日露戦争】→ポーツマス条約 ・義和団事件が発端 ・小村寿太郎とロシアのウィッテ ・韓国における日本の優越権 ・樺太の南半分を日本の領土 ・重工業、財閥、公害(足尾銅山鉱毒事件)

明治24(1891)年に足尾銅山鉱毒事件をめぐり、帝国議会で田中正造から質問主意書を受けるが、質問の趣旨がわからないと回答を出す。二男・潤吉は足尾銅山の経営者、古河市兵衛の養子であった。

24歳、足尾銅山です。

【足尾銅山鉱毒事件】 1891年、渡良瀬川流域に深刻な被害をもたらした公害事件。原因は足尾銅山から流出した鉱山廃液で、被害農民は田中正造と共に強力な鉱毒反対運動を展開した。


栃木のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。