地元民が教える阿蘇のおすすめ日帰りドライブコース

阿蘇日帰りドライブコース
出所:https://kumamoto.guide/spots/detail/211

世界一のカルデラを持つ阿蘇山、九州の定番ドライブコースと言ったら阿蘇は外せない場所になります。その広大なカルデラを持つ阿蘇はいろいろな顔を持ちドライブスポットやおいしい食べ物で溢れています。それは一日では回り切れないほどです。

今回は大分県日田市方面から行ける瀬の本高原付近のドライブコースを紹介します。日田方面からのルートは九州県外から車で来た人でもアクセスしやすいのでおすすめです。




1.瀬の本レストハウス

三愛レストハウス
出所:https://rest.senomoto.com/

日田方面から瀬の本方面にドライブできたらまずはここです。やまなみハイウェイ付近で最大級のドライブイン、瀬の本レストハウスはお土産、レストラン、キャンプ場など様々な施設があります。

ここまでのドライブで小腹がすいたら、赤牛バーガーをいただきましょう。

ガソリンスタンドもありますのでここを抜けるとしばらくガソリンスタンドがないので、ガソリンが少なくなった人はここで給油することをおすすめします。

中は広いお土産屋になっており、たくさんのお土産が売ってあります。ここにしかないようなものもあるので、ここでお土産を買っておくとこの先のドライブに集中できると思います。

二階はバイキングレストランになっており約100種類の料理を楽しめます。広い店内は標高900メートルの阿蘇の北外輪山から見える阿蘇の絶景を楽しみながらバイキングを楽しめます。

奥は瀬の本高原オートキャンプ場になっており、なんでも楽しめる施設になっています。

【 住所 】 熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺5621ー7
【アクセス】日田I.Cから阿蘇・瀬の本方面へ約70分
【営業時間】9時00分~17時30分
【 料金 】0~ 2000円ほど

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約20分 )

2.ミルクロード

ミルクロード
出所:https://pixabay.com/ja/photos/%E9%98%BF%E8%98%87-%E7%86%8A%E6%9C%AC-%E6%97%A5%E6%9C%AC-%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%A9-1513626/

阿蘇をドライブするとしたら一度は走った方がいい道があります。熊本県道339号北外輪山大津線、通称ミルクロードです。

約46キロに及ぶミルクロードは広大な阿蘇の外輪山北東部を一気に楽しむことができます。そこは見渡す限り広大な牧草地が広がり、道も整備され走りやすく、緩やかなコーナーと適度なアップダウンで日本にいることを忘れてしまいそうになります。

しばらく走っていると、牧草地から放牧されているあか牛達が気持ちよさそうに日向ぼっこしている姿が見れたまりません。この景色は阿蘇山の噴火や降灰により、大きな木が育たず森林化が進まず、人間の手で野焼き、放牧などが行われて保たれている千年以上の歴史が生んだものです。

皆さんもこのミルクロードを走り、人と自然の奇跡を是非感じてみてください。

【 住所 】熊本県阿蘇市一の宮町手野~大津町引水
【アクセス】三愛レストハウスから
【営業時間】無休
【 料金 】 無料

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約10分 )

3.大観峰

大観峰
出所:https://kumamoto.guide/spots/detail/211

ミルクロードを進んでいくと、標高935.9mから中央火口丘の阿蘇五岳と九重連山が一望できる大観峰につきます。駐車場もしっかりあり、アクセスもしやすいので数ある絶景スポットを持つ阿蘇の中でも一番人気の絶景スポットです。

阿蘇五岳はよくお釈迦様が寝ている姿に見えることから涅槃(はねん)像と言われるとこがあります。それはここ大観峰から阿蘇五岳を見た景色が始まりです。更に下をのぞくと阿蘇の街並みや田園も見え阿蘇の自然の壮大さに驚かされます。

大観峰といったら欠かせないのは雲海です。阿蘇に広がる雲を上から見ることができます。もし雲海を見たいのであれば冷え込む夜明け前~早朝のタイミングを狙いましょう。運が良ければ幻想的な光景を見ることができます。今では雲海予想のサイトもありより狙いやすくなっています。

記念撮影スポットとして大観峰の石碑があります。大観峰と大きな文字で書かれているので一目でどこに行ったかわかるので一枚写真を撮っておきましょう。ちなみに大観峰と言う名前は熊本県出身の明治の文豪の徳富 蘇峰が名付けたそうです。それまでは遠見ヶ鼻という名前で呼ばれていました。

【 住所 】熊本県阿蘇市山田2090-8
【アクセス】大分道日田ICよりR212経由、小国方面へ1時間
【営業時間】8時30分~17時
【 料金 】 基本無料

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約12分 )

4.いまきん食堂

いまきん食堂
出所:http://aso-imakin.com/

いまきん食堂は創業百余年の歴史あるお店です。とても人気のお店でいつも行列ができ2~3時間待つことが多いです。

駐車場は少し離れた場所にありますのでドライブでくる場合は先に駐車場の位置を調べておいた方がいいでしょう。もし駐車場が満車だった場合は周りに他の駐車場があるのでそこが利用できます。

そんな大人気のいまきん食堂の看板メニューと言えばあか牛丼です。阿蘇で有名なあか牛は正式には褐色和種と言われ和牛の中でも1%にしか満たない希少な牛でそのほとんどを阿蘇で生産されてます。

その希少なあか牛を阿蘇の広大な草原で放し飼いされストレスなく育てています。食べているエサも無農薬の牧草やワラなので自然の健康ビーフとして人気があります。その味は余計な脂肪分もなく赤身の本来の旨味を味わえます。

そんなあか牛のもも肉をいまきん食堂では贅沢にレア状態でご飯の上に乗せたのがあか牛丼です。特性のたれとわさび温泉卵がトッピングされています。

【 住所 】熊本県阿蘇市内牧366-2
【アクセス】JR豊肥本線阿蘇駅から産交バス内牧方面行きで15分、内牧下車、徒歩4分
【営業時間】11:00~15:00(L.O.)水曜、第3木曜年末年始休
【 料金 】平均予算 1000~2000円

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約25分 )

5.草千里ケ浜

草千里ケ浜"
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_43422ab2020125365/

阿蘇の壮大な草原をその足で楽しむなら草千里ケ浜は欠かせないでしょう。ついたその瞬間から785000平方メートルの大草原が見渡せます。

草千里ケ浜は約3万年前に形成されたといわれる直径約1kmの火口の中に約400mの火口が生まれた二重の火口です。現在では雨水などがたまって生まれた2つの池がありその景観をより神秘的にしています。草原から見える阿蘇山中岳の火口から溢れる煙も草千里ならではの光景です。

そして草千里と言えば馬や牛が遊牧されており、直に触れあえることで有名です。特に馬に乗りながら草千里を一周できる乗馬体験はなかなかできない体験なので一度試してみてはいかかですか?

草千里から少し上に上がると阿蘇山中岳の火口へとつづくロープウェイ広場につきます。そのままロープウェイで頂上まで行くこともできますが、歩いて行くルートもあります。
頂上までたどり着けば活火山の火口を目の前で観察できます。

他にも阿蘇火山について学べる阿蘇火山博物館もあり阿蘇の魅力が詰まっています。

【 住所 】 熊本県阿蘇市 草千里ケ浜
【アクセス】阿蘇駅からバスで35分
【営業時間】24時間
【 料金 】駐車場代410円

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約40分 )

6.俵山峠展望所

俵山峠展望所
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_43430ad3350045904/

県道28号線沿いからよれる俵山峠の頂上にあるのが俵山峠展望所です。今では俵山バイパスが開通したことにより村道になってしまった俵山峠ですが、南阿蘇村の景色の景色を楽しむのであればこの俵山峠がおすすめです。

道は狭く急な坂道も多いので運転初心者には少し難しいかもしれませんが、あまり舗装されていない雑草が生えた道路、木々が生い茂り上りではあまり先が見えない景色にじらされた後に待つ絶景どれも他の道では味わえないドライブコースです。振り返れば、熊本市内も一望できます。

頂上までの上ると、草原が生い茂る山々にそびえ立つ大きな風車飽きることなく俵山峠展望所までたどり着けます。駐車場から少し歩くと俵山峠展望所までたどり着けます。展望台からは標高710mから南外輪山、北外輪山、九重連山、米塚、阿蘇五岳の景色が広がります。見る角度によって表情が違う阿蘇を南側から楽しめます。

そして一番の楽しみは帰り道の下りです。今目にした光景を見ながら下ることができその余韻に浸ることができます。

【 住所 】熊本県阿蘇郡南阿蘇村阿陰
【アクセス】熊本駅から車で50分
【営業時間】24時間
【 料金 】 無料

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約45分 )

7.阿蘇神社

阿蘇神社
出所:http://asojinja.or.jp/

阿蘇神社は2000年以上の歴史の歴史を持つ古社です。全国にある阿蘇神社約450社の総本社になります。普通自動車70台を駐車できる無料駐車場もあるのでアクセスもしやすいです。

建物も神殿や門は国の重要文化財に指定され神社巡り歴史好きにはたまりません。そんな阿蘇神社に祭られているのは神武天皇の孫神様の阿蘇を開拓された家族の神様です。阿蘇と人間の歴史の原点に触れることができる阿蘇観光する上で外せないスポットです。

阿蘇神社には生活守護、水利灌漑、縁結び縁結びなどたくさんのご利益があります。特に高砂の松は縁結びのスポットとして有名でカップルでドライブするのであれば是非追ってみましょう。

お参りを済ませたら、周辺を散策しましょう。阿蘇神社付近には阿蘇一の宮門前町商店街という観光名所もあります。あか牛の串焼きや、馬肉コロッケ、湧水を使った湧水サイダーなど旅の疲れを癒してくれる食べ物がいっぱいです。

【 住所 】熊本県阿蘇市一の宮町宮地3083
【アクセス】宮地駅からバスで5分
【営業時間】9時~17時
【 料金 】 無料

公式サイトURL




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す