ツイートフェイスブックシェアLINEで送る

オーストラリア観光で外せない!おすすめスポット30選

ウルル(エアーズロック)
photo by @rririhi

雄大な自然、美しいビーチ、かわいらしい動物など魅力が詰まったオーストラリア。日本人からも人気の旅行先で、年間を通して多くの人が観光に訪れています。

オーストラリアの国土はとても広大で見どころも本当にもりだくさん。治安もよく、日本からのアクセスも良いため、訪れる日本人観光客を常に魅了し続けています。

何度も訪れているリピーターも多いオーストラリアですが、今回ここではオーストラリア観光のおすすめスポット30選をご紹介していきます!




1.オペラハウス

シドニーと言ったら、まずここをイメージする方も多いのではないでしょうか。シドニーのみだけでなくオーストラリアのシンボルとも言えるオペラハウスは、20世紀を代表する近代建築物です。2007年に世界遺産登録されています。

オペラハウスは一度見たら忘れられないユニークな外観はもちろんのこと、ぜひ本格的にじっくりみたいという方には内部見学ツアーに参加してみるのもおすすめです。また、シドニー交響楽団などの拠点としても知られています。シドニーに訪れる際には押さえておきたい必見の、観光スポットです。

■基本情報
名称:Opera House
住所:Bennelong Point, Sydney NSW
アクセス:シティレールT2、T3線Circular Quay駅から徒歩5分
営業時間:9:00-20:30
入場料:大人:24ドル、 日本語ツアー(約30分)の料金
HP:https://www.sydneyoperahouse.com/

2.ウルル(エアーズロック)

ウルル(エアーズロック)
photo by @rririhi

オーストラリアと言って多くの人がイメージするものの一つが「エアーズロック」ではないでしょうか。

世界で2番目に大きいとされる一枚岩の大きな岩ですが、先住民のアボリジニには「ウルル」と呼ばれますが、イギリスの探検家が名付けたのが「エアーズロック」です。ウルルと、複数の岩群からなるカタジュタを含む広大なエリアが「ウルル・カタジュタ国立公園」で、世界複合遺産に登録されています。

ウルルは先住民の文化が息づく聖地で、日の出や日の入りはとても美しい景色を見ることができます。オーストラリアに行ったら足を運んでほしい、大地の雄大さを感じるような観光スポットです。

■基本情報
名称:Uluru
住所:Red Centre Way, Uluru-Kata Tjuta National Park, Northern Territory
アクセス:エアーズロック空港からはレンタカー、もしくはオプショナルツアー参加が一般的
営業時間:24時間
入場料:25ドル、ツアーの場合は料金は異なります。
HP:https://parksaustralia.gov.au/uluru/index.html

もっと見る

3.ブルー・マウンテンズ

ブルー・マウンテンズ
photo by @shizuki1118

オーストラリアのシドニーから日帰りで行ける人気の観光スポットが「ブルー・マウンテンズ」。オーストラリアの壮大な大自然を体感できるスポットです。100万ヘクタールにも及ぶブルー・マウンテンズは世界遺産にも登録されています。ユーカリから蒸発する油分が太陽の光に反射することにより、神秘的で青くかすんで見えることからブルー・マウンテンズと名付けられているのは有名ですよね。

ブルー・マウンテンズには「スリー・シスターズ」と呼ばれる伝説が残る奇石などもあり、訪れる人を魅了してやみません。シドニーを旅行する人のほとんどが訪れる観光スポットです。

■基本情報
名称:BLUE MOUNTAINS NATIONAL PARK
住所:New South Wales
アクセス:シドニーセントラル駅からBlue Mountains Lineで「カトゥーンバ」下車。所要時間約2時間。カトゥーンバより徒歩30分程度。カトゥーンバ駅からエクスプローラーバスという専用の観光バスもあります。
営業時間:24時間
入場料:無料
HP:http://www.australia.com/ja-jp/places/blue-mountains.html

もっと見る




4.グレート・バリア・リーフ

グレート・バリア・リーフ
photo by @rririhi

「グレート・バリア・リーフ」という言葉を聞いたことがある方も多いのでは?

グレート・バリア・リーフはオーストラリアのクイーンズランド州の東岸に広がっている世界最大の珊瑚礁地帯です。その広さたるや、全長約2,000kmというので驚きです。1981年に世界自然遺産にも登録されており、行ってみたい世界遺産のランキングでも常に上位にランキングしている人気の観光スポットです。

400種を超えるといわれる珊瑚礁やクジラやミドリガメなど1500種もの魚類が生息しており、世界中のダイバーの憧れのスポット。まさにグレート・バリア・リーフは「楽園」と言える観光スポットですね。

■基本情報
名称:Airlie Beach(グレート・バリア・リーフの玄関口)
住所:Airlie Beach, Queensland
アクセス:ハミルトン島空港(グレートバリアリーフ空港とも呼ばれています)利用で、エアリービーチ(エアリー港)からCruise Whitsundaysフェリー利用。所要時間55分
営業時間:24時間
入場料:無料

もっと見る

5.ローン パイン コアラ サンクチュアリ

オーストラリアというとかわいらしいコアラがいますよね。オーストラリアではどこでもコアラを抱っこできると思っている方もいるのでは?しかしながら、オーストラリアでコアラを抱っこできる場所は限られた場所のみなんです。

ブリスベンの南西12kmほどの場所に世界的に有名なコアラ保護区である「ローン パイン コアラ サンクチュアリ」は、コアラに会え、オールトラリア国内でも数少ない、実際にコアラを抱っこできる観光スポットです。世界で最もコアラを飼育している場所としても有名です。きっと、かわいらしいコアラに癒されること間違いなしです。

■基本情報
名称:Lone Pine Koala Sanctuary
住所:708 Jesmond Road, Fig Tree Pocket, Qld 406
アクセス:ブリスベン市内のQueen Street地下の2Cバスターミナル乗り場より430番のバス乗車、Lone Pine Koala Sanctuary下車。所要時間35分。
営業時間:9:00~17:00
入場料:大人36ドル、子供22ドル、抱っこの撮影は別料金
HP:HP:https://koala.net/

6.マンリービーチ

シドニー北部の沿岸沿いにある「マンリー・ビーチ」。南太平洋に面しており、オーストラリアの中でも人気が高いビーチの一つです。シドニーの中心部であるサーキュラー・キーからはフェリー、高速船が出ており、高速船利用の場合は15分程度でアクセスできます。

マンリー・ビーチの魅力はなんといっても美しいビーチ。透き通った青い海と青い空、そして白い砂浜。まさに楽園のようなビーチは地元の人にも人気です。また、オシャレな雰囲気のカフェやレストランも多いので、ビーチを眺めながら食事を楽しんだりなど、出来れば1泊してゆっくりとした時間を過ごした癒しのスポットです。

■基本情報
名称:Manly Beach
住所:92-93 N Steyne Manly NSW 2095
アクセス:シティレールT2、T3線Circular Quay駅3晩出口からフェリーに乗り継ぎ約30分
営業時間:24時間
入場料:無料

7.ジャプカイ・アボリジニ・カルチャーパーク

ケアンズの先住民だったアボリジニの文化を紹介するテーマパークが「ジャプカイ・アボリジニ・カルチャーパーク」。博物館やシアター、村、ギャラリーレストランがあり、昼間はジャプカイ・デイの開演、夜はアボリジニダンスショーが行われるなど、1日中楽しめる観光スポットです。

文化や演奏などを実際に観光客が体験することができるので、子供も大人も楽しめる観光スポット。歴史の中で消えつつあるジャプカイ語も紹介されているため、オーストラリアの歴史や文化に触れるにはもってこいの観光スポットです。

■基本情報
名称: Tjapukai Aboriginal Cultural Park
住所: Kamerunga Rd., Smithfield
アクセス: 9:00~17:00、19:00~22:00
営業時間:ツアー参加が一般的。レンタカーの場合はケアンズから所要時間15分。スカイレールのフィールド駅すぐ。
入場料:大人35ドル、夜90ドル
HP:http://www.tjapukai.com.au/japanese

8.クイーン・ヴィクトリア・マーケット

クイーン・ヴィクトリア・マーケットはメルボルンで人気のあるマーケット。南半球では最大の屋外マーケットということもあり、地元の人だけでなく観光客からも人気の観光スポットです。

野菜や魚介類、肉、お菓子などの食品以外にも衣料品やお土産などの店が立ち並んでいるので、お土産探しにもぴったりの場所。食べ歩きをしながら、自分だけのお気に入りの逸品やバラマキ土産などを探しをしてみては?

■基本情報
名称:Queen Victoria Market
住所:513 Elizabeth & Victoria Street, Melbourne, Victoria 3000
アクセス: シティーサークルトラムのLA TROBE ST. & QUEEN ST.駅から徒歩約3分
営業時間:6:00~14:00、月、水、1/1、聖金曜日、4/25、11/6、12/25、12/26は休業(時間変更になる可能性あり)
入場料:無料
HP:https://qvm.com.au/

9.ボンダイ・ビーチ

ボンダイ・ビーチ
photo by @__annna__

シドニーのビーチの中でも、最も知名度が高いのが「ボンダイビーチ」。ボンダイビーチはオーストラリア先住民であるアボリジニーの言葉で「岩に砕ける波のビーチ」という意味があります。

一年を通してシーズンと言えるボンダイビーチは、約1km続く砂浜と海の青がとても美しく訪れる人を魅了しています。また、サーフィンの名所としても有名でサーファーの姿もよく見られます。サーフィンに海水浴など楽しめるビーチとして人気の観光スポットです。

■基本情報
名称:Bondai Beach
住所:Queen Elizabeth Dr Bondi Beach NSW 2026
アクセス:シティレールT4線Bondi Junction駅からバス380号、381号線に乗り継ぎ、Campbell Pde Opp Curlewis St停留所下車
営業時間:24時間
入場料:無料

もっと見る

10.キュランダ高原列車

キュランダ高原列車はクイーンズランド州のケアンズ駅とキュランダ駅間を結んでいる観光列車です。

「世界の車窓から」のオープニングとして長い間使用されていたのが「キュランダ高原列車」なので、この地を訪れた日本人の中には「どこかで見たことあるかも」という印象を受ける人もおおいか。

もともとは鉱山として栄えたキュランダへ、食料や物資などを運ぶために作られたという路線です。走行距離は約33kmなのでそこまで長くはない距離ですが、山道を走り抜ける車窓からの景色はまさに絶景。列車内もどこかかわいらしいので旅心をくすぐるのでおすすめの観光スポットです。

■基本情報
名称:Kuranda Scenic Railway
住所: 126-144 Bunda Street, Cairns City QLD 4870
アクセス:ケアンズ・セントラル駅より出発
営業時間:ケアンズ駅発 8:30
入場料:片道大人50ドル、子供25ドル(座席によって料金変更あり)
HP:https://www.ksr.com.au/Pages/Default.aspx




11.パロネラパーク

クイーンズランド州にある観光スポット「パロネラ・パーク」。日本人観光客からとても人気。その理由とは宮崎駿監督の「天空の城ラピュタ」の城によく似ているからなんです。

パロネラ・パークはスペインから来たというパロネラさんが1930年に自ら建てたという城で、城の敷地内には緑が多く気持ちがいい空間になっています。遺跡のような建物や庭園はとても神秘的で、どこか心が落ち着く空気が流れています。日本人だけでなく、多くの外国人を魅了し続けています。

■基本情報
名称:Paronella Park
住所:1671 Japoonvale Road, Mena Creek QLD 4871
アクセス:ツアー参加が一般的。レンタカーで行く場合はケアンズ市街から約1時間40分
営業時間:9:00〜19:30
入場料:大人46ドル、子供25ドル

12.ハーバー・ブリッジ

シドニー湾にかかる巨大なシングルアーチ橋「ハーバー・ブリッジ」。ハーバー・ブリッジはシドニーのシンボルの一つでもあり、シドニーの人気の観光スポットでもあります。全長1,149m、幅49mもある大きな橋は、世界2位という大きさだからびっくり。

この橋の魅力は、遠くから眺めたり渡ったりするだけでなく、なんとアーチを上ることができる「ブリッジクライム」のアトラクションが楽しめる点に他なりません。実際に上るのは高さがあり少々怖さもあるかもしれませんが、一生忘れない思い出に残る観光スポットになりますよ。

■基本情報
名称:Sydney Harbour Bridge
住所:Sydney Harbour Bridge, Sydney NSW
アクセス:シティレール T1線Milsons Point駅
営業時間:10:00-17:00(最終入場は16:45)、12/25休業
入場料:展望台13ドル、4歳以下無料

13.ハンター・バレー

ハンター・バレーと聞いてピンときた方は、ワイン好きな方ではないでしょうか。ハンター・バレーはオーストラリアのワインの産地。世界トップクラスのワインを生産している場所で、ワイン好きにはもちろんのこと、そうでない方でも実際に訪れたらすごく楽しめる観光スポットです。

ハンター・バレーにはワイナリーがありますが、基本、試飲は無料。ワインについて知識がなくても、ワインが好きでなくても、きっとお気に入りの一杯が見つかるはず。ブドウ畑が広がる豊かな自然が広がっているので、春から夏の緑がきれいな季節に行くのがおすすめですよ。

■基本情報
名称:HunterValley
住所:455 Wine Country Drive, Pokolbin NSW 2320(インフォメーションセンター)
アクセス:ツアー参加が一般的。もしくはレンタカー利用でシドニーから約2時間。
営業時間:24時間
入場料:無料
HP:http://www.huntervalleyvisitorcentre.com.au/

14.グレート・オーシャン・ロード

グレート・オーシャン・ロード
photo by @sheeplog

グレート・オーシャン・ロードはメルボルンの南西約200kmにも及ぶ道のことです。「世界で一番美しい道」とも言われていますが、その表現は決して大げさではないと言うことが、実際に訪れた観光客が口にする感想です。

完成までに16年もの年月を要したという道は眺めもよくドライブするのが楽しい観光スポット。青い海や美しい緑の森を眺めながらのドライブはとても気持ちがよく、ぜひ訪れてみたいエリアですが、個人では少々行きにくいので現地オプショナルツアーに参加するのが定番です。

基本情報
名称:Great Ocean Road
住所: Great Ocean Road
アクセス:メルボルンから車で「トーキー」というグレート・オーシャンロードの入口まで所要時間約1時間半
営業時間:24時間
入場料:無料

もっと見る

15.セント・パトリック大聖堂

View this post on Instagram

@moe.p.i.cがシェアした投稿

メルボルンにある「セント・パトリック大聖堂」は、オーストラリア最大のゴシック様式の大聖堂で、ゴージャスでとても美しい観光スポットです。1939年に完成するまで約80年もの歳月をかけ建設されました。豪華な内装とステンドグラスがとても美しく見ごたえがあります。厳粛な雰囲気があり、静かな空間ながら温かみを感じられるような大聖堂です。

観光客は時間帯によって多い時もありますが、比較的隠れた穴場的な場所なので、メルボルン滞在時にはぜひ訪れたいおすすめの観光スポットです。

■基本情報
名称:St.Patrick’s Cathedral
住所: Cnr Gisborne Street & Cathedral Place, East Melbourne, Vic 3002
アクセス:パーラメント(Parliament)駅から徒歩約5分
営業時間: 9:00~17:00
入場料:無料
HP:http://www.cam.org.au/cathedral

16.ウェイブ・ロック

西オーストラリアのパースからおよそ335km離れた場所にあるのが「ウェーブロック」。ウェーブロックは、高さ15m、幅110mもある巨大な、自然が作った奇跡の岩です。27億年も前から存在していると言われており、岩の美しい曲線がビッグウエーブのような見た目なので、ウェーブロックと名付けられたそう。

内陸部パースにあるウェイブ・ロック。オーストラリアを代表する巨岩の景観スポットは、ぜひ訪れてほしいおすすめの観光スポットです。

■基本情報
名称:Wave Rock
住所:1 Wave Rock Rd, Hyden WA 6359
アクセス:ツアー参加が一般的。レンタカーの場合はパースから335km、所要時間4~5時間
営業時間:24時間
入場料:10ドル
HP:http://waverock.com.au/

17.キングス・キャニオン

キングス・キャニオンは、ノーザン・テリトリーにあるワタルカ国立公園というエリア内にあります。映画「世界の中心で愛を叫ぶ」の感動的なクライマックスで使われたロケ地でもあることから、特に日本人にはよく知られる人気の観光スポットです。

太古からある巨大な赤い岩は有名ですが、この土地固有の動植物が600種類以上存在していることから、重要な自然保護区になっている点もぜひ気に留めておきたいところ。とても景色がよく、自然の雄大さを感じるような観光スポットです。

■基本情報
名称:Kings Canyon
住所:Luritja Rd, Petermann NT 0872
アクセス:自力で行くのは大変なので2泊などするツアー参加が一般的。
営業時間:24時間
入場料:無料
HP:http://www.kingscanyonresort.com.au/default.aspx

18.ピナクルズ

大自然が造り上げた砂漠の彫刻「ピナクルズ」。「荒野の墓標」と呼ばれることもある西オーストラリアのナンブング国立公園にある観光スポットです。パースから250kmほど離れた海沿いにあることから、日帰りで訪れるにはスケジュールに余裕を持って朝早めに出発しましょう。

ピナクルズは砂漠にあり、原生林が石灰化してできた岩の奇石が無数に立ち並んでいることから、どこか別の世界に迷い込んだかのような不思議な景色が楽しめる観光スポットです。青空と砂漠と、ピナクルズという組み合わせを見に足を運んでみてください。きっと感激することでしょう。

■基本情報
名称:Pinnacles
住所:Pinnacles Drive, via Nambung National Park, Cervantes, 6511
アクセス:ツアー参加が一般的。レンタカーの場合はパースから北に向かい約3時間
営業時間:9:30−16:30(ビジターセンター)
入場料:車一台12ドル

19.シェルビーチ

貝殻で埋め尽くされて真っ白というビーチ、行ってみたくありませんか?「シェルビーチ」は、数千年もの月日をかけて堆積してきた貝殻でできています。世界遺産にも登録されており、見渡す限り白の貝殻というのが、まさにフォトジェニックな観光スポットです。

砂ではなく小さな二枚貝によって作られているシェルビーチ。なんとその長さは110kmというので、その景色はまさにダイナミック。さらに深さは10mにも達しているというからこれまたびっくり。インド洋の青い海と、真っ白なビーチの組み合わせがなんとも美しく、写真撮影にもおすすめ。また、朝焼けや夕焼けのタイミングもとても美しく人気の観光スポットになっています。

■基本情報
名称:Shell Beach
住所:Shell Beach, Francois Peron National Park Western
アクセス:自力で行くのは大変なのでツアー参加が一般的。パースから850km、レンタカー利用の場合は10時間程。
営業時間:24時間
入場料:無料

20.ポートスティーブンス

シドニーから車で2~3時間ほどにある「ポートスティーブンス」。透き通ったような青い海が美しい場所としても知られていますが、ここはなんといっても野生のイルカに出会えることで人気の観光スポットです。湾内には野生のイルカが生息していることから、クルーズを利用すれば高確率でイルカに接近できるので、感動すること間違いなし。目の前でイルカたちがジャンプする姿が見れるかもしれませんよ。

また、シーズンによりますがクジラに会えるタイミングもあります。思い出に残る忘れられない観光スポットになりますね。

■基本情報
名称:Port Stephens
住所:Port Stevens
アクセス:ツアー参加が一般的。バスの場合はシドニー・セントラル駅前の「エディ・アベニュー」よりバス乗車で「ネルソンベイ」下車。所要時間約3時間15分。レンタカーの場合はシドニーから220㎞、所要時間約2時間半
営業時間:24時間
入場料:無料




21.シドニータワー・アイ

シドニータワー・アイは1981年にオープンして以来、地元の人や観光客に人気の観光スポットです。300m以上ある高層展望タワーで、展望デッキではシドニーの街並みの絶景を360度一望することができます。天気がいいと、ブルーマウンテンズの山々まで見えますよ。

また、レストラン、ビュッフェなどもあるので、景色を楽しみながら食事もできます。夜景を見ながら食事をしたら、その旅の中でロマンチックで思い出に残る一コマになりますね。

■基本情報
名称: The Sydney Tower Eye
住所: Westfield Centre/100 Market Street Sydney NSW 2000
アクセス:タウンホール(Town Hall)駅より徒歩約8分、セントジェームス駅(St James)駅より徒歩約5分。
営業時間:日~金 9:00~22:30、土 9:00~23:30
入場料: 大人25ドル、子供15ドル

22.フリーマントル・マーケット

View this post on Instagram

@naho0o0がシェアした投稿

港町フリーマントルで週末のみ開催される「フリーマントル・マーケット」。1897年から続いているという歴史あるマーケットです。フリーマントルの台所的な存在で、果物、野菜、魚介類などの食材を求め、地元の人も多く賑わっているマーケットです。お土産も売っているので、観光客にも人気の観光スポットにもなっています。

ストリートではプロの方だけでなく一般の観光客や地元の人が一緒にがパフォーマンスしていたりなど、見ているだけでも楽しい観光スポットです。

■基本情報
名称:Fremantle Markets
住所:Corner South Terrace & Henderson Street, Fremantle, Western
アクセス:パース駅よりトランスパース(Transperth)のフリーマントル線(Fremantle Line)で、終点のフリーマントル駅まで乗車。所要時間は約25分
営業時間:金 8:00~20:00、土・日 8:00~18:00
入場料:無料
HP:http://fremantlemarkets.com.au/

23.ポート・アーサー流刑場跡

タスマニア島にある「ポート・アーサー流刑場跡」は、イギリス当時時代の流刑場跡です。緑豊かで広大な敷地内に1830年から1877年まで使用されており、エリア内には監獄や教会などがいくつも残っています。「オーストラリアの囚人遺跡群」の一つとして世界遺産に登録されています。

現地のアボリジニーが押し込められていた場所でもあるそうで、当時は絶対に脱出不可能な監獄として、世間に知れ渡っていたそうです。

タスマニア島定番とも言えるスポットですが、旅を通じてオーストラリアの違った一面もまたかいまることのできる観光スポットと言うことが出来るのではないでしょうか。

■基本情報
名称: Port Arthur Historic Site
住所: Port Arthur Historic Site, Port Arthur, 7182
アクセス:ホバートから南東に車で約1時間半
営業時間:9:00~17:00
入場料:大人32ドル、子供(4~17歳)16ドル
HP:https://portarthur.org.au/

24.ペンギンパレード(フィリップ島)

メルボルンからアクセスできる人気の観光スポットがフィリップ島の「ペンギンパレード」。

オーストラリア固有種の体長約30cm足らずのミニペンギン(フェアリーペンギン)のペンギンたちが巣に戻る様子をパレードと呼びますが、そのパレードを専用の観覧席で見ることができるというスポットなのです。

日本人はペンギン好きですが、訪れる観光客はもちろん日本人だけでなく外国人も本当にたくさん。ペンギンのヨチヨチ歩きがとてもかわいらしく、ほほえましい姿を見るために訪れる観光客が多くいます。日が暮れてからの開始なので、フィリップ島にその夜は滞在するのがおすすめです。

■基本情報
名称:The Penguin Parade Visitor Centre
住所:1013, Ventnor Rd, Phillip Island VIC 3922
アクセス:ツアー参加が一般的。もしくはレンタカーでメルボルンから所要時間約2時間。
営業時間:10:00~12:00(ビジターセンター)、ペンギンパレードは日没後
入場料:ペンギンパレード料金/大人24.5ドル~
HP:https://www.penguins.org.au/news/visitor-centre-redevelopment/

25.メルボルン王立植物園

メルボルン王立植物園はメルボルン観光に欠かせない人気の観光スポット。1842年に造園された歴史がある英国式の庭園は、とても広大でぜひまる1日時間を取りたい観光スポットです。季節により異なった花が咲き、変わりゆく風景の美しさに魅了される人も多くいます。

湖などもあり湖畔を散策しているだけで、時間の経過もあっという間です。どうしても観光で訪れると1日がセカセカしがちですが、たまにはこのようなゆったりとした時間を設けてみてはいかがですか?

■基本情報
名称:Royal Botanic Gardens Melbourne
住所: Birdwood Ave,South Yarra,Victoria 3141
アクセス:フリンダース ストリート(FLINDERS ST.)駅から徒歩すぐ
営業時間:7:00〜日没まで
入場料:無料
HP:http://www.rbg.vic.gov.au/

26.メルボルン博物館

南半球で最大の総合博物館が「メルボルン博物館」。展示方法が斬新で迫力があることから、訪れる人の満足度が高い観光スポットとして人気を集めています。

先住民アボリジニの文化や化石、歴史などについても学ぶことができるのはもちろん、恐竜の骨格やオーストラリア独自の昆虫の展示などは必見。エリア全体がとても広くじっくりと見て回るには1日がかりのため、余裕を持ったスケジュール組をおススメします。ぜひファミリーで訪れたいメルボルンおすすめの観光スポットです。

■基本情報
名称: Melbourne Museum
住所:11 Nicholson Street, Carlton
アクセス:パーラメント(Parliament)駅から徒歩10分。
営業時間:10:00~17:00、12/25とグッドフライデーは休館
入場料:大人10ドル、子供16歳以下無料

27. ビクトリア州立図書館

まるで「博物館のような図書館」と形容できるのが、メルボルンにある「ビクトリア州立図書館」です。とても広く、落ち着いた雰囲気の図書館。観光客でもわざわざガイドブック片手に訪れる人がいる観光スポットです。

歴史が感じられるような素晴らしい建物は必見ですが、内部も美しい装飾で見ごたえがあります。リラックスできる場所として何時間もいられるような場所。ですが本来は図書館(公共の場所)なのでマナーを守って観光してくださいね。

■基本情報
名称:State Library of Victoria
住所:328 Swanston St, Melbourne VIC 3000
アクセス:メルボルンセントラル駅から徒歩1分
営業時間:10:00~21:00(日・金は~18:00)
入場料:無料
HP:http://www.slv.vic.gov.au/

28.キャサリン渓谷

ニトミルク国立公園で人気がある観光スポットが「キャサリン渓谷」。川により浸食された岩盤が延々と続いている壮大な渓谷です。断崖絶壁で迫力ある渓谷をクルーズなどで回ることができ、観光客に非常に人気を博しています。カヌーやカヤック、スイミングなどのアクティビティも楽しめることもあり、壮大な自然を肌で感じることができるような観光スポットとして人気です。

■基本情報
名称:Katherine Gorge (Nitmiluk National Park)
住所:Gorge Road, Katherine NT
アクセス:ツアー参加が一般的。ダーウィンから車で3時間
営業時間:24時間
入場料:無料

29.ラウンド・ハウス

フリーマントルの海岸沿いの高台にある白いレンガの12角形が特徴的な建物が「ラウンドハウス」。風情あるラウンドハウスはかつては刑務所だった場所で、西オーストラリア州最古の公立の建物です。

高台でとてもいい場所に立っていることから、見晴らしがとてもよくインド洋を眺めることができ、歴史的建造物と言う側面と併せて絶景観光スポットとしても人気を集めています。このラウンドハウスだけを観光しにいくというよりは、景色とセットで観光するのがおすすめです。

■基本情報
名称:Round House
住所:10 Arthur Head, Fremantle, WA
アクセス:フリーマントル(FREMANTLE)駅下車、徒歩約5分
営業時間:10:00~15:00
入場料:なし(2ドルほど寄付金を要求される場合あり)

30.タロンガ動物園

シドニーにある「タロンガ動物園」は広大な敷地に、オーストラリアのコアラ、カンガルーワラビーなどかわいらしい動物たちに会うことができる観光スポットです。ユーカリの葉を食べるコアラの姿が見れる人気の動物園で、オーストラリアの珍しい動物だけでなく、キリンやチンパンジーなど様々な動物がいます。シドニー市内からのアクセスもよく、観光客だけでなく地元の人にも人気の憩いのスポットです。

■基本情報
名称:Taronga Zoo
住所:Bradleys Head Rd., Mosman
アクセス:サーキュラキーからフェリー乗船でタロンガ動物園下船。所有時間は約12分。
営業時間:9:00~17:00
入場料:大人46ドル、子供(4~15歳)26ドル
HP:https://www.taronga.org.au/


オーストラリアのおすすめの観光スポットを30選、一挙にご紹介しましたがいかがでしたか。

観光だけでなくワーキングホリデーや語学留学、あるいは移住という形でも、多くの日本人にとって人気の国がオーストラリア。

オーストラリアは国土も広いので観光スポットも多くあり、まだまだご紹介しきれなかった観光スポットも目白押しです。今回ご紹介した30選だけでなく、ぜひあなただけのお気に入りのスポットを見つけてみて下さいね。




地図から探す 地図から探す