カレー

カレー
by https://www.tourisme.fr/php/office.php?ID=137
英国とフランスを短距離で結ぶドーヴァー海峡に面した町で、100年戦争で1347年から1558年まで占領されていました。その歴史を物語るロダンの「カレーの市民」は有名で、東京の近代美術館にもこのレプリカが展示されています。この彫像は、北フランスの伝統的な鐘楼が吊るされた華麗な市庁舎の広場に飾られています。またレース産業も歴史があり、国内外に輸出されています。市内には国際レースセンターがあり、2,500㎡のスペースに150年間のレースの歴史が展示されており、製造機械のデモンストレーションも楽しむことができます。

おしゃれで少し気の強いアヤコ
カレーはフランスのカレー地方にある港町。歴史的な建物と美しい海岸線が魅力的よ。
マイペースで好奇心旺盛なタカオ
カレーはイギリスとの玄関口で、フェリーでドーバーに行けるんだ。観光も楽しめるよ!
冷静沈着な猫のニャンタ
カレーはフランス北部に位置し、交通の要所として重要。歴史的背景も深い地域です。
周辺の類似スポットを地図で見る

カレーの基本情報


【スポット】カレー
【ふりがな】カレー
【 住所 】フランス、カレー
【アクセス】カレー・フレタン駅から徒歩約10分
【最寄り駅】カレー・フレタン駅
【営業時間】年中無休
【 料金 】無料
【クーポン】特に情報なし


カレー

カレーはフランスの北部に位置する港町で、イギリス海峡を挟んでイギリスと向かい合っています。歴史的な要塞や美しいビーチ、そして新鮮なシーフードが楽しめることで知られています。カレーはまた、ドーバー海峡トンネルのフランス側の入口としても有名で、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。

カレーの楽しみ方

カレーには多くの観光スポットがあり、訪れる人々を魅了します。まず、カレーのシンボルとも言える「カレー灯台」は必見です。この灯台は19世紀に建てられ、現在も稼働しています。灯台の頂上からは、カレーの街並みやイギリス海峡の絶景を一望することができます。

次に訪れたいのは「カレー城」です。この城は中世に建てられ、現在は博物館として公開されています。城内では、カレーの歴史や中世の生活様式について学ぶことができます。また、城の周囲には美しい庭園が広がっており、散策するのに最適です。

カレーのビーチも見逃せません。特に「カレー・プラージュ」は、夏の間に多くの観光客で賑わいます。ビーチでは、日光浴や海水浴、ビーチバレーなど様々なアクティビティを楽しむことができます。また、ビーチ沿いにはカフェやレストランが立ち並び、新鮮なシーフードを味わうことができます。

さらに、カレーの市場も訪れる価値があります。「カレー市場」は地元の特産品や新鮮な食材が揃う場所で、地元の人々との交流も楽しめます。特に、フランスのパンやチーズ、ワインなどを購入するのに最適です。

カレーにはまた、芸術や文化を楽しむ場所も多くあります。「カレー美術館」では、地元のアーティストの作品やフランスの名画を鑑賞することができます。また、定期的に開催されるコンサートや演劇も見逃せません。

最後に、カレーの夜景も素晴らしいです。特に、港のライトアップはロマンチックな雰囲気を醸し出し、カップルにおすすめです。夜の散策を楽しみながら、カレーの魅力を存分に味わってください。

カレーへのアクセス

カレーへのアクセスは非常に便利です。パリからは高速鉄道TGVを利用して約1時間30分で到着します。また、イギリスからはドーバー海峡を渡るフェリーが頻繁に運航しており、約1時間30分でカレーに到着します。さらに、ドーバー海峡トンネルを利用するユーロスターも便利で、ロンドンから約1時間でカレーにアクセスできます。

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。