デートアプリとマッチングアプリの徹底比較!恋活と婚活、ユーザー層と出会い方のコツを解説

デートアプリとマッチングアプリを徹底比較します。恋活と婚活にそれぞれ向くアプリ、またユーザー層と出会い方のコツまで徹底解説します。プロフィールページに掲載する写真はどうすればよいか、メッセージはどのように記載すればよいかなど、この記事を確認するだけでデートアプリのすべてが分かります。

デートアプリについて
デートアプリとマッチングアプリの違い
 デートアプリとは
 マッチングアプリとは
 どちらを選ぶとよいか

デートアプリ安心・定番の4アプリ
 食事デートのデートアプリ「dine(ダイン)」
 アッパーのデートアプリ「東カレデート」
 2つの使い方デートアプリ「タップル誕生」
 かならずデートできるアプリ「いきなりデート」

真剣な出会いを求めるならオススメの3デートアプリ
 20代の恋活デートアプリ「with」
 全世代の恋活・婚活デートアプリ「ペアーズ」
 30代中心デートアプリ「マッチドットコム」

デートアプリで出会いを成功させるコツ
デートアプリで出会いを成功させる写真のコツ
 メイン写真を好印象にする方法とNG例
 サブ写真を好印象にする方法とNG例
 その他の成功ポイント

デートアプリで出会いを成功させるメッセージのコツ
 返信確度を高める最初のメッセージのポイント
 やり取りを継続させる2通目以降のメッセージのポイント
 デートの誘い方メッセージのポイント

デートアプリで外国人と出会う・英語も身に着ける
 外国人と出会えるデートアプリについて
 デートアプリで英語を学ぶ方法



デートアプリとマッチングアプリの違い

「デートアプリ」と「マッチングアプリ」は似ている部分もあれば違う部分も多いです。
自分に合ったアプリを見つけるためにも、違いを把握しておきましょう。

デートアプリとは

デートアプリとは、異性とのデートがメインなアプリのことです。
マッチングアプリは異性とマッチング→メッセージでやりとり→デートの約束という流れで出会いますが、デートアプリはマッチングするとすぐにデートできるのです。

そのため、無駄なやりとりを省いて効率的に会うことができます。
一方で、ドタキャンやヤリモク・メシモク(メシ目的)などの危険人物が増えてしまうというデメリットもあるので気をつけてください。

マッチングアプリとは

マッチングアプリとは、異性とのマッチングがメインなアプリのことです。
デートアプリと違って、異性とデートするためにはお互いメッセージでやりとりした上で約束する必要があります。

じっくり仲を深めた上でデートできるので、ドタキャンを回避でき、危険人物も見抜きやすいのです。
一方、デートするまでに面倒なやりとりを続けなければなりません。

どちらを選ぶとよいか

マッチングアプリに慣れていて、危険人物をある程度見抜けるならデートアプリがおすすめです。
「これから婚活・恋活をはじめたい」という方はマッチングアプリを使いましょう。

また、地方に住んでいる方もマッチングアプリが向いています。
デートアプリは全国に対応していないものも多いので注意してください。



デートアプリ安心・定番の4アプリ


デートアプリの中には、悪質なものも存在します。
悪質デートアプリを使ってしまうとトラブルになりかねないので気をしましょう。
安全に使える定番のデートアプリがこちらです。



順に説明していきます。

食事デートのデートアプリ「dine(ダイン)」

食事デートのデートアプリ「dine(ダイン)」

アプリ名 dine(ダイン)
運営会社 株式会社Mrk&Co
会員数 非公開
料金 男性:6,500円/月~
女性:無料
年齢層 男性:20代後半~40代
女性:20代~30代
特徴 ・先にアメリカで大ヒットしたアプリ
・検索不要でAIが自分に合った異性を選んでくれる
・やりとりなしでデートが決まる

dine(ダイン)をダウンロード

dine(ダイン)は日本のデートアプリですが、先にアメリカで大ヒットしました。
日本でも「気軽にデートできる」として徐々に話題になりつつあります。

やりとりなしでデート可能

dine(ダイン)の魅力は、「効率的に理想の異性とデートできる」という点です。
まず、dine(ダイン)には従来のマッチングアプリにあった「いいね」が存在しません。
そのかわり、画面には異性の写真とレストランの「カード」が表示されます。

dine(ダイン)画面1

画面に表示された3枚のカードのうち1枚を異性の写真にスワイプすることで、デートのおさそいができます。
おさそいできるレストランもデート向きな評価の高いところばかりなので、失敗することはありません。

カードを受け取った異性がこちらのプロフィールや提案に納得すれば、アプリ内のカレンダーでスケジュールを決めて、あとは実際にデートをするだけです。
このように、メッセージでやりとりする必要がないため、最小限の連絡だけで理想の相手とデートすることができるのです。

検索不要で異性と出会える

さらに、dine(ダイン)は相手を検索する必要がありません。
たとえば、従来のマッチングアプリだと、理想の異性を見つけたい場合は詳細な検索項目を設定しなければなりませんでした。
詳細項目は多岐にわたる上に、会員数が多いとなかなか見つけられませんでした。

しかし、dine(ダイン)検索設定画面に表示される異性をスワイプすることでAIが好みを学習し、自分に合った相手を毎日自動的に紹介してくれるのです。

dine(ダイン)画面2

紹介される異性は、dine(ダイン)を使えば使うほど精度が高まります。
いちいち検索しなくてもいいので、忙しい人でも時間を無駄にすることがありません。

対応している地域が限られているので注意

ただ、dine(ダイン)は対応している地域が限られています。
2020年6月現在の対応地域がこちらです。

●東京
●大阪
●福岡
●名古屋

こちらの地域以外ではdine(ダイン)を使えないので注意してください。
もっとも、人気がどんどん高まりつつあるので、全国対応するのも時間の問題でしょう。

dine(ダイン)をダウンロード




アッパーのデートアプリ「東カレデート」

アッパーのデートアプリ「東カレデート」

アプリ名 東カレデート
運営会社 株式会社東京カレンダー
会員数 非公開
料金 男性:6,500円/月~
女性:6,500円/月~
年齢層 男性:30代~40代
女性:20代~30代
特徴 ・完全審査制のアプリ
・男女ともにハイスペしかいない
・有料会員からのメッセージなら無料会員でも返事ができる

東カレデートをダウンロード

東カレデートは、基本的にマッチングアプリと同じです。
ただ、dine(ダイン)と同じくらい「メッセージよりも会って話がしたい」と考えているユーザーが多いため、デートアプリとしても十分使えます。

完全審査制のアプリ

最大の魅力は、なんといっても「男女ともにハイスペしか存在しない」という点でしょう。
東カレデートは男性も女性も審査を通過しなければ登録できません。
また、審査は2段階方式であり、簡単に通過できなくなっています。

●現会員からの投票
●運営による審査

入会には、現会員からの「入会OK」を一定数集めなければなりません。
どういうことかというと、現会員はこれから登録しようとする方の入会を投票で決めることができるのですが、「入会OK」が基準に満たなければ入会できないのです。

東カレデート画面1

ただし、現会員から「入会OK」されたとしても、登録できるとは限りません。
最終的には運営が「東カレデートの会員にふさわしいか」を判断します。
いくら現会員に気に入られても、運営が「東カレデートの会員にはふさわしくない」と判断すれば登録できないのです。

男女ともにハイスペしかいない

このように厳しい審査を通過しなければ利用できないため、会員は他のマッチングアプリ・デートアプリに比べて超ハイレベルです。
たとえば、公式サイトによると、男性は約半分が年収1,000万以上。
女性も芸能人やモデルが普通に登録していますし、客室乗務員も非常に多いです。

東カレデート画面2

「本当に芸能人なのだろうか」と疑う方もいるでしょうが、女性も厳しい審査を通過しなければ使えません。
また、「ギャラリー」機能を使えば、異性が公開している写真を無料で閲覧することができます。
ギャラリーで写真を公開しているということは、プロフィールの写真が本人であるということに間違いないでしょう。

男性は年収を偽っている方も存在しますが、年収証明を提出することができるため、本物のハイスペを確実に見分けることができます。
中には年収が億単位を超える男性や、有名企業の社長も登録しています。

出会うまでの流れとしては、一般的なマッチングアプリと同じでいいねを送ってマッチング→メッセージでやりとり、という形です。
男女ともにメッセージを送るためには課金する必要がありますが、相手が有料会員なら無料会員でも返信できます。
有料会員になるのは男性が多いため、女性は課金しなくても出会える可能性が高いです。

東カレデートをダウンロード

2つの使い方デートアプリ「タップル誕生」

2つの使い方デートアプリ「タップル誕生」

アプリ名 tapple(タップル誕生)
運営会社 株式会社マッチングエージェント
会員数 累計会員数500万人以上
料金 男性:3,700円/月~
女性:無料
年齢層 男性:20代~30代
女性:18~20代
特徴 ・20代女性支持率No.1デートアプリ
・大量にアプローチできる
・おでかけ機能ですぐにデートできる

タップル誕生はマッチングアプリとしても使えますし、デートアプリとしても使えます。
基本的にはマッチングアプリの要素が強いですが、ペアーズやOmiaiといった一般的なマッチングアプリと使い方が大きく違います。

20代女性支持率No.1デートアプリ

まず、タップル誕生は「スワイプ型」と呼ばれるマッチングアプリです。
一般的なマッチングアプリと違って異性の写真が「カード」として表示され、そのカードをスワイプしてマッチングするという仕組みです。

タップル誕生画面1

そのため写真で判断される要素が非常に高く、「美男美女と出会える」として20代の若い世代から支持を集めています。
実際に、公式サイトによると、20代女性からの支持率は数あるマッチングアプリの中でもNo.1です。

会員数も今まで紹介してきたdine(ダイン)や東カレデートより圧倒的に多いです。
累計会員数500万人はペアーズに次ぐ第2位ですが、若いユーザーからの支持が強いため会員数が爆発的に増加しています。

大量にアプローチできる

タップル誕生は、従来のマッチングアプリよりも「アプローチできる数が非常に多い」というのも魅力の一つです。
たとえば、ログインボーナスである「カード」はいいかも20回分です。
一般的なマッチングアプリでは1回分であることが多いので、ここだけで判断しても20倍以上出会えるチャンスがあると言えます。

また、「本日のレコメンド」では毎日30人に無料でいいかもを送れますし、有料会員になると「タップル占い」で50人にカードを消費することなくアプローチできます。
さらに、有料会員は「おでかけ」機能で異性をデートに誘うことができるのです。

タップル誕生画面2

おでかけ機能ですぐにデートできる

おでかけとは、女性がデート相手を募集し、男性がデートプランを提案するという機能です。
デートが成立するとメッセージ画面に切り替わり、スケジュールを決めるだけでデートできるようになります。

おでかけ機能を使えば、その日のうちはもちろんのこと、運が良ければ数分で素敵な相手とデートが決まることもあります。
おでかけ機能は1日5人までしか誘えませんが、毎日21時~22時の間は無制限で誘い放題です。

かならずデートできるアプリ「いきなりデート」

かならずデートできるアプリ「いきなりデート」

アプリ名 いきなりデート
運営会社 コネクト株式会社
会員数 非公開
料金 男性:4,800円/月~
女性:2,980円/月~
年齢層 男性:20代~40代
女性:20代~30代
特徴 ・メッセージ不要
・スタッフがレストランの手配まですべて手配してくれる
・ハイスペだけのデートアプリ

いきなりデートをダウンロード

いきなりデートは、その名のとおり「いきなりデートできるアプリ」です。
とにかくユニークなアプリで、一般的なデートアプリとも仕組みが大きく違います。

メッセージが完全に必要ない

タップル誕生の「おでかけ」では、デートが決まった際は相手とメッセージでやりとりする必要がありました。
しかし、いきなりデートはそのやりとりすらも必要ありません。

使い方は極めてシンプルです。
いきなりデートに登録して、デートに行きたい日時を選びましょう。

いきなりデート画面1

しばらく待っていると自動的にデート相手とマッチングするので、そのまま希望した日・時間にデート場所に行ってください。

つまり、ユーザーがしなければならないことはデートの日時を選ぶだけなのです。
マッチングアプリの「検索→いいね→マッチング→メッセージ→デートの約束」という面倒なステップがすべて排除され、文字通りいきなりデートすることができるわけです。
ただ、残念なことに自分で相手を選ぶことは不可能な上、相手の写真が見られないため会うまでにどんな人なのか分かりません。

スタッフがレストランの手配まですべて手配してくれる

デート場所のレストランも、いきなりデートのスタッフがすべて手配してくれます。
レストランは「上質でパーソナルな旅行を提案するトラベルエージェンシー」をキャッチフレーズにする旅行メディア「EXURY」が厳選した上質なところばかりです。
そのため、レストラン選びで失敗することはありません。

初回のデートが終われば、自由に連絡先を交換できます。
2回目から、自由に行き先を決められます。
なお、飲食代・デート代は別途支払う必要があるので注意してください。

ハイスペだけのデートアプリ

いきなりデートを利用するためには、厳しい審査に通過しなければなりません。
学歴審査もあるため、人によっては「東カレデートは通過したけどいきなりデートは通過しなかった」という場合もあります。
実際に、いきなりデートは会員の5人に1人が慶応・早稲田です。
さらに、約10人に1人が東京大学・京都大学卒なのです。

いきなりデート画面2

だからこそ、相手の写真がわからなくてもある程度の「質」は担保されているのです。
男女ともに有料ですし、会員は真面目な人しか存在しません。

いきなりデートをダウンロード






真剣な出会いを求めるならオススメの3デートアプリ

今まで紹介してきたアプリは相手とすぐにデートができますが、その分、ヤリモクやメシモクが多いというデメリットもあります。
真面目な出会いを求めたいなら、こちらのアプリを使いましょう!



それぞれ説明していきます。

20代の恋活デートアプリ「with」

アプリ名 with(ウィズ)
運営会社 株式会社イグニス
会員数 累計会員数300万人以上(現会員からの推測)
料金 男性:3,600円/月~
女性:無料
年齢層 男性:20代
女性:20代
特徴 ・メンタリストのDaiGoが監修
・心理学・統計学的に相性が良い人と出会える
・同じ好みの異性と出会える

withをダウンロード

20代におすすめしたいのが「with」です。
withはメンタリストのDaiGoが監修しており、「相性が良い人と出会える」として真面目に恋活したい20代の男性・女性から人気を集めています。

心理テストで自分にぴったりな異性を紹介してくれる

使い方は一般的なマッチングアプリと同じなのですが、大きな特徴は「心理テストを受けられる」という点にあります。
心理テストを受けることによって自分の深層心理がわかるだけでなく、同じ診断結果の相手を自動的に紹介してくれるのです。

心理テストは単純な質問に答えるだけの簡単なものですが、メンタリストのDaiGoが監修しているため精度は高いです。

with画面1

また、期間限定の心理テストでは、同じ診断結果の相手に1日10人まで無料で「いいね!」と「メッセージ付きいいね!」を送れます。

同じ好みの異性や共通点が多い異性と出会える

他にも、withは「好みカード」で同じ好みの相手を探せます。
好みカードとは、自分の好みを相手に伝えられる機能です。
たとえば、「映画好き」「肉好き」などのカードをプロフィールに設定することで、相手に自分の好みを伝えられます。

また、withのプロフィールには、自分と相手との「共通点」が表示されます。
共通点が多ければ多いほどうまくいく可能性も高くなるので、マッチングの基準にできるのです。

with画面2

初心者でも安心して使える

このように、withは非常に多機能なデートアプリです。
そのため、人によっては「使うのが難しそう」と感じることもあるでしょう。

安心してください、withは初心者に対するサポートがかなり手厚いのです。
多機能だからこそサポートが充実しており、画面内にDaiGoが出現してあらゆる場面でアドバイスしてくれます。

DaiGoのアドバイスは使い方だけにとどまりません。
マッチングしたあとも、相手の好みカードから盛り上がりやすい話題や接し方を教えてくるため、相手と仲を深めやすいのです。

「相手とどんな話をすればいいかわからない」という方でも、「秘密の質問」機能を使えば安心できます。
秘密の質問とは、マッチングした二人だけが答えられる質問機能です。
この機能を使うことで話題がなくても盛り上がりますし、メッセージが苦手な人でも安心して相手と話せます。

女性は完全無料、男性もお試しプランがある

女性は年齢確認するだけで男性と出会えますが、男性は有料会員にならないとメッセージを送れないので注意してください。
1ヶ月プランで様子見するのもアリですし、3ヶ月・6ヶ月プランでじっくり恋活するのもおすすめです。

21歳以下の男性は、「1週間プラン」で様子見するという方法もあります。
1週間プランは他のデートアプリにはないwith独自のプランです。
本来、有料会員は自動継続ですが、1週間プランは自動継続ではない上に料金も安いので、お試しでwithに課金したい方には最適です。

withをダウンロード




全世代の恋活・婚活デートアプリ「ペアーズ」

全世代の恋活・婚活デートアプリ「ペアーズ」

アプリ名 Pairs(ペアーズ)
運営会社 株式会社エウレカ
会員数 累計会員数1,000万人以上
料金 男性:3590円/月~
女性:無料
年齢層 男性:20代~30代
女性:20代~30代
特徴 ・人気No.1マッチングアプリ
・どんなニーズにもフィットする設計
・料金がリーズナブルで男性も安心

ペアーズをダウンロード

マッチングアプリの中で圧倒的な人気を誇るのがペアーズです。
累計会員数1,000万人という数字は、2位のタップルに2倍以上の差をつけています。
ペアーズは「マッチングしてじっくり仲を深めたい」という方が多数ですが、あらゆるニーズのユーザーが登録しているため、デートアプリ的な使い方をしている人も多いです。

圧倒的な会員数

とにかく会員数が圧倒的に多いので、理想の相手を見つけやすいのがペアーズの特徴です。
会員数が多いことには、このようなメリットがあります。

●納得がいくまで異性を探せる
●地方でも出会えるチャンスがある
●どの年代の人とも出会える

特に、地方の方でもたくさんの人と出会えるのは、他のデートアプリにはない大きな利点です。
たとえばdine(ダイン)では、大都市以外対応していませんでした。
しかし、ペアーズは毎日5,500人が新規登録しているため、地方に住んでいる方でも新しい出会いを期待することができます。

また、年齢層のメインは20~30代ですが、そもそもの母数が多いため、40、50代の異性とも出会えます。
幅広い年齢層と出会いたいなら、ペアーズがおすすめです。

どんなユーザーのニーズにもフィット

人数が多いと、このように感じてしまう人もいるでしょう。
「人が多すぎて、自分に合った人が見つかるか不安」
ペアーズは、このような悩みも解決してくれます。

たとえば、「同じ趣味の人と出会いたい」という方には、同じ趣味・好みの人を探せるコミュニティ機能があります。

ペアーズ画面1

「価値観が似ている人を探したい」という方は、プロフィールで「私の大切な価値観」を設定できるのです。
さらに、ペアーズは距離で検索できるため、「近くの人を見つけたい」という方でも安心です。

ペアーズ画面2

このように、どんなユーザーのニーズにもフィットするのがペアーズの魅力と言えます。
初心者でも理想の相手を見つけられます。

リーズナブルな料金

ペアーズは人気No.1マッチングアプリでありながら、料金もとにかく安いです。
まず、女性は完全無料で男性と出会えます。
男性はwith同様課金しないとメッセージを送れませんが、すべてのプランでペアーズのほうが安いです。

特に、3・6・12ヶ月プランの安さは、他デートアプリと比べ物になりません。
たとえばdine(ダイン)の6ヶ月プランは3,800円/月ですが、ペアーズは1,830円/月と半額以下です。
毎週末の金・土はキャンペーンが開催されており、ここからさらに安くなります。

もちろん1ヶ月プランで様子見するという使い方でも構いません。
ただし、料金は自動継続なので、期間限定で使いたい場合はかならず更新をストップさせておきましょう。

ペアーズをダウンロード




30代中心デートアプリ「マッチドットコム」

30代中心デートアプリ「マッチドットコム」

アプリ名 Match.com(マッチドットコム)
運営会社 マッチ・ドットコムジャパン株式会社
会員数 累計会員数187万人以上
料金 男性:4,490円/月~
女性:4,490円/月~
年齢層 男性:30代~40代
女性:30代~40代
特徴 ・世界的なマッチングアプリ
・いいね無制限&マッチング不要でメッセージ可能
・半額クーポンで50%OFF

マッチドットコムをダウンロード

マッチドットコムもいわゆる「マッチングアプリ」と呼ばれるアプリです。
しかし、真面目に婚活している方が多いため関係の進展が早く、デートアプリとして使うこともできます。

世界的なマッチングアプリ

マッチドットコムの運営会社である「マッチ・ドットコムジャパン株式会社」は、「マッチグループ」の子会社です。
マッチグループとは、同じく世界的に人気のあるマッチングアプリ「Tinder」、国内No.1デートアプリ「ペアーズ」を傘下に置く超大手IT企業です。
マイクロソフトなどとも取引があるほど大きな企業であるため、信頼性や実績には疑う余地がありません。

このように海外製のデートアプリであるため、国内のデートアプリと違う点が多々あります。
たとえば、マッチドットコムでは日本人の馴染みの薄い「人種」や「言語」、「宗教」「政治観」などで異性を探せるのです。
異性にこだわりの条件がある方にとっては、うってつけのデートアプリだと言えるでしょう。

マッチドットコム画面1

ただ、海外製のデートアプリだからこそ、日本語化されていない部分もあるので注意してください。
しっかりと日本語でサポートされたいという方は、国産のデートアプリがおすすめです。

いいね無制限&マッチング不要でメッセージ可能

マッチドットコムはいいねの制限がありません。
今まで紹介してきたdine(ダイン)や東カレデート、タップル誕生、with、ペアーズ、どのデートアプリもいいねの回数が決まっていました。
いいねがなくなるとアプローチできなくなり、出会いのチャンスがかなり減ってしまいます。

一方、マッチドットコムは無制限にいいねを送れるため、たくさんの異性と出会うことが可能です。
さらに、マッチドットコムではマッチング不要でメッセージを送れます。

一般的なデートアプリでは、マッチングしないとメッセージを送れませんでした。
しかし、マッチドットコムではマッチングが必要ないので、自分の思いを文章にして伝えられるのです。
ただし、メッセージを送るためには男女ともに課金が必要なので気をつけてください。

半額クーポンで50%OFF

「男女ともに課金が必要」といっても、マッチドットコムでは半額クーポンを使えば料金が50%OFFになります。
マッチドットコムに登録すると、2~3日してからメールで半額クーポンが送られてくるのです。
半額クーポンは初回のみ有効で、メールでは「ラストチャンス」と書かれていますが使用しない限り何度でも送られてきます。

マッチドットコム画面2

また、マッチドットコムには「恋がはじまる保証」があります。
6ヶ月プランで目当ての異性が現れなかったとき、さらに6ヶ月有料期間を無償で延長してもらえるという保証制度です。

「恋がはじまる保証」とクーポンをうまく組み合わせれば、格安で婚活・恋活を進めることもできます。
ただ、「恋がはじまる保証」を受けるには、「写真やプロフィールをかならず公開する」などいくつかの条件をクリアしなければなりません。
条件は誰でも達成できる簡単なものなので、6ヶ月プランを購入した場合はぜひクリアしておきましょう。

マッチドットコムをダウンロード



デートアプリで出会いを成功させる写真のコツ

デートアプリで出会いを成功させるには、「写真」がもっとも大事です。
なぜかというと、ほとんどの方は写真で「デートするかしないか」を決めるからです。
そこで、ここでは写真のコツについて解説していきます。

メイン写真を好印象にする方法とNG例


まず、好印象なメイン写真とNG例について解説します。



それぞれ解説していきます。

絶対に設定してはいけないNGメイン写真

このような写真をメイン写真にしてしまうと、いくらスペックが良くても選ばれないので注意してください。

●写真の全体が暗く顔がわからない
●写真に対して自分の顔が大きすぎる・小さすぎる
●背景が汚いところでの自撮り
●高級車や高級腕時計アピール
●昔の写真
●SNOWなどで加工・修正
●筋肉自慢

メイン写真は自分の顔がはっきり写るように撮るのが基本です。
暗かったり一部しか写っていなかったりする場合、撮りなおすことをおすすめします。
また、極端にアップな写真や、逆に自分がほとんど写っていないような写真はおすすめできません。

自撮りする場合は、背景に気をつけてください。
たとえば、洗濯物が写り込んでいたり、会社のトイレだったりした場合、相手に「清潔感がないな」と思われてしまいます。
できれば自撮りではなく誰かに撮ってもらうのがベストです。

高級車や高級腕時計アピールはいいねが増えますが、メシモクなど出会い目的ではないユーザーからのアプローチも増えるので注意してください。
場合によっては自慢しているようにも見えるため、なるべく載せないほうがいいでしょう。

デート成功間違いなしの好印象写真は「笑顔」

デート成功間違いなしなのが、笑顔の写真です。
なぜかというと、相手に安心感を与えられるからです。

デートアプリはマッチングアプリと違って最低限のやりとりだけでデートができます。
一方で、「相手の情報が少ない」というデメリットもあるので気をつけてください。
だからこそ、選ばれるためには写真で自分の人となりを伝え、相手を安心させる必要があるわけです。

そのためには、明るい印象を与える「笑顔」の写真を設定しましょう。
満面の笑みを浮かべるのも悪くありませんが、はにかむくらいでも問題ありません。
できればカメラに目をまっすぐ向けて、アプリを見ている女性と視線が合うようにしてください。

「顔バレしたくない」という場合は「雰囲気イケメン」風の写真

自分の顔写真を載せると、身バレしてしまうリスクも増えます。
実際に、「デートアプリで知り合いを見つけた」という方は多いです。
知り合いに見つかってしまうと気まずい思いをしてしまいます。

だからといって、顔写真を載せないとアプローチやマッチングが減ってしまうのも事実です。
こういった「顔バレしたくない」「でも出会いたい」という方におすすめなのが、ポートレート風の雰囲気イケメン写真です。

ポートレート風に撮ることで顔を前面に出さなくても「いいな」と思ってもらえますし、身バレするリスクも最小限に抑えらます。

この場合、できる限りプロに撮ってもらうようにしてください。
SNSを駆使すれば、マッチングアプリ用の写真を撮っているカメラマンとすぐに知り合えます。

サブ写真を好印象にする方法とNG例

いくらメイン写真が良くても、サブ写真がなければチャンスを逃してしまう可能性もあるので気をつけてください。
また、写真の枚数が少ないと「業者かも」「会ったときに全然違うかも」と相手に思われてしまいます。

ここではサブ写真のNG例と好印象な写真について解説していきます。



絶対に設定してはいけないNGサブ写真

絶対に設定してはいけないNGサブ写真がこちらです。

●メイン写真のイメージを損ねるような写真
●異性と一緒に写っている写真
●集合写真
●証明写真

メイン写真のイメージを損ねるような写真はNGです。
たとえば、メイン写真がスーツを着た写真にしたとしましょう。
相手はこちらに対して、間違いなく「真面目で誠実な人なんだな」という印象を抱いています。

それにも関わらず、サブ写真で「飲み会の席でハメを外しているような写真」を載せていると、がっかりされてしまうのは間違いありません。
このように、メイン写真・サブ写真ともに統一感を持たせて、イメージを損ねないようにしましょう。

異性と写っている写真は、とにかくウケが悪いです。
載せないようにするか、上手にトリミングして自分だけが写っているようにしてください。

証明写真は論外ですが、集合写真は工夫の仕方によってはアリです。
他の人以外はスタンプなどで隠して、はっきりと「自分はこれです」と分かるようにすれば、「交友関係が広い人だな」と逆に好印象を与えることができます。
ただ、手間がかかりますし自分を拡大すると画質も悪くなるので、写りが良くない限りは載せないほうがいいでしょう。

サブ写真の枚数は4枚以上がベスト

写真はメイン写真を含めて5枚以上になるのがベストです。
実際に、人気No.1デートアプリのペアーズでは、「写真を5枚以上設定している方はマッチング率80%」とわかっています。

だからといって、適当に写真を載せまくるのは良くありません。
たとえば、食べ物の写真ばかり載せていると、いくらプロフィールで「体型」を「普通」にしていても、「太っている人なのかも」と誤解されてしまいます。

一方で、自分の写真を載せすぎると「ナルシストなのかも」と思われる可能性が高くなりますし、情報が増える分、「変な髪型だな」などと余計な印象を持たれる恐れもあります。
自分の写真は3~4枚程度に留めておき、自分以外の写真を2~3枚載せましょう。

かならず全身の写真を1枚載せる

全身の写真はかならず載せておいてください。
デートアプリは会うことが前提であるため、「体型」や「雰囲気」を気にする方が非常に多いです。
顔写真だけではそれらがわからないため、相手を不安にさせてしまう危険性が高いのです。

できれば足元まで写った写真がおすすめですが、ない場合は上半身だけでも構いません。
この場合、鏡に写った自分を自撮りするのではなく、誰かに撮ってもらうようにしてください。

特に、女性のほとんどが男性の自撮りを好ましく思っていません。
https://twitter.com/unch1ill/status/1269690057436262400


友達かプロのカメラマンに撮ってもらうのがおすすめです。

趣味に打ち込んでいる写真も印象◎

趣味に打ち込んでいる写真も非常に印象が良いです。
デートアプリは「真剣に婚活したい」という方よりも、「サクッとデートを楽しみたい」という方が多いと考えましょう。
つまり、相手のスペックよりも、「一緒にいて楽しいかどうか」が重視されるのです。

趣味に打ち込んでいる写真を載せると、相手に「楽しそうだな」と思わせることができます。
この場合、できればスポーツの写真にしてください。
アニメ、漫画、フィギュアなどの写真にすると、「オタクっぽい」と思われてなかなか選ばれません。

スーツの写真・仕事中の写真

スーツの写真は女性のウケが非常に良いです。
実際に、SNSを見てみても「スーツが好き」という女性は多いです。

また、スーツじゃなくても、仕事中の写真は女性を安心させられます。
どういうことかというと、デートアプリの「職業」欄は自己申告なのです。
そのため、中には「本当にこの仕事をしているんだろうか」と疑う女性もいるわけです。

仕事中の写真を載せておけば、そのように疑問視される恐れはありません。
仕事中に写真を撮る機会はあまりないでしょうが、同僚などに頼んで撮影してもらうのもおすすめです。

その他の成功ポイント

写真で相手に好印象を与えるには、他にもいくつか方法があります。
写真はもっとも大事な部分なので、こだわりの1枚を載せるようにしてください。



デートアプリによって写真を変える

アプリによって会員層、年齢層、イメージ、雰囲気などが大きく異なります。
たとえばdine(ダイン)や東カレデートはフォーマルで紳士的なイメージですが、withやペアーズはカジュアルな方がほとんどです。

dine(ダイン)や東カレデートでカジュアルな写真を載せてもウケは良くないですし、withやペアーズなどでフォーマルな写真を載せてもそこまでモテません。
アプリの特性をしっかりと理解して、イメージに見合った写真を載せるのがコツです。

写真は定期的に入れ替える

写真は定期的に入れ替えるようにしてください。
そうすることで、ウケの良い写真がわかります。

たとえば、Aという写真をメイン写真にしたとき、1週間でもらえたいいね!の数は30だったとしましょう。
次にBという写真をメイン写真にして、1週間でいいね!が「30より多くなるか、小さくなるか」を試してください。

このようにどんどん写真を入れ替えていき、いいね!が多くもらえる写真の共通点を分析しましょう。
ただ、目当ての人とマッチングできたら、しばらくは変えないようにするのがおすすめです。
コロコロ変えていたら、相手を不安にさせてしまうので気をつけてください。

サブ写真に追加するべき自分以外の写真

上述したように、自分の写真ばかりだとかえって印象を悪くしてしまいます。
そこで、「自分以外でおすすめの写真」を紹介します。

●旅行中の風景・景色
●趣味の写真
●おしゃれなグルメ
●ペット、動物

このあたりは女性のウケが非常に良いです。
特に、旅行中の写真は、「こういうところに連れて行ってもらえるのかも」と期待させることができます。
プロフィールの自己紹介文に、「写真は**に行ったときのものです」と書いておけば、信憑性もUPします。

ペットや動物の写真もおすすめです。
ただし、爬虫類や虫、魚などは載せないようにしてください。
犬や猫といった女性から人気のある動物だけに絞るのがポイントです。

他人の写真を勝手に転用するのはNG

他人の写真を勝手に転用するのはやめておきましょう。
最悪の場合、「なりすまし」として強制退会させられる恐れがあります。

基本的に、どのデートアプリでも写真は運営に審査されます。
つまり、審査に通過しないと設定できないわけです。
審査の段階で「写真を悪用している」とバレてしまえば、ペナルティを課せられてしまいかねません。

ほとんどのデートアプリでは、強制退会させられると再登録も不可能です。
かならず自分の写真を設定しましょう。



デートアプリで出会いを成功させるメッセージのコツ

デートアプリで出会いを成功させるには、メッセージに力を入れましょう。
なぜかというと、仲を深めるのもデートの約束も、基本的にメッセージが中心になるからです。
ここでは、ファーストメッセージ・セカンドメッセージのポイントと、デートの誘い方について詳しく解説していきます。

返信確度を高める最初のメッセージのポイント



順に説明していきます。

簡単に自己紹介する

プロフィールで自分のことを書いていたとしても、メッセージで改めて自己紹介してください。
そうすることで、丁寧な印象を与えられます。

自己紹介は丁寧なほうがいいですが、書きすぎる必要はありません。
最低でも自分の名前、住んでいるところ、仕事内容くらいは説明しておきましょう。

敬語で書く・さん付けする

メッセージはかならず敬語で書いてください。
特に女性は、男性からタメ口で話しかけられるのを嫌います。
女性のほうが一回り年下でも、紳士的な対応でメッセージを送りましょう。

初回のメッセージでは、相手の名前を呼ぶのも大事です。
名前を呼ぶときも「**さん、マッチングありがとうございます(^^)」と「さん付け」にしましょう。
ちゃん付けやあだ名で読んでしまうと、軽い印象を与えてしまいます。

デートアプリは相手にブロックされると二度と連絡を取ることはできません。
不快な気持ちにさせないよう、誠実さをアピールしてください。

かならず相手のプロフィール内容に触れる

初回のメッセージでは、相手のプロフィール内容に触れておきましょう。
プロフィール内容に触れないと、「顔で選んだのか」と思われてしまうので気をつけてください。

この場合、共通点アピールすることによって、返信率はさらに高くなります。
たとえば、相手が「旅行好き」とプロフィールに書いていた場合、「僕も**さんと同じで旅行好きです!」とメッセージを送りましょう。

これは心理学でいう「類似性の法則」を応用したテクニックです。
どういうことかというと、人は自分に似ているもの・同じものに対して好感を抱くのです。
プロフィールの内容に触れることで、相手に「プロフィールを読んでくれている」と思ってもらえる上に、仲を深めやすくなります。

質問で終わらせる

メッセージは質問で締めくくるのがベストです。
質問することによって、「興味を持ってくれている」と思わせられますし、返信率もUPします。

この場合、質問の内容にこだわってください。
おすすめは、「YES」「NO」で答えられる簡単な質問です。

いきなり「何か食べたいものありますか?」と聞いても、選択肢が多すぎるため相手はすぐに答えられません。
「**ってお店行ったことありますか?」「今日の夜空いていますか?」このような形で、答えが限定されるような質問にしましょう。

これらを踏まえた例文

これらを踏まえた上で例文を作成しました。
自由に改変して使ってみてください。

**さん、はじめまして。マッチングありがとうございます!
◯◯と申します。
△△で□□の仕事をしています。

プロフィール読んで、気になったのでお誘いしてみました!
僕も**さんと同じで、旅行に行くのが好きです(^^)

もし今日の夜空いているようでしたら、さくっとごはん食べに行きませんか?
ぜひお話したいです。
よろしくお願いします!

このようなメッセージにすると、誠実さが伝わりやすいですし返信率も高いです。

やり取りを継続させる2通目以降のメッセージのポイント

dine(ダイン)やタップル誕生のおでかけで出会った場合、いきなりデートに誘っても構いません。
しかし、withやペアーズなどで出会った場合は、しっかりとメッセージを重ねる必要があります。

2通目以降のメッセージで大事なのがこちらのポイントです。



それぞれ説明していきます。

返事が来たお礼をする

返事が来たことに対してもお礼しましょう。
たとえいいね!を送ってきたのが相手からだったとしても、「お返事ありがとうございます」と伝えるようにしてください。
そうすることで、丁寧な印象を持ってもらえます。

コツとしては、お礼に一言添えるととさらに好印象です。
たとえば、「**さん、お返事ありがとうございます! プロフィールを読んで仲良くなりたいと思っていたので、返事が来てうれしいです(^^)」といったような言い方をしてください。

デートアプリは他の会員と同時並行するのが基本です。
そのため、丁寧な対応をすることでライバルと差別化でき、相手に選んでもらいやすくなります。

相手の呼び方を決める

デートアプリはニックネームやイニシャルで登録している方がほとんどです。
ニックネームやイニシャルで呼び合うよりも、お互いの呼び方を決めた方が仲を深められやすいです。

ただ、返事が来た段階でも「ちゃん付け」はやめておきましょう。
相手に「馴れ馴れしい」と思われてしまいかねません。

また、自分の呼び方を伝えるときも、「**くん」「**っち」などはNGです。
20代前半なら問題ありませんが、30代以降なら確実に幼い印象を与えてしまいます。

デート内容の確認をする

相手と仲良くなりたくても、いきなりタメ口にするのは良くありません。
タメ口にする際は、「タメ口で話しても大丈夫ですか?」と尋ねるのがおすすめです。

この場合、自分だけがタメ口にするのではなく、「よかったら**さんもタメ口で気楽に話してください(^^)」と気遣いを見せてください。
お互いタメ口で話をすることによって、親密な仲に発展しやすくなります。

中には「私の方が年下なので」とタメ口を断る方もいるでしょう。
そういう方に対しては無理にタメ口を強いるのではなく、「じゃ、慣れたらでいいからね!」とやさしくフォローしてあげてください。

タメ口にしていいか尋ねる

dine(ダイン)やタップル誕生のおでかけではデートが前提なので、2通目のメッセージでデート内容が煮詰まっている場合もあります。
この場合、2通目以降のメッセージで以下の点を確認しておきましょう。

●デート場所
●デート時間
●デート内容
●待ち合わせ場所
●待ち合わせ時間

このあたりをはっきりさせておかないと、ドタキャンや音信不通に繋がります。
もし自分の都合が悪くなった場合は、早めに連絡して別の日を提案してください。
デートアプリでは、ドタキャンや音信不通は「利用規約違反」に該当するため、違反報告された場合ペナルティを受ける危険性があります。

2回目以降のメッセージ例文

2回目以降のメッセージで女性からのウケが良い例文を紹介します。

**さん、お返事ありがとうございます!
プロフィールを読んで仲良くなりたいと思っていたので、返事が来てうれしいです(^^)
よろしくお願いします!

なんてお呼びすればいいですか?
僕はニックネームが本名なので、気軽に◯◯さんと呼んでいただければうれしいです!

このような内容でメッセージを送るのが理想的です。
もちろん相手のメッセージ内容にも触れてください。

デートの誘い方メッセージのポイント

withやペアーズといったデートアプリでは、メッセージを交換する中でデートに誘わなければなりません。
中には「どのように誘っていいか分からない」という方もいるでしょう。
そこで、デートの誘い方について詳しく解説します。



【相手別】デートに誘うタイミング

デートに誘うタイミングは相手によって変わります。
こちらをご覧ください。

相手の特徴 会うまでの目安
・プロフィールで「会うまでの希望」を「マッチングしてすぐ」などにしている
・20代前半でノリが良く返信が速い
・相手のこちらに対する熱量が高い
マッチング初日~3日
・プロフィールで「気が合えば会いたい」などにしている
・20代半ば~後半
・婚活よりも恋活メイン
マッチング1週間前後
・プロフィールで「会うまでの希望」を「メッセージで仲良くなってから」などにしている
・30代前後
・婚活メイン
マッチング10日~2週間

婚活メインの女性にいきなり「デートしよう」と誘っても、受け入れてもらえません。
逆に、20代前半のノリが良い女性に対して2週間もデートに誘わずにいると、ブロック・音信不通にされる可能性が高まります。
相手がどの特徴に当てはまるのかをしっかり確認して、適切なタイミングでデートに誘いましょう。

デートに誘う上でやってはいけないNG行為

このような行動を取ってしまうと、せっかくメッセージで仲を深めても関係が台無しになってしまいます。

●個室や自宅に誘う
●デートの待ち合わせ時間が遅すぎる
●デート場所の近くにラブホがある
●相手の勤務地・家から遠い
●一方的に行き先を決める

デートアプリに登録している女性は、「気軽に会いたい」と思う反面、ヤリモクなどの危険人物を警戒します。
そのため、個室や自宅に誘うのはやめておきましょう。
また、待ち合わせ時間が遅かったりラブホ街の近くに呼び出したりするのもNGです。

デート場所はお互い話し合って決めるようにしてください。
できれば女性側の最寄り駅など、女性が帰りやすい場所に設定しましょう。

誘い方はストレートでOK

誘い方は、お互いの仲がある程度深まっていればストレートで構いません。
「**さんと話すの楽しい。もっと仲良くなりたいから、来週でもごはん行きましょう」
「**さん、来週の土日は空いていますか? 一度お会いしてみたいので、よかったらランチでも行きましょう!」
このような誘い方がおすすめです。
相手に信用してもらえているのであれば、断られることはありません。

ポイントとしては、しっかり「日時」を指定するという点です。
たとえば、「よかったら今度ごはん行きましょう」と日時を曖昧にしてしまうと、相手が「いいですね」とOKしてくれても話がなかなか進みません。
また、進んだとしても、「この日はどうですか?」「その日はちょっと…」「じゃあこの日は?」「その日も無理で…」とやりとりに手間がかかってしまいます。

「来週ごはんに行きましょう」「土日は空いていますか?」など日時を指定することで相手はスケジュールを確認しやすくなり、関係が進展しやすくなります。

デートの日まで連絡を続ける

デートが決まったからといって、連絡を途絶えさせてしまうのは良くありません。
デートアプリの会員は真面目な人が多いので、「不誠実な人だな」と思われてしまいます。
さらに、ドタキャンや無断キャンセルなどのリスクも増加してしまうので気をつけてください。

また、デートOKしてもらったら、かならずこれらを実行しましょう。

●相手と話し合ってお店を決める
●お店の予約
●「お店を予約した」と相手に連絡

特に、夜にデートする場合はかならずお店を予約してください。
予約しておかないと満席だったり閉店していたりして、お店に入れない可能性があります。



デートアプリで外国人と出会う・英語も身に着ける

デートアプリは「婚活・恋活」がメインですが、使い方によっては外国人と出会えたり英語を学べたりします。
そこで、ここでは外国人と出会えるデートアプリを紹介し、英語の学び方を紹介します。

外国人と出会えるデートアプリについて

外国人と出会えるデートアプリがこちらです。



それぞれ解説していきますね。

Tinder(ティンダー)

もっとも有名なのはTinderです。
Tinderはマッチドットコムを運営しているマッチグループのデートアプリ。
世界中で大ヒットしており、日本でも若者を中心に人気が広まっています。

Tinderは位置情報で自分の近くにいる人を自動的に紹介してくれるデートアプリです。
男女ともに無料で使えるため、場合によっては数分で外国人と出会うこともできます。

課金すれば、自分の現在地を自由に設定することも可能です。
現在地を外国にすると、自宅にいながら外国人と友達になることも夢ではありません。

Tantan(タンタン)

同じくマッチグループのデートアプリとして最近話題なのがTantanです。
Tantanは、一言で言えば「中国版Tinder」です。
会員に中国人が多いというだけで、ほとんどTinderと変わりありません。

欧米人ではなくアジア人と出会いたいという方は、TinderよりTantanが向いています。
こちらもTinder同様、男女ともに完全無料です。

Bumble(バンブル)

Bumbleも海外製のデートアプリです。
TinderやTantanと違う点は、「女性からしかメッセージを送れない」という部分です。

Tinderは完全無料であるため、女性は1日に数百件ものライクを受け取ります。
そのため女性の負担が大きく、すぐに辞めてしまう方も珍しくありません。

しかし、Bumbleは女性の負担が少ないため、安心して利用できるのです。
ただ、残念ながら日本では流行しておらず、会員が多いとは言えません。

マッチドットコム・インターナショナル

マッチドットコムには2種類あります。

●日本版マッチドットコム
●マッチドットコム・インターナショナル

このうち、上記で紹介したのは「日本版マッチドットコム」です。
日本版なので、海外製のアプリでありつつも日本人の割合が非常に多いのです。

一方、マッチドットコム・インターナショナルは国際版なので、日本人はほとんどいません。
そのかわり、全世界の異性とつながることができます。
出会える範囲が「全世界」なので気軽にデートすることは難しいですが、確実に外国人と出会えます。

デートアプリで英語を学ぶ方法

デートアプリで英語を学びたいなら、このような使い方がおすすめです。



それぞれ解説していきます。

自分に合ったデートアプリを使う

デートアプリによって特徴や会員層は大きく違います。
自分に合ったデートアプリを使わないと、なかなか出会えません。

詳しくはこちらをご確認ください。

ニーズ アプリ名
完全無料で出会いたい ・Tinder
・Tantan
・Bumble
英語圏の人と出会いたい ・Tinder
・Bumble
すぐにでも出会いたい ・Tinder
とにかく外国人と出会いたい ・マッチドットコム・インターナショナル

マッチドットコム・インターナショナルは、メッセージを送る際に月額課金が必要です。
無料で出会いたい場合は、Tinder、Tantan、Bumbleを使いましょう。
その中でも英語圏の人が多いのはTinderとBumbleです。

すぐにでも出会いたい方はTinder、メッセージなどでやりとりしたい方はBumbleを使ってみてください。

自己紹介文に「英語を勉強している」と記載する

自己紹介文に「英語を勉強している」と記載しておきましょう。
言い方としては、「I’m studying English」「I study English」などで問題ありません。

より具体的に書きたい場合は、「I’ve been studying English for **」という言い方がおすすめです。
「**」の中には、「1years」や「a month」など期間が入ります。
このように記載することで、英語の先生を見つけられます。

外国人とマッチしてデートに誘う

英語力を身に付けたいなら、外国人と実際にデートするのが一番です。
コミュニケーションに英語が必須であるため、リスニング力・スピーキング力ともに上達しやすいのです。

基本的に、外国人は日本人よりもデートに誘いやすいという特徴があります。
なぜかというと、外国はデートが文化として根付いているからです。
日本では「告白→交際」という流れが一般的ですが、外国は「グループデート→マンツーマンデート→告白」という流れが多いのです。

誘い方としては、カジュアルに誘いたいなら「Let’s go to cafe(カフェに行こう)」「How about a drink?(飲みに行かない?)」などを使いましょう。
丁寧に誘いたい場合は、「If you have time, Would you like to have lunch with me?(もし時間があったらランチでも行きませんか?)」といったフレーズを使ってみてください。

他の外国人とも会ってみる

一言で「英語」といっても、さまざまな種類があります。
まずアメリカ英語とイギリス英語で違う点がありますし、アメリカの中でも北部と南部で分かれます。
英語力を上達させたいなら、いろんな外国人と会ってみましょう。

注意したい点は、外国人の中にも危険人物が存在するということです。
逆に、こちらがヤリモクなどの危険人物と勘違いされてしまう恐れもあります。
写真を充実させて、誠実そうな雰囲気を伝えましょう。

dine(ダイン)をダウンロード

東カレデートをダウンロード

いきなりデートをダウンロード

withをダウンロード

ペアーズをダウンロード

マッチドットコムをダウンロード

SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す