Delft(デルフト)

Delft(デルフト)
by https://www.facebook.com/VisitDelft/photos/a.372951346070409/3114850938547089/?type=3&theater
ヨハネス・フェルメールやデルフト焼き陶器で世界中に知られているスポットです。デルフト工科大学もある学生の街で、運河沿いには新旧の教会や王室所縁の史跡、マルクト広場など観光スポットが目白押し。新教会には16世紀に暗殺されたウィレム1世やその子孫が眠り、高さ100mの塔からはロッテルダムやハーグまで見渡せます。日本の伊万里焼の影響を受けたといわれるデルフト焼きはこの地で生まれ、今でも手描きで絵付けを行う作業など職人技もじっくり見学が可能です。

周辺の類似スポットを地図で見る

Delft(デルフト)の基本情報


【スポット】Delft(デルフト)
【ふりがな】でるふと
【 住所 】Delft
【アクセス】アムステルダムから電車で1時間ほど
【最寄り駅】Delft


公式ページ


Delft(デルフト)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

ティンカリング デザイナー:ヨースト・ファン・ブライスウェイク|Joost van Bleijswijk オランダ生まれデルフト育ち。 名門アイントホーフェン卒業後は創作活動に没頭し、作品はNYのモスギャラリーやロッテルダムのGa… twitter.com/i/web/status/1…

@Delft_tw デルフトさんありがとうございますぅ!

敢えて言うけど、この10月からデルフト でコッペパンの専門店(Japanesebroodjes)の店をしようと思ってました。 焼きそばパンとかコロッケパンとか揚げパンとか甘いやつも。 今のところもうやらないけど、なんかちょっと悔しいので呟いときます。

Tomb of Johannes Vermeer,Oude kerk (Old Church), Delft,Netherlands. オランダ、デルフトの旧教会内のフェルメールの墓。デルフトから出ることのなかった43年の短い人生… twitter.com/i/web/status/1…

フェルメールの光を求めて 最高すぎる。。なんて素敵な旅をしているの奈緒ちゃん。。「デルフトの眺望」大好きだよ。描かれた風景探しに行くとか、描かれた建築に登るとか、やりたい。運河の街とかも大好きだよ。このシリーズほんと最高 pic.twitter.com/nMen8HkrS8

ツイッターメディア

@Rinda3dayo 鮮度が命なので、ブリュッセル空港から帰国する時に買うしかないですね。あの時は、ルーヴァンとデルフト、2つの大学へ行った帰りでした。3月で寒かったのと、火薬を使ったデモに遭遇したのも思い出です。

@megu_1971 そうなんですね〜!フェルメールみたいです!!(*⁰▿⁰*) (画家なのですが、彼も生涯、デルフトという町の一区画内のみの移動だったと記録が残っておりまして) でもそこが住み心地が良い証ですし、みんな昔からの顔馴染みだったら安心ですよね☺️

ヨハネス・フェルメール 1632〜1675 バロック オランダ 真珠の耳飾りの少女 牛乳を注ぐ女 デルフト眺望 アトリエの画家 pic.twitter.com/VIrrKW7Cvy

ツイッターメディア

オランダ語で「水濠」という意味の、ハーグの南西にあるオランダの都市で、画家フェルメールがこの都市で絵を描き続けたことで知られるのはどこ?_デルフト

しかしフェルメールのデルフトの眺望はいつか複製画でも… pic.twitter.com/6wkyBnutCn

ツイッターメディア

マウリッツハイス美術館。 真珠の耳飾りの少女(フェルメール) デルフトの展望(フェルメール) テュルプ博士の解剖学講義(レンブラント) (Den Haag・Netherlands) pic.twitter.com/Qh6pHbOqJC

ツイッターメディア

@PieceTogetherNL 案内はないので「絵」が頼りになりますね。 デルフトの眺望は、Google map から場所が消されて、今は場所を示すものがありませんね🤔

@Artoshack ちゃんと絵のパネルで示してくれているから分かり易くていいですね。「デルフトの眺望」のスポットも最初に探したときたどり着けなくて往生しました😅

🇳🇱👨‍🎨フェルメールの作品 『小路』 デルフトに、その場所があります。 artoexplore.net/vermeer_spots/ 運河や橋もある長閑な街の一角です😊 (工事終わっているかな🤔) pic.twitter.com/Mj6KxqAbAL

ツイッターメディア

この間話題になったファブリティウスの作品でデルフトの新教会を描いたもの。普段はロンドンにあるが、フェルメール展の関連企画展のとき、デルフトに里帰りしていた。 ほぼ同じ位置からの新教会、塔の先端と標識はまだなかった。 pic.twitter.com/vsgfv6MKje

ツイッターメディア

オランダ語で「水濠」という意味の、ハーグの南西にあるオランダの都市で、画家フェルメールがこの都市で絵を描き続けたことで知られるのはどこ?_デルフト

185【線】次の陶芸品とそれが生産されている国の正しい組み合わせを選びなさい→セーヴル焼-フランス、デルフト焼-オランダ、マイセン焼-ドイツ


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。