北海道民が教える道央のおすすめ日帰りドライブコース

道央日帰りドライブコース
出所:https://www.kanko-shakotan.jp/

皆さん道央とは、どこらへんのことかご存知でしょうか?

道央とは、大まかにいうと札幌とその周辺の地域のことで、具体的には、石狩・後志・空知・胆振・日高の5つからなる地域です。

北海道に来たらまず降りたつ新千歳空港がある千歳市も道央です。

道央には、おしゃれな飲食店やビルが立ち並ぶ札幌市中心部のような都会だけではなく、鹿や熊が出るような自然もあり、夏には海水浴ができる海もある“THE・北海道”といえる地域です。




1.京極ふきだし公園(道の駅)

京極ふきだし公園(道の駅)
出所:https://meisui-plaza.com/

ふきだし公園は、札幌中心部から車で1時間半ほどの場所にある京極町で水を汲むことが出来る公園です。すぐ横にはキャンプ場や温泉があるので、夏はキャンプもおすすめです。

ここでは、水を汲むことが出来るだけではなく、名水を使ったコーヒーや京極町名産のジャガイモを使用したコロッケなどを食べることが出来ますし、歩き始めの子から小学生くらいまで十分に楽しめる遊具があります。

水を汲む場所は、日中ももちろん気持ちがいいのですが、観光バスも来るところなので日中はかなり混んでいるので、時間に余裕があれば朝に来るのがおすすめです。朝のふきだし公園は、空気が澄んでいて鳥のさえずりを聞きながら、ゆっくりお散歩でき最高です!

道の駅の名水プラザ内には、パンも販売しているので、散歩した後に朝ごはんとしてパンと名水コーヒーで頂くなんてのも贅沢ですよね。

そして、ふきだし公園では、空の水筒(空いたペットボトルでも大丈夫です)とタオルが必需品です。

【 住所 】北海道虻田郡京極町字川西
【営業時間】水を汲むところとトイレは年中無休24時間営業
名水プラザや売店は9:00からの営業
第1・第3月曜日定休日(11月から3月)
【 料金 】 無料

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約30分 )

2.ニセコ高橋牧場ミルク工房

ニセコ高橋牧場ミルク工房
出所:https://niseko-takahashi.jp/

京極ふきだし公園から車で30分ほど走ると、ニセコ高橋牧場ミルク工房があります。

敷地内には、アイスやシュークリームが食べられるイートインスペースや、野菜の直売所、レストランや、雑貨屋さん、カフェがあります。

夏にはひまわり畑が広がっていて、そのひまわりは持ち帰ることが出来ます。どこで写真を撮っても羊蹄山がバックにあるので、なかなかいい写真が取れますよ。

すぐ近くにある高橋牧場でとれた牛乳を使用した乳製品はどれも絶品で、その場で食べるならソフトクリームとシュークリームがおすすめです。

また、お土産を購入するなら、ここがおすすめです。

【 住所 】北海道虻田郡ニセコ町曽我888-1
【アクセス】(札幌から)中山峠経由で約2時間
 (新千歳空港から)美笛峠経由で約2時間
【営業時間】9:30~18:00(冬季は17:30まで)
不定休
【 料金 】 無料

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約50分 )

3.赤井川道の駅

赤井川道の駅
出所:https://www.facebook.com/michinoeki.akaigawa.co.jp/

赤井川道の駅へは、ニセコ高橋牧場ミルク工房から393メープル街道を通っていきます。

393メープル街道は、秋の紅葉の時期に通ると息をのむほど綺麗です。道路の途中にはパーキングエリアもあるので、途中で風景写真を撮るのもおすすめです。

ミルク工房から50分程車を走らせると、赤井川道の駅につきます。赤井川道の駅は、比較的新しい道の駅なので、店舗やトイレがとても綺麗で清潔感があります。

直売所では、野菜の他にも季節の果物も購入することが出来ます。赤井川道の駅では、焼き立てパンやジェラートがあり、道の駅の裏側はきれいに芝生で舗装されているので、休憩にはぴったりです。

裏は、芝生があり夏場は水が流れているので子供がいるご家庭でも楽しめます。

【 住所 】北海道余市郡赤井川村字字都190番地16
【営業時間】8:30~18:00(5月から10月)
9:00~17:00(11月から4月)
不定休
【 料金 】 無料

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約11分 )

4.アリス・ファーム

アリス・ファーム
出所:https://www.arisfarm.com/

道の駅から赤井川市街地を抜けると、可愛い外装のアリス・ファームが見えてきます。

アリス・ファームでは、広大な広さのベリー畑があり様々な種類のベリーが栽培されています。ここで採れたブルーベリーを使ったマフィンやジャムを購入することが出来ます。

園内はお散歩コースが整備されているので、ゆっくりブルーベリー畑を見ることが出来ます。また、7月から8月にはブルーベリー狩りを楽しむことも出来ます。

【 住所 】北海道余市郡赤井川村字日ノ出259-2
【営業時間】9:00~17:00(10月~4月は営業していません)
【 料金 】 無料
ブルーベリー狩りの場合、大人800円 小学生500円 幼児無料

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約16分 )

5.余市ファミリーすしガーデン

余市ファミリーすしガーデン
出所:https://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000349326/?screenId=OUW3701

余市で海産物といえば、柿崎商店が有名ですが、昼時は観光バスなどで半端なく混んでいるんですよね。そこで、私のおすすめは余市ファミリーすしガーデンです。ここも人気で外に行列が出来ているときもあるのですが、回転率が良く割とすぐ席につけ、料理も出てくるのが速いんです。

寿司や海鮮丼といえば小樽なんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、余市も海の街なので、新鮮な海産物がたくさん食べられるんですよ。

余市ファミリーすしガーデンの看板メニューは、なんといっても『まんぷくちらし』です。平日のランチ限定なのですが、丼には、あふれんばかりのネタがのっていてボリューム満点で、なんと880円なんです。土日は通常メニューのみなので、ここまで安くはありませんが、他で食べるよりも良心的な価格でボリューム満点なのは間違いありません。

余市ファミリーすしガーデンは、揚げ物や焼きものメニューも充実しているので、ご家族に生ものが苦手な方がいても安心です。

【 住所 】北海道余市郡余市町黒川町12丁目65
【営業時間】11:00~21:00(日曜日は11:00~15:00)
ランチタイムは、平日11:00~14:00
水曜日定休日
【 料金 】 一人850円~3000円

参考サイトURL


↓ 所要時間( 約55分 )

6.積丹岬・島武意海岸

積丹岬・島武意海岸
出所:https://www.kanko-shakotan.jp/spot/%E7%A5%9E%E5%A8%81%E5%B2%A9/

積丹町には積丹岬の他に黄金岬と神威岬がありますが、その中でも私がおすすめなのは、積丹岬です。

積丹岬・島武意海岸は、駐車場からそれほど歩かなくても積丹の絶景を見ることができ、もっと近くで海を見たい方は海まで下りていくことができるんです。

岬から絶景を見るだけなら、ご高齢の方や小さなお子様がいる方、ピンヒールを履いた女性でも大丈夫です。海まで下りていきたい方は、長く急な階段を下りていくので歩きやすい格好で行くといいですよ。

神威岬は、強風の時が多く遊歩道が閉鎖される時がよくありますので、安定して絶景を楽しめる積丹岬がおすすめです。天気が良ければ、積丹岬のあとに神威岬に行くのもおすすめです。

【 住所 】北海道積丹郡積丹町入舸
【アクセス】(新千歳空港から)車で200分
【 料金 】 無料

公式サイトURL


↓ 所要時間( 約10分 )

7.岬の湯しゃこたん

岬の湯しゃこたん
出所:https://www.kanko-shakotan.jp/enjoy/%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%9B%E3%82%93%E3%83%BB%E5%B2%AC%E3%81%AE%E6%B9%AF%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%93%E3%81%9F%E3%82%93/

ドライブの最後は温泉で疲れをとりましょう。岬の湯は高台にあり、積丹の海を一望できる露天風呂が魅力的です。

特におすすめなのは、夕日です。積丹の海に沈む夕日は最高にきれいで、のぼせないように注意が必要です。

泉質は、少しぬるぬるしているので、上がった後はお肌ツルツルで湯冷めしにくいのが特徴です。

【 住所 】北海道積丹郡積丹町大字野塚町212-1
【営業時間】夏季(4月から10月)10:00~21:00
冬季(11月から3月)11:00~20:30
夏季は水曜日定休日(7月8月は無休)、冬季は水曜日と木曜日定休日
【 料金 】 大人(中学生以上)610円、小学生310円、幼児無料

公式サイトURL


今回ご紹介したドライブコースは、交通量も少なく比較的運転手さんにも負担のかからないコースだと思います。

とはいえ、まあまあ距離はあるので、休息をとりながら無理のない運転を心掛けてください。

また、キツネや鹿などの動物にも注意して、道が暗くなってきたら早めのライト点灯と安全運転でドライブを楽しんでくださいね。




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す