イッツアスモールワールド 待ち時間

1歳児はディズニーランドとディズニーシーどちらへ行くべき?

DWE(ディズニー英語システム)をしていて、キャラクターへの反応が強くなってきたのと外でも過ごしやすい気候になってきたので1歳3か月でディズニーデビューをしてきました!
ディズニーランドとディズニーシーのどちらを先にデビューさせるか迷いましたが、ディズニーシーの場合子供が遊べるプレイエリア「アリエルのプレイグラウンド」が屋内なので、夏や冬など外で過ごすのが少し疲れるシーズンにも行きやすいと考え、今回はディズニーランドの方へ行ってきました。

赤ちゃん連れディズニーの楽しみ方

周りでは、赤ちゃん連れの場合ディズニーランドの方へ行く人が多くアトラクションを乗るよりもどちらかというと写真撮影やキャラグリ、ショー観賞をメインにして楽しんでいる印象です。
ただ、我が家の場合は写真を撮るよりもなるべくアトラクションに乗ったり、ショッピングをしたりしたかったので今回はアトラクションを多めに乗るスケジュールを組んでいます。




秋の子連れディズニー持ち物リスト(1歳児編)

子連れディズニー持ち物1歳

・着替え一式
・ジャケット
・お食事セット(シリコンマット皿、ハサミ、エプロン)
・お茶、離乳食、お菓子
・おむつセット(おしりふき、おむつシート、おむつ)
・チェアベルト
・ガーゼタオル(ベビーカー乗車時の寒さ除け)
・レジャーシート
・おもちゃ
・ベビーカーにブランケットを繋ぐクリップ(百均)★
・ベビーカーフック(百均)★
・ウェットシート、除菌スプレー★
・ハンカチ、ティッシュ★
・折り畳みウェストポーチ(300円均一)★
・財布、SUICA☆
・パークチケット☆
・保険証、母子手帳、医療証☆

※★はベビーカーを使った時でもすぐに荷物を出せるように折り畳みウェストポーチに入れてベビーカーにかけておきます。☆は斜め掛けの小さなバッグに入れておきました。

子連れディズニー持ち物1歳手荷物
ウエストポーチに入れた物

子連れディズニー持ち物1歳離乳食
クリスタルパレス(ビュッフェ)を予約していたので食べられるご飯もあるとは思っていましたが、仮に何も食べられなかった場合に備えて離乳食セットも持っていきピクニックエリアで食べることも検討しました。(結局必要はありませんでしたが…)
ただレストランにあるお皿は子供が投げてしまう恐れがあるのでシリコンのお皿とエプロンとハサミは持って行って良かったです。




1歳3か月児子連れディズニーランド体験記(2019年11月4日)

当日は無理に子供を起こさず子供が起きて朝ごはんを食べさしたら出発をするというスケジュールでしたが、前日に7時就寝をしたため5時台に起床してきたのでオープン(この日は8時)同時到着が出来そうという事で急きょ予定変更に!
子連れだと予期せぬことがおきるのは付き物です。

子連れディズニー1歳電車

朝が早かったので電車も空いていました。

8時5分頃に到着しましたがゲートの前は大混雑していました。

子連れディズニー入園待ち

手荷物検査では結構しっかりと中まで見る感じで、リュックなどは鋭利な物や怪しいものがないか外からもしっかりと揉んで調べていました。

子連れディズニー手荷物検査

なるべくスムーズに手荷物検査が終えられるように、カバンの中は下までしっかりと見渡せるように整理しておいた方が良さそうです。

8時20分ごろにやっと来園が完了しました。
登園が完了してまず最初にやったのがファストパスを取ることです。
子供が乗れて人気のアトラクションを考えたら「バズ・ライトイヤー」かなと考え、11時半~12時半のファストパスをアプリからゲットしました。

最初に向かったのが「イッツ・ア・スモールワールド(世界は1つ)」です。
ディズニーキャラクターが人形に加わってからは行ったことがないので、今回絶対に訪れたかったアトラクションの1つでもあります。

イッツアスモールワールド 待ち時間

待ち時間は15分となっていましたが、すぐに建物の中に入れて建物の中はすでに「イッツ・ア・スモールワールド」の世界観がビシビシと感じられ楽しい雰囲気です。
カラフルな壁や可愛い人形など子供の目もくぎ付けに!
でも一番気に入ったのは、柵をひたすら触ろうとしていました。

イッツアスモールワールド 柵

乗り物は船の形で一度に10人以上の人が乗れそうな大箱です。
1歳の子供はお座りも安定していることもあって、大人の横に座りました。
ただ頻りに立ちたがったり、水が流れる航路へ落ちたりするリスクも考慮して大人2人の真ん中で挟むように座りました。

イッツアスモールワールド 赤ちゃん 乗車

もう少し月齢が小さな子供や赤ちゃん連れの方は抱っこ紐に入れたまま乗船をしていました。
個人的には抱っこ紐の方が子どもの目線が高くなって、より人形が見えやすいのでオススメです。(現に2回目は抱っこ紐に入れたまま乗船しました)

イッツ・ア・スモールワールドが終わった後すぐに向かったのは「ホーンテッドマンション」!
おどろおどろしい雰囲気や暗闇の演出が少し不気味と言うこともあり、子連れの家族では泣いている赤ちゃんの声が響いていました。

ホーンテッドマンション 1歳

また3~4歳ぐらいで喋られる子は「こわいー嫌だー」と叫んでいたので子どもによっては嫌がるかも知れません。
幸いうちの子は真っ暗闇の中に色鮮やかな光に演出や大きな音がツボだったのかニヤニヤしながら「あっ」と声を出して興奮していました。

アトラクションはバーが下がってくるタイプの乗り物で、子供は大人の真ん中に挟む形で乗りました。

急降下や急カーブなどはしないので落ちるリスクは少ないかもしれませんが、展示されている人形に触ろうとして落ちることもあるので大人がしっかりとガードしておいた方が安心です。

抱っこ紐のまま乗車も可能ですが、バーが下がってくるとかなりキツキツなのでお座りが出来る赤ちゃんぐらいなら、横に座らした方がアトラクションを楽しみやすいかもしれません。

アトラクションの最後の方登場する骸骨のキャラクター「ジャック・スケリントン」が出てると大喜びで興奮していました。

また最後には鏡が出てきて自分たちの座席にお化けたちも乗っているという演出があるので忘れずにチェックを!

次は9次半に「クリスタル・パレス」のプライオリティ・シーティングを事前に取っていたので向かいました。
本当はいつものお昼ご飯タイム(10時半~11時くらい)に取りたかったのですが、5日前ということもあり9時半の枠しか空いておらず結果的にこの時間に!

クリスタルパレス プライオリティーシート

でも1時間半(90分)の枠が設けられているので意外といつもと同じような時間で食事が出来て良かったです。

9時25分頃に到着をすると既に行列が…!

クリスタルパレス 人気

皆さん9時半の部の方達だそうです。順に受付を済ますと今度は建物の中のソファー席で待ちます。

結局食事のスタートは9時45分くらいからだったので、終了時間も11時15分頃になりました。

クリスタルパレス 価格

ちなみにクリスタルパレス・レストランの価格は大人3,150円、7歳~12歳2,000円、4歳~6歳1,250円です。

さすがビュッフェスタイルのレストランということもありとにかく子連れが多い!
入り口近くのベビーカーを止めるスペースにもベビーカーが沢山ありました。

クリスタルパレス ベビーカー

勿論ベビーカーを持ち込んでの食事も可能で、ベビーチェアも完備です。ベルト付きなのも助かりました。

クリスタルパレス ベビーチェアー

また予約の時点で子連れと伝えていたこともあり可愛いランチョンマットも息子の席に敷いてくれていました。
キャラクターが起き上がる仕組みなので、子供の暇つぶしにも使えそうでした。

クリスタルパレス ランチョンマット

ご飯は世界各国の料理があるという事でしたが、気持ち的に洋食の割合が高めです。(和食はちらし寿司ぐらいだったような気がします)

ハッシュドビーフ、サーモンのホワイトクリームソース煮、ポテトとチキンのトマト煮など

クリスタルパレス 取り分け サーモン

クリスタルパレス 取り分け トマト煮

マーボー茄子など中華もありました

もう少し年齢が大きい子供だと大喜びしそうなコーナーも!
チキンナゲット、フライドポテト、ソーセージ、エビフライなど食べやすそうです。

クリスタルパレス 子供向け料理

うちの子は1歳3か月で、幼児食が徐々に進んでいる最中ですが食べられるものが多かったです!
特に少しお湯を入れて薄めたサーモンのホワイトクリームソース煮、ポテトとチキンのトマト煮は大好きでご飯と一緒に嬉しそうに食べていました。
また柔らかいパンもあったのでもう少し月齢が小さい子でも食べられるものは多そうです。

食事のコーナーはスペースが2つあるのでそこまで混雑することはありませんが、デザートコーナーは1つしかないので暫くしていると混雑してデザートを取りに行くのも苦労しました。
なので、最初の方にデザートを確保しておいた方がよりスムーズにビュッフェが楽しめると思います。

クリスタルパレス デザート

またクリスタルパレス・レストラン内にはおむつ替えスペース付のトイレもあるので安心です。

クリスタルパレス トイレ

お腹がいっぱいになったところで、近くあったアドベンチャーランドの「スイスファミリー・ツリーハウス」へ
ウォークスルー型で特に待ち時間も発生しないので時間調整にピッタリです。

お昼時で空いていたこともあり、絶賛階段を上るのが好きな息子は階段上りを楽しんでいました。
頂上ではアドベンチャーランドを見下ろせたり、シンデレラ城も見渡せて雰囲気も良いです。
結構階段の昇り降りが激しいので、抱っこ紐は持っておいた方が無難です。

スイスツリーハウス 1歳

その後、ファストパスを取っていたバズ・ライトイヤーへ向かいながらお土産物をちょっと見たり、写真撮影をしたリしました。

バズ・ライトイヤーのアストロブラスターに乗る直前に昼寝をしてしまいました(笑)
なので抱っこ紐に入れたままアトラクションに乗ることに!

アストロブラスター 1歳

でも、むしろ一緒にアストロブラスター(光線銃)を使わない子だったら、抱っこ紐に入れておいた方が両手が使えてアトラクションを楽しみやすいです。

バーが降りてくる形式の乗り物ではないので、抱っこ紐をつけたままでも体は圧迫されませんし◎
子連れの方も多かったですが、「キャッキャッ」と興奮して楽しそうでした。

またアトラクションへ降りたら次のファストパスを取得しました。(子供が乗れるアトラクションで残っているFP対象の物がホーンテッドマンションしかありませんでしたが結果的に選んでよかったです)

子供が起きてくるまで、ワールドバザールお土産物を物色しました。

「TOY STATION」では子供が喜びそうな光おもちゃ、プリンセスのキーホルダー類、リゾート内で食べられるファーストフードのおままごとセット、ディズニーリゾートラインの電車など子供が喜びそうなおもちゃが勢揃いでした。

TOY STATION ディズニーランド

ままごと 土産 ディズニーランド

パーク内で食べられるテイクアウトフードを真似たおままごとのおもちゃはパーク内でしか買えないのでお土産にぴったりです。(1,300円)

パネルレール おもちゃ ディズニーランド

東京ディズニーリゾートのみでしか買えず、持ち運びに便利なパネルネールもお土産にはぴったりです。(2,700円)

「TOWN CENTER FASHIONS」ではランド内で一番洋服の品ぞろえが良いこともあり、長袖Tシャツ、パーカー、セーター、スタジャン、靴下、下着類などこの1店舗でトータルコーディネートがそろいそうなほどでした。

TOWN CENTER FASHIONS ディズニーランド

TOWN CENTER FASHIONS ディズニーランド 女子靴下

TOWN CENTER FASHIONS ディズニーランド 男子靴下

子どものコスプレにミッキーとミニーのボトムスやプリンセスのドレス類なども揃っていました。

TOWN CENTER FASHIONS ディズニーランド プリンセスコスプレ

TOWN CENTER FASHIONS ディズニーランド ミッキーコスプレ

TOWN CENTER FASHIONS ディズニーランド 子どもTシャツ

12時55分頃昼寝から起床したので、トゥーンタウンへ向かいました。

トゥーンタウンではまず「ドナルドのボート」へ
とにかく1階は混みあっていたのですぐに2階へ行きました。
船の舵を握ったり散策をしますが大き目な子が多くて少し怖かったので、ほぼ抱っこ状態でした。

ドナルドのボート 1歳

次はすぐ近くにあった「チップとデールのツリーハウス」へ

チップとデールのツリーハウス width=

ここでもとにかく階段を登るのが好きみたいで一生懸命登っていましたが、やはり混みあっていたので抱っこ紐で散策をしました。

チップとデールのツリーハウス 1歳

他のウォークスルー型アトラクションに比べて、階段が急で足場が狭いのでお子様連れの方は足を踏み外さないように注意をしておいた方が良さそうです。

ボタンを押したら音が鳴るアトラクションもお兄ちゃんお姉ちゃんに紛れて楽しんでいました。

その後はトゥーンタウンのベビーセンターでおむつ替え兼おやつタイムをしました。

トゥーンタウン ベビーセンター

ディズニーではまだ子供の月齢だと食べられないおやつばかりでしたがベビーセンターでは低月齢向きの子のお菓子も買えるので安心です。

トゥーンタウン ベビーチェア

おむつ替えスペースもゆったりとした作りでしたが、とても混雑していました。

トゥーンタウン おむつ替え

授乳室も広々とした作りで個室は12室もありました。

トゥーンタウン 授乳室

調乳設備も充実していて、70度~80度出るお湯や

トゥーンタウン お湯

湯冷まし用のお水や氷

トゥーンタウン 湯冷まし

哺乳瓶を洗う用のスポンジと洗剤まで用意されていて至れり尽くせりです。

トゥーンタウン 哺乳瓶洗い

大人も飲める浄水器があるの密かに好ポイント…!笑
トゥーンタウン 浄水

トゥーンタウンではトゥーンパークでも楽しそうに遊んでいました。

トゥーンパーク

カラフルなオブジェにまたがろうとしたり、ウロウロしたりいつもと違うカラフルな空間に興奮していた様子です。

トゥーンパーク 1歳

約1時間半ほどトゥーンタウンを散策した後はFPを取得しておいた「ホーンテッドマンション」へ再度向かいます。
1回目に下車した後、泣いて「もっかい、もっかい」と言ってとてもお気に入りだったようなので2回目も是非乗りたかったのです。
今回も前回同様、アトラクションを乗る前から大興奮で、アトラクション中も大喜びでした!

ファンタジーランド近くの「‎ブレイブリトルテイラー・ショップ 」へ向かいます。

お店ではスタイやカバーオールにタオルケットなど赤ちゃんにピッタリな可愛らしい商品が並んでいて、低月齢のママや妊婦のママさんなら爆買いしそうなラインナップでした!

ブレイブリトルテイラー・ショップ  スタイ

ぬいぐるみっぽくなれるふわふわのカバーオールが可愛いと思ったんですが、サイズが80しかなく断念…。
代わりに90サイズも展開していたロングTシャツを購入しました。ディズニーキャラがいっぱい書かれていて見ごたえも◎
ちょうどお菓子を食べているときに汚したので、近くのトイレでお着替えも済ませました。

その後、「プーコーナー」でプーさんグッズを物色した後は「Captain Hook’s Galley」でドリンクを購入し、お昼のパレードもちらっと観賞できました。

Captain Hook's Galley ディズニーランド

メニュー Captain Hook's Galley ディズニーランド

ただ前の方で観賞をするには最低でも1時間以上前から場所取りは必要みたいなので、子連れの場合はふらっと観賞するぐらいが良いなと個人的には思いました。(皆さんレジャーシートを敷いて本気なので)

昼パレード ディズニーランド

パレードが終わる前にはパレード観賞のエリアから離れて「キャッスルカルーセル」へ

15分待ちとアプリでは書かれていましたが、実際には10分も待たずに乗れました。
馬車がないので乗れるか不安でしたが、キャスト曰く補助ベルトをつけて親も一緒に同乗の場合は乗れるということなので息子人生初のメリーゴーランドデビュー!

キャッスルカルーセル 1歳 ディズニーランド

上下に動く馬の動きやくるくる動く景色が珍しいのか足をバタバタさせて声を出しながら喜んでいました。
ちなみに、補助ベルト付きの馬は一番外側にしかないので、アトラクションに入ったら一目散にキープをするのをお勧めします。

まだ乗り物に乗りたい気分だったのでディズニー公式アプリを開くと、「イッツ・ア・スモールワールド」の待ち時間が20分だったので行ってみました。

入り口にはベビーカーを停めている人が沢山!朝はそれほど混んでいなかったので、子連れの方のインパは意外と朝が遅めなのかもしれません。

イッツ・ア・スモールワールド ベビーカー ディズニーランド

待ち時間は20分というものの、すぐに建物の中に入れてキョロキョロと内装を見ながら子供と喋っていたら時間はあっという間に過ぎました。(と言っても待ち時間は合計で15分程度でしたが)
今回も歌う人形たちを指さしながら喋ってとても楽しそうでした。

イッツ・ア・スモールワールド ディズニーランド

「イッツ・ア・スモールワールド」から出ると辺りは薄暗くなり16時ごろになっていました。
朝から活動をしていたのでそろそろ帰ろうかということでワールドバザール近くの出口方面へ

出口へ向かいながら、すぐに入れそうな「カントリーベア・シアター」があるウエスタンランドを目指します。
案の定「カントリーベア・シアター」はすぐに建物の中へ入れましたが、建物の中で結構待ちました。

あまり変わり映えのしないホールでの待機なので、ぐずる子はぐずっていました。
息子は、股覗きポーズ(息子のマイブームポーズ)をしたり、壁に手を突いたりして思い思いに楽しんでいました。

カントリーベア・シアター ディズニーランド 待ち時間

建物の中へ入ると席は自由に選べますが、原則は内側から詰めて着席をします。

公演中に万が一、子供が愚図ったらすぐに立ってあやせるように後ろ側の席を選びましたが、結局知らない人のグループに囲まれて座ることになり公演中の途中退席が出来そうになく内心とても焦りました。

ただ、公演が始まるまでは「あーあー」と大き目な声を出していましたがクマが出てきて喋り出すとポカーンとした顔で静かになり、歌が始まると笑いながら手を叩いていました。

バラードや大人っぽい選曲の時は静かに聞いたり、周りが手拍子をしたりしている楽しい感じの時の曲は合わせて一緒に手を叩いたりしていて意外と行儀よく過ごせていたことが個人的には驚きです。

また子連れの方が多いせいか、公演中も喋ったり、愚図ったりする子供もいたので子連れでも肩身はそれほど狭くはない雰囲気でした。
しかし、次回行くときはなるべく劇場に入るのは一番最後くらいにして通路側の席をキープして子供が愚図ってもすぐにあやせられるようなポジションは確保しようと思います。(ただホール内ではタバコの臭いがして気分が悪くなったので次回行くとなると微妙ですが)

カントリーベア・シアター フォトスポット

外へ出ると17時近くでもう辺りは真っ暗なので、ワールドバザール近くの出口へ向かいました。

真っ暗になると、子供も迷子になりやすいのでヒップシートを抱っこ紐状態にして歩きました。
自分で歩きたがるお子さんの場合は、光おもちゃを付けておいたり、蛍光ワッペンをつけておいたりしておいた方が安心だと思います。

ワールドバザールへ着くと、子どもの横顔シルエットの切り絵を作ってほしかったので「シルエットスタジオ」へ行きましたが長蛇の列なので断念しました。

皆さんお土産物選びなどと合わせて帰る前に作ってもらう感じなので、横顔シルエットを作ってほしい人は昼間のうちに済ませておいた方が良さそうです。

ディズニーランド シルエットスタジオ

そんな課題点を抱えながら、無事に退園しました。

ディズニーランド クリスマスツリー

帰りの電車はそれほど混んでおらず、東京行きの電車も座れてスムーズに帰宅できました。

この日のざっくりとした1歳児連れディズニーランドのタイムスケジュール

08:20 登園完了→バズライトイヤーのFP取得
08:35 イッツ・ア・スモールワールド(待ち時間ほぼなし)
09:00 ホーンテッド・マンション(待ち時間ほぼなし)
09:30 クリスタルパレス・レストランでお昼ご飯
11:15 スイスツリーハウスと周辺散策 お昼寝開始
12:00 FPを取得していた(11:30~12:30)バズライトイヤーのアストロブラスター→ホーンテッド・マンションのFP取得
12:15 ワールドバザールで買い物 お昼寝から目覚める
12:40 トゥーンパークで遊ぶ
13:10 チップとデールのツリーハウス
13:25 ドナルドのボー3ト
13:35 ベビーセンターでおやつ休憩
14:00 FPを取得していた(14:00~15:00)ホーンテッド・マンション
14:20 ブレイブリトルテイラー・ショップ、プーコーナーで買い物
14:40 Captain Hook’s Galleyでドリンクを購入しながらお昼のパレードを観賞
15:20 キャッスルカルーセル(10分ぐらい待つ)
15:45 イッツ・ア・スモールワールド(15分ぐらい待つ)
16:20 カントリーベア・シアター(15分ぐらい待つ)&周辺散策
16:40 ワールドバザールを散策
17:00 退園

滞在時間 約8時間40分
乗ったアトラクション数 11個(内ウォークスルー型アトラクションは3個)

1歳児子連れディズニーの反省点

・子連れでも乗れるFP対象アトラクションは朝一番に乗るのではなく、FPを発見してその時間に乗るようにする
(今回はジャングルクルーズに乗りたかったですが、朝は空いていたのに10時を超えるといきなり混み結局乗ることは出来なかったので)
・子供の横顔を切り絵にしてくれる「シルエットスタジオ」も行きたかったのですが、夕方立ち寄ると混雑して出来なかったです。次回行くときは午前中に(遅くても昼頃には)行くように心がけます。

1歳児子連れディズニーの感想

ディズニーは混雑しているし、まだ子供には少し早いかなと行くまでは迷っていましたが結果的に行って良かったです。
特に色鮮やかで広々とした園内は子供にも刺激的だったのか声をあげながらヨチヨチ歩きで楽しんでいました。
アトラクションも指を指しながら何かしゃべっている様子で大興奮でした。
何より、子供と一緒に行ったディズニーランドは今までとは違うディズニーの過ごし方で親自身もとても楽しめました。
小さな子供がディズニーでヨチヨチ歩く姿はとても可愛らしく、今しか残せない思い出写真も沢山撮影出来たので1歳児の子連れディズニーはお勧めです!




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す