北海道のお勧めドライブスポット30選

北海道ドライブスポット
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_01461ga3550085616/photo/?screenId=OUW3701

大自然が広がる北海道。海や山をはじめ、絶景と呼ばれる場所も多く1年を通して観光客が絶えません。海外からの観光客も非常に多く、レンタカーを借りてドライブを楽しんだり、北海道ならではの豊富な食材や景色を楽しんでいます。

そんな北海道で「ドライブをしたい!」とお考えの方に、おすすめのドライブスポットを紹介します。行く先々で堪能できる自然や食に魅了されながらのドライブは最高です。また、北海道は温泉も豊富。それでは北海道を7つのエリアに分けて紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。




札幌・石狩エリア

1.円山動物園

円山動物園
出所:https://www.city.sapporo.jp/zoo/b_f/b_18/db099.html

北海道に4つある動物園のなかで、札幌市内に位置し最も歴史ある動物園が円山動物園です。札幌の中心部から車で15分とアクセスも良好と行きやすさも人気。2018年にはホッキョクグマ館を大幅にリニューアルし、2019年には4頭のゾウがはるばるミャンマーから新しく仲間入りしました。

広い園内には北海道らしくみどりが溢れており、いつでも休めるようベンチも点在しています。子供から大人まで楽しめるスポットです。

【 住所 】〒064-0959 北海道札幌市中央区宮ケ丘3番地1
【アクセス】(札幌駅から)15分
【アクセス】(新千歳空港から)1時間5分(道央自動車道経由)
【営業時間】9:30~16:30(3月1日から10月31日)9:30~16:00(11月1日から2月末日)
【 料金 】 高校生以上600円(中学生以下無料)

公式サイトURL

2.恋人の聖地/厚田展望台

恋人の聖地/厚田展望台
出所:http://www.city.ishikari.hokkaido.jp/site/sightseeing-guide/1699.html#CONTENT1

沈む夕日がなんとも美しい絶景ポイントです。石狩市厚田区にあり、愛を誓い合う場所にふさわしい場所として観光スポット100ヶ所を選ぶ「恋人の聖地」プロジェクトで、北海道で初めて選ばれた場所。「誓いの鐘」という大きなベルや、恋人たちが結ぶ南京錠を取り付けるためのフェンスがあります。

【 住所 】〒061-3601 北海道石狩市厚田区厚田
【アクセス】(札幌から)1時間(創成川通と国道231号)
【アクセス】(新千歳空港から)1時間30分(道央自動車道)
【営業時間】常時開放
【 料金 】 無料

公式サイトURL

3.幌見峠展望駐車場・日本新三大夜景

幌見峠展望駐車場・日本新三大夜景
出所:http://yumekoubousatou.com/

日本新三大夜景に認定された日本で唯一の「夜景専用パーキング」です。札幌市内から車で20分ほどの所にある「幌見峠ラベンダー園」では、7000株ものラベンダーが一面に広がりを見せます。ラベンダー畑の奥には札幌市を一望。車に乗りながらガラス越しに見える夜景がキレイです。

【 住所 】〒064-0945 北海道札幌市中央区盤渓471-110
【アクセス】(札幌から)17分
【アクセス】(新千歳空港から)55分(道央自動車道)
【営業時間】4月1日~11月30日まで/昼の部:3:00~17:00(24時間営業なので17時以降もいることが可能)夜の部17:00~3:00
【 料金 】昼の部500円、夜の部800円

公式サイトURL




4.さっぽろ羊ヶ丘展望台

さっぽろ羊ヶ丘展望台
出所:https://www.hitsujigaoka.jp/

札幌といえばクラーク博士と同じポーズで記念写真を撮るのが定番です。札幌の中心部から30分ほどと近く、観光スポットとして外せません。眼下に広がる広大な石狩平野を眺め、そこに放たれている羊たちの群れは、まさに北海道に来た!と実感できます。

【 住所 】〒062-0045北海道札幌市豊平区羊ケ丘1
【アクセス】(札幌から)35分
【アクセス】(新千歳空港から)55分(道央自動車道)
【営業時間】9時00分~17時00分
【 料金 】大人530円 小中学生300円

公式サイトURL

富良野・美瑛エリア

5.ファーム富田 (ラベンダー)

ファーム富田 (ラベンダー)
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_01461ga3550085616/photo/?screenId=OUW3701

富良野といえばラベンダー畑です。紫色のラベンダーをはじめ、赤、黄、白、青など色とりどりの花が咲き誇り、見る人を感動させます。お土産も可愛いポプリやオイルなどオリジナルの商品も豊富。全国的にも有名な観光スポットなので、カメラを持った人も多く非常に混んでいますが、花々の絶景はぜひ一度見ておきたいものです。

【 住所 】〒071-0703北海道空知郡中富良野町字中富良野基線北15号
【アクセス】(札幌から)2時間(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)2時間(道央自動車道と国道237号)
【営業時間】【6月下旬~8月中旬 】8:30~18:00【5~6月中旬・8月下旬~9月】9:00~17:00【4月中~下旬・10~11月】9:30~16:30【12~4月上旬 】10:00~16:30
【 料金 】無料

公式サイトURL

6.青い池

青い池
出所:https://www.biei-hokkaido.jp/ja/sightseeing/shirogane-blue-pond/

水面がまるで絵具を溶かしたかのように青く見える不思議な「青い池」。池の中には枯れたまま立っているカラマツが、何ともいえない幻想的な風景を見せています。夏はもちろん、冬はライトアップされて白い雪と雪をまとったカラマツ、そして水面が凍っていなければ、青い池とのコントラストで更なる絶景を見ることが可能です。

【 住所 】〒071-0235 北海道上川郡美瑛町字白金
【アクセス】(札幌から)
【アクセス】(新千歳空港から)
【営業時間】
【 料金 】 無料

公式サイトURL

7.ぜるぶの丘

ぜるぶの丘
出所:http://biei.selfip.com/

ラベンダーやひまわり、パンジーなどさまざまな花畑が広がる大自然が望めます。「ぜるぶ」とは「かぜ」「かおる」「あそぶ」の最後の3文字をとって付けた名前です。展望台からはケンとメリーの木を眺めることができ、バギーで園内を走ることもできます。レストランや野菜の販売もしており人気です。

【 住所 】〒071-0200 北海道上川郡美瑛町大三
【アクセス】(札幌から)2時間20分(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)55分(道央自動車道)
【営業時間】8:30~17:00(4月中旬~10月中旬)
【 料金 】 無料

公式サイトURL




8.富良野ジンギスカン ひつじの丘

富良野ジンギスカン ひつじの丘
出所:https://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000087564/photo/?screenId=OUW3701

ひつじの丘では、顔の黒い食肉専用の羊「サフォーク」のジンギスカンを提供しています。北海道内でもサフォークのジンギスカンが食べられるお店は少ないため、たとえ地元でもなかなか口にできないレアもの。ジンギスカン独特の臭みやクセが一切なく、上品な味が大人気です。夜はキャンプ場の灯りも消灯し、満点の星空を見ることができます。搾りたての牛乳やソフトクリームも美味しいです。

【 住所 】〒071-0711 北海道空知郡中富良野町字ベベルイ
【アクセス】(札幌から)2時間20分(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)55分(道央自動車道)
【営業時間】11:00~LO15:00(5月~9月末まで)冬期間は要問合せ
【 料金 】 入館無料

公式サイトURL

9.十勝岳望岳台

十勝岳望岳台
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_01459ad3350045594/photo/?screenId=OUW3701

美瑛が誇る絶景の山岳スポット「十勝岳望岳台」。青い池に向かうルートの途中にあるのでわかりやすく、美しい2,000m級の山々を望むことができます。晴れていれば旭岳や美瑛岳、上富良野町までを望め、秋は絶景の紅葉スポットとしても人気です。夜は星が美しく見える穴場としても最高なので、おすすめです。

【 住所 】〒071-0235 北海道上川郡美瑛町字白金
【アクセス】(札幌から)2時間30分(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)2時間30分(道央自動車道と国道237号)
【営業時間】4月下旬~11月上旬(冬期閉鎖)
【 料金 】 無料

公式サイトURL

10.吹上露天の湯

吹上露天の湯
出所:http://www.kamifurano.jp/stay/onsen/2115

「北の国から」で宮沢りえが撮影の際に入浴したことが有名になった、混浴の無料露天風呂です。無料ということもあり、休日は混んでいます。無色透明で無臭。脱衣所はありませんので、女性は水着着用かタオルを巻いた方がいいです。

【 住所 】〒071-0579 北海道空知郡上富良野町吹上温泉
【アクセス】(札幌から)2時間30分(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)2時間30分(道央自動車道と国道237号)
【営業時間】常時開放
【 料金 】 無料

公式サイトURL

函館エリア

11.函館市熱帯植物園

函館市熱帯植物園
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_01202cc3310040269/

珍しい熱帯植物やサル山など小さいお子さんから大人まで家族で楽しめるのが「函館市熱帯植物園」です。雪国北海道で、ヤシやゴムの木、ランなど約3,000本の木々が温室に生い茂っています。さらに北海道では貴重な「アイスクリームの木」や「パンの木」など面白い植物も多いです。また、12~5月の連休までは、サルが温泉に浸かるのを見ることができます。

【 住所 】〒042-0932 北海道函館市湯川町3丁目1番15号
【アクセス】(札幌から)4時間10分(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)3時間30分(道央自動車道)
【営業時間】9:30~16:30
【 料金 】 一般300円 小・中学生100円

公式サイトURL

12.函館山展望台

函館山展望台
出所:https://334.co.jp/

言わずと知れた、函館の夜景が見える展望台です。常に国内外から観光客が押し寄せ、その美しい函館の街並みにうっとりしています。時間が経て光が増えていくと、奥の方にネオンで「スキ」という文字が浮かび上がって見えることから、恋人や夫婦、また友情を深めるのにピッタリです。いくら眺めていても飽きない絶景を堪能できます。

【 住所 】〒040-0000 北海道函館市函館山
【アクセス】(札幌から)4時間20分(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)3時間40分(道央自動車道)
【営業時間】10月1日(火)~車両用登山道冬期閉鎖 16:00~21:00 一般車両は通行禁止
【 料金 】ロープウェイ運賃 大人1500円(往復)1000(片道)小人700円(往復)500円(片道)

公式サイトURL

13.大沼国定公園

大沼国定公園
出所:http://www.town.nanae.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000196.html

大沼は森に囲まれており、「大沼」「小沼」「ジュンサイ沼」と個性的な表情を持った沼がそろっています。100以上もの小島が浮かぶ大沼は、レンタルの手漕ぎボートでゆったりと水上散歩が楽しめます。また、レンタサイクルもあり、湖畔の周囲を走ることも可能。大沼だんごは飴、ゴマ、しょうゆと3種類の風味が堪能でき、根強いファンに人気です。

【 住所 】〒041-1354 北海道亀田郡七飯町字大沼町1023-1
【アクセス】(札幌から)3時間30分(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)3時間(道央自動車道)
【営業時間】8:00~17:00(7・8月は~18:00)4月上旬~12月初旬
【 料金 】無料

公式サイトURL




14.五稜郭タワー

五稜郭タワー
出所:https://www.goryokaku-tower.co.jp/

特徴的な6角形の星形が有名な「五稜郭タワー」は、歴史に包まれた場所です。そこに建つ五稜郭タワーは高さ107m。展望台からは、函館の街並みや晴れた日には津軽海峡を越え、青森県の下北半島と津軽半島まで見渡すこともできます。五稜郭の歴史については、スタッフがガイドもしており好評です。春は桜が咲き誇り有名な場所でもあります。

【 住所 】〒040-0001 北海道函館市五稜郭町43-9
【アクセス】(札幌から)4時間(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)3時間30分(道央自動車道)
【営業時間】8:00~19:00(4/21~10/20)、9:00~18:00(10/21~4/20)
【 料金 】大人:900円、中高生:680円、小学生:450円

公式サイトURL

釧路・根室・十勝エリア

15.摩周湖

摩周湖
出所:https://www.masyuko.or.jp/introduce/mashu//

「霧の摩周湖」でも有名な「北海道遺産」でもある摩周湖は、深く吸い込まれそうな濃いブルーが美しい神秘の湖。海抜351m、周囲20kmのカルデラ湖で、湖水に不純物がほぼなく高い透明度が非常に神秘的です。満天の星空がロマンチックで、最近ではパワースポットとしても注目されているスピリチュアル的な場所でもあります。

【 住所 】北海道川上郡弟子屈町摩周原野
【アクセス】(札幌から)5時間(道央自動車道と国道241号)
【アクセス】(新千歳空港から)4時間30分(道央自動車道)
【営業時間】8:30~17:30 夏期(4/26~10月中旬)
【 料金 】無料

公式サイトURL

16.幣舞橋(ぬさまいばし)

幣舞橋(ぬさまいばし)
出所:http://ja.kushiro-lakeakan.com/things_to_do/3688/

釧路で夕日を見るなら「幣舞橋」でしょう。札幌の豊平橋、旭川の旭橋と並ぶ北海道三大名橋のひとつでもあり、世界三大夕日ともいわれる夕景は素晴らしく、目を奪われます。特に春分、秋分の両日はちょうど橋の中央に太陽が沈み、まるで絵画のような幻想的な絶景を見せてくれますよ。

【 住所 】〒085-0015 北海道釧路市北大通
【アクセス】(札幌から)4時間10分(道東自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)3時間40分(道東自動車道)
【営業時間】常時開放
【 料金 】駐車場(河畔有料駐車場利用:202台・有料:30分100円税別)

公式サイトURL

17.十勝豚丼 いっぴん 帯広本店

十勝豚丼 いっぴん 帯広本店
出所:https://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB000087595/photo/?screenId=OUW3701

十勝帯広といえば「豚丼」です。帯広には豚丼屋さんが多くあり、どの店も独自のタレや調理法で甲乙つけがたいです。その中でも「いっぴん帯広本店」は北海道内で豚丼のタレを販売している会社が展開する豚丼屋さん。ご飯の量、肉の量、好きなバランスで注文できるのが嬉しいポイント。タレの量や肉のカットの仕方まで細かいオーダーも可能です。

【 住所 】〒080-2471 北海道帯広市西21条南3丁目5番地
【アクセス】(札幌から)2時間40分(道東自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)2時間5分(道東自動車道)
【営業時間】11:00~21:00
【 料金 】1000~1999円

公式サイトURL

18.阿寒湖

阿寒湖
出所:https://ja.kushiro-lakeakan.com/

阿寒湖は、ハイシーズンには1万人もの観光客が訪れる紅葉の名所です。緑色の丸くて可愛い特別天然記念物の「まりも」も阿寒湖の特徴。北海道で5番目に大きい淡水湖です。冬は全面結氷しワカサギ釣りやスケート、スノーモービルなどのウィンタースポーツも満喫できます。

【 住所 】〒085-0000 北海道釧路市
【アクセス】(札幌から)4時間30分(道東自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)4時間(道東自動車道)
【営業時間】常時開放
【 料金 】駐車場無料

公式サイトURL




19.太平洋シーサイドライン

太平洋シーサイドライン
出所:https://www.jalan.net/kankou/spt_01206ab2050006449/photo/?screenId=OUW3701l

釧路町、厚岸町、浜中町の海岸線沿いの道路で別名「岬と花の霧街道」と名付けられています。また、自然の波風が長い年月をかけて作り上げた奇岩や絶壁、岬などが美しく絶景を作り出しており、道東屈指のドライブコース。アイヌ語に漢字をあてた難読の地名が多数あり、それぞれを解説した看板をたどるのも楽しいです。

【 住所 】根室市の道道35・123号線
【アクセス】(札幌から)5時間30分(道東自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)4時間50分(道東自動車道)
【営業時間】なし
【 料金 】なし

公式サイトURL

胆振・日高エリア

20.豊似湖

豊似湖
出所:https://www.town.erimo.lg.jp/kankou/pages/k9mfea0000000jft.html

えりも町の山の中に小さくひっそりとあるハート型の湖「豊似湖」。馬の蹄にも似ているので「馬蹄湖」とも呼ばれます。湖畔からはハート型を確認することはできませんが、ヘリコプターや飛行機で上空から見るとハッキリとハート型になっているのがわかります。湖面はキレイなエメラルドグリーンで、海に暮らす龍が遊びに訪れるというロマンチックな伝説も。神秘のハート型湖をぜひ堪能してください。

【 住所 】〒058-0422 北海道幌泉郡えりも町字目黒
【アクセス】(札幌から)4時間40分(道東自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)3時間50分(道東自動車道、国道235号、国道336号)
【営業時間】常時開放
【 料金 】駐車場無料

公式サイトURL

21.襟裳岬 風の館

襟裳岬 風の館
出所:https://www.town.erimo.lg.jp/kaze/

襟裳岬は、強風で有名な場所で風速10m以上の日が年間なんと260日以上もあるという日本屈指の強風地帯です。そこに建つ「風の館」では風速25mを体験できたり、展望スペースが一面ガラス張りのため襟裳岬をパノラマで見ることができます。また、襟裳岬は日本最大のゼニガタアザラシの生息地でもあるため、春には親子の姿も見られます。

【 住所 】〒051-0003 北海道室蘭市母恋南町
【アクセス】(札幌から)3時間50分 (日高自動車道、国道235号)
【アクセス】(新千歳空港から)3時間10分 (日高自動車道、国道235号)
【営業時間】9:00~18:00/5月~8月 9:00~17:00/9月~11月・3・4月
【 料金 】大人・大学生300円、小・中・高校生200円

公式サイトURL

22.樹海ロード日高(道の駅)

樹海ロード日高(道の駅)
出所:http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/921/

札幌・帯広方面にアクセスする国道274号と、旭川・苫小牧方面にアクセスする国道237号のちょうど分岐点にある道の駅です。岬の出入り口にあるため、もし休憩や食事をするならここで済ませた方がいいでしょう。休憩コーナー、和洋食レストランなどもありドライブ中の休憩場所には最適です。

【 住所 】〒055-2301 北海道沙流郡日高町本町東1丁目298-1
【アクセス】(札幌から)2時間(道東自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)1時間20分(道東自動車道)
【営業時間】休憩コーナー:9:00~20:00(毎週木曜日のみ9:00~18:00)、売店:9:00~20:00、そば処:11:00~19:00、特産品直売所:10:00~17:00
【 料金 】無料。日高山脈博物館の入館料は大人200円、小・中・高生100円

公式サイトURL




23.びらとり和牛専門店 くろべこ

びらとり和牛専門店 くろべこ
出所:http://www.kurobeko.com/

びらとり和牛とは、北海道南西部に位置する平取町で生産された牛のこと。びらとり和牛は、平取町の極寒を乗り越えることで、肉のうまみが凝縮され、味の濃い牛肉になるのが特徴です。サーロインステーキ、ヒレステーキ、リブローやグリルチキンまでメニューも豊富です。

【 住所 】〒055-0104 北海道沙流郡平取町字紫雲古津200-2
【アクセス】(札幌から)1時間25分(道央自動車道、日高自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)50分(日高自動車道)
【営業時間】11:00~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~20:00(ラストオーダー19:30)
【 料金 】1000~1999円

公式サイトURL

24.新冠温泉 レ・コードの湯

新冠温泉 レ・コードの湯
出所:https://hotelhills.jp/

サラブレッドとレコードの街、新冠町にある温泉施設。周辺には太平洋に沈む夕陽を見渡せるパノラマの景色と、背景には日高山脈がありどれも絶景です。露天風呂は岩風呂で少し熱め。目の前には芝生が広がる牧場となっていて、馬が草を食べる姿が見られることもあり楽しめます。

【 住所 】〒059-2418 北海道新冠郡新冠町字西泊津
【アクセス】(札幌から)2時間(道央自動車道、日高自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)1時間20分(日高自動車道)
【営業時間】日帰り入浴5:00~8:00、10:00~22:00
【 料金 】入浴料500円込、小学生300円込、幼児無料/家族風呂(1時間)別途2000円込

公式サイトURL

宗谷エリア

25.中頓別鍾乳洞自然ふれあい公園

中頓別鍾乳洞自然ふれあい公園
出所:http://www.town.nakatombetsu.hokkaido.jp/syonyudo/

北海道の鍾乳洞で最初に発見された鍾乳洞で、北海道の天然記念物にも指定されている町営公園です。園内ではガイドサービスも行っており、鍾乳洞の成り立ちなどを聞きながら散策もできます。さまざまな動植物が生息しており、全6つあるルートはすべて無料で散策可能です。

【 住所 】〒098-5554 北海道枝幸郡中頓別町字旭台24-1
【アクセス】(札幌から)4時間15分(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)4時間30分(道央自動車道)
【営業時間】9:00~17:00(5月~10月のみ開園)
【 料金 】無料

公式サイトURL

26.宗谷岬公園

宗谷岬公
出所:https://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/kurashi/koenkeikan/koen/sonota.html#souyamisaki

海沿いに日本最北端の地碑が建っており「日本のてっぺん」という言葉がぴったり。わずか43km先にはサハリンが見え、道北エリアの代表的な観光スポットです。宗谷岬の周辺は公園となっていて、階段を上った高台には灯台や歴史的な建造物が立ち並んでいます。展望休憩施設「ゲストハウス・アルメリア」でランチもできますよ。

【 住所 】〒098-6758 北海道稚内市宗谷岬2
【アクセス】(札幌から)5時間10分(道央自動車道と国道232号)
【アクセス】(新千歳空港から)5時間25分(道央自動車道と国道232号)
【営業時間】11:00~16:00
【 料金 】無料

公式サイトURL




27.利尻らーめん味楽

利尻らーめん味楽
出所:https://www.jalan.net/gourmet/grm_alikejpB001020983/

神奈川県の新横浜ラーメン博物館にも出店しているお店で、看板メニューは「焼き醤油ラーメン」。何と言っても「利尻昆布」をふんだんに使った極上スープがたまりません。利尻本店は「ミシュランガイド北海道2012特別版」などに選ばれたこともある名店。利尻に来たらぜひ、本場の味を堪能してみてください。

【 住所 】〒097-0401 北海道利尻郡利尻町沓形本町67
【アクセス】(札幌から)7時間15分(国道232号)
【アクセス】(新千歳空港から)7時間30分(道央自動車と国道232号)
【営業時間】11:30~14:00
【 料金 】~999円

公式サイトURL

網走・北見・紋別エリア

28.知床五湖

知床五湖
出所:https://www.goko.go.jp/index.html

知床五湖は、知床連山をバックに広大な原生林の中にある5つの神秘的な湖です。手つかずの自然は多くの野生動物のホームであり、そのあまりの雄大さに人間が小さく思えるほど。シーズンを通して安全に散策できる無料の「高架木道」と、季節や時期によって散策条件が異なるガイド付きの「地上遊歩道」が楽しめます。ぜひ一度「世界自然遺産知床」を満喫してください。

【 住所 】〒099-4356 北海道斜里郡斜里町大字遠音別村
【アクセス】(札幌から)6時間(道央自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)6時間(道東自動車道)
【営業時間】4月下旬~11月下旬
【 料金 】なし

公式サイトURL

29.東藻琴芝桜公園

東藻琴芝桜公園
出所:http://www.shibazakura.net/

道東は大空町にある「ひがしもこと芝桜公園」は、5月になると広大な敷地一面に咲き誇る芝桜が絶景です。開花時期に合わせて「芝桜まつり」が開催され、北海道ならではの遅い春を楽しめます。ご当地グルメが食べられる売店や釣り堀、日帰り温泉や神社などもあるので、1日を通して満喫できるおすすめの場所です。

【 住所 】大空町東藻琴末広393
【アクセス】(札幌から)4時間40分(道央自動車道、旭川紋別自動車道、国道450号)
【アクセス】(新千歳空港から)4時間30分(道東自動車道)
【営業時間】8:00~17:00
【 料金 】芝桜まつりは500円

公式サイトURL

30.神の子池

神の子池
出所:https://www.kiyosatokankou.com/kaminokoike.html

道東にある斜里町の山中にひっそりとたたずむ神秘の池「神の子池」。林道を進むと小さな池が現れ、底まで見える透明度の高さとコバルトブルーの水面が、とてつもなく幻想的です。池の中には、いつ沈んだのかわからない倒木が独特の表情を見せており、見とれてしまいます。アイヌ語で「カムイト=神の湖」と呼ばれる摩周湖の伏流水が沸いているとされていることから、この名がついたそう。

【 住所 】北海道斜里郡清里町字清泉図
【アクセス】(札幌から)5時間30分(道東自動車道)
【アクセス】(新千歳空港から)4時間50分(道東自動車道)
【営業時間】常時開放(6月上旬~10月下旬)
【 料金 】なし

公式サイトURL




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す