このエントリーをはてなブックマークに追加
ツイートフェイスブックシェアLINEで送る

「SNS映え」を徹底解説!ビジネスもプライベートも無視できない?


参考:日原鍾乳洞

SNS映えとは一時的な流行で、無視しておけばすぐに過ぎ去っていくものだと考えていませんか?

実はそんなことはありません。「SNS映え」はこれからますますプライベートだけでなくビジネスでも重要度が増していく概念で、この世界からインターネットがなくならない限り消えない悩みであり、チャンスでもあります。

そして実はまだSNS映えの重要性に気づいていない人はたくさんいます。ですので、誰よりも先取りして「SNS映え」について詳しくなれば、プライベートもビジネスも他の人よりうまくいくようになるチャンスがあります。

スナップレイスでは、膨大なSNS映えに関するデータベースと機械学習システムにより、プライベートからビジネスまで日本で一番SNS映えに関する情報を集めていますので、SNS映えに関するどこよりも詳しく新しい情報を常に発信していきます。




目次

SNS映えとは
  SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略
  SNSの利用率は増加傾向
  SNS映えとはSNS上での評価が高いこと
  SNS映えはビジネスチャンス!?
  SNS映えからは逃れられない?
  日本最大級のSNS映え情報サイト
SNS映えに対するソリューション
  SNS映えする投稿の特徴とそのやり方を学ぶ
  SNS映えスポットのランキングを知る
  日本全国のインスタ映えスポットを知る
  SNS映えスポットを網羅的に知る
SNS映えをビジネスに生かす
  インフルエンサーになる
  SNS映えするメニューや店舗作りをする
  SNS映えする画像を使う
  SNS映え分析データを参考にする




SNS映えとは

SNSとはソーシャル・ネットワーキング・サービスの略

SNSは「エスエヌエス」と読み、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Social Networking Service)の略称です。iPhoneやAndroidなどのスマートフォンが登場し、アプリが出てくる前は、ソーシャル・ネットワーキング・サイト(Social Networking Site)の略称だと言われることもありましたが、近年ではサイトだけではなくてアプリも含むため、サイトではなくサービスの略とされています。

主要なSNS

SNSで主なサービスは、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)です。LINE(ライン)などもSNSに区分されて分析されていることもありますが、一般的にはこの3つが主力とされます。このうちInstagramは2012年にFacebookが買収し、今ではFacebookが運営しています。

SNSの利用率は増加傾向


SNS利用率

そしてSNSの利用ユーザは増加の一途をたどっており、2018年末には日本人の利用率が約75%に達するという推計も出ています。一昔前であれば、SNS上で良いように思われたいというブランディングに疲れて(SNS疲れ)、SNS自体を止めるという選択肢が取れました。しかし、SNSがこれほど実社会に浸透していると、会社によっては連絡をSNSで行っていたり、友達の間での連絡がSNS経由になっていたりと、そう簡単にSNSを止めることができなくなってきているのが現状だと思います。

SNS映えとはSNS上での評価が高いこと

いいね

そのような中、SNS上でどう思われるか、どういう人と見られるかが重要になってきています。このSNS上での評価がよいことを「SNS映え」していると一般によんでいます。見方を変えれば、リアルな対人コミュニケーションの中で行ってきた自分のブランディングを、SNS上でも行う必要が出てきたとも言え、それを行うことはSNS映え投稿をすることと近い意味として扱われるようになってきています。そしてこのトレンドは今後も継続すると予想されています。そのため、自分のブランディングのために従来では考える必要のなかったSNSにアップする写真やコメントの内容などにも気を使い、SNS映えを意識する必要が出てきています。

SNS映えはビジネスチャンス!?

これは個人だけではなく、観光地や飲食店などのビジネス上でも重要です。SNSでの評価が高ければ、すなわちSNS映えしていれば、例え駅から30分離れていても行列のできる店舗を作ることもできます。また、これまで全く観光客が来なかった地方の観光スポットが、SNS上で話題になったことをきっかけに日本国内からだけでなく海外からも観光客が押し寄せ、大賑わいとなっている例も出てきています。

SNSで集客した事例
参考例:めん馬鹿一代

SNS映えからは逃れられない?

このようにSNS映えを意識することは、このインターネット社会が逆戻りしない限り継続して重要になってくるものと考えられます。言語が誕生して人類がリアルなコミュニケーションを開始して以来、リアルな人間関係でよく自分を見せることが重要であることと同様に、インターネットが誕生して人類がインターネット上でのコミュニケーションを開始した今、SNS映えはプライベートでもビジネスでも避けて通れないものとなっているのです。

日本最大級のSNS映え情報サイト

スナップレイスロゴ

リアルなコミュニケーションの中での人間関係の悩みや、それに対するソリューションについては多くの書籍や参考になるサイトが存在しています。しかし、SNS上での人間関係やブランディングについては全く新しい、この数年で急速に重要になったことであるため、情報がまとまっていないのが現状です。そこでスナップレイスではそのような悩みに答えるべく、日本最大級のSNS映えの情報サイトとして様々なソリューションを提供しています。トップページはこちら




SNS映えに対するソリューション

SNS映えする投稿の特徴とそのやり方を学ぶ

SNSの様々なデータを独自のアルゴリズムで分析し、SNS映えする投稿の特徴や写真の撮り方、人気のスポットやスイーツなどの情報をあぶりだしました。SNS映え投稿をするにはどうしたらよいか悩んでいる方はこちらをご確認ください。

SNS映え
参考例:candy bar hawaii

SNS映えスポットのランキングを知る

SNS映えする、いいね! がたくさん付く場所がどこか探している方や、SNS映えには興味がないけれど、単におしゃれなスポットや面白い、ネタになるスポットを知りたい方向けに、SNS映えスポットランキングを発表しています。こちらからどうぞ。

SNS映えスポット
参考例:江川海岸

日本全国のインスタ映えスポットを知る

日本全国のSNS上の様々なデータを独自のアルゴリズムで分析し、フォトジェニックスポットして検出されたスポットの中で、特に女性比率が高い(男性比率が低い)スポットをインスタ映えスポットとしてあぶり出しました。そして、その中でも47都道府県毎に最もインスタ映え度合いが高いと想定されるスポットを後悔しています。こちらからどうぞ。

インスタ映えスポット
参考例:MR.FRIENDLY Cafe

SNS映えスポットを網羅的に知る

Snaplaceでは、全世界のフォトジェニックなCool!スポット、面白い・ネタなHaha!スポットを地図上にプロットしています。また、写真から探すこともできます。Snaplaceさえあれば、休みの日にどこに行こうか悩んだり、インスタ映え・SNS映えするスポットを必死で検索して探したりする必要はなくなります。独自の分析により、人工知能がインスタ映えスポットを選んでいるので安心です。

スナップレイス




SNS映えをビジネスに生かす

インフルエンサーになる

スナップレイスでは、スナップレイス・メディアというサービスを運営しています。登録するとシステム(人工知能AI)がインスタ映えする写真を自動抽出し、メディアに紹介します。スナップレイスでは、独自のSNS映え分析システムを活用し、皆さんがインフルエンサーになるお手伝いも行っています。興味のある方はこちらから是非ご覧ください。

スナップレイス・メディア

SNS映えするメニューや店舗作りをする

1日に2,3人程度しかお客さんが来店せずに閉店間近だった店舗。最後に起死回生をかけて出したメニューが、InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSで話題となり、連日、日本からだけではなく海外からもお客さんが訪れ、行列ができるようになったというような話が近年、話題となっています。そこで重要なのは「SNS映え」です。そこで、SNS映えに関する膨大なデータベースとシステムを活用し、店舗や観光地のSNS映え度合いを評価し、そのうえでSNS映えの改善案を提案するサービスを行っています。詳しくはこちらからご確認ください。

SNS映え分析・提案

SNS映えする画像を使う

SNS映えする画像は、プロのカメラマンが撮影した画像と比較してユーザにとって親近感が高まります。これは、より現実感(リアリティ)が高まるためで、直近ではユーザの画像を商品の広告やCMに使用したり、旅行商品の組成に使用するケースが増えてきております。スナップレイスでは、スナップレイス・メディア会員の画像の中で、SNS映えする写真を自動で抽出しております。これら写真を広告やテレビ・雑誌等でご利用されたい方や詳細を知りたい方はこちらからお問い合わせください。

SNS映え分析データを参考にする

SNAPLACEがSNS投稿を分析してみると、SNS映えの要素は大きく分けてフォトジェニック(Cool!)と笑い・ネタ(Haha!)に分かれることが判明しました。「Cool!」と「Haha!」のSNS映え投稿の特徴を定性的に表現すると以下の通りとなります。

フォトジェニック(Cool!)投稿の特徴
①カラフル:フィード上でも目立ちやすい(彩度が高い)。植物園。ウォールアート。レインボーケーキ等
②雑誌風:雑誌に掲載されているアングルでの人物・小物写真等
③非日常:リゾート地。海外旅行風。絵葉書のような絶景等

フォトジェニックの例

笑い・ネタ(Haha!)投稿の特徴
①意外性/ミスマッチ/違和感:あり得ないものの組み合わせ。スイーツラーメン。普通の神社の鳥居が金色等
②規格外:デカ盛り。夥しい数のトイレットペーパーがあるトイレ。火柱を上げるラーメン等
③ストーリー:叫び声をあげる店員がいる店。いきなり、占いを始める店主がいる店等

笑い・ネタの例

さらに詳しい分析データや商品の設計を相談したいという方はこちらから「メール」にてお問い合わせください。





公式Facebook
その他のオススメ記事
写真から探す地図から探すテーマから探す