ジャニス・ウォン
2年連続「アジアのベスト・ペストリー・シェフ」に選ばれたジャニス・ウォン氏のお店。まるで芸術作品かと思えるほど美しいスイーツが食べられます。
ジャニス・ウォン
by https://retrip.jp/articles/19855/

観光マップで見る
Google Map

写真から探す

おすすめ便利マップ
新宿駅付近のデートに使えるおしゃれカフェ (14)
東京のインスタ映えするスイーツ・お菓子23選! (23)

東京のSNS映えスポットリスト
おしゃれスポット(Cool!)珍スポット(Haha!)定番観光スポット(Basic)

おすすめ記事
「SNS映え」を徹底解説!ビジネスもプライベートも無視できない?
インスタ映えとは?撮り方のコツとカフェ・料理の特徴は?AIが徹底分析

【 住所 】東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24

芸術を食す!今大注目の新しいスイーツスタイルのデザート・バーJANICE WONG(ジャニスウォン)を紹介します!

あなたはデザートを食べる時、どうやって味わいますか?

誰も体験したことのないデザート

その言葉を掲げたデザート・バーのJANICE WONGが提供するのは美しい芸術の一品。

これまでに味わったことのない食感や味覚、温度や視覚の組合せでその場でしか食べられないおいしさをデザートにして一皿に仕上げます。

新宿駅から徒歩2分!新宿南口でNEWoManのエキソトにある、行列の出来るデザート・バーJANICE WONGをご存知ですか?

今回は去年オープンしたばかりのJANICE WONGについてご紹介します!

ジャニス・ウォンってどんなお店?

店内には12席用意されたコの字型のカウンターを中央に、ソファを備え付けた18席分のテーブル席もご用意。

彼女のテーマカラーである黒を基調に、その他テーブルやソファを白に統一しており非常にまとまっているのですが、主張しすぎない程度に彩る、壁に飾られた絵にも注目です。

飾られた絵はなんとプロデュースした仕掛け人が自ら描いたアート作品。

主張しすぎない鮮やかな絵は白と黒の二色で少しばかりクールすぎた空間を緩和させ、落ち着いた空間に仕上げています。

ただそれ以上彩りや鮮やかさを加えないのはあくまではお皿の上の芸術作品がより目立ち、映えるよう考えてのことかもしれません。

席の種類はカウンター席とテーブル席の二種類なのですが、オススメはなんといってもカウンター席!

カウンター席は、ライブキッチンの機能を兼ね備えており、目の前でジャニス・ウォン考案の芸術的なデザートを作り上げる過程を見る事が出来るのです。

実際に作り上げるのは若き精鋭たちがメインとなるのですが、目の前で生み出されていく芸術と技術には目が奪われてしまいます。

またジャニス・ウォンではデザートだけではなく、お酒も楽しめる事も魅力の一つ。

専属バーテンダーの大渕修一(おおぶち しゅういち)さんが、それぞれの個性や特徴を生かすお酒をご紹介。

デザートとのペアリング以外にもカクテルやモクテル、それから旬のフルーツを使ったカクテルなども用意しており、種類は豊富のようです。

大渕さんも非常に気さくな方で、一つ一つ丁寧に説明を加えてくれるのできっとあなたの気に入るお酒を出してくれるはず。

ジャニス・ウォンをプロデュースしたのはどんな人?

さて、それではJANICE WONGをプロデュースした人物は一体誰なのでしょうか?

JANICE WONGをプロデュースしたのは自らの名前を店名に冠したジャニス・ウォンさん。

シンガポール生まれのジャニス・ウォンは、2013年と2014年に2年連続でアジア最優秀パティシエに輝くほどの新進気鋭の女性で、シンガポール国立大学を卒業後、パリの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」に入学。

卒業後は世界中の有名レストランで技を磨き、edible art(食べられるアート)という食とアートの融合を一つのテーマとして、五感で楽しめる新たなdessert体験を提案。

2007年には、女性が安心してデザートとお酒を深夜まで楽しめる「2am:dessertbar」をシンガポールにオープン。

その後2013年、2014年に2年連続でアジア最優秀パティシエに輝き、2016年にはこの日本でJANICE WONGを開店したのです。

食べる芸術と言われその独創的なデザートスタイルが職人も含め世界中から注目されています。

どんなメニューがあるの?

ジャニス・ウォンのメニューはランチとディナーとアラカルトで分かれています。

ランチは2500円の3品コースと3500円の5品コースで、ディナーは4800円の7品コース。

アラカルトは1600円からの単品商品の事で、その他季節ごとに変わる季節メニューも揃っております。

また、時間帯により注文できるものが変わってきますので、今回はそちらも含めご紹介致します。

まず初めに、11時~15時の時間帯はランチデザートコースのみとなっております。

選べるコースは3品の2500円のものか、5品の3500円のもののいずれかとなります。

ランチ デザートコース(3品)2,500円
①かぶのサラダ
②ゆずとココナッツのリゾット
③ストロベリーブラックフォレスト

ランチ デザートコース(5品)3,500円
①栗のスープ 
②かぶのサラダ
③ゆずとココナッツのリゾット
④ごぼうとチョコレートトリュフ
⑤ストロベリーブラックフォレスト 

次に15時から17時はアラカルトのみで、アラカルトには季節物から固定のメニューまで多数揃っております。

今回はその中でも一番人気のカシスプラムをご紹介します。

カシスプラム 1,950円

カシスプラムは、なんと日本の花見をイメージしたデザートで数量限定の人気の一品。

球体で薄紫のカシスアイスボールの開いた頂点から覗く薄い桜色は紫蘇の色が混じる梅酒ゼリー。

更に梅酒ゼリーの奥にはエルダーフラワー風味のヨーグルトをふわっとムース状にした泡と、サクサク触感のライスパフなどが隠れています。

周りには花びらが散りばめており、その他にも赤や濃い赤い結晶のようなもので彩りを加え美しく一つの作品に仕上げているのですが、このカシスプラムで面白い部分といえば使われた食材。

なんと、カシスプラムにはどうしても春の食材を入れたいというジャニス・ウォンの強い希望があって「たけのこ」を利用しており、日本のみりんや醤油で甘辛く照り焼きにして乾燥させたものが入っているようです。

さて、私が実際に食べてみた感想なのですが、見た目も食べる芸術とだけあって、非常に一口目が惜しかったですね。

また入っている物と値段を考えると非常に複雑な味をしていそうなものですが、実際にはヨーグルトやカシスの酸味が絶妙で、とてもおいしいです。

恐らくたけのこを入れる際に利用したみりんや醤油もアクセントになっているのですが、これだけの材料を喧嘩なく一つの作品に仕上げてしまうのはジャニス・ウォンの考案があってこそでしょう。

17時以降はスペシャルデザートコースかアラカルトでの注文が可能です。

ディナー スペシャルデザートコース(7品)4,800円
①栗のスープ
②かぶのサラダ
③ゆずとココナッツのリゾット
④ごぼうとチョコレートトリュフ
⑤きんかんリボン
⑥パン粉をつけたスモークチーズケーキ
⑦ストロベリーブラックフォレスト

コース料理で、ランチ・ディナー共に入っている「ストロベリーブラックフォレスト」というのは非常に面白い1品で、目の前で液体窒素を使ってのパフォーマンスも加わる為、ぜひ一度体験していただきたい一品です。

いかがでしたか?

デザートでは使われないような食材を組み合わせたり、というのはある意味外国人だからこその斬新な発想なのかもしれません。

しかし斬新で芸術性を追求した五感で楽しめるスタイルはきっと、あなたの初めての体験になるでしょう。

デートにもオススメできるお店ですので、ぜひ誰かを誘って行ってみてはいかがでしょうか?

ジャニス・ウォン詳細

住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU2F エキソト

営業時間:11:00~23:00

11時~15時:ランチデザートコース(2500円/3500円)のみ
15時~17時:アラカルトのみ
17時~21時:スペシャルデザートコース・アラカルト

定休日:NEWoMan SHINJUKUに準ずる。
席数:30席(テーブル18席/カウンター12席)
電話番号:03-6380-0317
ご予約:インターネット予約のみ(当日予約不可)

Load More
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.
*出所記載のないページ内のInstagram画像は、Instagram社の利用規約及びライセンスに基づきシステムが自動抽出して表示しております。詳細はInstagram社の利用規約等をご確認ください


SNSでの口コミ(みんなの反応)
SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

ジャニスウォンさんの ボッタルガパプリカ 2017.07.17 最後はパプリカとクリームチーズ、マンゴー、柚子、カラスミ、穴子の骨のスイーツ。 一番感動した一皿。 ジャニスさんのスイーツは調理を見て、食べて色々考えるのが楽しい… twitter.com/i/web/status/8…

ジャニスウォンさんの ボタニカルサマー 四皿目はハーブを使ったスイーツ。一番味が想像できなかった一皿。 炭酸エスプーマはユーカリのほのかな苦味と香り。 ハーブの香り、ライムとグレフルの酸味苦味、バニラアイスの甘味やコクが一体に。… twitter.com/i/web/status/8…

ジャニスウォンさんの ミソコーン 2017.07.17 三皿目は祭りの屋台をイメージしたスイーツ。 程よい塩味が体に染みる。 ベルベーヌが口の中をさっぱりさせてくれるから、パクパク食べれてしまう。 pic.twitter.com/nU9c0J7wFr

ジャニスウォンさんの JPスニッカーバー 2017.07.17 二皿目はジャニス流日本風スニッカーズ。 千葉県産のピーナッツや、茗荷を用いたスニッカーバー。 紫蘇のグラニテと茗荷、二種のチェリーのコンポートを添えて。 飲み物のペ… twitter.com/i/web/status/8…

ジャニスウォンさんの トマトレイク 2017.07.17 高校時代の友人と、ジャニスウォンのランチコース。 一皿目はカプレーゼの再構成のようなこちら。 メロンに海ぶどうはくらいました。生ハムよりメロンに合うのでは? pic.twitter.com/unv7FA85sD

今日のおでかけ帖でも紹介したジャニス・ウォンにどうしても行きたくて行ってきたんですが、あまりに素敵すぎてほんと女子みんな行ってほしい…!カウンターで店員さんとお話しながら自分のスイーツが出来上がる様を見るのも楽しいしかわいいしここ… twitter.com/i/web/status/8…

@zillarc ボクも行ったことないんですが、新宿のジャニス・ウォンへぜひ行ってみて頂きたい。

今日はジャニス・ウォンで贅沢をしてきました(さすがのお味、複雑!)。 楽しい連休でストレスなくなった。 家で仕事もしなかった★ pic.twitter.com/1ApiojJkEc

久しぶりにジャニス・ウォン行きたかったけど明日はもう予約一杯だあ・・・・janicewong.jp

» ジャニス・ウォン (JANICE WONG) - 新宿/スイーツ(その他) [食べログ] tabelog.com/tokyo/A1304/A1…


ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう

その他のおすすめ観光スポット
pnc3
属性 スパゲッティーのパンチョ 秋葉原店
特製ソースと麺で作られた昔懐かしのナポリタンがお手頃価格でお腹いっぱい食べられるお店。トッピングや量も...
小松宮彰仁親王像
属性 小松宮彰仁親王像
明治維新や鳥羽・伏見の戦い等で活躍した小松宮彰仁親王(仁和寺宮純仁法親王)の騎馬像です。銅像にも関わら...
pnc6
属性 スパゲッティーのパンチョ 渋谷店
こだわりのソースと麺で作られた昔懐かしいナポリタンがお手頃価格でお腹いっぱい食べられるお店。トッピング...


写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る

おすすめ記事
江ノ島のデートで行きたい人気の観光スポット34選!
神戸のスイーツまとめ32選。お土産にも最適!
一生に一度は行きたい!SNS映えする東京の公園7選!
東京観光を雨でも楽しもう!おすすめ観光スポットベスト17
東京のお土産36選!可愛すぎて思わず買ってしまうもの厳選!

面白いスポットを見つけよう!
写真から探す地図から探すテーマから探す


公式Facebook
マップに戻る