香具山
クラムチャウダーが食べられる創作料理と鍋料理のお店。クリーミーなスープには、玉ねぎやジャガイモがゴロゴロ入ってクラムチャウダーそのもの!マイルドで洋風な味付けは意外と合うことに発見させられるお店ですよ。

by http://tabelog.com/osaka/A2707/A270702/27045563/

行きたい


もっと写真を見る 口コミを確認する 周辺スポットを見る

Google Mapで見る

食べログページ

住所:大阪府枚方市長尾家具町2-15-2

Load More

 



SNSでの口コミ(みんなの反応)
SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 は、絶対に取る。 大好きな区でもあるケミスト。 後は、恨みわびやな〜

2 太陽はギラギラ まぶしい山の緑をバックに 洗濯物はキラキラ――夏がきた! (春過ぎて 夏来にけらし 白たへの 衣ほすてふ 天の香具山 / 持統天皇)

2春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山

大和(やまと)には 群山(むらやま)あれど とりよろふ 天(あめ)の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原(くにはら)は 煙(けぶり)立ち立つ 海原(うなはら)は 鴎(かまめ)立ち立つ 美(うま)し国ぞ 蜻蛉島(あきつしま) 大和(やまと)の国は/舒明天皇御製 #tenno

「めっちゃいい天気!あの山の雲、シーツ干してるっぽい笑」春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 (2番 持統天皇)

2 春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山 夏 持統天皇 新古今集 #Ogura100

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 (2番 持統天皇)

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

香具山は畝火を愛しと耳梨と相あらそひき… #tanka #waka #短歌

@kaunislumi_tou 春日大社の植物園いいよ。萬葉植物園って言って、万葉集に出てくる植物を集めているよ。4~5月は、藤が最高だよ。 三輪山、二上山、香具山、三室山、生駒山、たつた川、明日香、石上…大体緑色です。

「香具山は 畝傍ををしと 耳梨と 相あらそひき 神世より かくにあるらし 古昔も 然にあれこそ うつせみも 嬬を あらそふらしき」 ---中大兄皇子(天智天皇) 万葉集巻1・13

「大和には 郡山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原は 煙立つ立つ 海原は 鷗立つ立つ うまし国そ 蜻蛉島 大和の国は」 ---舒明天皇 万葉集巻1・2

「春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」 もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから。

昨日の大神神社からの眺めです こうするとよくわかりました 霞がでておりましたが、百人一首にも詠まれている天香具山は遠くでした1の鳥居から♡ pic.twitter.com/9wqrY135uA

2 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山 持統天皇

天皇,香具山に登りて望国(くにみ)したまふ時の御製歌「 大和には 群山(むらやま)あれど とりよろふ 天(あめ)の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原(くにはら)は 煙(けぶり)立ち立つ 海原は 鴎(かまめ)立ち立つ うまし国ぞ 蜻蛉島(あきづしま) 大和の国は 」

衣ほすてふ 天の香具山

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 持統天皇

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山/持統天皇

002:春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山 持統天皇 (もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから)

02:白シーツ干すベランダの列揃う 5階がビンゴ 初夏の到来(春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山/持統天皇)

2 持統天皇 春すぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山

春すぎて夏きにけらし白妙の衣干すてふ天のかぐ山 天の香具山の麓に転々と白い衣が干されているのを見ると、春が過ぎて夏が訪れたのだと感じます

【BOT】香具山は 畝火を愛しと 耳成と 相争ひき 神代より かくなるらし 古へも しかなれこそ 現身も 妻を 争ふらしき  中大兄 万葉集巻1-13

(^ω^)和歌作るぞ!! ( ˘⊖˘) 春すぎて 夏来にけらし 白ニギの 衣ほすてふ 天の香具山 (☝ ՞ਊ ՞)☝キッシャァァッアァアア

【持統天皇】 春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

二上山と大和三山 畝傍山、耳成山、天香具山 pic.twitter.com/OsD7MX0Pvj

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 もう春が過ぎて、夏が来たようね。夏になると白い衣服を乾すと聞いている天の香具山に白い衣服が干してあるわ。

”春うらら すもももももも 初がつお スマホいじりて 天の香具山” 【CHAN-BA-LAジャスティス伝説】

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

天岩屋戸 天香具山の榊を根ごと掘出し、上の枝には八尺瓊勾玉の五百箇のみすまるの珠を取付け、中の枝には八咫鏡を取付け、下の枝には木綿と麻の布を取り垂らし、布刀玉命が取り持ち、天児屋根命が祝福の祝詞を奏上しました。天岩屋戸のすぐ脇には腕力の神、天手力男神(アメナタヂカラオ)が隠れ立つ

もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから。

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 持統天皇 pic.twitter.com/QJxFHqws26

涼しやと 我が黒髪に 白雲の 夢うつつとは 天の香具山 黒井颯太 #から揚げチャレンジ shindanmaker.com/693798

3:春過ぎて夏来るらし白たへの頃もほしたり天の香具山(持統天皇)

「はるす」 春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 はるすぎて なつきにけらし しろたえの ころもほすちょう あまのかぐやま

「春すぎて 夏來にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」 ---2番 持統天皇

2 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山 持統天皇

天皇,香具山に登りて望国(くにみ)したまふ時の御製歌「 大和には 群山(むらやま)あれど とりよろふ 天(あめ)の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原(くにはら)は 煙(けぶり)立ち立つ 海原は 鴎(かまめ)立ち立つ うまし国ぞ 蜻蛉島(あきづしま) 大和の国は 」

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 002 持統天皇

002:春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山 持統天皇 (もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから)

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 (持統天皇)

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 はるすきてなつきにけらししろたへの ころもほすてふあまのかくやま

2 番歌春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

「香具山は 畝傍ををしと 耳梨と 相あらそひき 神世より かくにあるらし 古昔も 然にあれこそ うつせみも 嬬を あらそふらしき」 ---中大兄皇子(天智天皇) 万葉集巻1・13

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 はるすきてなつきにけらししろたへの ころもほすてふあまのかくやま 002 持統天皇

「大和には 郡山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原は 煙立つ立つ 海原は 鷗立つ立つ うまし国そ 蜻蛉島 大和の国は」 ---舒明天皇 万葉集巻1・2

【大和三山】大和三山は藤原京を囲むように三角形の位置に並んでいます。 天の香久山(あまのかぐやま)・耳成山(みみなしやま)・畝傍山(うねびやま) 中大兄皇子(なかつおほえのみこ)の歌には、この三山は三角関係説。香具山と耳梨山が男で… twitter.com/i/web/status/8…

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

香具山の尾上に立ちて見渡せば大和國原早苗とるなり   上田秋成

”春うらら すもももももも 初がつお スマホいじりて 天の香具山” 【CHAN-BA-LAジャスティス伝説】

002:春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山 持統天皇 (もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから)

もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから。

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 持統天皇 pic.twitter.com/YakyMUF913

(^ω^)和歌作るぞ!! ( ˘⊖˘) 春すぎて 夏来にけらし 白ニギの 衣ほすてふ 天の香具山 (☝ ՞ਊ ՞)☝キッシャァァッアァアア

No.91 (順)次の文字列を順に選んで「小倉百人一首」に収められている持統天皇の和歌にしなさい⇒春すぎて→夏来にけらし→白妙の衣ほすてふ→天の香具山

春すぎて夏きにけらし白妙の衣干すてふ天のかぐ山 天の香具山の麓に転々と白い衣が干されているのを見ると、春が過ぎて夏が訪れたのだと感じます

2 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山 持統天皇

香具山は畝火を愛しと耳梨と相あらそひき… #tanka #waka #短歌

「2」春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 持統天皇

002:春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山 持統天皇 (もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから)

「はるす」 春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 はるすぎて なつきにけらし しろたえの ころもほすちょう あまのかぐやま

もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから。

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 持統天皇 pic.twitter.com/ZeJTNf1jwU

3:春過ぎて夏来るらし白たへの頃もほしたり天の香具山(持統天皇)

02:春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山(持統天皇)

「春すぎて 夏來にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」 ---2番 持統天皇

2 春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山 決字「はるす」 app goo.gl/i14qDs goo.gl/eGFIhT

02:白シーツ干すベランダの列揃う 5階がビンゴ 初夏の到来(春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山/持統天皇)

「2」春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 持統天皇

2:春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 【持統天皇】

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 もう春が過ぎて、夏が来たようね。夏になると白い衣服を乾すと聞いている天の香具山に白い衣服が干してあるわ。

春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 - 持統天皇 #百人一首

2 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山 持統天皇

ひさかたの天の香具山この夕(ゆふべ)霞たなびく春立つらしも 詠み人:柿本人麻呂(万葉集)

【持統天皇】 春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

「香具山は 畝傍ををしと 耳梨と 相あらそひき 神世より かくにあるらし 古昔も 然にあれこそ うつせみも 嬬を あらそふらしき」 ---中大兄皇子(天智天皇) 万葉集巻1・13

「大和には 郡山あれど とりよろふ 天の香具山 登り立ち 国見をすれば 国原は 煙立つ立つ 海原は 鷗立つ立つ うまし国そ 蜻蛉島 大和の国は」 ---舒明天皇 万葉集巻1・2

@kankokunori014 皮肉と言うよりはなんてことない写しの自分の布にすら天の香具山に翻る布を見出す感性に感心半分呆れ半分、って感じのやつで、存外やわらかいそれに三日月じーちゃんのハートがぎゅって握られちゃってみかんばの小さな恋が始まるんですよ〜〜〜〜〜〜〜〜SUKI

No.51 (四択)「春すぎて夏来るらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」という和歌の作者は?⇒持統天皇

002:春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山 持統天皇 (もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから)

大和には 群山あれど とりよろぶ 天の香具山 登りたち 国見をすれば 国原は 煙立つ 立つ 海原は 鴎立つ 立つ うまし国ぞ 蜻蛉島 大和の国は ――舒明天皇

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 はるすきてなつきにけらししろたへの ころもほすてふあまのかくやま 002 持統天皇

KP:中央には特に目を引く絵画がありますよ 皆実淑乃:どんな絵ですか? 雪上雅春:どんな絵だ? 香具山夏妃:どんな絵です? 皆実淑乃:質問攻めみたいになってるの面白い() 香具山夏妃:じり…じり… 雪上雅春:じり……じり…… KP:はわわ 香具山夏妃:ヨコセ…ジョウホウ…ヨコセ…

2 番歌春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

衣ほすてふ 天の香具山

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 持統天皇

ひさかたの 天(あめ)の香具山 利鎌(とがま)に さ渡る鵠(くび) 弱細(ひはぼそ) 手弱腕(たわやがひな)を 枕(ま)かむとは 我(あれ)はすれど さ寝むとは 我は思へど 汝(な)が著(け)せる 襲(おすひ)の裾に 月立ちにけり/倭建命 #tennosei #tenkoro

(^ω^)和歌作るぞ!! ( ˘⊖˘) 春すぎて 夏来にけらし 白ニギの 衣ほすてふ 天の香具山 (☝ ՞ਊ ՞)☝キッシャァァッアァアア

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 (持統天皇)

もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから。

春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山 持統天皇 pic.twitter.com/pPUP2qIXsn

2番歌 春過ぎて 夏来にけらし 白たへの 衣ほすてふ 天の香具山 <持統天皇> 超訳: 太陽はギラギラ まぶしい山の緑をバックに 洗濯物はキラキラ ー夏がきた!

春すぎて夏来たるらし白たへの 衣干したり 天の香具山(春がすぎて夏が来たららしい まっ白な布が干してある 天の香具山に)◆万葉集代一巻28番/16巻44章持統天皇

《天香山》は、日本各地で天香久山や天香具山――単に香久山とも伝えられていますが、古代日本神話において、重要な役割を担っているんです。

2 春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すてふ 天の香具山 持統天皇


ツイートフェイスブックシェアLINEで送る
友達にも教えよう

その他のおすすめ観光スポット
神戸ちぇりー亭 大蔵谷店
太麺3玉、もやし1kgの総重量3.3kgのデカ盛りラーメンが食べられるラーメン屋さん。まるでタワーのようなラ...
なんばパークス
大型複合商業施設のこちらは難波でも人気のスポット。ショッピングから食事、エンターテイメント、映画やジム...
正寿院
ハートの窓があることで有名な寺院。和室とハートという一見ミスマッチな組み合わせも、ハートから覗く庭の景...
鑫福
日本人好みにアレンジされていない中国料理が食べられるお店。こちらでは鶏の頭やセミの串揚げといった珍メニ...
六甲枝垂れ
総檜葺きの展望台で、組まれた枝は奈良県・吉野の森で採れたヒノキを採用しています。それもあり、かすかに感...
宝塚市立手塚治虫記念館
手塚治虫自身に関する資料と作品に関する資料を展示したスポット。こちらでは、漫画の原画や手塚治虫が宝塚に...

写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る

おすすめ記事
大阪観光のおすすめ観光スポット60選・総合まとめ
大阪の可愛いお土産21選。喜んで貰える胸キュン商品を厳選
東京都内の変りすぎてSNS映えするラーメン屋7選!
ユーシン渓谷の行き方とハイキングコースってどんなもの?|都内近郊の紅葉名所!青の絶景
韓国旅行におすすめ!SNS映えする可愛い観光スポット42選


面白いスポットを見つけよう!
写真から探す地図から探すテーマから探す

公式Facebook