岩松院

岩松院
by http://www.obusekanko.jp/
岩松院は文明4年(1472年)に開創された歴史ある寺院で、本堂内の鳳凰図は葛飾北斎の晩年最大の作品として知られています。本堂裏手には戦国武将の福島正則の霊廟や小林一茶が「やせ蛙負けるな一茶これにあり」を詠んだカエル合戦の池があります。また、この鳳凰図は「八方睨み鳳凰図」と言われており、畳21畳分という大迫力の天井絵になります。160年前に描かれたとは思えないほど鮮やかな色合いです。製作時の絵皿の跡も残されています。

周辺の類似スポットを地図で見る

岩松院の基本情報


【スポット】岩松院
【ふりがな】がんしょういん
【 住所 】長野県上高井郡小布施町雁田 615
【アクセス】自動車利用の場合、須坂長野東ICから 20分、信州中野ICから 15分、鉄道利用の場合、長野電鉄長野線小布施駅下車 →徒歩 30分
【営業時間】4月~10月は9:00~17:00、11月は9:00~16:30、12月~3月は9:30~16:00(受付終了30分前)休観日は年末年始/法要を営む日
【 料金 】大人300円、小学生100円


[wdi_feed id=”3374″]


岩松院のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

葛飾北斎最晩年の肉筆画!鮮やかな彩色がそのまま残っている小布施 岩松院の天井画です。夏の軽井沢7日間個人旅行にてお薦めの場所です。 #家庭画報の旅 #プレミアム旅行社 #軽井沢 #避暑地 #個人旅行 #高原リゾート #葛飾北斎 pic.twitter.com/0glxluCvst

ツイッターメディア

@69pineyurupoint 岩松さんありがとうございます🙇‍♂️ 関東に行く機会がありましたら、岩松さんの接骨院に行かせていただきたいです😊

小布施、何よりも日本のあかり博物館と北斎館の存在だけで来た甲斐があった。あと、岩松院の天井画も良かったし、何はともあれ行ってみるものだし余裕のある予定組んで正解だった

葛飾北斎の肉筆画がたくさん見られるの長野県小布施町にある、「北斎館」と「岩松院」です。「岩松院」には、北斎最晩年の傑作「八方睨み鳳凰図」を見ることができます。 pic.twitter.com/pqr6EGIUpd

ツイッターメディア

@rikukr 岩松院はちょっと遠すぎるので、要検討ですね……

@irisgazer 岩松院の天井画もぜひー

@ojyarinko 凄い! 埼玉の友達と八王子から白樺湖影絵美術館、泊。 翌日お布施、岩松院、須坂田中家総本店見学。更埴泊 3時間睡眠時期で食欲無く蕎麦にユンケル皇帝液飲んで、上信越道回りで川越迄送るハメになった。疲れました… twitter.com/i/web/status/1…

北斎館と北斎の天井絵がある岩松院にいってとても良かったんだけど、北斎の晩年のペンネームが画狂老人卍だということの衝撃がすべてを上回る pic.twitter.com/TuqHJHpsP1

ツイッターメディア

長野のスポットを
ジャンルから探す

おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す

SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。