Lowell Observatory(ローウェル天文台)

Lowell Observatory(ローウェル天文台)
by https://www.facebook.com/lowellobservatory/photos/a.160112724020693/4907803989251519/?type=3&theater
クラークにより1896年に製作された61cm屈折望遠鏡、74インチ望遠鏡が展示している天文台です。1894年にローウェルが資材を投じて設立され、この天文台から1912~1914年にかけて「ヴェスト・スライファー」が銀河後退速度を発見。1930年には冥王星を発見した歴史的なスポットでもあります。2012年には口径4.2mのディスカバリーチャンネル望遠鏡が設置されており、2つの施設に合計9台の望遠鏡があります。

周辺の類似スポットを地図で見る

Lowell Observatory(ローウェル天文台)の基本情報


【スポット】Lowell Observatory(ローウェル天文台)
【ふりがな】ろーうぇるてんもんだい
【 住所 】1400 W Mars Hill Rd, Flagstaff, AZ 86001 アメリカ合衆国
【アクセス】Flagstaff Amtrak駅から徒歩5分
【最寄り駅】Flagstaff Amtrak
【営業時間】10:00~22:00(曜日などにより異なることあり)
【 料金 】25$


公式ページ


Lowell Observatory(ローウェル天文台)のSNSでの口コミ

SNS上の口コミを自動表示。関係のない内容が含まれることがあります

【キュ】No.0286 トンボーが冥王星を発見した時の ローウェル天文台の台長です→スライファー

【キュ】No.0282 ローウェル天文台がある アリゾナ州の都市→フラッグスタッフ

次の宇宙観測施設を位置するアメリカの州ごとに 【アリゾナ州】キットピーク国立天文台、レモン山天文台、ローウェル天文台 【ウェストバージニア州】グリーンバンク望遠鏡 【カリフォルニア州】ウィルソン山天文台 【ハワイ州】カルテクサブミリ波天文台、ケック天文台、すばる望遠鏡

海王星の衛星トリトンが恒星を隠す現象の観測のため、米ローウェル天文台の研究者が陸別町の銀河の森天文台を利用することに hokkaido-nl.jp/article/26129

【ヴェスト・スライファー】 (1875〜1969)アメリカの天文学者。ハッブルより先に銀河の赤方偏移を発見していた天文学者の1人。1916年からローウェル天文台長を36年間務めた。クライド・トンボーの冥王星発見を指導したのもスライファーである。

米国学者が町で天体観測 「恒星食」狙い10月派遣【陸別】 hokkaido-nl.jp/article/26129 米国アリゾナ州で100年を超える歴史を持つローウェル天文台の研究者が10月、珍しい天文現象を観測するため、りくべつ宇宙地球科… twitter.com/i/web/status/1…

名門ローウェル天文台の研究者が陸別で天体観測へ 設備、環境「適している」オファー 10月、衛星トリトンの恒星食向け kachimai.jp/article/?no=56… #tokachi #十勝 #十勝毎日新聞 #勝毎電子版 #陸別町 #銀河の森天文台


おすすめ記事




写真から探すその他の観光スポット




もっと写真を見る


SNS映えマップに戻る

Let's Apply!スポット情報拡充申請

スポット情報拡充の申請を行う機能を公開しました。システムによって問題ない情報と判断された情報は登録され、公開されます。

スポット情報拡充申請
日本最大級のSNS映え観光情報サービス。SNSの様々なデータを分析し、インスタ映え、ツイッター映え、定番スポットを地図上に表示。大手旅行会社である日本旅行やH.I.S.とも協業し、フォトジェニックスポットマップも提供。観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに探せ、各スポットの特徴が3秒で分かる。