心から喜んでもらえる!赤穂の人気お土産9選

赤穂お土産
出所:http://www.gelatoshoptete.jp/

兵庫県の南西部・岡山県との県境にある「赤穂市」。忠臣蔵の舞台として知られ、歴史深い街並みや赤穂浪士ゆかりの観光名所などが、人気のエリアです。

そんな赤穂では、名産品の塩を使った和菓子や焼き菓子、牡蠣産地として知られる坂越にちなんだお土産など、赤穂ならではのバラエティ豊かなお土産を多数販売しています。

そこで今回は赤穂エリア地元民が厳選!赤穂で買うべきお土産をピックアップしました。定番人気のばらまき土産はもちろん!会社へのばらまきに便利なお土産や日持ちするお土産など、まとめてご紹介します。




1、定番人気お土産といえば「しほみ饅頭」

しほみ饅頭
出所:https://www.kankawa.com/

「総本家かん川」は、三百年以上続く伝統ある和菓子店。古来元禄の頃から受け継がれ日本和菓子のルーツとされる落雁打ち菓子、播州銘菓「しほみ饅頭」の味を守り続けています。

生地は細かく引いたお砂糖に寒梅粉(お餅を白焼きにして粉にしたもの)を合わせたものを使い、赤穂の銘塩をきかせた特製しほみ餡を包んだ、赤穂定番人気の和菓子。6個入りセット~は、白と抹茶の2色が半々に入り、賞味期限は製造から30日となります。

「しほみ饅頭」の基本情報

・名称:しほみ饅頭
・住所:総本家かん川 新田店、総本家かん川 駅前店
・料金:税込み670円(6個入り)、税込み864円(12個入り)

公式ページ

2、人気No.1お土産はコレ「赤穂のしおサブレ」

赤穂のしおサブレ
出所:https://noe-cake.shop-pro.jp/?pid=147445164

赤穂市でケーキ・洋菓子・ジェラートを販売する「Patisserie Noe(パティスリーノア)」。ここでは西播磨フードセレクション2017入賞受賞した「赤穂のしおサブレ」を販売しています。

地元赤穂の塩を使って、チーズとアーモンドを混ぜ込んだ生地が特徴的。ほどよい塩加減とチーズの風味が絶妙の美味しいクッキーです。お茶のお供や、ビールのおつまみにも合う逸品なので、赤穂のお土産にいかがでしょうか。

「赤穂のしおサブレ」の基本情報

・名称:赤穂のしおサブレ
・住所:〒678-0241 兵庫県赤穂市惣門町55-13
・アクセス:赤穂中央病院西側・JR赤穂駅西方面・R250沿い、播州赤穂駅から856m
・営業時間:10:00~19:00 ( 喫茶は18:00迄、ラストオーダー17:30 )
・定休日:毎週月曜、火曜日(祝日等の場合は営業)
・電話番号:0791-43-2031
・料金:税込み1,620円(9枚入り)

公式ページ

3、お手頃価格でコスパ良し「赤穂塩ラスク」

赤穂塩ラスク
出所:https://www.hwc.or.jp/seikaen/html/petit.html

JR播州赤穂駅隣のプラット赤穂2Fにある「スイーツ&ブレッド ホノカ(sweets and bread honoka、旧ほのか工房)」は、安心・安全・美味しいにこだわった材料で手作りパンを提供するお店。

ここで特に人気なのが、手作りパリパリのフランスパンに赤穂の天塩をじっくりとしみ込ませ、北海道よつ葉バターとお砂糖で味付けた「赤穂塩ラスク」。

赤穂の天塩がラスクの甘味をより際立たせた逸品で、第9回スウィーツ甲子園グランプリも受賞しています。お手頃価格なので、ちょっとしたプチギフトにいかがでしょうか?

「赤穂塩ラスク」の基本情報

・名称:赤穂塩ラスク
・住所:赤穂市加里屋290-10 プラット赤穂2F
・アクセス:JR播州赤穂駅下車、南出口よりすぐ
・営業時間:7:30~17:30
・定休日:年中無休(年末年始のぞく)
・電話番号:0791(56)9660
・料金:税込み380円(10枚入り)

公式ページ




4、お年寄りの方にもおすすめ「鹽ふくみ」

鹽ふくみ
出所:https://www.ako-tomoeya.com/monaka.html

赤穂城の大手門前に佇む「巴屋 大手門前店」は、今は無き元禄時代を連想させる古風な町家造りのお店で、赤穂銘菓を販売しています。

伝統和菓子「鹽味饅頭」も取り扱ってますが、巴屋の代表銘菓「鹽ふくみ(しおふくみ)」もおすすめ。

塩処赤穂の天塩を隠し味に使ったこし餡を国産米のみを使って1枚1枚香ばしく焼き上げた種に挟んだ小豆味と、小豆と抹茶の2つの味を楽しむために宇治茶の香り豊かな抹茶味の2種類のもなかで、14日日持ちします。お年寄りの方へのお土産にいかがでしょうか。

「鹽ふくみ」の基本情報

・名称:鹽ふくみ
・住所:巴屋(本店)大手門前店、巴屋 城西店(工場)
・料金:税込み780円(6個入り、小豆餡3・白餡抹茶3)、税込み1,300円(10個入り、小豆餡のみ)

公式ページ

5、ネットで購入も可能「まるおファームのイチゴプリン」

まるおファームのイチゴプリン
出所:https://noe-cake.shop-pro.jp/?pid=148856818

赤穂市でケーキ・洋菓子・ジェラートを販売する「Patisserie Noe(パティスリーノア)」。こちらで販売する「まるおファームのイチゴプリン」は、赤穂産フードセレクション2017特別賞を受賞した人気商品です。

赤穂地元のまるおファームの摘み立ていちごの美味しさを、まるごとプリンに閉じ込めた冬・春の限定商品。甘くてとろけるような風味が魅力です。

賞味期限は製造日より3日ですが、ネットで購入も可能なので、手土産としていかがでしょうか。

「まるおファームのイチゴプリン」の基本情報

・名称:まるおファームのイチゴプリン
・住所:〒678-0241 兵庫県赤穂市惣門町55-13
・アクセス:赤穂中央病院西側・JR赤穂駅西方面・R250沿い、播州赤穂駅から856m
・営業時間:10:00~19:00 ( 喫茶は18:00迄、ラストオーダー17:30 )
・定休日:毎週月曜、火曜日(祝日等の場合は営業)
・電話番号:0791-43-2031
・料金:税込み2,376円(6個入り)

公式ページ

6、ばらまきお土産にぴったり「塩まどれーぬ」

塩まどれーぬ
出所:https://akopriere.thebase.in/items/25381949

兵庫県赤穂市のパティスリー「プリエール」は、赤穂の地元素材を取り入れたスイーツが人気の洋菓子店。

看板商品「塩まどれーぬ」は、赤穂の塩・たまご、そして岡山県産の小麦粉などの材料を厳選して、丁寧に焼き上げた逸品です。

旨味たっぷりの赤穂の塩が、他の素材の味を際立たせて、味に深みを出したマドレーヌ。発売以来、累計230000個以上も売れている人気商品です。

1つずつ個装されているから、ばらまきお土産にもぴったりですよ~。賞味期限は発送日から15日間となっています。

「塩まどれーぬ」の基本情報

・名称:塩まどれーぬ
・住所:兵庫県赤穂市加里屋中洲5-33 前川ビル 1F
・アクセス:播州赤穂駅から809m
・営業時間:10:00~19:00
・定休日:日・月曜日(祝日の場合は変更あり)、不定休(SNSに営業日カレンダーあり)
・電話番号:0791-42-0220
・料金:税込み2,538円(10個入り)

公式ページ

7、日持ちするお土産といえば「てーてって」

てーてって
出所:https://www.facebook.com/salitaaragosta/photos

「坂利太(pasticceria salita)」は、江戸時代に交易拠点だった港町・赤穂市坂越の面影残る街並みにある古民家のお店。

店名はイタリア語で「坂」という意味で、赤穂の有名イタリア料理店さくらぐみ店主さんが経営しています。

ここでは優れた牡蠣産地として知られる坂越にちなんで、ナポリのスフォリアテッラというパイ生地を牡蠣の殻に乗せて焼き上げた「てーてってー」が人気。

サクサクカリカリの食感で、いちご・黒胡麻・リモーネ(レモン)・ロココ(シナモン アニス クローブ)・エスプレッソ・ブラックチョコの6種類があり、賞味期限が製造日から30日間と長いのも魅力的ですよ。

「てーてって」の基本情報

・名称:てーてって
・住所:兵庫県赤穂市坂越2083
・アクセス:JR坂越駅より徒歩20分程度
・営業時間:10:00~17:00、日曜営業
・定休日:火曜日・第1水曜日・第3月曜日
・電話番号:0791-48-8658
・料金:税込み2,580円(24枚入り、6種×4枚入り)

公式ページ




8、インスタ映えするお土産「ジェラート」

ジェラート
出所:http://www.gelatoshoptete.jp/

「Gelato Shop TETE(ジェラート ショップ テテ)」は、牛乳が苦手な人でも食べられるジェラートを目指し、約2年の準備期間ののち、2019年赤穂市にオープン。

県内でも珍しいジャージー牛の生乳を使っている濃厚ジェラートが人気で、乳脂肪率が高くコクがある深い味わい。丸尾牧場のしぼりたて生乳を12時間熟成させて作っています。

ミルク・リッチミルク・黒ゴマ・チョコレート・ストロベリー・塩の定番6種類、そしてブルーベリー・キャラメル・きなこ・抹茶・カフェ・マンゴーが加わって全12種類を販売。

おしゃれな可愛いパッケージだからインスタ映えを狙っても!テイクアウトの際は、可愛い保冷バッグに入れてもらえるので、手土産にもおすすめですよ。

「ジェラート」の基本情報

・名称:ジェラート
・住所:〒678-0232 兵庫県赤穂市中広字東沖1992
・アクセス:山陽自動車道赤穂インターから車で10分
・営業時間:11:00 – 16:00
・定休日:日曜日
・電話番号:0791-56-6860
・料金:2,400円(6個入り)

公式ページ

9、食べ物以外のお土産といえば「楽々草履」

楽々草履
出所:https://ako-kankou.jp/shops/rakuzouri_kankou.html

赤穂市の木津で作られている特産品「楽々草履」。不要になった洋服や浴衣を幅4.5cm・長さ10m~12mで揃え、それぞれの生地を使って丁寧に編み込んで作られた手作りの草履です。

女性が1つ1つ手作りで制作し、編みこむ作業は早くても1足2時間かかります。履き心地も通気性も良いと好評で、見た目の可愛らしさから赤穂土産としても人気ですよ。赤穂観光協会で販売しています。

「楽々草履」の基本情報

・名称:楽々草履
・住所:〒678-0239兵庫県赤穂市加里屋328(赤穂観光協会)
・アクセス:JR播州赤穂駅改札口出てすぐ
・営業時間:9:00~18:00
・定休日:年末年始
・電話番号:0791-42-2602
・料金:大人用(男性)1,000円、大人用(女性)800円、子供用500円

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す