コレで完璧!犬山の定番人気お土産9選

犬山お土産
出所:https://fujisawa-genkotu.com/shop/

犬山は名古屋駅から電車1本で30分ほどで行ける観光地です。江戸時代には国宝『犬山城』の城下町として栄えた場所で今でも城下町風情が残り、食べ歩きや城下町の散策を楽しむことができます。

風情ある犬山には、昔から地元民に愛される銘菓から犬をモチーフにした可愛らしいものなど数多くのお土産があります。今回はそんな犬山で購入できるお土産を紹介します。




1、犬山の代表銘菓といえば「栗羽二重(くりえはぶえ)」

栗羽二重(くりえはぶえ)
出所:https://mochitake.jp/menu

もちたけの「栗羽二重(くりえはぶえ)」は犬山を代表する銘菓です。通常の栗きんとん6個分相当の160gもの栗きんとんを柔らかな羽二重餅で包んだお菓子です。

栗きんとんのほのかな甘みと柔らかいお餅のコラボレーションが絶妙。全国の百貨店お取り寄せ逸品会でNo1を取っている銘菓であり、目上の人のお土産にも最適です。

「 栗羽二重(くりえはぶえ)」の基本情報

商品名 栗羽二重(くりえはぶえ)
価格税込み1,250円(1本あたり)
購入できる場所犬山本店、犬山駅コンコース店、名鉄名古屋駅店

公式ページ

2、どこか懐かしい味「藤澤げんこつ」

藤澤げんこつ
出所:https://fujisawa-genkotu.com/shop/

『げんこつ飴』は犬山名物のほんのりニッキの味がするきな粉たっぷりの飴です。ネーミング的に固くて食べづらそうと思うかもしれません。

たしかに食べ始めは固いと感じますが、次第にキャラメルのように柔らかくなっていくので食べやすいです。

原材料はきな粉と胡麻と黒糖でできており、栄養価たっぷりな点も特徴。お子様からお年寄りまで幅広い層にウケること間違いなしのお土産です。

少量のげんこつ飴が12袋入ったバラまきに最適なセットから、犬山市の公式キャラクターである『わん丸君』がパッケージとなっている可愛いげんこつ飴もお土産として売っています。

「 藤澤げんこつ」の基本情報

商品名 藤澤げんこつ
価格藤澤げんこつ箱入り詰め合わせ30g×12袋 税込1,480円
      藤澤げんこつわん丸君パッケージ 税込360円
購入できる場所藤澤製菓(愛知県犬山市犬山東古券161)

公式ページ

3、犬山食べ歩きのキング「だんご型五平餅」

だんご型五平餅
出所:https://tabelog.com/aichi/A2303/A230301/23007341/

山田五平餅店の『だんご型五平餅』は犬山観光では誰もが食べる食べ歩きの王様。

犬山城から徒歩5分ほどのメインストリートに店を構えており、お店は国の登録文化財に登録されています。

だんご型五平餅は串に刺さった団子にくるみ・胡麻・ピーナッツで作られた特製ダレが塗られており、何本でも食べられちゃうほど美味しい食べ歩きグルメです。

1本100円と買い求めやすいため、お好きな本数を帰りがけに購入してお土産に持って帰るのもいいかもしれませんね。

「 だんご型五平餅」の基本情報

商品名 だんご型五平餅
価格税込100円(1本)
購入できる場所山田五平餅店(愛知県犬山市犬山東古券776)

公式ページ

4、夏季限定の贅沢スイーツ「桃酔菓(とうすいか)」

桃酔菓(とうすいか)
出所:http://www.tousuika.com/intro_1.html

若松屋阡壱(わかまつやせんいち)の『桃酔菓(とうすいか)』は犬山特産の桃を丸ごと1つ使用した銘菓です。

毎年6月から9月までの夏季限定商品であり、冷蔵庫に入れて冷やしてから食べることから夏の銘菓として犬山では愛されています。

完熟した桃をなんども蜜煮、暗室低温保存して琥珀色になるまで熟成をさせる非常に手間がかかっている銘菓。

付属している5色のゼリーと桃のお干菓子を浮かべることで華やかになりインスタ映えするかも。

桃を丸ごと使用した贅沢なスイーツなので、自分へのご褒美やお世話になっている人へのお土産としてオススメです。

「桃酔菓(とうすいか)」の基本情報

商品名 桃酔菓(とうすいか)
価格税込648円(1個)
購入できる場所若松屋阡壱(わかまつやせんいち)(愛知県犬山市大字犬山字南古券186番地)

公式ページ




5、パッケージが可愛いらしい「犬山あめ」

犬山あめ
出所:https://www.instagram.com/musubichaya/

『犬山あめ』は犬山で人気のカフェ『むすび茶屋』で販売しているお土産です。

パッケージとして犬山城をモチーフにしたデザインと犬山城下町をモチーフにしたデザインの2種類が販売されています。

イラストが可愛く犬山観光に行った想い出としてお土産にいかがでしょうか。

お土産を買いに来たついでにむすび茶屋で一休みもオススメ。

カフェメニューの『姫ソフト』や『抹茶ティラミス』はインスタ映え間違いなしのスイーツです。

「犬山あめ」の基本情報

商品名 犬山あめ
価格税込440円(1個)
購入できる場所むすび茶屋(愛知県犬山市大字犬山字西古券24)

公式ページ

6、愛知名物といったら「犬山抹茶ういろ」

犬山抹茶ういろ
出所:https://www.facebook.com/%E3%81%86%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AE%E5%A4%A7%E9%87%8E%E5%B1%8B-152892638056292/

愛知県の銘菓といったら「ういろ」ですよね。ういろの大野屋は犬山の地で創業80年を誇る老舗の和菓子店でういろが得意にしています。

季節限定で様々な商品を販売していますが、特に地元犬山産のお茶を使用した『犬山茶ういろ』はお茶の深い味わいがして格別です。

犬山駅から徒歩2〜3分ほどの好立地から、立ち寄りやすくお土産を買いに行きやすいのも魅力的です。

普通のういろではない、犬山茶を使用した特別なういろをお土産にいかがでしょうか。

「犬山抹茶ういろ」の基本情報

商品名 犬山抹茶ういろ
価格税込700円(1個)
購入できる場所ういろの大野屋(愛知県犬山市犬山南古券166)

公式ページ

7、お年寄りにも大人気「きびだんご」

きびだんご
出所:https://inuyama.gr.jp/genkotsuan.html

『きびだんご』で思いつくのが桃太郎伝説ですよね。桃太郎伝説は岡山県が有名ですが、実は犬山に桃太郎神社があり桃太郎誕生地伝説があります。

厳骨庵(げんこつあん)では、犬山の桃太郎誕生地伝説にちなんで考案された『きびだんご』が販売されています。

自家製のきな粉を使用しており、きな粉の風味が残る柔らかいお菓子となっています。

素朴な味と「犬山で、きびだんご?」と驚かれるインパクトからお年寄りに大人気なお土産となっています。

「きびだんご」の基本情報

商品名 きびだんご
価格税込550円(15個入り)
購入できる場所厳骨庵(げんこつあん)(愛知県犬山市犬山南古券266)

公式ページ

8、世界に認められたソーセージ「ポリポリくん」

ポリポリくん
出所:http://saito-ham.co.jp/products/detail.php?product_id=1261

『サイトウハム』は本場ドイツの技術を取り入れた手作りでソーセージやハムを作るお店。

保存料や発色剤、増強剤等の添加物を一切使用しないこだわりでお子様からお年寄りまで安心して食べることができます。

そんなサイトウハムの商品で1番人気な商品が『ポリポリくん』です。ポークとチキンを使用した癖がなく美味しいソーセージ。

もちろん、無添加のため市販のソーセージより安心して食べられます。

また、ポリポリくんはソーセージの本場であるドイツのコンテストで金賞を受賞しています。

本場に認められた無添加で美味しいソーセージ。甘いものが苦手な人やお酒のおつまみを探している人にオススメしたいお土産となっています。

なお、ネットでも購入できますので普段の食事にもどうぞ!

「ポリポリくん」の基本情報

商品名 ポリポリくん
価格税込578円(1袋あたり18本入り)
購入できる場所サイトウハム(愛知県犬山市松本町1-162)

公式ページ

9、甘いものが苦手な大人な人に「忍冬酒(にんとうしゅ)」

忍冬酒(にんとうしゅ)
出所:https://inuyama.gr.jp/kojima.html

『忍冬酒(にんとうしゅ)』は1597年創業で尾張地方最古の銘酒と言われている歴史あるお酒です。

江戸時代では徳川将軍への献上品として使われていたこともあり、古くから犬山で親しまれているお酒です。

古くから忍冬酒を愛飲すると滋養強壮で胃腸は健康になり不老長寿の銘酒と言われています。

リキュール酒のため、水や炭酸で割って飲むお酒であり、甘みを加えたウィスキーのような味わいで口当たりが良く非常に飲みやすいです。

ただし、冬場の楽しみであるお湯割は忍冬酒(にんとうしゅ)に関してご法度です。

お土産といったらお菓子が定番なことが多いですが、甘いものが苦手なお酒好きな人のお土産としていかがでしょうか。

「忍冬酒(にんとうしゅ)」の基本情報

商品名 「忍冬酒(にんとうしゅ)」
価格税込1,600円(1本あたり360ml)
購入できる場所小島醸造(こじまじょうぞう)(愛知県犬山市犬山東古券633)

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す