いわきのお土産選びにはもう迷わない。おすすめのお土産11選を紹介

いわきのお土産
出所:http://kanemanonline.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2291321&csid=0

いわきは福島県南部の阿武隈高地を有する広大な都市で見どころがたくさんあります。JR常磐線が通り路線バスも走っているので観光名所の移動もスムーズにできます。

いわきでは太平洋の海の幸や郷土芸能にまつわる商品など様々な種類のお土産を購入することができます。

この記事ではいわきでお土産選びに迷わないためにおすすめのお土産11選を紹介していきます。




1、インスタ映えするお土産「ゼリー(ゼリーのイエ)」

ゼリー(ゼリーのイエ)
出所:http://zerry-no-ie.net/

「ゼリーのイエ 」はゼリーの専門店で店内には色とりどりのゼリーが並びます。全て手作業で丁寧に作られているカラフルなゼリーはインスタ映えするお土産として人気があります。

季節限定の商品も多いので、その日によって店内に並ぶ商品が異なりますがSNSで配信をしているので行く前にどんなゼリーがあるのか確認することができます。メディアでも取り上げられたことのある人気のゼリーはここでしか買えないお土産として人気があります。

「ゼリー(ゼリーのイエ)」の基本情報

・名称:ゼリー
・購入できる場所: ゼリーのイエ
・住所:いわき市小名浜寺廻町7-16(上野東京ライン湯本駅からタクシー)
・営業時間: 9:00~15:00(売切れ次第終了)
・定休日: 土日祝日
・電話番号: 0246-54-2434
・料金:税込300円(1個)

公式ページ

2、インパクトがあるお土産は「めひかり塩チョコ(いわきチョコレート)」

めひかり塩チョコ(いわきチョコレート)
出所:https://www.facebook.com/mehikarichoco/photos

めひかり塩チョコはいわき市の魚であるめひかりのシルエットをしたインパクトがあるチョコレートです。

チョコ専門店のいわきチョコレートがこだわりを持って作った贅沢な大人向けのスイーツでフランス産の最高級のチョコの中にトロリとした生キャラメルが入り、表面にのせられた大粒の海塩が贅沢な味わいをさらに深めます。

全国菓子博覧会で名誉総裁賞を受賞したこともある めひかり塩チョコはいわきを代表するお土産として人気です。  

「めひかり塩チョコ(いわきチョコレート)」の基本情報

・名称:めひかり塩チョコ
・購入できる場所: いわきチョコレート
・住所:いわき市小名浜丹波沼61-1 (常磐線泉駅よりタクシー)
・営業時間: 9:00~18:00
・定休日: 年中無休 (1月1日、2日は休み)
・電話番号: 0246-53-5265
・料金:税込1,296円(10個)

公式ページ

3、人気No.1お土産はコレ「薄皮饅頭(平柏屋)」

薄皮饅頭(平柏屋)
出所:https://www.usukawa.co.jp/usukawa/

薄皮饅頭は日本三大饅頭の1つに数えられる饅頭で人気No,1のお土産です。平柏屋の薄皮饅頭は薄い皮でたっぷりのあんを包んで蒸して作られていてあんのおいしさが薄い皮に良く合います。

あんは口どけの良いこしあんと粒の感触が楽しめる粒あんの2種類があり好みで選ぶことができます。

160年以上の歴史がある柏屋はいわき市内に直営店が2店舗ありますが高速道路のサービスエリアでも購入ができる人気のお土産です。

「薄皮饅頭(平柏屋)」の基本情報

・名称:薄皮饅頭
・購入できる場所: 平柏屋
・住所:いわき市平谷川瀬2-1-3(常磐線平駅近く)
・営業時間: 9:00~19:00
・定休日: 無休
・電話番号: 0246-35-3070
・料金:税込円(12個入り)

公式ページ




4、定番人気お土産と言えば「じゃんがら」 

じゃんがら
出所:http://j-miyoshi.jp/syouhinsyoukai/wagasi.html

じゃんがらはさっくりとした皮で小倉あんをサンドしてある和菓子で定番人気のお土産です。北海道産の小豆を使用して炊き上げたこだわりの小倉あんを、水を使わず卵とミルクだけで焼かれた皮ではさんであるお菓子でいわきを代表する名菓です。

じゃんがらという名前は郷土芸能のじゃんがら念仏踊りからつけられていて、赤い六角形のパッケージは太鼓をイメージして作られています。ふるさとの味として地元の人にも親しまれているお菓子はお土産としても人気があります。

「じゃんがら」の基本情報

・名称:じゃんがら
・購入できる場所: みよしラトブ店、いわき駅ビル店、城東店などの直営店、工場直売店
・料金:税別1,750円(9個入り)

公式ページ

5、地元の食材を使用したお土産「シーフードケーキ(かねまん本舗)」

シーフードケーキ(かねまん本舗)
出所:http://kanemanonline.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2291321&csid=0

シーフードケーキはお菓子のような名前ですがお菓子ではなくかまぼこで、製造元のかねまん本舗では魚介類を色鮮やかにアレンジした練り製品の形がケーキのように見えることからシーフードケーキと呼んでいます。

スティックタイプのものは食べやすいと好評でカニやチーズなど6種類の味が楽しめる箱詰めのものが地元の食材を使用したお土産として人気があります。

かねまん本舗の本店ではできたての新鮮な蒲鉾を試食することができるので味を見てから購入することもできます。

「シーフードケーキ(かねまん本舗)」の基本情報

・名称:シーフードケーキ
・購入できる場所:かねまん本舗
・住所:いわき市平下高久下原83(常磐線いわき駅よりタクシー)
・営業時間: 8:00~17:00
・定休日: 年中無休
・電話番号: 0120-17-3360
・料金:税込1,814円(6本入り)

公式ページ

6、体にやさしいお土産なら「トマトジュース(ワンダーファーム)」

トマトジュース(ワンダーファーム)
出所:https://store.shopping.yahoo.co.jp/wonderfarm/a5c8a5dea5.html

体にやさしいお土産ならサンファームのトマトジュースがおすすめです。いわき市は年間の日照時間が長く温暖な気候なのでトマト栽培に適しているとされ、ワンダーファームでも数種類のトマトを栽培しています。

生食用のサンシャイントマトを絞って作られたトマトジュースはトマトの旨みがギュッと濃縮されたおいしいジュースで体を気づかう人へのお土産に選ばれています。

ワンダーファーム内のショップではドレッシングやグッズも販売しています。

「トマトジュース(ワンダーファーム)」の基本情報

・名称:トマトジュース
・購入できる場所:ワンダーファーム
・住所:いわき市四倉町中島字広町1(常磐線四ツ倉駅よりタクシー)
・営業時間:9:30~17:00
・定休日: 水曜日
・電話番号:0246-85-5105
・料金:税込213円(1本)

公式ページ

7、ばらまきお土産にぴったり「南国のフラクッキー(スパリゾートハワイアンズ)」

南国のフラクッキー(スパリゾートハワイアンズ)
出所:https://www.hawaiians.co.jp/shop/shopping/sp/2017/index.html

南国のフラクッキーは映画フラガールの舞台になったスパリゾートハワイアンズのオリジナル商品でサクッとしたクッキーでばらまきのお土産にぴったりです。

クッキーにはにっこりと笑ったかわいいフラガールと南国の花の色がカラーで描かれていて鮮やかです。パッケージには持ち手がついているので持ち運びもしやすく、たくさんの人に配りやすいお土産として人気があります。

「南国のフラクッキー」の基本情報

・名称:南国のフラクッキー
・購入できる場所:スパリゾートハワイアンズ
・住所:〒972-8326 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50 (JR常磐線湯本駅から無料送迎バスで15分)
・営業時間: 10:00~22:00
・定休日: 年中無休
・電話番号:0570-550-550
・料金:税込870円(24枚入り)

公式ページ

8、甘いものが苦手な人でもOK「長久保のしそ巻(長久保のしそ巻本舗)」

長久保のしそ巻(長久保のしそ巻本舗)
出所:https://www.nagakubo.net/shisomaki/s_21.htm

長久保のしそ巻は細長く切った1年間漬けこんだ大根をしその葉で巻いてある素朴な味わいの漬物で甘いものが苦手な人へのお土産におすすめです。

製造元の長久保では大根を7cmの長さに切る作業、しそを巻く作業など全ての作業を熟練のスタッフが手作業で行う昔ながらの製法で作られています。昭和の初期に生まれたしそ巻はずっと愛され続けているいわきを代表する漬物でお土産としても人気です。

「長久保のしそ巻(長久保のしそ巻本舗)」の基本情報

・名称:長久保のしそ巻
・購入できる場所: 長久保のしそ巻本舗 鹿島店、好間店
・住所:いわき市鹿島町米田南内4-1(JR常磐線湯本駅からタクシー)
・営業時間: 10:00~18:00
・定休日: 年中無休
・電話番号: 0246-29-6600
・料金:税込円(12個入り)

公式ページ




9、食べ物以外のお土産といえば「いわき祝布(呉服処根本)」

いわき祝布(呉服処根本)
出所:https://www.facebook.com/wa.nemoto/photos

食べ物以外のお土産には「いわき祝布」がおすすめです。漁業が今よりも盛んだった頃、いわきの港からは多くの船が大漁旗をはためかせて出航していました。大漁旗は大漁や漁の安全を祈って掲げられた旗で大胆な柄と色づかいで威勢の良さを感じます。

いわき祝布は上質な綿紬地に大漁旗の柄をちりばめてある呉服処根本のオリジナル商品で小物作りやテーブル敷きとして使うことができます。丈夫で使いやすく、気軽なお土産としておすすめですよ。

「いわき祝布(呉服処根本)」の基本情報

・名称:いわき祝布
・購入できる場所: 呉服処根本
・住所:いわき市平字大町6-3(JR常磐線いわき駅近く)
・営業時間: 10:00~18:00
・定休日: 日曜日
・電話番号:0246-23-2253
・料金:税込550円~(500mm×500mm1枚)

公式ページ

10、日持ちするお土産と言えば「たまごかけ専用しょうゆ(たまごの郷)」

たまごかけ専用しょうゆ(たまごの郷)
出所:https://www.facebook.com/tamagonosato/photos

たまごかけ専用しょうゆは卵かけご飯をよりおいしく食べるための専用の醤油で日持ちもするお土産として喜ばれています。

販売している「たまごの郷」は生産者直売のたまご専門店で地元の人にも評判のおいしい卵と卵を使って作られたスイーツの販売をしています。

たまごかけ専用しょうゆは「たまごの郷」のオリジナル商品で手軽に買えるお土産として人気があります。

「たまごかけ専用しょうゆ(たまごの郷)」の基本情報

・名称:たまごかけ専用しょうゆ
・購入できる場所:たまごの郷
・住所:いわき市泉町滝尻字南坪27-1(常磐線泉駅近く)
・営業時間: 9:30~17:00
・定休日: 年中無休
・電話番号: 0246-84-9430
・料金:税込350円(1本入り)

公式ページ

11、お年寄りの方にもおすすめ「田人まんじゅう(一心堂菓子店)」

田人まんじゅう(一心堂菓子店)
出所:http://iwakikoiki.com/sanpin/sanpin/%e7%94%b0%e4%ba%ba%e3%81%be%e3%82%93%e3%81%98%e3%82%85%e3%81%86/

田人まんじゅうは白いふんわりとした皮の中にあっさりとした甘さのつぶあんが入った素朴な味わいの蒸しまんじゅうでお年寄りの方にもおすすめです。

あんがたっぷりと入った田人まんじゅうは食べごたえがあり手ごろな値段で買えるので地元でも人気です。

販売している一心堂菓子店は創業90年の老舗で田人まんじゅうを1日に400個を作って販売していて午前中に売り切れてしまうこともあるそうです。

「田人まんじゅう(一心堂菓子店)」の基本情報

・名称:田人まんじゅう
・購入できる場所:一心堂菓子店
・住所:いわき市田人町黒田別当62-1(常磐線泉植田駅よりタクシーで20分)
・営業時間: 9:00~(無くなり次第終了)
・定休日: 木曜日
・電話番号: 0246-69-2548
・料金:税込110円(1個)

公式ページ




SNS映えマップから探す SNS映えマップから探す